スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:ガーランド投手の安定感とアグレッシブネス
2007年05月18日 (金) 17:21 | 編集
ヤンキースとの3戦目、ホワイトソックスが勝ちました!
おおおっ!これで勝ち越しです。キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!

ガーランド投手…、ホントに勝ち運がずーっとなかったときから挫けずに頑張ってきてくれているのですが、ここにきて勝ち星もきっちりとりながらの3連勝。良い流れになってきました♪実はガーランド投手キャリアで見ると対ヤンクスに3連敗中でまた防御率的にも結構苦しんでいたんですが、そう思うとますます今年の安定度のホンモノ感を思わせてくれたような気がします。

実にBSでもさんざん打撃不振だと言われていましたが(汗笑)、実はホワイトソックスここ4連続カード勝ち越しだったりします。こういう時期に乗り切れているのはホントに大きいです。何とかしのいでいる間に打撃も好調に戻ってきてくれることを祈るばかり…です。


さて試合の話の前に…。
昨日書いたことですが、ダブルヘッダーの影響を受けてローテをどうしていくかという話について少し…。一応仮でも予定的にはコントレラス投手を中3日でもっていくことをメインで考えているようですね。

Gunning for win, Guillen goes to Contreras

"If Contreras throws well, I have to win that game," manager Ozzie Guillen said Thursday.

勝つために…。そしてコントレラス投手が良い感じで投げてくれたら勝ちに行かなければならないと言うこと。ギーエン監督がわざわざ表向きにこういう発言をしてくれるところは絶対先発投手としては嬉しい限りなんだろうなと思います。信頼感というか…。

…なぜこんな含みをするかはフィリーズの話で後ほど…(-_-;) 。
ちょっとした事件がありまして…(大汗)。ああ~もうっ。


で…話は戻りますが(すみません~)、ちなみに中3日だけに、コントレラス投手を投げさせた後は無理させないように球数をある程度にして降ろす事も考えてマセット投手をリリーフに持ってくる予定にしているようです(ロングリリーフOKってことですね)。つまりコントレラス投手-マセット投手という順番を決めておき、あとはその都度…ということでしょうね。

というわけで、インターリーグ第一弾:
レグリーフィールドでのカブスとの3連戦は…

バーリー投手、バスケス投手、コントレラス投手(&マセット投手)という形で考えていることになるのかな。あちらも前回フィリーズ戦ですばらしいピッチングをしたばかりのリリー投手、そしてマーキー投手とエースのザンブラーノ投手というマッチアップのようですからなかなかの対戦になりそうです。気を引き締めてぜひ取って欲しいなと思っています。頑張れ!みんな!!


そして今日の試合…。

Dye, Garland give White Sox series win

結果を先に見ていたんですが、BSで映像もチェック。
4-1で勝ったこの試合、実に全ての打点をダイ選手があげてました。すごい!この調子が安定してくれることを祈ります( ̄人 ̄)。

ただね~~、ゲームが始まったときはデジャブ?とまた思っちゃいましたよщ( ̄∀ ̄)ш。だって、先頭バッターのアースタッド選手がヒットで出塁したのに…

オスーナ選手、センターフライ…
ピアジンスキー選手、ライトフライ…

昨日のゲームの続きをまだやるんでしょうかアナタ…(- -”)。

しかし、ここでアースタッド選手が盗塁!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!アグレッシブネス、いえーす!

そしてこの場面でダイ選手がクラッチツーベースヒットを放ち1-0。
そうそう、打者だけじゃなくて、ランナーも戦う…ギーエン監督の言葉通りで、見事初回先制に成功でした。ツーアウトからの得点も大きかったですね。

でも初回にこの攻撃が出たことでちょっとホッとしました。
動けば必ず結果がもついてきそうな気がしたからです(このところガーランド投手が安定しているという安心感もあったんですが)。

実際に得点にはつながってなかったですが、井口選手も塁に出たら果敢に盗塁(チャレンジ2回で、1回成功)してましたし頑張っていたと思います。簡単にポンポンと相手の投手リズムに終わらせないということ…これって大きいような。ギーエン監督もし今日もベンチで動いてましたがこのあたりはやはり続けていきたいところだと思います。

そして3回裏に
ピアジンスキー選手のヒットの後、ダイ選手のホームランで3-0と中押し成功!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!

