スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:先発を忘れそうな展開、雨の7回…点取り合戦!
2007年05月13日 (日) 22:55 | 編集
うわ~~~、今日はスゴイ日でした( ̄○ ̄;)。

野球はツーアウトからとは良く言ったものですね。
フィリーズもホワイトソックスも、回やパターンは違えどもビハインド状態からツーアウトからきっかけを掴んで勝ちました!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!

ホワイトソックスは9回ツーアウトから同点に追いついて10回にサヨナラ。フィリーズは5-1から7回表に一挙6失点で逆転されるも、その裏ツーアウトから6点を入れかえして大逆転。同じ日に応援しているチームがこんなどんでん返しを行うなんて…、しかもスカパー!でどちらも放送があるなんて…すごすぎる~~(笑)。体持ちませんーσ( ̄∇ ̄)。

本当にどちらもちょっとダメかしら?と思うような展開だっただけにうれしいです。理想的な勝ちパターンではなかったとはいえ、やっぱり勝てれば違いますよね。これで負けていたらムードも全然違うものになっていたはずですし。

それにしても…スカッとHair Cutしてからホワイトソックス4連勝、そしてフィリーズも一日オフをはさんで3連勝。うーん、このままいい感じのままなんだったら、今シーズンはショートカットのまま行こうかな←ゲン担ぎσ( ̄∇ ̄)…なんて思ってしまいそうな流れが続いているこのごろです。


さてまずはフィリーズのゲームですが…。
このゲーム現地3:45pm開始だったので、朝の4:45分開始(汗)…でもフレディ先発試合だったし、頑張って起きて見ちゃいましたよ。ホワイトソックスが8時からで最後少し重なってしまったんですがバトンタッチで見てました。

ところでその話の前に…。
昨日アヤシイ結果だなぁと思っていたハワード選手のDL入りが決定(>_<)。5/10に遡ってのDLです。

Notes: Howard placed on disabled list

最短で25日に戻れるようですが、しっかり治して欲しいという思いと同時に心身共にリラックスしてほしいかなと思っています。かなりメンタル的にもずっとしんどかったんじゃないかなーと思いますしね(>_<)。替わりに3Aからコステ選手をあげてきました。


うーん、不振だったとはいえハワード選手離脱→攻撃力低下なんて想像しちゃいそうですが、このチーム攻撃に関しては問題ナッシングなのかしら( ノ ̄∇ ̄)ノなんて思ってしまうような今日の試合(汗)。しかも先発を忘れてしまうような後半の攻防(汗)…こんなことってあるんですねー。

Philadelphia 11, Chi Cubs 7

この試合のキーワードはなんといっても雨。
ホントに雨に流れが右往左往でした。
7回から大粒の雨が降ってきて…試合が別物に。

それまではフィリーズが安定してゲームの流れを掴んでいたような感じだったにもかかわらず、雨を期に流れを掴んだカブス。そして雨が小雨模様になってまた盛り返したフィリーズ…という感じでした(;^_^A 。最後は大雨でも現在のクローザー、マイヤーズ投手がランナーを出しながらもガッツリ守ってくれてゲームセット。とはいえ、マイヤーズ投手…云々じゃなくて、この試合を見ていると流れ的に何が起こるか解らないかも~~って気持ちになって、最後の最後まで気が抜けませんでしたが(笑)。


先発はベネズエラ対決でフレディと25歳のグーズマン投手でベネズエラ・カラカス生まれの同郷対決でした。…ってことはグーズマン投手、同じくベネ選手のザンブラーノ投手にかわいがってもらってるのかな(^^)~なんて思いながら見てたんですが、カチンと来ると思いっきり顔にでちゃうところがまだなんとも昔のフレディを見てるみたい…ははは。

