スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:なんとなんと!ブレーブスをスイープで貯金2
2007年05月29日 (火) 00:06 | 編集
フィリーズは昨日と今日をまとめて書いておきます。
マーリンズ戦は毎日日替わり内容があまりにも激しくてまとめられないくらいのものだったんですが、今回はまとめれる気が(^o^)/←単なる横着者σ( ̄∇ ̄)。ただしめっちゃはしょりまくり…(すみません~)。

それにしても、今季初スイープ!!!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!
しかも同地区の上にいるブレーブスを…だからこれは大きい!

今シーズン、逆にホームでブレーブスに3タテされるところからスタートしたフィリーズだけにこれはなんだか流れを払拭できたような感じがしないでもないです(ブレーブスの現状もあったとは思いますが)…と思ってみたい(…とこれは願望σ( ̄∇ ̄))。
勝率5割到達してからも勝ったり負けたり…で5割を挟んでうろうろしていたんですが、昨日勝って初めて5割越えを達成(笑)。実に49試合かかったというわけです。いや~これは長かったですね~~。こんなおめでたいことがあっただけに(オーバー)、ホントは昨日すぐにでも書きたかったんですが、どうしても疲れに勝てず書けませんでした(>_<)。明日以降も少しの間どれくらい試合を追えるかちょっとわからないんですが…そういう忙しいときこそスカッとする試合をしてあまり深読みしなくてもいいような状態でいてくれるとうれしいなぁと祈ってみたりして←ジコチュ~。

いずれにしても今日で貯金が2つになりました。おお!
…ってまだスタート台にようやく戻って来れたってかんじなんですけどね~(笑)σ( ̄∇ ̄)。とりあえず置いていかれないでついていって欲しいですね、この状態で。頑張れ!みんな。


昨日はイートン投手の先発、今日はハメルス投手の先発。
どちらの先発にもキチンと勝ちが付いた状態で試合を進めていくことができました。


昨日は6-4で勝ち。
この試合は、初回からイートン選手がハリス選手にスリーベースヒットを打たれた後、レンテリーア選手にこれを返されて先制を許す形から始まったんですが、3回にボーン選手がバントヒットで出たあと盗塁を決めてこの機動力が効きました。イートン投手、自分でこれをかえしてまずは1点(笑)。その後ロリンズ選手、ビクトリーノ選手と続き、アトリー選手のタイムリーでさらに2点追加し、パスボールでもう1点を追加。一挙4点で試合をひっくり返してこのあと点をとりあいながら1-2点差の攻防を一度もそこから追いつかれずに勝ちました。

いわゆる取って取られつ…という展開だったわけですが、何が大きかったかと言えば、この日はブルペンだったんじゃないかなぁと思っています。ず~~~っと鬼門と言われてきていたブルペンがこういった接戦のゲームで失点せずに勝てるというのは本当に大きかったと思うんですよ。

個人的にはやっぱり新人左腕のザグルスキー投手が結構良い役目になっているような。7回からこの日もイートン投手に替わって新人ザグルスキー投手がマウンドへ上がったんですがジョンソン選手にヒットを打たれたものの、1イニングをキッチリ失点せずに終わりました。キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!頑張れ!!

ザグルスキー投手、もちろんまだ2回の登板で結果を見て決められるわけじゃないですし、彼にそういう期待を重くのしかけるつもりもないんですが、ストレートにタイミング的にすごく明るい存在になったという感じがするんですよね。

もうマーリンズ戦でもブルペンが打たれて…だったりだとか、要となるマイヤーズ投手のDL入りが出てきたりとか…とにかくブルペンを明るく見れる要因が見つけられてなかったところ、彼が入ってきて…というこのタイミングが、新たなチームメイトなんですけれども、なんだか勝利の女神的になってるような(笑)。

しかも待望の左投手だったりするので余計にワクワクしちゃうところがあるんですよね。でも、個人的にはできればもうひとりプラスで左投手がブルペンに欲しいと思ってるんですけどね~(そうすればそれぞれの重みが減りそうな気が…するんですけどね~)。その方がバランス良さそうな気が…。

