スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:ダイヤモンドバックスにタテられちゃいましたが…
2007年06月01日 (金) 23:31 | 編集
フィリーズは今日はお休みです。

実は昨日、ホワイトソックスだけじゃなくて、フィリーズもダイヤモンドバックスにスイープされちゃってたんです( ▽|||)。昨日のうちにふたつとも記事を上げてしまっておきたかったんですが、ホワイトソックス&ツインズのことをいろいろ書いていたら思いのほか時間を食いすぎてしまってこちらまで手が回りませんでした(汗)。応援している両チームの状態がこんなにリンクしていると結構ヘビーだわщ( ̄∀ ̄)ш。全然関係ないチームなのに…って応援しているのがたまたま…なんですがなんだかねぇ(ん?私が悪いのか?( ▽|||)サー←イッツ・ア・ネガティブワールド)。

選手たちは今日のオフディ…ロリンズ選手がホストで行うチャリティボーリング大会に参加していたようです。

Rollins hosts charity bowling event

フレディのチームは3位になったみたいですね、おお!…こういうイベントもちゃんと参加しているのね~よしよし…。フレディにはフィリーズのいろんな行事には出来る限り参加してほしいです…チームの一員としてバッチリとけ込むためにも、そしてもちろんチャリティ的意味でも。

さて…昨日の話についても少し。
…それにしてももったいないですね~~~フィリーズ。
スイープされたダイヤモンドバックス戦の前に、同地区の強敵ブレーブスをせっかくスイープしてきたのに。モイヤー投手も「これであのスイープもムダになっちゃったね」…みたいなコメントをしてましたが、ホントにね(>_<)…その分明日から頑張ってもらわないと!…って私が躍起になってどうする…って感じですがσ( ̄∇ ̄)(笑)。

ところで少し余談ですが…
この3連戦のダイヤモンドバックス、先発をなかなか打ち崩せないし、試合運びも先制されて…そのままというパターンで上手く持って行かれている感じでした。良いチームなんですよね~ダイヤモンドバックス。

で、このチームを率いているのがメルビン監督&プライスピッチングコーチ…。全く同じ取り合わせでマリナーズも率いていて…当時思ったような成績にならず、うーん…だったんですが…。

……σ( ̄∇ ̄)。

なんかこう言うのを見ると、実際ダイヤモンドバックスで勝ててきているわけですし、実はメルビン監督が悪いワケじゃなかったんじゃなかったのかな…なんて思ってしまいますね(当時は叩かれてましたが)。例えばチーム組織的なもので自由にできない何かがあるとか(実際解りませんが…)。

…ん??
そうするともしかして今だってハーグローブ監督が…というわけじゃないのかな~。でも…ホントのところってどうなんでしょうねー。

…ってイキナリ飛躍しまくりのものすごく脱線話になっていますが(すみません~)、とにかく良いチームを作ってきているのは確かです…メルビン監督(大汗)。

昨日はいわゆるモイヤー投手対ランディ・ジョンソン投手という今季2回目のおじさまマッチアップだったんですけれども(笑)、モイ様、バーンズ選手にやられたって感じでした。初回の先頭打者ホームランで0-1。このままず~~~っとしのいできた後、8回表にまた打たれたのがバーンズ選手( ▽|||)。この日2本のソロを彼に打たれました。そしてジャクソン選手にツーベースヒットを打たれた後、今注目株のレイノルズ選手にツーランも浴びて0-4。ここでマウンドを降りてマドソン投手に交替。ランナーは出していたものの、失点することなくず~~~っと0-1でしのいでくれていただけに…なんとかその間に逆転してほしかったんですが…ううーん。

ただひとつ気になったのはモイヤー投手をここで降ろすことになったこと。

実はこの段階7回2/3で86球しか投げてない省エネピッチのモイヤー投手でした。本人が自ら率先して降りるといったのなら良いんですが、そうじゃないのならこれでランナーをキレイにさらえてしまっているのだし、4点差…ツーアウト…もうあとひとつのアウトも任せてもいいような気がしないでもないんですが、その辺りってマニュエル監督はどう考えてるのか気になるところです。きっと今後も勝ち投手の権利って交替の時考えて欲しいなと思うところになるでしょうし。