昔のフレディといえば、カブスは今季から、フレディがメジャーに上がるきっかけを作ってくれてずっとエースになるべく育ててくれたルー・ピネラ監督が指揮をとっていて、こうやってリーグを替わって敵同士でマッチアップをすることになるというのもなんだか感慨深いものがあるのかな~…なんて思ってみていました。そう思うと、前回のダイヤモンドバックス戦が、その当時のメルビン監督&プライスピッチングコーチと再会だったしなんだかすごいご縁を感じるような。また、インターリーグが始まるとホワイトソックスのセルラーフィールドにフィリーズが行くことになるので、これもまたギーエン監督・クーパーコーチ&選手たちと再会になりますし、一気に同窓会って感じですね(笑)。


さてさて…。
この日のフレディのピッチングは立ち上がりは上々だったかなと思います。

<今回のフレディの成績>

6回+(7回に3人に投げた)を投げて被安打8 失点3
101球(うち60球がストライク) 防御率が5.17になりました。

防御率的には早く4点台というのが待ち望まれますね。

フレディ、今回も前回と同じくスピードを気にせずとにかくストライクを取りに行くことをメインにしているように感じました。ちなみにフォームの方も最初の頃に比べるとかなり引っ張りが減ってきたような気が。この試合では投手を真正面から映すことがなかったので同じように比較はしにくいんですが、この間送った丸見えになるモーションもからあの日に比べるとちょっとましな気がしました(と期待したいところです)。…といっても出来たり出来なかったりという感じでフォームがまだバラバラしていて定着してなさそうではありました。その分ただでさえスピードが…と言われている中でも、どうしてもスピードはオフにしていかないと…ってところなのかもしれないですね。

まぁ、これがオフの間なら思い切ってガンガンに変えてみる…なんてこともできるんでしょうが、シーズンに投げながら修正するのはやっぱり一気に思い切って修正ってわけにもいかないでしょうし、恐らく徐々に…という感じになるんでしょうね。見ている感じでは5回のフォームが一番体重も載っていてよさそうに見えたんですが、やっぱりある程度してからのほうが体が温まってくるのかなーなんて思ったりも(;^_^A 。また明日から練習の中で試行錯誤出来るのでその中で頑張って自分のベストを早く自分のものにしてほしいなと思ったりします。

また、フレディってばこの試合もとにかく打撃というか打席に立つのがなんとも楽しそうで(笑)←試合中ですよ…とツッコミたくなるくらい(笑)、しかも2回にどでかいタイムリーツーベースヒットを放ったりしていたので余計にかなりウキウキしている感じが見てとれたんですけれども(笑)、これでピッチングもノリノリ…といきたいところだったのに、直後の3回表からルイス捕手とのリズムが上手く合わず…。これがちょっと気になっていました。途中からコーチがベンチからサインを出しているところもテレビで放送されていましたが、ルイス選手にとってもこれは大変だっただろうなと思います(新人だしちょっとかわいそう~)。

でもね~。
これがホワイトソックスだったら…
ピアジンスキー選手に対してあの態度は無理だろうなー(;^_^A なんて想像したりして。ルイス捕手はパナマ出身でスペイン語がわかるし、自分よりもかなり後輩なのでフレディも強く言えるところがあるんじゃないかなぁと思います。ちゃんとメジャーの先輩らしい配球を語ってたのかなぁ←アヤシイ。もしかして気分良く投げたい球を投げさせて欲しいとワガママ出来るところもあるんじゃないかな…困った奴め(笑)。確かにルイス捕手、ランナーを出すとかなり気にするようなところはあったとは思うんですが、これからも恐らくフレディとタッグを組んでやっていくようになると思いますし、しっかりコミットメントしていって良い攻めの形を作り上げていって欲しいなと思います。ちゃんと話し聞いてあげてね>フレディも。


…というわけで、フレディは5回までは落ち着いて見れる形だったんですけどねー。ただ6回からちょっと…アヤシイ感じがちらほらと出始めました。もしもーしっ!