この後、コネルコ選手、マコーウィアク選手と2者連続ファーボールがあってノーアウト1.2塁とチャンスがあったのですが、ウリベ選手がバント失敗で打たなければならなくなり、三振(涙)。スウィーニー選手のダブルプレーでチェンジになりました。でも…ウリベ選手がバントをして進めることをキチンとやろうと頑張っていたところは良かったですけどね。

ただチャンスを潰した後ということでこの後の4回表がちょっと心配だったんですが、ガーランド投手はワンアウト1.2塁というピンチになっても落ち着いて松井選手をダブルプレーにしとめてチェンジ。ショートをセカンド配置のシフトがこの3連戦結構決まってましたね。テレビでも松井シフトって言ってましたが…。とにかくこの流れを浮遊させなかったところがこの後にもつながっていたと思います。

そして4回裏…。
ノーアウト1.2塁でオスーナ選手。
昨日はこの場面まったく動けなかったところだったんですが、やっぱりある意味クリーンナップよりも作戦をさせることが出来るのは大きいのかもしれません(今は)。そして先ほど失敗しただけに今回は…というところで、オスーナ選手がバント成功!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!これでワンアウト2.3塁となりました。

ここの場面でおおっ!と思ったのが、観客のスタンディング拍手が意外と多かったこと。ファンもこういう場面を見て盛り上がれるようになってきたんですね…OZZIE BALLがそれだけ浸透したってことなんだろうな。うれしい一コマでした。もちろんその後のダイ選手の犠牲フライもスタンディング拍手でしたけどね~(当然)。これで4-0。

ヤンキースは4回表に続き、5回表、6回表もランナーを二人出す形になっていましたが、ここぞでガーランド投手が良く踏ん張りました。

"He got in trouble a couple of times, but he made the big pitch," White Sox manager Ozzie Guillen said of Garland, who improved to 3-2 after winning his third straight decision. "He got a couple of double plays and he got outs in tough situations. He battled. He battled against one of the best hitting ballclubs."

うん、ホントこういう場面を切り抜けてこそ。Big pitch…ここぞのダブルプレーは大きかったと思います(って…、日本的には松井選手に打って貰う方がよかったのかもしれませんが…すみません)。

ガーランド投手は7回にカノゥ選手のスリーベースヒットとミイケンビッチ選手のツーベースで1点を取られましたが、この後交替したリリーフ陣がチャンスを全く与えなかったところも今日はよかったです。8回はマクドゥガル投手が、そして9回はジェンクス投手が登板。マクドゥガル投手、この間のKC戦あたりでは連投で疲れもあったのかなんだかランナーを出して溜めてしまうようになっていたんですが、今日はピシャリ。ジェンクス投手も危なげなく13セーブ目。

形としても先発に勝ちが付き、セーブするようなタイトなシチュエーションもキチンとおさえるという理想的なスタイルでこのシリーズを終える事が出来ました。とにもかくにも、昨日と違いアグレッシブネスが出た分、キチンと勝てたような。この調子で頑張ってほしいなー。

あとは中軸の打の復活ですね。
今日、コネルコ選手はファーボールを選んだりしていましたし、ピアジンスキー選手も1本ヒットは出ていたので、後は機動力と絡めて…というところで少しずつなんでしょうか。

ギーエン監督には…この間メールを送って以来、日本で放送があったとき試合を見た感想なども書いて送ったりしています。今日は盗塁などでアグレッシブネスがうれしかったことを書いておきましたσ( ̄∇ ̄)が、打線を作ることに苦しんでいることが地元紙にも沢山出ていたので、そのことに触れて「シロウト考えですが、あまりにも主軸が打てなくて苦しんでいる場合、奇策もとれないということであれば、ヒットエンドランとかを仕掛けてみるのはどうでしょうか?」--なんてえらそうな事も付け加えて書いてみました(笑)。でもそれ以上にいつも日本から楽しみに応援してますってことは書いてるんですけどねー。あはは←ミーハー。実はこの話には続きがあるんですが、それもフィリーズ編で(大汗)←オバカファン

いずれにしても、カブス戦もスカパー!とBS-iで放送が全部あるので楽しみです!