…というのもここまで投げてきて、確かにこの回3点失点をしましたが、フィリーズの打力が爆発したときってすごいので、仮にこの裏逆転出来たら勝ち投手の権利があるわけなんですよ。でもこの回を終えずに終わってしまうということは、回を締めたマドソン投手が勝ち投手の権利を得ることになる…。それって意味があまり無いと思うんです。やっぱり出来る限り勝ちは先発につかないと。そして焦って替えるような場面でもない限りはいいんじゃないかなぁとシロウトながら…私は思ったりしていました。

特にナリーグの場合、そうじゃなくても代打というものが投手につきまとう交替時期としてあり、出来る限り先発が投げれるときは投げさせるって大事なんじゃないかなと思うんですが…うーん。でもこれはあくまでも投手を追ってるだけに気になってるだけなのかもしれませんけどね(笑)。


さて、一方のダイヤモンドバックス先発のジョンソン投手も6回1安打のすばらしいピッチング。打てません~~。ランナー自体なかなか出せない状態でした。だからこそランナーが出たときは大事にしてほしかったんですけどね~~。

初チャンスの2回裏はワンアウトからバール選手がヒットで出塁するも、ヘルムス選手もヌニェス選手もフライでアウトに(>_<)。

さらに、4回裏、ビクトリーノ選手がカラスポ選手のエラーで出塁し、ノーアウト1塁のチャンスがあったわけですが…

ロリンズ選手、三振…
アトリー選手、三振…
バール選手、三振…
………
ランナー進めてね~~~っ( ▽|||)……。

ということがありまして…はぁ(-_-;) 。
これがなんとも一番トホホでしたね。チャンス少なくてしかも0-1と1点差なのでタイトに決めて欲しかったなぁ。しかもこの打順でダメだったことが一層なんか相手のリズムになってしまった感じでしたが…ガックリ。

球数が少なかったジョンソン投手ですが、7回から交替してリリーフになったので少しはチャンスがあるかと思ったんですが…これがまたなかなか厳しい形でした。そしてこのところ一番のヤマ場になりつつある9回…。

この日も最後のあがきはすごかったです(出来ればもっと早くにやってほしいですね…心臓に悪すぎ(笑))。でもこれが出来るのはいいことなんですけどね…(今日のホワイトソックスなんて最後まであがけず…でしたからねー( ▽|||)…これはまた後ほど)。ダイヤモンドバックス戦では初戦に続き9回に1点差に詰め寄ったのは2回目。

ローワンド選手のデッドボールから始まりました。
で、ビクトリーノ選手の当たりをハドソン選手がフィールディングエラー…これでノーアウト2.3塁とすると、ロリンズ選手がタイムリースリーベース!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!!

これで2-4。

アトリー選手の当たりはセンターフライでワンアウトでしたが、バール選手がタイムリーヒットを放ちさらに1点追加で3-4!あと1点…ドキドキ( ̄人 ̄)。

バール選手に替えてボーン選手がピンチランナーに起用され、この日お休みしていたハワード選手が代打で登場。もう盛り上がりまくり状態です、スタジアム。MLB.TVでもその様子がなんとも伝わってきました。

さらにボーン選手が盗塁でワンアウト2塁。
頼む!勝ってくれ~~~~~

…と思ったら、
ボーン選手がさらに三塁へ走ったところで、ハワード選手がセカンドライナー

…ゲッツーщ( ̄∀ ̄)ш。

試合終了…ということになりました。トホホ。

最後の終わり方は確かに寂しかったのですが、やっぱり9回まで攻撃をさせてもらえなかったというのが一番の敗因でしょうね。このダイヤモンドバックス戦はホントにとにかく序盤に打てないケースが続いていて、野手たち自身が一番ストレスフルだったんじゃないかなぁと思います。序盤に試合を固めていくつもりでぜひともアグレッシブに頑張ってほしいんですけどね~~。

なにはともあれ、このストレス状態を良い形で明日からのジャイアンツ戦4連戦にぶつけて欲しいです。今日のチャリティ・ボーリング大会で少し続いていたイヤ~~な空気が変わっているといいなと思います。

6/1(金)7:05 pm EDT A. Eaton vs.M. Morris
6/2(土)7:05 pm EDT C. Hamels vs. N. Lowry
6/3(日)1:35 pm EDT F. Garcia vs. T. Lincecum
6/4(月)1:05 pm EDT J. Lieber vs. B. Zito