2-0とリードした状態で6回表…
ソリアーノ選手のヒットのあと、フロイド選手三振の間に盗塁でワンアウト2塁。続くリー選手がヒット( ▽|||)…でしたが走塁でちょっともたついた感じになったソリアーノ選手がホームでアウトになりホッ。

ツーアウトだからここもピシっとおさえて欲しかったんですが、このあとラミレス選手にもヒットを打たれてランナー生還で2-1щ( ̄∀ ̄)ш。

さらにバレット選手にまでヒットを打たれて1.2塁→ワイルドピッチで2.3塁となり…ドキドキだったんですが…ジャック・ジョーンズ選手を三振にしとめてチェンジ…アブナイ(;^_^A 。

ちなみにこのジョーンズ選手、2005年にフレディがノーヒッター間近でワンヒット(ホームラン)を打たれて負けを喫したときのホームランを打った選手です(笑)。かなりドキっとしてました…テレビ前で(笑)。


しかし6回裏…。
ふがいないフレディが失点した直後に味方打線がバックアップ!ありがたや~~です。

まずはアトリー選手のソロホームランで3-1!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!

ワンアウトからさらにこの日絶好調のダブス選手がセンター前ヒット!ジョーンズ選手のフィールディングエラーの間に2塁へ進み、ヌニェス選手がタイムリースリーベースヒット(よく走りました~)で4-1。

ここでルイス選手がスクイズ!
これが見事に決まり5-1。
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!!

これこれ、これですよー。
こういう作戦的攻撃が出来たら大きいっ!

…なんて思っていたんですが、

Can't recall the last time the Phillies executed a suicide squeeze before Carlos Ruiz's bunt scored Abraham Nunez from third base in the sixth inning Saturday?

It's been a while.

The Phillies' last suicide squeeze appears to be May 26, 2000, when catcher Tom Prince drove home Kevin Jordan.

"It wasn't surprising when [third base coach Steve Smith] whispered in my ear that we were squeezing," Nunez said. "It was a perfect situation, with the pitcher coming up next. [Ruiz] laid down a perfect bunt. I knew we were going to score."

なんと2000年5/26以来だったんですね…(;^_^A 。
まるまる7年間なかったってことですねーわわ。そう思うと、よく今回こんなサインを出したんだなぁとちょっと感心。こういうのがまたひとつチームへの選択肢を増やすことにしてくれたらいいのになとは思ったりします。

…というのも、こういうプレーはなんとしても点をもぎ取ろうとする形なわけで、これって先日モイヤー投手が言っていたワンランゲームに弱いというのが勝率5割そこそこの位置につながってるんだと思う…という話にそのまま当てはまるような気がするんです。連勝して勝てるときって運良く打てて投手が締めれてるだけってこともあるかもしれませんが、長く続いていくときはやっぱりそれだけじゃなくて、勝ちパターンが多様化していると思いますし、負けが混むときってその逆のような気がしますしね。

ちなみに…こういう事を書いていると、試合中に紹介されていたデータが思いっきりしみるなぁーって感じもします。

自軍の得点
0-3点 → 0勝11敗
4点 → 1勝4敗
5点 → 2勝3敗
6点 → 4勝1敗
7点以上 → 10勝0敗

つまり5点以下の勝率は3勝18敗なんです( ▽|||)サー。
3点以下で一度も勝ててないって事実…コワイですщ( ̄∀ ̄)ш。打者もそこまでいつも打ちまくれるわけもないので、計算できないし…。あらためてこういったデータで見ると、フィリーズって現時点で良くこの成績でここまで来てるんだなぁと思ったりも。モイ様の言うワンランゲームどころじゃなくての話になりそうなσ( ̄∇ ̄)。

うーん、タイトなゲームもとれるように頑張ってほしいなー。
とりあえずみんなで勝ちパターンを増やして行けたらいいんですけどね。頑張れ!


