スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:とうとう爆発…(-_-;)
2007年05月18日 (金) 23:01 | 編集
フィリーズは今日がブリュワーズとの4連戦の4試合目。
この連戦をなんと3連勝で来ているだけに勝ちに行きたいところだったんですが、昨日書いたようにフレディの先発で私は個人的にはかなり不安タップリで祈る思いでした( ̄人 ̄)。

結果としては、2-3で負け。
フレディは5回1/3で降板し、2本のソロホームランで2失点でした。
これで1勝3敗。防御率は4.86と4点台になってきました。
防御率的には形にはなってきた感じですけどね…。

そして、ゲームの流れについてさらっと書けばこんな感じでした。
2回裏にフィリーズがバール選手のホームランで先制。

しかしその直後の3回表にグロス選手にホームランを打たれて1-1。さらに5回にもまたグロス選手にソロを打たれて1-2とされました。また、8回にはカストロ投手がフィルダー選手を歩かせた後、エストラーダ選手にタイムリーツーベースを打たれてさらに追加点1-3。

しかし、8回裏にツーアウトからローワンド選手がツーベースヒットで出塁し、これをビクトリーノ選手が戻して2-3。9回裏は、バール選手の当たりは同点ソロホームランか!と思って喜んだんですが、ギリギリ高さが足らなかったようでツーベースヒット。その後続かず…このまま試合終了となりました。

この日は相手のシーツ投手にしてやられてしまった状態です。
この間のカブスのリリー投手を思わせるようなサクサクとアウトにとられるようなピッチングでした(>_<)。ただそうはいっても、6回はルイス選手がヒットで出塁後、バントで送ろうとしたりもしたんですが、7回はノーアウト1塁を全く動かせず。ホワイトソックスもそうなんですが、主軸がだめなときってそのままランナーすら進まないって事が多くて、かえって下位打線くらいのほうが試合を動かせたりするんですが、このあたり作戦がなにかあればいいんでしょうけどね~(頼むにも簡単にはバントとかさせられないでしね)。このあたりが毎日のこととして重なってくるとかなりしんどいと思いますが(ホワイトソックスのように打線不振になるとね)まぁフィリーズの場合は日替わりみたいな感じで打ててるので問題はないかとは思います。

そして失点につながってからは、8回途中からはシーツ投手からクローザーのコルデロ投手へスイッチ。ブルペンも使わず良い形になっていました。かなり完敗って感じではありました。


…とあちらのことはいいんですが、こちらがねぇщ( ̄∀ ̄)ш。
試合のことよりも何か試合後のほうがとんでもないことになっているのでそのことについて今日は書いていきます。お騒がせですみません…って私が謝っても仕方ないんですが、だ~~っもう。

"Let me pitch," Garcia said. "That's all I need to do. Let me pitch. When I get in trouble, let me do my thing and try to get out of the inning. I'm really frustrated because I can't pass six innings. I'm a guy who throws a lot of innings. It's made me mad. Everybody else in the rotation is pitching good and throwing a lot of innings."

というこのコメント…。

今日は5回にも一度なんとかピンチを脱しているんですが、6回はツーアウト満塁にしたところでギアリー投手へ交代になりました。このとき、フレディがマニュエル監督にピンチでも降ろさず投げさせて欲しいということを懇願したんですが却下。MLB.TVでも懇願のシーンが放送されていました。

これも問答無用でも仕方なかったんですが、その前に話をしたときにちゃんとどのシチュエーションで替えるかというのをキチンと話せてなかったと言うことの表れでもあるんじゃないかなぁと思ったりも。たとえば満塁になったら替えるぞ…だからそうしないようにおさえろよってあらかじめ言われていたらあんなに怒ったかなーというのはあるんですよ。何も言われてなかったから怒ったんじゃないかなぁ(そうじゃなかったら相当わからずや(汗))。後ワンアウトおさえればその次の回に逆転出来れば勝ち投手になれる…でもその権利もない。しかもまだ2失点…。勝ち投手の権利を剥奪するのは簡単ですが、これを奪われると基本的に5日間先発投手は権利がありません。球数は多かったですが、そういう意味でも私的にはかなりツライ場面ではありました。