という4連戦。なかなかヘビーですね~~。気が抜けない。

しかもバリーも投げるんですよね~~~( ▽|||)。うーんフクザツ。
ただしごめん、バリー。フィリーズも現状が切実で、背に腹は替えられないわ…(と相変わらずジコチュ~発言)。なのでボコボコもかわいそうなだけに、タイトに勝たせてもらいたいなぁ…と思ったりして。フレディはあの注目株リンスカム投手とのマッチアップ。あれからも安定して投げてきているようなのでフレディがまたGo DEEP出来るかどうかなんだろうなとは思います。引き続き頑張ってほしいんですが…( ̄人 ̄)。

ホワイトソックスでは今回ブルージェイズ戦ということでトーマス選手を迎えるにあたっての各投手のコメントが載っていたりしたんですが、今回フィリーズではボンズ選手を迎えるにあたってのコメントをしていました。

Phillies pitchers have Bonds strategy

'WE'RE GOING TO walk him every time."

…これはマニュエル監督のジョーク的発言ですが…。

明日先発のイートン投手は

"He knows when I face him, he's going to get strikes," Eaton said. "I know, the last couple of weeks he's been in a little funk. But he's a once-in-an-era player. When he's hot, you can't throw him anything."

とストライクで攻める…強気ピッチング行くようですよ。楽しみー(ちょっとこわいけど(笑))。

また月曜日のリーバー投手はここ2年は4打数3安打(うち2本がホームラン)で5つのファーボールもあるだけに、相性が…○×△■※…だそうで、

I don't want to talk about Barry,"

というコメント(;^_^A 。
でももしかして考えがあるのかも(今はナイショの)。

そして日曜日先発のフレディはこちら。

"I'll pitch to him. I know he'll be the home run king soon," said Freddy Garcia, Sunday's starter. That said, "If I've got two outs and a base open, I'll probably walk him."

ほ~。ツーアウトで一塁が空いていたら歩かせるというのはなんともフレディの若かりし頃だと考えられないですね(笑)。ただツーアウトでランナーを置くというのはコワイよ~、フレディ。アナタ最近ツーアウトから打たれてることが多いんだからちゃんとアウト取ってね~~( ̄人 ̄)。

そして一番今のってる若いハメルス投手(土曜日先発)は、歩かせるなんて考えられないというコメント(笑)。

"I don't believe in intentional walks," said the 23-year-old. "I think it screws you up when you're pitching well. It takes momentum away from you."
"If I give up a home run, so be it. It's just a challenge," Hamels said. "Anybody who wants to be the best has to go up against the best."

うん、若さ溢れるって感じ~いいです、これで。23歳だし(^^)。カワイイ←ひいき目。三振が取れるというのが彼の武器だからもちろん勝負もありでしょう。ベンチから指示が出たら…そのときだけは仕方なしってところなんでしょうけどね。


あとおもしろいなと思ったのが…
この負けでチラホラ出てきだした言葉がWild Cardという言葉。
早い…σ( ̄∇ ̄)。というか早すぎる気が…。

まだまだ行けると思うんですけどね、だって機動力も持ってるし(けど使い切れてないときも多々ですが(汗))、ブルペンのバランスは気になりますがそれがクリア出来たら結構行けないかなぁ…なんてこれは希望的観測すぎでしょうか(笑)。

でも、けが人続出…しかも機動力要因ばかり…、ブルペン崩壊、打てない打線…と、動くに動けない状態になっているホワイトソックスの現状を見ているだけに(そこから奮起していかなければならないので大変な状態ですね…ホント)、ずっとずっとフィリーズって今も勝ち続けられるファクターは手元にあると思うんです。とにかく再び5割に載せて、貯金を殖やしていくことだけを考えて着々と日々フィリーズのゲームの形を整えて行くことが大事なんじゃないかなと思います。頑張ってほしいです!
コメント
この記事へのコメント
かれこれ使用は15年…。
どうもです。
唐突ですけど先日、ナショナル製電子レンジのリコール広告を目にしまして
品番を確認すると見事に一致。
不具合の王道「火が出るかも」という話なんですけど、ウチのは何故か水が出たりして(笑汗)。
確かに注意書きに「置くな!」と指示されている冷蔵庫の上に置いてはいますけど…普通出ますか?<水