…と脱線しまくりですが(すみません~~)、6回表に1点差に詰め寄られながらも、その裏に速攻5-1と一気に突き放してくれた打線…これはなんとしてもフレディが7回をおさえなくては…と思ったのですが、大粒の雨で様子が…щ( ̄∀ ̄)ш。…といってもフレディについては6回からもちゃもちゃっとしたアウティングだったので、引き続きといってもいいのかもしれないですが(汗)。なんだかなーもー。

先頭バッターのデローサ選手を簡単に歩かせてしまったあと、ワイルドピッチで2塁へ、さらにここでイズトゥリス選手にツーベースヒットを打たれてノーアウト2.3塁щ( ̄∀ ̄)ш。

アナタここでおさえなくちゃ…ダメじゃん!こらこら!
マートン選手…( ̄人 ̄)

…ボール。
この回、ファーストストライクが入りません。雨で滑るのかもしれないんですが流れがわるわる。1球投げていたんですが、ここでギアリー投手に交代。

ギアリー投手、いつもフレディが残したランナーを最低限で消していってくれているのでちょっと気楽に見ていたんですが、この日のギアリー投手も雨のせいか球が真ん中に集まってしまっていました。

で…。
マートン選手、スリーランホームラン!
ひー!щ( ̄∀ ̄)ш。5-4。

さらにソリアーノ選手にセンター前ヒット、フロイド選手をアウトにしとめるもリー選手、ラミレス選手と連続ヒットでついに5-5と同点に(涙)。

このところ安定したアウティングを見せてくれていて、さらに一番ランナーを置いた状態で火消しを続けてくれていたギアリー投手の大崩れに、このゲームがどうなってしまうのかなんだか自分もおろおろしながら見ていました←チキンファン。

雨があまりにも強くなってきたのでここで一旦試合は中断…。
結局64分間中断していたようです。その間他の試合みてました。

ギアリー投手…今回のこと気にしないといいのになー。
もちろんこの時点でフレディの勝ちの権利は流れてしまいました。これは残念です。でもねー、もとはといえば、この回フレディがランナーを二人も置いて立ち去らなければならない状況を作ってしまったのが痛かったと思います。しかも前回のことがあってか、なるべくフレディに行かせてくれようとマニュエル監督は結構苦しんで見ていたんじゃないかなと思うんですよ。だからマートン選手にも1球だけ行かせた…んじゃないかなぁと思うんです。で、これはダメだということで交替にしてくれたんだろうなと。

つまりギアリー投手はワンボールからスタートしなければならなかったわけです。ちょっと気の毒でした。必然的に早くストライクで勝負しておきたいところはあったんじゃないかな。

フレディがこの回だけでいいからもっとキチンと丁寧に投げることが出来ていれば恐らくこのあと起こる怒濤の戦いがなくてすんだかもしれない…と思うとやっぱりねー。ハメルス投手が5失点でも7回を投げきることが出来て勝てたりということがあるのと逆のパターンのような気がします。ブルペンへの負担の軽減…というか。普段あまりにもブルペンに負担をかけすぎないことが、必要なときに疲労感なくキッチリ結果を出せるってことにつながっていくんでしょうしね。

フィリーズの放送を見ていると、よくブルペンが弱いということで話が出てきますが、それならなおのこと先発が踏ん張らないといけないわけで。逆に言うと先発が踏ん張れない→ブルペン沢山使う→使いすぎで崩れる…というパターンになってしまうこともあると思うんですよ(今のヤンキースがこういう感じがします)。

フレディはフィリーズに来てからここまで対戦バッターの違い、戦い方の違い…そして自分自身のフォームなどいろんなことがあって大変だとは思うんですが、これまでGo DEEPが出来てない投手のひとり。だからこそ早く自分のパターンをしっかりつくって、ブルペンをラクにしてあげてほしいです。今回の負けはその代償かも。厳しい言い方ですが、今後を期待してこその言葉ということで(^^)。

なんにしてもそれが自分の好きな沢山マウンドに立てることにもつながるわけですし。頑張ってほしいなー。フレディ、次こそ7回以上投げてね!