ただね…ベンチにかえってもあまりにも収まってなかったので、ハッキリ言って、これはかなり試合中からまずいだろうなと思っていたんですが、フレディが試合後にと大爆発してしまったようで…( ▽|||)。はぁ。

あの怒りじゃ、当然お礼どころじゃないのでこちらで…。
ギアリー投手ありがとう。そしてせっかく火消ししてくれたのにごめんね。って本人に届かないんですけどねー(;^_^A 。気持ちだけでも。


さて、オフィシャルで最初この発言を見たんですが、もっと地元メディアがダメだしされまくりで騒ぐのかと思いきや意外と発言は載せてるものの…です。

Garcia frustrated with getting pulled
Garcia: I've earned the right to get myself out of jams
Phil Sheridan | Low on gas: The fastball of the old Freddy Garcia is MIA

Garcia is thinking more like seven or eight innings. He's done it reliably in the past. He just hasn't done it here yet. Of course, he can't until he gets the chance. He can win the Phillies' confidence only if they show him some confidence.

正直なところ、もっともっと何言うてるねん!とたたかれまくりだろうなと思っていたので、その報道のされ方は意外でした。チャンスがないということもメディア全体で見てくれているような感じですが…。

まぁこのことはホントにね、正直なところマニュエル監督がフレディとコミュニケーションをとろうといしてなければいつか来るだろうと覚悟はしていました。今までメディアを通じてフレディについてのコメントはあったものの、これってちゃんと直接二人で話しているのかな?というのは気になっていましたし。じゃないと言いっぱなしですれ違い、相手の考えがわからないままだぞーって思ってましたから。

以前書いたことがありますが、アスレチックスのモッカ監督がやはり同じように直接自分に説明されずにメディアにばかり言う…ということで、選手たちの中にはかなり彼を嫌っていた選手も多かったということがあったんですが、フレディとマニュエル監督の間にも同じようなことが起きなければいいのになと思っていました。前から不安に思っていたことが今日どかんと出てしまった感じです。ただ今日のこの結果を見るとこれまでも話出来てないんでしょうねー(-_-;) 。

ただいくらなんでも今日はまずかったんですけどね щ( ̄∀ ̄)ш。
そんなことまで考える余裕すらなかったんでしょうねーまったくも~。
いや、ホント爆発自体あまりいいことじゃないんですが、出来ればもっと降りるにしてももっと出来が良かった日にすればまだもう少し立場も(汗)…なんてものですが、今まで積もり積もった分でガマンの限界に来ていたってことかも。はっきりいって、フレディは決してお行儀よくないと思うし、決してクレバーって感じではないんですが(オイオイ)正直な気持ちが前に出てしまったんでしょう。ただこれがよかったかといえば、もちろん、うーん…なんですが。

なぜならどうであれ今はマニュエル監督が監督だからです。
フィリーズのボスはマニュエル監督なんですものね。
フレディはあくまでもその中の一選手であって。
こういうことって、どのチームにいっても同じ事だと思うんです。ちゃんと話し合いしなくちゃ。マニュエル監督の考え方がいいとか、フレディがどうとか言う前に…の話なんじゃないかなぁ。

たとえ仮にそれが理不尽な中で行われていたとしても(マニュエル監督が…というわけじゃないですよ)…それは仕方ないんだろうなというのはあります。これは野球の世界だけじゃなくて、一般社会にウヨウヨとあるような話だったりしますよね。だからこういう話になるよりも、監督が首を縦に振れるような状況をつくっていくしかない、力で勝ち取るしかないと思うんです。マニュエル監督に使うと言われるように状態を整えるしかないんじゃないかなと。そして文句は自分で言わず周囲から言わせる(メディアとかにおかしいじゃないか!とか)…これが本来一番ベストなんじゃないかなと思ったりしてますが…甘い?(笑)