閑話休題。
P軍と勝率5割攻防中のマー軍ネタ。
ホームの利点を生かせずブレーブスに蘇生される傾向は両軍の共通点のようで。
特にマー軍は文句たらたらで使っていたアメフト球場が今季で契約切れになるという話なので新球場建設と併せてある意味楽しみなんですが、無難にあっさり契約延長してたりして(汗)。

近況では危うく今季絶望が既定路線化しそうになっていた右腕エース格のジョシュ・ジョンソンと故障前はセットアップ役をほぼ手中にしていたローガン・ケンシングの両投手にようやく復帰の目途が立ったとか。
その一方で規定投球回不足するも1.74という防御率で安定感を発揮していたスターターのセルジオ・ミットレー投手が先日打席で死球食らって退場。
でもって忘れかけていたんですけど巷の噂通りアーマンド・ベニテス投手を獲得。
SFのアメ巨人軍では終始高額年俸に不釣り合いな成績だったようですが、それでもフリオさまに比べればまだまだ(謎)。
金欠球団では年俸折半は当然として、最近クローザーに固定されていたケビン・グレッグ投手がパワーピッチを披露して面白くなってきただけに獲得はまたしても?という印象。

打線では出場試合数を上回る三振量産で選球眼が売りというメッキが剥がれたジェレミー・ハーミダ右翼手と交代で骨折DL入りしたマイク・ジェイコブス一塁手の復帰が間近らしく個人的にはプラスマイナスで朗報有利という現状です。
2007/06/02(土) 04:36 | URL | ぱっくん! #yK9c41Ws[編集]
こんばんは~
ぱっくん!さん

こんばんはー。あのリコールの話、ちょうど発表されたときニュースで見てました。なんと対象製品だったのですかー。わわ。でもホントになぜに水なんでしょうか…(;^_^A 。不思議です。<s>ひょっとしてナントカ還元水が作られているとか←ウソです。</s>

ホントP軍とマー軍…なんだか似たり寄ったりですよね~なんて書こうと思っていたのですが、今日のマー軍と醸造軍の得点を足した数を思いっきり取られてゼロ封されたP軍…( ▽|||)。後からまた書こうと思いますが、すごいことになってました。

マー軍ネタいつもありがとうございます!
あ、もう契約延長されてるんですか?私もあの球場の契約延長どうするのかなーと気になったりしてたんですよσ( ̄∇ ̄)。でもあの球場ちょっと一度行ってみたいです…今のうちに。出来ればラテンナイトとかだといいな~と想像したりしてるんですが、でも次のマー軍対P軍になるとものすごく問題が起こりそうでこわいんですけど(笑)。

おおお!故障者のめどが立ってきているのは何よりですね。ジョンソン投手が戻ってくればまた安定感違ってくるのかなーという気がしますが、ミトレ投手…死球ですか?( ▽|||)それはこわいなぁ…投手のデッドボールって…なんかこわすぎますよね。

そうそう!ベニテス投手の話って立ち消えのなってしまったのかなと思ってたんですが、水面下ではしっかりと続いていたのですね。先日お話を聞いていたし、良い感じで来ているのならグレッグ投手で行くのかな?と思ってましたが…フリオ様の穴はやっぱり別枠で埋めたかったのかしら?

それにしてもフリオ様…懐かしい(懐かしむにはまだ早いですが(笑))。彼、コロラドでどうなんでしょうねー。なんだかボール飛びそうな球団に移籍しているのでますますこわいんですが…。ドキドキ。

ハーミダ選手、まだエンジンがかかってないってことなんでしょうか。出場試合数を上回るのはすごいかも(;^_^A 。ジェイコブス選手には相当ホームラン、クラッチ打たれましたからねー>P軍。よ~~く覚えてますよ(^^)。でも徐々にけが人体勢から回復体勢へ来ているってことでしょうか…マー軍。良い感じになってきてますねー、置いて行かれないようにしないと…ドキドキ。

なにはともあれ、ミゲル王子(株)にも引き続き頑張って貰いたいです♪←どこまでもミーハーσ( ̄∇ ̄)。
2007/06/02(土) 21:48 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。