これは私個人の思いですが、フィリーズのブルペンって個々で見てイマイチ…という評価が多い中打たれてしまうことが続いたのでいろいろ言われているんだと思うんですが、どっちかというと、個々も問題あるにせよ、それ以上にブルペンの中のバランスが悪いのが大きいような気がしています。メンバー的にそんなに替わらなくても、左投手があと一人くらいいて、投げる感じもそれぞれ個性があれば少し変わってくるんじゃないかなぁと思うんですけどね。前に出てきた投手と次に出てくる投手が右投げで同じような感じの速度の球を投げていれば…増して投げ方もそんなにまで特徴的じゃなければ、やっぱり目が慣れてくるってあると思うんですよ。だから実績云々よりも、ある意味そういうバランス良いメンバーを揃えて貰えなかった(これはGMの責任になるのかなぁ)ということでブルペンメンバーも大変なのかもしれません。ちょっとかわいそうだったかも。

そこに出てきた良いニュースだったんじゃないかなぁと。
もちろん当然これから打たれることもあると思います。連打を浴びることだってあるでしょう。でも思い切ってストライク投げていって欲しいなと思ってます。その分、先輩ブルペンメンバーたちもみんな頑張ってくれるかなとそういう意味でも期待したいなと思ってます。

なお、この試合、最後アルフォンセカ投手が締めたのですが、2002年カブス時代以来とのこと。この日を忘れないだろうと語っていたアルフォンセカ投手ですが、これが彼の自信になっていくとまたいいんでしょうね。



そして今日の試合…。
今日はなんと13-6で勝ちました!わわわ!

初回から打線が爆発。このチーム、打つときはホントハンパじゃないです(ホワイトソックス見ているだけにこんな試合がちょこちょこあるのがすごいなぁと改めて思うんですが)。

初回にロリンズ選手のスリーベースヒットから始まり、そこからポンポンとツーアウトまで行くのですが、ここで待ってました!のハワード選手のホームランで2-0。さらにローワンド選手のツーベースヒットのあとダブス選手からもツーランが飛び出して一挙4点。4-0。なお、この回、ルイス選手がシングルヒットを打ったのでワンイニングに、ヒット、ツーベース、トリプル、ホームランと全て揃ったイニングになりました(笑)。こういうこともあるんですね~~。

2回にはあのなが~~い名前のルーキー、サルタラマッキア選手にホームランを打たれてしまって4-1となるものの、5回にはまたまた大爆発のフィリーズ。

昨日はボーン選手のバントヒットが攻撃の始まりになりましたが、この日はワンアウトでビクトリーノ選手のバントヒットから猛打が爆発していくことに。

ビクトリーノ選手、バントヒット
アトリー選手、ツーベースで2.3塁。
ハワード選手、敬遠で満塁
ローワンド選手、タイムリーヒットで5-1。なおも満塁。

投手交代を挟んで…

ダブス選手、タイムリーヒットで6-1。なおも満塁。
ルイス選手、ファーボールで押し出し7-1。なおも満塁。

またまた投手交代…

ボーン選手の当たりが内野安打になり、8-1、なおも満塁。
ハメルス投手、センターへの犠牲フライで9-1。ツーアウト2.3塁。
ロリンズ選手センターへのタイムリーツーベースで11-1。

このあとビクトリーノ選手がセカンドゴロでチェンジ。
長かったですね~~この回。すご~~~~い。


ハメルス投手もぽこぽこと打たれて合計3失点していましたが、打ち込まれるってことがなかった上この点差なのでお気楽モードで見れました。いずれにしてもハメルス投手はこれで7勝目。今日も奪三振ショーが見れました。ホント彼は三振が取れるっていうのが大きいですね~~見ていても楽しいです(カワイイし→余計(笑))。

ブルペンではロザリオ投手が2回を投げてくれたりしてこれまた今日はいい仕事してくれました。ただ9回のコンドレイ投手が3失点…というのはわわわって感じでしたが、交替したヘルナンデス投手が締めてくれて終了。アトランタに移動してきてから、比較的ブルペン落ち着いているんじゃないかなぁとは思います。

なお、ハワード選手はもう一本この日ホームランを放ちマルチホームランディに。

"Right now," he declared, "I'm 100 percent."

