スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:若手投手同士のシーソーゲームを勝利!
2007年05月08日 (火) 21:56 | 編集
遅ればせながら…記事です。

昨日続きで試合のことも書こうと思っていたのに、気付いたら寝てました(汗)。顔にキーボードの後が…というしょうもない話は置いておいて、昨日の試合について少し…。

Hamels helps Phillies split series

ハメルス投手(23歳)と昨年のドラフト選手のリンスカム投手(22歳)というマッチアップ。この日復活宣言をしたクレメンス投手の年齢(現在44歳…今年45歳)と一緒というのがなんともおもしろいです。でも二人ともとってもフレッシュでよかったですね。どちらもこれからが楽しみな投手で、しかもまたカワイイσ( ̄∇ ̄)←ミーハー。こういうマッチアップはうれしいですね←どこ見てるんだか(汗)。スカパー!でデカ画面で見れたのも収穫(〃▽〃)。
リンスカム投手はこの日メジャー初先発だったんですが、ホントにすごい応援を受けていましたね。ファンの期待もさることながら、もっちろん地元紙も期待度満点でした。

DAPPER DEBUT

そうそう、色めきだつサンフランシスコメディアはもちろんリンスカム投手と対戦してみてどうだったか?ということをフィリーズのクラブハウスに聞きに行ったようです。地元紙としてはメジャー選手も絶賛というコメントをとりたかったんでしょうが、ロリンズ選手のこのコメント。

The reviews in the Phillies' clubhouse were mixed. When Jimmy Rollins was asked about Lincecum, he seemed to weigh his response before he said, "It's only one start. You can't judge him. But his ball is quick. It comes up on you."

もちろんリンスカム投手の球ははやくてすばらしいけど、一度しか投げてないのに判断できないよ…という内容、よーくわかります。別にそっけないわけじゃなくてホントにこれから投手の実力は安定できてこそ…ですものね。もちろんリンスカム投手がまた手強いピッチャーになってロリンズ選手にいい投手だねーと前置きもなく語って貰えるようになればと思いますし、これからを楽しみにしたいところですね。

でも日本人の私からすれば、こういう事を聞くと、思わずオープン戦からシーズン初先発で松坂投手のことを聞くために相手チームのクラブハウスに押しかけて行った日本人メディアの様子が記憶に新しい…(汗)。リンスカム投手のことを聞きに行ったメディアの数なんてあのときのMatsuzaka Maniaメディアからすればしれてる数だと思うので、団体でどどどど~~~っと押しかけてこう言ったことを聞きに行って…って、ホントに気分を害したんだろうなと改めて思ったりして( ▽|||)。


…と話が大いにそれまくりですが(すみません~~)、この試合この両投手からの点の取り合いの攻防でした。初回から得点が出来てのは大きかったですね。ロリンズ選手ヒットで出塁の後、ビクトリーノ選手のツーランで2-0。キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!

しかし、ハメルス投手も立ち上がりを攻められます。
この日1番に入ってたウィン選手がツーベースヒットを放つと、ビスケール選手がキッチリ送りバントでワンアウト3塁。オーリリア選手をサードゴロにしとめるも、デューラム選手を歩かせてワンアウト1.3塁。ここでモリーナ選手の当たりはサードゴロ…。うちとったと思ったらヘルムス選手のエラー( ▽|||)。2-1。ううう、もったいない~~。

2回表を三者凡退で終えたフィリーズ…。
その裏、ジャイアンツはワンアウト1.2塁のチャンスにウィン選手のゴロで1点追加で同点2-2。さらにビスケール選手がここで通算2500本目となるタイムリーツーベースヒットで2-3。逆転を許してしまいました(涙)。

ところが!
3回表…、ツーアウトからアトリー選手がファーボールを選んで出塁すると、ハワード選手のツーランが飛び出して逆転!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!4-3。足が痛いのに頑張ってます(涙)。

さらに試合が進んで5回表…。
ビクトリーノ選手がヒットで出塁すると、盗塁…かと思えば飛び出してしまったカッコウに。いや~~~~~!逃げるビクトリーノ選手…ですが、このとき1,2塁間でビスケール選手と交錯。走塁妨害がとられたのかこれでアウトにならずノーアウト2塁。

アトリー選手レフトフライの後、ハワード選手は敬遠、さらにバール選手への球は高く浮いてワンアウト満塁のチャンス!ここでリンスカム投手はマウンドから降りました。ランナーを溜めたときのピッチング…メジャー選手の存在感…いろんなものが彼にとってこの日勉強になったんじゃないかと思います。状況的にはピンチだったんですが、ファンもスタンディングオベーションで温かく応援している様子がよくわかりました。次はQS目指して頑張ってほしいと思います。バリーもかわいがってあげて欲しいな(って違う…σ( ̄∇ ̄))。…ってどっちを見てるんだかですね、すみません~~。

もちろんこの試合はフィリーズ応援ですが…
この満塁でローワンド選手……( ̄人 ̄)
……
……
犠牲フライで5-3!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!
しかし続くヘルムス選手は三振でチェンジ。

それでも追加点をあげれたのは大きい!とかなり勝ちへの期待タップリで5回裏…だったんですが、実際は期待と大きく違う展開でがが~~んでした。

オーリリア選手がツーベースヒットで出塁するとデューラム選手のサードへの当たりは内野安打になったんですが、またまたヘルムス選手がこの日2つめのエラーで失点( ▽|||)サー。5-4。このヘルムス投手にとってはツライ展開になっていましたが、ただこの試合勝てたから帳消しになってよかったと思います。これが決定打で負けとかになってたらホントにいたたまれなかったでしょうしね。ちなみにこの回結局リンデン選手のヒットも飛び出して5-5の同点に。振り出しに戻ってしまいました(涙)。

ただこの日のフィリーズはこれで落ち込みませんでした。
すぐさま6回表に攻撃!

なんとワンアウトからハメルス投手のツーベースヒット&ロリンズ選手のトリプルで6-5と勝ち越し!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!ビクトリーノ選手はセカンドゴロだったのですが、投手替わったところでアトリー選手がまたまたツーベースヒットで7-5!

さらに7回表は…ボーン選手が足でもぎ取る1点。
バール選手がファーボールで出塁したあとボーン選手が代走に。
で、二盗、三盗ですよー。
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!

これめっちゃ好きです~~~。
彼は終盤に交代で出てくることが多いんですが、こうしたハッスルプレーが見れちゃうとまたまた出てくるのが楽しみになりますね♪頑張れー。

ここでヘルムス選手のゴロで1点を追加。8-5になりました。
ここでの押しは大きかったです。流れが浮遊していたのを少し掴めたかな?という感じでしたしね。


そしてハメルス投手も立ち上がりこそ不安定だったんですが、結果7回を投げて9奪三振と相変わらずのピッチング。今季イケてます。イケメンだし←余計σ( ̄∇ ̄)。

さらに8回からはギアリー投手、最後は現在のクローザー、マイヤーズ投手が締めてゲームセット。マイヤーズ投手、ゴロをとれるピッチャーなのでホントに安心して見れる感じがします。貫禄がついてきたような…(って気のせいかなぁ)。でも楽しんでこのポジションをやっているようですしこれからもお願いしたいです(^^)。


これでフィリーズはジャイアンツ戦4戦を2-2のタイで終わらせました。個人的には、フレディもバリーも投げることがなかったのでちょっと安心して見れたんですが、でも先手をとった試合が多かっただけにもったいなかった部分もあったんですけどね。このあたりで連勝が続けられるといいんですが…今日もまた(涙)。トホホー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。