単純ですからねぇ…アノヒト( ▽|||)。

まぁ、これまでもフレディは長く投げたいということはつねづね言ってきてました。そのことが話し合いがないまま来ているからこの爆発につながったとしたら、今回の発言も恐らく単なるcriticize…監督批判にしかとられないと思います。何かしら思いっきり話をする機会でも作らなければこの溝は埋まりにくいでしょうから相当厳しいなというのはあります。


ただね~ファンの欲目でフレディの気持ちもわかるんです。
このところのブルペンの使い方を見ていてもそうなんですが、あくまでも私の印象として、マニュエル監督って結構好き嫌いというか、行けると思えばその人を重点的に使う、ダメかなと思ったら一線から引いてしまう…というようなところがあるようには感じています。

かなり使いまくりのブルペン投手もいれば、今日出てきたロザリオ投手なんてホントにほったらかしになってましたし(5/5から投げてなかったです)。今日かなり一気に普段使われない面々が使われてましたが、さらに他にも投げてない投手(ヘルナンデス投手)もいます。せっかくだからなんとかメジャーにいる間に使い物になるようにしようというのはあまりないのかなぁとは思っています。そう思うと、ホワイトソックスの投手陣のように公平にチャンスを貰えるってことはないかなーという感じも(ちょっと気の毒)。マニュエル監督の今の信頼は誰にあるか…わかりやすいかなとは思います。まぁそれもとりあえずマドソン投手やゴードン投手が戻ってくるまでの間だからみたいなところがあるのかなとは思うんですけどね。

ただねぇ…
昨日は4点差をひっくりかえさせないためにはクローザーのマイヤーズ投手を使わなくては…ということを言っていたんですが、今日はこの1-2と負けていても1点差だったのにタイトなゲームをキープして逆転ってことじゃなくて

"He needs experience," Manuel said of Castro. "You have to let him pitch, see what he can do."

とブルペンメンバーも使わなくちゃ発言をするもんだからこれまたフレディにしてみれば何で一気にオレのところでってなわけで気に入らないわけです…もーね、ほんとに流れ悪すぎ。ハメルス投手の時は4点もリードしていても安全策をとって勝ちに行こうとしてくれるのに、自分の1点ビハインドのゲームではキープするよりも投手を使うための試合にされてしまう…確かにこれじゃあ不満のたねにもなるでしょう。あ~もう、フレディもフレディだけど、マニュエル監督もなんでまた昨日の今日でこんなコメントするのかなぁ…(涙)。これじゃあのときの二の舞って感じが…(涙)。

こういう部分を見ると、もうちょっとマニュエル監督も考えてくれるとありがたいんだけどな…なんて勝手なことも考えてみたりするんですが、その日のベストを尽くすといいうことであればそれまでなのかもしれません。まぁ、よそから獲得するルーキーでもない選手に対して思い入れを持てといわれても成績がなければ難しいのは仕方がないことなんですけどね。

まぁそういう意味でも、私が感じるマニュエル監督のフレディに対する対応というのもまさに微妙だなーというところでしょうか。今までのパターンを見て、5回までのピンチは目をつむってくれますが6回以降のピンチは見逃してくれないという見方も出来ますが、良いように考えれば、ガンガンに失点する前に下ろしてやろうと思ってくれているのかなとも(というかピンチが来ると失点しまくりそうに思えるのかなぁ(汗)←これだと信頼感のなさですが)。ホント取り方ひとつでビミョーです。ただ、どっちにしても、彼からすると今までの話し合いがまったくないことで、不公平にしかみえなかったのかもしれません。それも、今回の発言の中にあるこの部分…。

"Yeah, it's frustrating, especially when you have guys out there in the rotation who are throwing seven and eight innings," Garcia said. "I'm not getting it done, and it's making me mad."

