スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:そして再びブルペン劇場…щ( ̄∀ ̄)ш
2007年06月03日 (日) 23:29 | 編集
今日は朝5時起きで仕事でした。で、1時間ほど前に戻ってきたところです。もうすでにナチュラルハイ状態…( ノ ̄∇ ̄)ノ。

実は今日、旦那が空手の大会を撮影をすることになっていました。すべての選手を逃すことなくまんべんなく撮影しないとならないんですが、4コートで並列に休みなく行われていくので始終動き回る…という撮影スタイルは野球とはまた違った意味でハードでした。私はサポートしただけだったので実際に撮影に動いていた旦那に比べれば全然大したことはないのですが、初めての被写体と撮影スタイル…という慣れのなさも手伝って結構疲れました~。ただ空手ってやっぱりカッコイイですね~(〃▽〃)←単純。ドコでも楽しみを見つけて行けたらいいなーと思ってます←単なるミーハー(笑)。


という…そんな関係ない話はどうでもいいとして(笑)。

昨日すっごく良い勝ち方をしてくれてめっちゃ褒めたんですけどね~~ホワイトソックス。なのに…すぐに負けてるし~~~っ( ▽|||)サー。だ~っもう。

朝起きたらすでにゲームが終わってて結果を見てガックリ。
3-9という結果を見て、どんな試合展開だったんだろう?ということは気になってました。そして、帰ってきてからチェックしてみてビックリ。だって先発のコントレラス投手が6回1/3で交代したときは3-1で勝っていたんですよ。ハハハ(哀)( ノ ̄∇ ̄)ノ…コントレラス投手もランナー残したとはいえ…かわいそすぎる展開ですね…トホホ。

…つまり、ブルペンが2回2/3で8失点取られてるわけです(うち2点はコントレラス投手の残したランナーなのでブルペンについてる自責点は6点ですが)。ナンデスカ、コレハ!ってなもんですよ~~щ( ̄∀ ̄)ш
でもまぁ…振り返ってみると…
一昨日タイトに0-3と負けた試合ではバーリー投手が8回完投していたし(アウェイで負けゲームなので8回までしか投げることはなかったんです)、昨日タイトに2-0で勝った試合では8回まで先発のバスケス投手が投げ、そしてラスト1回をクローザージェンクス投手が投げている…というわけで…この2日間その他のブルペンまったく使ってませんでしたからね…。

で、使えば…ほ~らこの通りタイトじゃなくなりますって…
そりゃないよ、セニョ~~ル!!ヽ(`□´)ノガオ~←壊れてます。

でもね~。
実際問題、ブルペンを使わずシーズン過ごせるなんてあり得ない話ですしね。このままだと、今からどのチームとあたってもヤバイ状態…ってことになりそう…はぁ(-_-;) 。

Bullpen blows it again for White Sox

ツインズ戦のときも打たれまくりの投手陣について現状を書きましたが、今日は試合の流れよりもここでブルペン編をおさらいしておきます(涙)。でも事実なんですよね…トホホー。


【ホワイトソックス・ブルペン講座】
※この現状を早く解決できることを祈るばかりです…( ̄人 ̄)

Lesson 1 ブルペンの防御率はのきなみヒートアップ状態

Guillen said of a bullpen that has a 9.41 ERA in its last 21 games.

この21試合で防御率9.41のブルペン…щ( ̄∀ ̄)ш。


Lesson 2 すでにメンバー入れ替えは行っている
ホワイトソックスもすでに動いてはいるんです。カブス戦でモップアップも失敗してしまったシスコ投手をマイナー行きにして、ディ投手をコールアップしているんですよね。

でも…まだなかなか回復してこない…と。

で、今度はマクドゥガル投手とアーヅマ投手が気になってきているようです。

"Well, I think the bullpen is lucky we're in Toronto," manager Ozzie Guillen said after MacDougal walked Frank Thomas with two outs in the seventh inning and David Aardsma gave up five runs in the eighth. "If we were in Chicago, people would be [sent] out."

7回はマクドゥガル投手が歩かせた後、ソーントン投手が打たれたんですが、やっぱりフォアボールを簡単に出してしまうと言うところが気になっているのだと思います>マクドゥガル投手。


Lesson 3 今回の対象その1:マクドゥガル投手
本人曰く体調的な問題はないそうです。疲れ?
でもそれにしても安定感が…ね。ここ17回2/3を投げて17個のフォアボールですから( ▽|||)…これが痛すぎますね。

His struggles have been puzzling because he had a 1.80 ERA in 25 games for the Sox after arriving from the Royals in a July 24 trade and being rewarded in the off-season with a three-year, $6.45 million contract.