<おまけ>
トーミ選手、やはりインターリーグを加味して、カブス戦が終わってからのアクティベイトになる予定だそうです(今のところ)。楽しみ~~♪
コメント
この記事へのコメント
私の体調とともに…(>_<)
ヤンキースも調子悪いですね~
っうか、悪過ぎっ!(ーー;)
ヘタすれば、7月過ぎぐらいには、
すっかり若手に切り替わっているかも!?(爆)
小さな希望は、クレメンスの復帰ぐらいですかね(^^ゞ
まぁこれもとりあえず1年ぽっきりの希望ですけど^^;
何時までベテランに頼るのかっ!?っう感じですけど、
もうどうしょうも無いですもん。ケガ人だらけ、調子の悪い人だらけ…

きのうホセはちと残念でしたけど、
やはり彼はビッグになったな~って思いますよ。
彼を長く見れなかったヤンキースが悪いです。
これからも頑張って欲しいですね。
でもヒゲはあまり似合わないので、
剃って欲しいなって思うきょうこの頃(笑)

ところで…
ちと最近、他のチームの情報にウトいんですけど、
このシリーズはバーリーが来ると思ったんですけど、
1回スキップしたんですかね?
弱っちヤンキースにまたバーリーにサクサク投げられたら、
これまた非常に困るんですけど、またリズムある投球は観たかったですね。

P.S. TBありがとうございますm(__)m
2007/05/18(金) 21:35 | URL | ち~こっ #Wv23cUG2[編集]
2日間見ましたぜ!
昨日は急遽仕事が休みになり(決してこの試合を見るためではありません)ましたため約1時間遅れでのライブ観戦、本日はHDDに録画しての観戦でした。

昨日はBSとスカパーの両方で中継がありどちらで見るか迷ったのですが、どっちも映像がYESだったため試合内容も含め寂しかったです。だったらどっちかで第一試合やってくれれば良かったのにと思ったのは私だけでしょうか。

結局昨日の試合は私的には、モリーナのメジャー初ヒットが見れたということぐらいしか見るべきところがありませんでした。先ほどこちらのページで昨日の試合後にホールとの入れ替えになった事を知ったのですが、この約1ヶ月の経験を生かしてマイナーの実践で成長をして欲しいものです。そしてホールさん、待ってました!早速明日から頼みます!!

一方今日の試合は相手のルーキーに対し早い段階で足で揺さぶってジャメインの一撃でドカーン!そしてジョン君が適度にボールを散らしながらヤンクス打線を抑えると言う理想的な展開だったと思います。

明日からウィンディ・シティ・クラシックですね。今日カブスは非常に嫌な負け方をしましたからね。スカパーで9回だけ見ました。
中継もしっかりあるので楽しみにしています。第3戦はローテ的に非常に厳しいと思いますので1,2戦を確実に勝っておきたいです。

ところで、以前話したスカパーの録画の件ですが、先日お話した手間さえかければひとまず問題ありませんでした。てな訳で、この間のスウィーニーの初HR&逆転試合はしっかりDVDに残しました事を報告しておきます。
2007/05/18(金) 23:42 | URL | KAZZ #-[編集]
またも完敗です
このシリーズはギーエンの采配ばかり観てました。
2死1塁の盗塁について書いたので、
よかったら読んでみて下さい。