自分が悪いのに投げさせろって無理を言ってるだけということじゃなくて、他の選手はよくてどうして自分がダメなのか?(不公平なのはなんでなのか)というところにあるんだと思っています。


こういうことではパッと思いつくのがあの一件…。
ダイヤモンドバックス戦…6回70球で終えたフレディが代打を入れられて降板、一方次の日の同じ状況でイートン投手は継続して使って貰えたという話ですが、確かにあれはタイミング悪かったですね。ナリーグだから…と納得しようと思った翌日に目の前で全く違うことをされてしまうと…ちょっとフクザツではありました(結果はどうでアレ結果論ですが、長く投げさせてほしかったと言うところがありましたね)。まぁ前日の反省を元に…ってところもあるんでしょうが、とりかたによっては、フレディに勝ちをつけようという意識やこの投手に賭けてみようという意識はないということにも…なってしまっていたかも。

その件については、具体的にはこちらに書いてます(長文)。
Phillies:イートン投手ベストも残念…それよりも(主観)

ただ、このことだけがあって…
これだけで今回の爆発につながっているとは思えないんですよね。
これは私が見てきての想像ですが、フレディが今回言ってるのは、みんながみんな今日のような状況でも降ろしているのか?ということです。今回もちゃもちゃっとしたとはいえソロ2発の2失点でしたから余計に思うところが出来てしまったんでしょう。

たとえば近い話で言えば、5/14のブリュワーズ戦の初戦…。この試合、モイヤー投手とブッシュ投手の投げ合いだったのですが、モイヤー投手が2-4で負けている状態でも6回1.3塁のピンチでもそのまま投げさせて7回へ入ったというものがあったり(最終的に6.1回投げて逆転で試合は勝ちました)。5/6のハメルス投手とリンスカム投手のマッチアップでは決してdominateしていたわけじゃなくて、点をとりつ、とられつで5回に5-5だったわけですが、そのまま7回まで投げさせてもらって勝ち投手なったりしていたり…などなど…、こういうことの積み重ねが余計に隣の芝生が青く見えちゃっているのでしょう( ▽|||)。

実際フレディはまだこのシーズンに5失点したことがありません。
それは成績がいいからではなく、やばそう…となると失点する前におりることになるからです。それも今日は114球というところだったのですが、100球未満も多いのでこれが不完全燃焼につながってるのかも。それもこれも混み込みで、みんながそうだったらいいけど…となってしまってるわけなんですが…もっとメディアが無いところでどっぷり話し合えなかったんでしょうかね…もー。この状態になって、その後も話がなかったとしたら、ちょっとマニュエル監督に疑問を持ちますが…どうなるでしょうね。こわいなぁ。

始終今回のことで、フレディは自分について信用してもらってないということを話していますが(そういう成績じゃないというのはありますけどね…(-_-;) (涙))

"It's all about confidence," Garcia said. "They are not confident in me."

やっぱり直接話したり、メディアに向けてお前で行くぞ!というところがなかったり自分はどう使われるのか不安だらけなんだと思います。

それが今日もホワイトソックスの記事に書いたんですが、ホワイトソックスのギーエン監督と違うところです。

ギーエン監督もいろんなことを書かれたりはするんですが、良かれ悪かれ、彼は先発を常々大事にしてくれるところがあります。ホントに先発と心中するつもりでかけてくれるところも。試合に勝つことはもちろんですが、なるべく先発に勝ちをつけることも合わせて考えてくれます。

ところが、今フレディはそれを感じれないんでしょう。
わがままな!といえばそれまでなんですが、ギーエン監督とマニュエル監督ってあまりにも違うのでその違いにとまどっているのかもしれません。当たり前が当たり前じゃなくなったときかなりショックは大きいでしょうしね。しかもギーエン監督はスペイン語で話せるしコミュニケーションを毎日とろうとしてくれるタイプ。ただね、それが一般的ではないということが今回のことで解ってほしいです。もちろん監督とのコミットメントがあることが好ましいですが…うーん。厳しそう。