そうそうホワイトソックスは昨年途中に獲得してから1.72の防御率だったし、オフに3年$6.45Mの契約延長をしているんですよね~。この辺も合わせてしかもマイナーに落とせない…となれば簡単にはいかないのかなという気がします。今の防御率は7.13なんですよね…はぁ(-_-;) 。

"In the meanwhile, I don't trust him to throw the ball in the middle of the plate. He wasn't even close to guys making contact."

これ、ギーエン監督のコメントなんですが、I don't trust him to throw…って相当信頼感崩れているような(-_-;) 。フォアボール連発は確かにしんどいんですけどねー。


Lesson 4 今回の対象その2:アーヅマ投手

Aardsma, whose ERA was 1.72 in April but now stands at 6.18, also has one minor-league option.

アーヅマ投手はコッツ投手との交換でカブスからやってきた投手です。4月はホントに良い感じで来ていたんですよ。ストライクガンガン攻めて。…というか古巣カブス戦でかなりボコボコになってから調子が上がってきてない感じがします。今の防御率はこちらも6.18…かなり痛いですね~。

ちなみに彼はマイナーオプション行使出来る権利が一度だけ残っているそうです。動かすなら彼になってくるのかなぁ…。


Lesson 5 セットアップロールは未定
実際今のブルペンでジェンクス投手はクローザーという役目が決まっているので彼をはずすと残りのメンバーは…

アーヅマ投手
マクドゥガル投手
ソーントン投手
マセット投手←ルーキー
ローガン投手←昨年ちらっと投げたけど若手
ディ投手←ルーキー(先日上がってきたばっかり)

…ってことになるんですよね。
セットアップロール…を考えたとき、左はソーントン投手でいいとして(といっても絶対この場面という固定はないですが)、右に関しては思いっきり悩んでいる状態になっているというわけです。

ギーエン監督からすれば、マセット投手はまだ経験的なものが浅いこととラクなところから…ということを考えて出来ればセットアップロールからははずして考えたいようなのですが、そうなるとアーヅマ投手かマクドゥガル投手ってことになるんですよね。経験ではダントツマクドゥガル投手なんですが…今の状態ではうううう~~~んって感じで頭痛いと。

つまりセットアップをそのときの状態で決めるといえば良い言い方ですが、決めれない…という現実があったりすることなんですよね…(>_<)。あ~~~もう、とにかく先発に踏ん張って貰うっていってもやっぱり調子ってありますし、何とか良い形にならないかなぁ。


とりあえず…このレッスン解決策はまだこれ!という形は見つかってません。ただこのまましばらく見守ろう…というのもすでにないような感じです( ▽|||)。

明日ブルージェイズ戦を戦った後ホームに戻るのでそこで動く可能性は示唆していました。シカゴに戻ってからギーエン監督はウィリアムスGM、ハーンGM補佐とミーティングする予定にしているそうです。でも炎上しても信頼感を表したり、ここで奮起して欲しいと言ってきたり…いろんなアプローチをしてきたわけですが、すでにそれも策も尽きたり…と言う状態になっているんでしょうかね…ううーん、頑張ってほしかったんですけどね~~。


それにしてもこの後ヤンキースと戦うんですが、今の状態だとどのチームとの対戦でも恐ろしい結果になりそうです。ヤンキースファンだったら絶対今のホワイトソックスの現状を見ていたら、ここで☆を稼げないと…って事になりますよね(気持ちはわかります…残念ながら…)。今そう思われることは仕方ないにしてもそこにどうやって思った以上にやるやんか!ってことを出来るかどうか…なんとか全員でしのいでいってほしいですね。


記事に最後には気になるのはブルペンだけじゃない…と言うことも書かれていました。

The Sox are now hitless in their last 47 at-bats against opposing relievers.

この日も初回、2回、3回と1点ずつ得点しているものの、それ以来一度も得点することが出来なかったホワイトソックス。実は相手のブルペンから47打席連続ヒットが出てない状態だそうで…( ▽|||)サー。これもやっぱり痛いのは確か。ブルペンのトホホの方が際だちまくりではありますが(汗)。

うーん、それぞれの役目としてそれぞれの仕事を出来るようになるかどうか…そしてチームはどう動いていくのか…まだまだホワイトソックスの先は見えてこない感じですが、頑張ってほしいと思います。そのためにも、まずとりあえず明日勝ってブルージェイズ戦を2-2のタイで終えて欲しいですね。

頑張れ~~!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。