うん、ホントメンタル的なものが大きかったと思うので、気持ちラクにスイングできていればと思います。頑張ってほしいです。

とにかくスイープおめでとう!!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!


と、どかんと爆発試合を見せてくれたフィリーズ。明日からは地元でダイヤモンドバックス戦です。

で、明日はフレディの先発です…。
流れに乗って欲しいんですけどね~~。

ただ、こんなに固め打ちされると明日がコワイ…←チキンファン(;^_^A 。実際のところフレディ、ホントに3-4失点までしかしてないんですが、勝てないんですよね~~。5月勝ちなしでここ6回先発して4回ノーディシジョンですよ。オフィシャルもこういった書き方をしてくれているのは救いなんですけどね。4/22以来勝ってません。このところついてる記録は全部負けです。はぁ(-_-;) 。

でも実際のところ…
昨日のイートン投手にしても6回4失点、今日のハメルス投手にしても6回3失点で交替しているわけですが、フレディとさして変わらない内容なわけです。しかしイートン投手は5勝、ハメルス投手は7勝。フレディは1勝…これはあまりにも大きいすぎるけど現実なんですよね。

私個人はフレディをメインで見ているところがあるので、防御率が良い形で投げてくれたら…と思ったりしますし、勝ち負けは運もあるしねなんて思っていますが、チームやチームファンからすればそうはいかないと思ってます。

極端な言い方をすれば例え防御率が1点ほど悪くてもイートン投手が5勝しているわけですからイートン投手の方がチームにとっては勝てる投手でありフィリーズに必要だと言われても仕方ないわけで。勝ち運は運だから…といってもやっぱりね~。そろそろ2勝目は欲しいでしょう。

なおのことナリーグは投手交代だけを考えていればいいのではなく、野手とのかねあいもありますし、マニュエル監督はそういう先発の勝ちそのものはそこまで重きを置いてくれないタイプかなというのは感じるので(ナリーグだからというのもありますが、どちらかといえばなんとしても先発に勝ちをつけさせようと出来る限りやってるとはあまり思えないかな。もちろんそれが良い悪いというよりもそういうタイプの監督さんなんだと思います)、フレディ自身が自分で球数セーブしながらなんとしても長く投げられるような安全な形を作っていくしかないんですけどまだまだですしね~~~(涙)。

ただ、私としては今はフレディの成績(勝ち負けの成績)についてあまり気にしないであげようと思ってます。自分が納得いく形をつくってくれたらいいかなと。期待されていたものがあまりにも大きかっただけに、このままだと17勝なんて出来ないじゃないか!と怒るメディアもファンも多いと思うんですが、まぁひとりくらいこういう人が見ててもいいかなーと(自己解決)。最悪の時は最悪で考えますが、それは今は考えないでおこうと思ってます。とにかく熱烈応援を!←オバカ~~σ( ̄∇ ̄)。

で、明日はダイヤモンドバックスは誰が投げるんだろう?と思ってPreview見てみると、またあのデービス投手とのマッチアップでした(3週間前も同じ組み合わせ)。わわ、なかなか打てなかったんですよね~あのときも。

でもデービス投手って、防御率3.57なのに2勝6敗じゃないですか!( ▽|||)。フレディどころじゃなくて気の毒かも…。で、フレディは防御率4.81で1勝3敗…。うーんついてないコンビネーションだわ( ノ ̄∇ ̄)ノ(汗)←失礼な。とにかく流れに乗ってフレディも球数をセーブして投げれるかどうかかなぁ。頑張ってほしいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。