もちろん、マニュエル監督だって鬼じゃないですから(当たり前)、長く使えるものなら使いたいけど…ってところだと思います。使わせてくれよって。わかりますよ、この成績ですし不安持つなと言ってもねー持ってしまいますよね(汗)。ただ、長い目で見れば、彼が長く投げれることは今後もフィリーズに在籍するのであれば必要なことでもありますから、やっぱりちゃんと話し合って欲しいです。メディアオフで。こちらに何もわからなくてもいいから、明日にでもちゃんと話をしてほしい…それが個人的な願いです。

ただフレディも言ったからにはちゃんとしてほしいんですが(汗)。アナタもう背水の陣どころじゃないんですけどね。わかってるんかいな…って気が(- -”)。言ってスッキリして終わってたらどうしよー…もう。

もーせっかく今日イニングは少なかれども2失点だったら一応首つないだと思ったのにこんなことがあってなにやってんだかっていうのが本音(笑)。気持ちはわかるけど…ダメでしょ、ホントにこんな大騒ぎにして←ほとんど親σ( ̄∇ ̄)。


すでにしょーもない記事になってるんですが…
ここからさらに余談です。

…と、こういうことがあって、calm downしてほしいという思いと不満もわかるけど…ということで頭がごっちゃごちゃになっていて、私もどうしていいかわからなくなってました。

とりあえず!って思いで
何を書いて良いのかわからないまま頭ぐっちゃぐちゃで朝から手紙を書いていたんですが…正直間に合わない!って焦ってたんです。

実際、これをEMSで送っても3-4日はかかるはず。
そうすればどうやったところで時間が経ってしまってるというわけです。そんな中、こういう問題は次なる進展を迎えてしまうかもしれない。どうしたらいいんだろう?どうしたらベストなんだろう?そう思いました。真剣に私が考えたところでどうしようもないんですが←救われませんσ( ̄∇ ̄)。でも悩んだんですよ…だってやっぱりチームで何とかなって欲しいし、縁あってフィリーズに来たのになんだかしっちゃかめっちゃかだけって良くないですからね。

彼が苦しいのもよくわかる。

で、考えました。……

!!!!
あることを思いついたんですが、それをやっていいのかどうか…。
迷いました。でも思い切ってやってみることにしました。

このところ試合を見てはギーエン監督のパブリックメールに励ましなどを送ってるというのは前に書いたと思うんですが、今回のことをいきさつなども含めて別途メールを送りました。

もちろん、ホワイトソックスの打線のことでそれどころじゃないのは解っているし、そのことを第一に考えて欲しいというのはあります(私もホワイトソックスをなんとかしてほしいし)。でも…という個人的勝手なお願いだったりします。

-----------------
時間があるときでいいので、どうかファミリーとして(フレディはギーエン監督の奥様の親族と結婚したので)、またナリーグのことも監督の気持ちもわかるあなたが、フレディの話を電話ででも聞いてあげてくれませんか?

あなたほど彼を助けられる人はいないと思います。
-----------------

まぁこれがとにかく書いておきたかったことなんですが…
話聞いてもらうだけでも気分が楽になったり方向が見えるんじゃないかなぁ…って思ったんですよ。筋金入りのオバカだなぁと思ったんですが、送った後は後の祭りですね(汗)。

まぁスルーされても仕方ないんですが(というか日本からこんなメールが届くなんてはずかしすぎますね)、でももしかしたら電話ででも『お前アホかそんなこと言って』くらい言ってくれないかなぁとそのときは思ったんです。その方が私が沢山ごちゃごちゃ書いた手紙が届くよりも早くて的確じゃないかなと。一応毎日確認されているみたいなんですが…うーん。ホントにゴメンナサイ、ギーエン監督…変なメールを送ってしまって(>_<)。

…といってもすでに怒りにまかせてフレディから電話がかかって知ってたりして( ノ ̄∇ ̄)ノ。ひょえー。想像は止まりません…ああどこまでもアホだわ。

もちろん私も手紙を書いて送ろうかなと思います。
まだ書きかけなんですが…早く書かないと…。

フレディっていっぱいいっぱいになるとこういうことがあるんですが(2003年がまさにそんな感じでした)、どうしてもっと物わかりのいい人を応援してないんだろうってこういうときに思います…σ( ̄∇ ̄)。なんかもう2001年から腐れ縁的でしょうがないなぁまったく…って感じではあるんですけどね…でもね、アナタも30ですから(>_<)。