雨が上がって…
ワンアウト1.3塁の状態でスタート。
マウンドへはアルフォンセカ投手。

バレット選手をサードライナーにしとめてツーアウト!
ジョーンズ選手…( ̄人 ̄)
……
……
タイムリーツーベースヒットで逆転5-7!!( ▽|||)サー。
さらにデローサ選手にもヒットщ( ̄∀ ̄)ш…しかしホームでアウト!追加点ならず…でした。ふぅ。

ここまで一度もリードを許さずに来ていたんですがいやな流れ…。回が押し迫っているし、なんとか1点でもいいからこの裏に取って欲しいな…と思っていたのですが、

7回裏…。

ロリンズ選手がライトフライ…
ビクトリーノ選手がレフトファールフライ…

…と簡単にツーアウト( ▽|||)。

このままあっさり終わっちゃうのかなぁーなんてダメファン的想像をしていたんですが…、なめちゃいけませんとばかりここからフィリーズ打線の猛攻がっ!

ローワンド選手がセンター前ヒットで出塁すると、アトリー選手がここぞでタイムリーツーベースヒット!6-7。キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!

するとカブスはすかさず、この回から出ていたオーマン投手→ハウリー投手にリレー。

ところがです…。
バール選手がファーボールで出塁し、1.2塁。
ここでこの日大絶好調のダブス選手がスリーベースヒット!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!!これで走者一掃で8-7と逆転。ダブス選手バントヒットを試みたり本当に今日は頑張ってました。この回の彼のこのバッティングが本当に大きかったですね。

さらにヌニェス選手の当たりはショートを直撃で内野安打になって9-7。おおお!

さらにさらに…
ルイス選手がだめ押しツーランホームラン!11-7!!
止まりません~~~~~~(≧▽≦)。

なんと7回表に6失点して、7回裏に6点を入れました。
しかもツーアウトから…ってすごすぎる~~。
でも、なんという不経済な展開(笑)。とはいっても、もうダメかも…と思ってただけに、思わず朝っぱらからキャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!とコーフンモード炸裂でテレビに向かって騒ぎまくりでしたよ。あはは。


ちなみに8回からはマイヤーズ投手が登場し、2回をシャットアウトで寄せ付けず。9回には雨がかなりまた強くなって、ノーアウトからヒットが続いたんですが、このあと3人を三振でしとめてゲームセット!

ツライツライ戦いを何とか制することに成功しました。
…というかこの試合落としたらかなり痛かったなー。

明日へ今季初スイープの期待をつなげてなおヨシです。

もう行っちゃいましょう!こういうときは。勢いって結構大事な気がします。明日の天気がわからないんですが、なんとか良い形で試合が出来るといいのになとは思います。


そうそう、ちょっと余談…。
8回にビクトリーノ選手がファーボールで出て、アトリー選手のツーベースヒットでホームに戻ってきてバレット選手と交錯しアウトになったんですが、ビクトリーノ選手が謝っているシーンを見て、思わず昨年のインターリーグで確かピアジンスキー選手と乱闘になったんだよなー、こういうことがあって(笑)と思い出しちゃいました>バレット選手。出場停止処分や罰金が結構異論選手に出たりして大変だったんですが、なつかしいなー。というか、同じような場面でも違った対処で違った結末…って当たり前なんですがなんだか面白いなと思ったりして。

それにしてもこの試合、両チームで何度もホームでアウトになってるシーンを見てましたが、サードコーチ回しすぎ?それともアグレッシブネスの結果?ってことなんでしょうか。スカパー!でも言ってましたがここまで立て続けにあると珍しいかもー(笑)。


さてさて、明日はリーバー投手。
指のケガ…テレビでも映ってましたが大丈夫なのかな?なんにしても前回までの落ち着いたピッチングでぜひ今季初スイープを!!( ̄人 ̄)。

みんなみんな頑張れ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カブス   000001600 7フィリーズ 02000360X 117回表、カブスはマートンの代打3ランやラミレスのタイムリーなどで一挙6点を入れ4点差を逆転したのに、その裏6点を入れられるというのは何なのか。こういう負け方をされるとかなり...
2007/05/14(月) 15:24 | リグレーフィールド
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。