それと例の○○選手のホワイトソックス批判の件。
該当記事のコメント欄に書いておきました。
2007/05/19(土) 08:03 | URL | KMFIS #TAkoOFao[編集]
BS放送で今シーズン初めて勝てました~~(涙)
>ち~こっさん
こんにちは~~。体調大丈夫ですか?
無理せず…お大事にされてくださいねー。
ヤンクス…どうしちゃったんでしょう。やっぱり調子の悪さもありますが、けが人が早くから続出したのはやっぱり痛いですよね~。クレメンス投手今日投げたみたいですね~~。ホームランを打った選手はそのホームランボール自分で取りに行っても欲しかっただろうな~なんて余計なこと考えてました(笑)。

きゃ~~~ち~こっさんにそんな風に言ってもらえるなんてっ!コントレラス投手をいつも気にかけてくださってうれしいですー。やっぱり彼はスペイン語オンリーだったことで当時不安が大きかったんでしょうね。ホワイトソックスでギーエン監督…というのも大きいですが、2005年にエル・デュケ投手と一緒だったときいろいろ話が出来たのが大きかったというコメントをしていたことがあります。

ふふふ、おひげさん~~~確かに!(笑)。
でも気に入ってるのかな?ずっとあのままということは…。

えーっとバーリー投手はスキップしてないです。
ホワイトソックスの今季のローテはコントレラス投手ーガーランド投手ーバーリー投手ーバスケス投手ーダンクス投手という形になっていて、5番手からだったのでそのままでした。雨天順延でもそのままスライドしているのでこのローテは今のところ変わりなくです。

いや~~こちらとしてはやっぱりワン投手がさすがで!
彼もゴロアウトが取れるのがものすごく大きいですね。リズムもいいし。ち~こっさんにとってのバーリー投手のイメージと同じだと思います。ゲッツーが…(汗)。足早くない選手が結構いるだけにホワイトソックスとしては大きかったです~~~。

こちらこそトラバありがとうございます!次回対戦もドキドキですが楽しみです。そのころには…クレメンス投手が戻ってるってことすよね。わわわ。


>KAZZさ~ん
こんにちは!おおおっ!なんと2日間バッチリ観戦されていたのですね。おっしゃるとおりです。私もYESの放送じゃなくて、いえ~~っすの歓喜の声が聞きたかったです。ひとつくらいホームだからその放送があってもいいんですけどねー。NHKはヤンクスとの辛みが強いからスカパー!くらいは…なんて思ってましたよー。

今日は…残念です~~~(涙)。
ホール捕手もやはり実践を離れていたというのがあったんでしょうか。次は頑張ってほしいですね。モリーナ捕手ノーヒットのまま戻ることにならなくてよかったです。そういえばシーズン直前にホール捕手のケガで彼が抜擢されたとき、「気が弱いところがあるのでそこがアグレッシブになってほしい」ってギーエン監督がコメントしていましたが、このメジャーでの経験で彼もそういう部分勉強になったのではないかなぁ~と思います。またマイナーで日々鍛錬をしてほしいですね。

ジョン様ホントにいい感じですよね~~。
今季のピッチングは安定感があって、バーリー投手とはまた違うんですが、気分ラクに見れてます。この日もランナーは出していましたが、おっしゃるとおり適度な球の散らし加減が本当によかったですよね。彼もまだまだこれからが楽しみな投手です。

カブス、昨日のゲーム見られてました?
9回に5失点ですよね~。フィリーズも見てるだけにあのままカブスがやっつけてくれてよかったんですが(笑)←邪念、メッツの底力ってところでしょうか。ただ確かにイヤ~な負け方をしているだけに今日はバーリー投手で叩きたかったですね、カブス。強打者が揃っていますが、投手も荒れ荒れじゃないところがカブスが今季昨年ほど上手く叩けるかというところですよね。明日、明後日は勝ってほしいなぁ~~。3戦目ザンブラーノ投手だからかなり厳しいですが…ベネ投手なので応援気分は普段ありますが、この日はコントレラス投手に軍配を…と祈ってます(笑)←ジコチュ~。

キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!
KAZZさんそれはよかったです。もうこれからバンバンと是非スカパー!ライフ楽しんでくださいね。スウィーニー選手の初ホームラン…あれはすばらしかったですよねぇ。スウィングがすごくキレイなのでこれからも見たいんですが…どうなるのかドキドキしています。


>KMFISさん
ギーエン監督の采配について思われたこと楽しみです!!!後で遊びに行かせて頂きますね。KMFISさんはやっぱり野球をされていたので、見ていらっしゃるポイントがホントになるほどなぁっていつも思わされます。やっぱり采配ってすごく大きなものだと思うんですが、もちろん失敗もありますが、概して同じアグレッシブネスを目標にしていて公言し続けてくれているところは、ギーエン監督のわかりやすくて好きなところです。

おおおっ!それまた後ほどぜひ。いつもホントありがとうございます!
2007/05/19(土) 16:18 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
こんにちは
前にも書きましたが、少年野球止まりなので
ただの野球好き、野球バカに過ぎません。
野球って元々点が取りにくいゲームなので、
いかに工夫して得点するか、または防ぐか。
それが勝敗に大きく関係すると思ってます。
僕から見るとギーエンはいたってノーマルですね。
もちろんいい意味で、ですが。

ソーントン情報ありがとうございます。
過去の起用法を見ると特に決まっていなかったので、
もしかして決めていないのでは?とは思いました。
7回の投手も決めたがる監督には見習って欲しいです。
やっぱり名将ですね、ギーエンは。
2007/05/19(土) 22:31 | URL | KMFIS #TAkoOFao[編集]
こんにちは!
KMFISさん

いえいえ、全然違いますよー。私は体育でちょっとみんなでやった~~とかそういうレベルで全然やったことがないので、お話を聞いているとホントに発見の毎日で楽しんでます。いろいろ教えてください(^^)。

KMFISさんの確率の話、おおざっぱなスモールだとかそういう話の前に明確でとってもわかりやすいです。ホント名監督って取捨選択のところで以下に確率の高いものをセレクトできるかというところが大きいんですよね。

ソーントン投手の件、そうなんですよ~~。ホワイトソックスの場合、あまり決まってないんです、ジェンクス投手以外は。とにかく並列に期待がかかっているというのは(もちろん差はあれども表向き)選手たちにとってのモチベーションになってくれるといいんですけどねー。

トーリ監督、ビスカイーノ投手の使い方結構ホントに決めているような気がします。先ほどブログにおじゃまして書かせて頂いたんですが、負けゲームでもいろんな負けがあるのでそのあたりはやっぱり流れ・相性いろんなもので決めない方がいいときもあるような気はします。

今日サブウェイシリーズの録画放送を見ていてびっくりしちゃいました(涙)。なんでこんなにケガが出てしまうんでしょうか…ヤンキース。ちょっとあまりにもどうして?!というのがありますよね、ここまで続くと…。ケガだけはどのチームのことでもやっぱりショックです(>_<)。
2007/05/20(日) 16:52 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
&lt;b&gt; NY Yankees    0 0 0 0 0 0 1 0 0  1 6 1  Chi White Sox   1 0 2 1 0 0 0 0 X  4 7 0  W: J. Garland (3-2, 3.18); L: M. DeSalvo (1-1, 3.71); SV: B. Jenks (13)  HR: CWS: J. Dye (7).  http://mlb.mlb.com/news/boxsc...
2007/05/18(金) 21:26 | ♪ち~こっさんのいろいろ観戦記♪
このシリーズの敗戦は、いずれも勝てる要素がなかった。全くなかったと言えば嘘になるが、どう戦ってもそれほど結果に差はなかったと思う。ただしその戦い方は大いに疑問。
2007/05/19(土) 07:51 | Invisible
がんばれベアーズという有名な映画があるんですが、 ベアーズの対戦相手がヤンキースという少年野球のチーム。 あらすじ(全てネタバレ。ラストの落ちまで書いてあるので注意。) http://movi
2007/05/20(日) 19:50 | 青いblog
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。