フィリーズの選手のみんなにもこれはお騒がせして申し訳ないですね。ローワンド選手はホワイトソックスでのことが解るだけに恐らく気持ちはわかるんじゃないかなとは思うんですが…でもあまりにもねー状況が悪いので大汗だとは思います。ごめんね、オフに良いように言ってくれていたのに(>_<)。

でも実は一番気になっているのがバラハス捕手のことなんです…。

この日バラハス捕手は久々のマスクをかぶっていたんですが、

"Six innings, two runs," catcher Rod Barajas said. "If he can do that every game, you'd take that."

"He's got so many pitches, he can be creative up there," said catcher Rod Barajas, who called his first game since May 11. "Even when he's behind in the count, he can throw offspeed pitches. That's what happens a lot. He gets behind in the count, and you get a lot of foul balls off changeups or sliders -- those are going to add up. Going into the sixth inning, you're going to have those high pitch counts."

とフレディのこともかばってくれてるような感じだったので、ひょっとしてギアリー投手を入れるとき降ろされてしまったんじゃないだろうか…( ▽|||)なんてちょっと不安なんですが。なんであそこでバラハス選手まで降ろされてしまうのかがよくわからなかったんです。たまたまギアリー投手がこの方がいいというので…というのなら良いんですが、このあたりもマニュエル監督を怒らせてしまっての結果だったとしたら彼はとばっちりでしかないと思うので…すごく気になってます(そうじゃありませんように)。フレディは自分のことを言ってしまったのだから仕方ないですが、バラハス捕手には罪はないですからね。

最後に…。

"This year is hard for me," Garcia said. "I'm working really hard. Right now, my goal is to get out of the sixth inning. I'm feeling fine."

わかるよ、一生懸命フォームも安定させてきているように思うし(今日ひっぱってなかったです…比較的)。でもね、監督も悩まずに使いたいのが本音なんだから、頑張って結果を出そうね、フレディ。

もー明日からのゲームに変な影響が出ないことを願います。
フィリーズファンの皆様にもすみませんm(_ _)m。新参者がこんなことに…だ~~っもう。

それにしても長い…この記事( ノ ̄∇ ̄)ノ。
すみません、まとまりナッシング…。あ、それはいつも通り(汗)。
コメント
この記事へのコメント
使われ方が疑問ですよね
こんばんは!
MLB.TVでそのシーンちょっと観ましたよ~!!
不満そのものでしたね( ̄ー ̄)

2アウトまで取れてたしそんなに変えなきゃいけない場面にも思えなかったですけどね。
ブルペンだってあそこで継投はきついですよー
今回はアウト取れたけども。。。

フレディは期待されてチームに入ってきてオフの目玉だったんだから
軸になるような形に積極的に持っていってもっと試してみてくれないんでしょうか。
ほとんど長く投げさせてもらってないってのが気になります。
他の選手と同じことをなんでさせてもらえないかって
もし理由があるならきちんと説明だけでもしてあげないと。

やっぱり監督とうまくやれないとチームにいずらいですよね。
なんとかならないんでしょうか、ギーエン!

使いまくりのブルペンね…。
いますよね、正直BOSでも岡島の使い方はやりすぎなんじゃないかって思いますよ ^^;
ああいうの、ピネイロなんてどう思ってるんだろう。。。
2007/05/19(土) 00:01 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
タイトルと顔文字のギャップが
「?」だったんですけど中身を読んでみると…いわゆるフレディがキレてしまったというヤツのようで(汗)。
ちなみに後述の金炳賢投手あたりはボストン時代、日本風に言うクール(私見・ドライ)を装いすぎてチームから浮いてしまう一方、自身の成績はサブマリン浮上せず…というシャレにならない展開で追放された記憶もありますがフレディには真逆の展開を期待しています。
余談になりますけど「微妙な対応」を演じたP軍チャーリー・マニュエル監督は、日本在籍時に横恋慕騒動というゴシップ全開のスキャンダルを演じて球団を追放されたという経験があったりするような…(謎)。

ということで、あっという間にP軍に離され最下位も迫るマー軍ネタ。
確か前回訪問時に「この地区、開幕から不動の順位」云々と書き込んだ気もしますが忘れて下さい(笑汗)。
風ならぬ嵐と共に去りぬ特別編(←なんだ?)。
某日の対ナショナルズ戦、9回に1点返され2死取るも満塁のピンチにフリオさま降臨
    ↓
当日無安打のライアン・ジマーマン選手に逆転サヨナラ満塁本塁打被弾
    ↓
コロラド直行w
引取料として(?)金炳賢投手が付いてきました。
いきなりDL入りしてるし。

今季マー軍のクローザー変遷
  テイラー・タンカーズリー(左肩に違和感で出遅れ。ケチのつき始め)
→ フリオさま(遅い直球+軽い球質+無類の制球難でスターダムに(合掌))
→ ヘンリー・オーウェンス(慣れぬ好成績が災いしたのかあっさりDL入り)
→ ケビン・グレッグ(1点勝ち越しで9回頭から登板、ということは…)

既にチーム成績よりジェレミー・ハーミダ右翼手の復帰&高打率キープが一番の楽しみというワタシだったりして(汗)。
2007/05/19(土) 05:04 | URL | ぱっくん! #yK9c41Ws[編集]
ありがとうございます。
>aoiさん
いつもありがとう!そういって貰えて(涙)。

わざわざそのシーンも見てくれたの?いや~~お恥ずかしい(ほんとにもー)。そうなんです、彼はああいうところがね~やっぱり扱いにくいと思われるところでもあるんですが、そこを上手く扱って貰える球団にいただけにその差がつらいんじゃないかなぁ…と想像(涙)。でもマニュエル監督も多分手をやいてるんだろうな、ちょっと気の毒かもね、慣れてなければ(笑)。

よくよく考えたら、監督とのコミットメントがされてないことだけじゃなくて、フィリーズってアメリカ人の比率がものすごく多いんだよね。それが悪いとかそういうことじゃなくて、彼にとっては今現在かなり話し相手が固定されているかもしれないなって思ったりも。普段だとそんなこともどうでもいいけど、こういうことがあるとツライかもね。もともとああいう感じでマウンドでは勝ち気な割りに、結構人見知りだと思うし…と想像σ( ̄∇ ̄)。今回のことで少し良い形に動いて欲しいんだけどね。

マリナーズ時代も先発仲間にピニェくんが、野手にもずっとアカデミー時代からのお友達カルロスがいたし…、ホワイトソックスにももちろんラティーノたくさんいるけど先発にはコントレラス投手やバスケス投手もラティーノがいたしね。そう思うと、フィリーズの他の先発4人(モイヤー投手、リーバー投手、イートン投手、ハメルス投手)…だから。誰かが悪いとか仲が悪いって事じゃなくて話相手としてあまり想像つかないというか。チームであれどもお仕事だから仲良しこよしがよしってわけじゃないんですが、普段以上に今はしんどいかもね。まぁもうこういう形になったからには、自分でけりをつけないと…なんだろうけど大丈夫なんかいな(まったくねぇ)。頭に来てる場合じゃない、成績出すしかないぞーって感じかな。なんてこんな事を書いているとまた親的だわ(汗)。オバカ~~。

あ、そうそう、あそこで替わったギアリー投手は最近ちょっと打たれたりはしてるんだけど、今のところチームで一番ランナーを残して交替したときにおさえてくれる投手ではあるからあの場面に出したんだろうなーとは思う。でも…本音言えばキツイだろうなーという場面が多いのでホントよく頑張ってると思うのよ(笑)。あんな場面私だったら気が小さいからダメだけどね…これからも頑張ってほしいな。

そうなの。彼が爆発すること、また爆発した試合としては最悪だったと思うんですが(まぁぼっこぼこになった試合じゃないだけマシかなー)、説明がやっぱり欲しいかなーと。ああしないとならないというのは今までの話し合いの場ってなかったのかなぁと想像…。今後はちゃんと話し合って欲しいなー。このことはまた別記事上げる予定…。

ただこのことがあってフィリーズの流れが気になっていたんですが、ベテランのリーバー投手が先発だったのでそういう意味ではちょっとホッとしてました。いい形で勝ったようだしよかったです。

ギーエン監督にメールを送ったはいいんだけど(しかも送りつけ状態(汗))、あちらはあちらで今日しっちゃかめっちゃかになってたみたいで(笑)読んで貰える時間どころじゃなかったんじゃないかな…なんて思うんですけどねー。ただギーエン監督の場合は話し合いしたところまで記事に出てるのでまだホッとするんですけどさすがに…(汗)。これもまた後で書くね。フレディのこともなんとか話だけでも聞いてあげて欲しいんだけど…うーん。どうなるかなー。

使いまくりのブルペン(笑)。
書いてみたものの、自分の文章がめちゃめちゃだねぇ。岡島投手頑張ってるよねー。でも確かに疲労感が出てないのかは心配かも。ピニェくんねーホント(涙)。フレディといい、なんだか今年受難だなぁ。といってもピニェくんは背水の陣でボストンにとってもらったんだからそれだけでもすごいんだけどね。

ホントいつもありがとう。


>ぱっくん!さん
こんにちは!いつもありがとうございます。
そうなんですよね~~こんな記事書きたくないんですが、事実は事実で(汗)。しかもあまりかばわれる余地はなさそうなので(笑)ひとりくらい地球の裏側でこんなことを書いてる人がいてもいいかなーなんて思ったりして(甘え)。

わわわ、確かにそういう結末になるといやだなぁー。なんだか今のままで結果が出ないと放出されちゃうかもって感じもしますが(結果を残さない限りはしこりが残りそう)そう願って貰ってうれしいです。ホントすみません~~お騒がせで(大汗)って私が謝っても仕方ないんですがσ( ̄∇ ̄)。

マニュエル監督そういう経験があったんですか?
私は当時そんなに野球を見てなかったんであまり知らないんですが、モテモテだったんでしょうか?←観点が違う。きゃ~~。

どちらにしてもビミョーな状態はこのまま行けばかなりヤバイかなーと。今日話し合いが出来てなかったら今後結果しかないですから…なんとかなってほしいです(祈)。勝手な老婆心であってくれるといいんですが(まったくもーねー)。

マー軍ネタ!毎度ありがとうございます。
いやいやお魚さんチームはまだまだわかりませんよー。それにしても嵐と共にフリオ様が去っていたとは!ビックリです~~。すでに完結編になっていたのですね(大汗)。かなりドラマチックだわ(ちが~~う)。でも彼ベネ選手なんですよね~~>フリオ様。何とか立ち直ってくれないかなと密かに思っていたんですが、そんなどころじゃない結末をあみだしていたようですね(大汗)。

しかも金炳賢投手のおまけ付きだったあとは。またこれすごいですね。

クローザー変遷なるほどって感じです。フリオ様が燦然と輝いてますが(別の意味で(汗))、成績を出していると聞いていたオーウェンス投手がDL入りしていたんですね(大汗)。グレッグ投手の…「ということは…」の後が気になりますがドキドキ。どんな感じか近々会えるんですよね。

ハーミダ選手の復帰…いや~それはそれで楽しみですが、ホント昨年も怒濤の連勝をしていただけにわかりませんよ~って私σ( ̄∇ ̄)が言うのもヘンですけどね(汗)。

あっ!次のフレディの登板はマー軍戦なんです。
何とかお手柔らかにお願いしたいです…ヨヨヨ←あまりにも切実すぎ(笑)。
2007/05/19(土) 17:19 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。