スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラブハウスでのアルコールの話
2007年05月04日 (金) 18:58 | 編集
シカゴの地元紙にクラブハウスでアルコールが許可されてるって実はどうなのよ~って話が上がってきてるということが載っていました。

Drinking starts in the clubhouse
副題にHancock's death brings questions about alcohol useとありますが、先日事故死されたハンコック選手が問題だとかそういうことじゃなく、実際車に乗って選手たちは帰宅するわけなのに(アウェイはバスで帰るとかありますが)、本来職場であるクラブハウスで、アルコールを提供するのは飲酒運転を助長することになるんじゃないの?ということのようです。帰りにどこかで飲んで帰るのは選手の自主行動ですが、チームがクラブハウスで提供するのは職場サイドの責任になるんじゃないの?ってことでしょうか。

言われてみれば確かに…。
選手たちは駐車場から車に乗って帰りますよね。
日本ではどうなんでしょうか?ロッカールームでビール用意されてるなんてことはないのかな(実際知りません)。日本の場合はちょっと前から、飲酒運転を防ぐために飲食店で飲ませないように…なんて問題になってるのにホントにそうだとしたらいろいろいわれそうな気がしないでもないですが…。

ちなみにこの記事によると、ここ最近では30チームの中で唯一1チームだけクラブハウスからアルコールが取っ払われたことがあるチームがあるそうです。

それはアスレチックス。

That is, unless they happen to play for the Oakland A's. Billy Beane, as progressive of a GM as there is in baseball, banned beer from the Athletics' clubhouse during the 2006 season. He instituted the rule shortly after pitcher Esteban Loaiza was stopped for drunken driving after leaving the clubhouse.

2006年に試合後にロアイザ投手が飲酒運転で捕まってからシーズン中はビールを排除したみたいですね。ただし2006年の限定の話として書かれているので今は復活してるのかも。

ただこうした話も結構密かに賛同されていることはあっても、オーナーミーティングではこういった話題は上ったことはないということは書かれていました。仮に多くの人がアスレチックスがやった処置をいいと思っても、クラブ単位じゃない限りは全体ではできないだろうということ。

As long as MLB looks to the beer companies for major advertising dollars, the sport isn't likely to crack down on drinking in clubhouses, or anywhere else, for that matter.

MLBがビール会社を広告媒体のドル箱として考えている限りは…難しいだろうというのはいかにも現実的な話という感じがします。…結局それなのね(;^_^A 。

ちなみに過去の話としてこんな話も紹介されていました。

In 1991, then-manager Bobby Valentine decided to remove beer from the Texas Rangers' home clubhouse. Players groused until Nolan Ryan and Goose Gossage prevailed upon Valentine to end the prohibition.

Valentine said he would lift the ban when the Rangers won 10 games in a row.

Almost immediately they went out and won 14 in a row, which is still the franchise record.

Amazing.

91年にレンジャースの監督をしていたバレンタイン監督(現ロッテ監督)が一時期ビールを取っ払ったという話です。みんなからも文句は出たみたいですが「10連勝したらね」という話をしたら14連勝して今もそれがレンジャースのフランチャイズ記録になっているそうです。すごーい。

みんな飲みたくて頑張っちゃったのかな(笑)…なんてしょうもないこと考えたりして(;^_^A 。あはは。なんにしてもしばらくは自分で節度をもって何とかしてねということなんだろうなーとは思いました。

ううーむ…早々に降板した先発投手がクラブハウスでヤケのみとか出来る環境なんだな…とちらっと思ったりして←誰のことを想像してるんでしょうかσ( ̄∇ ̄)。
コメント
この記事へのコメント
へえ~~
クラブハウスってアルコール出してるんですか。
それは意外だな~!
お客さんにビール出してるんだからクラブハウスにも当然ビールは出てくるか。

でも飲まないんじゃないですか?
社員食堂でお酒飲むようなもんだし…
監督の顔見ながらお酒なんて不味いでしょー(´▽`)
2007/05/05(土) 20:34 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
それぞれなのかもねー。
aoiさん

こんばんはー。今日になってからハンコック選手の所属チームだったカーディナルスはやっぱりアルコールをクラブハウスから撤廃したみたいだね。

Cardinals ban alcohol in clubhouse
http://sports.yahoo.com/mlb/news;_ylt=AolLm5lwpoJW7qGiUHAGquERvLYF?slug=ap-cardinals-alcoholban&prov=ap&type=lgns

実際いろんな記事を読んでいると、過去の選手ほど大酒のみは減ってるような書き方だったけど(笑)、飲むのは人によるみたい。メジャーリーグの場合、試合後にアフターミール(夕食)があって、ここで食事をしてかえる選手も結構いるようなので、そのときにというのもあるのかもしれないね。

>社員食堂でお酒飲むようなもんだし…
あはは~~面白い!確かにね(笑)。
あ、そういえばフィリーズの面々もキャンプの時スタジアムであの日飲みまくってたけど帰りどうしたんだろうね?やっぱり車運転したんだろうね…(汗)。今思えば…だよねー。

そうそう、この記事を書いたとき参考にしたシカゴトリビューンの記事では撤廃しているチームとしてアスレチックスのことしか書いてなかったんだけど、アストロズもクラブハウスにアルコールがないみたいよ。ガーナー監督就任以来だそうで、そういった思いが強いみたい。ガーナー監督が以前ブリュワーズの監督をしていたときも撤廃してたみたいだしね。

一方で、ドジャーズのリトル監督は「個々の選手のことを尊重すると、あまり撤廃は考えてない」とかコメントしてたからやっぱり飲む人は飲むのかなと思う。それも大物だったりすると監督もあまり言えないのかもね(笑)。日本の場合は監督が絶対的なところあるけど、アメリカの場合って選手の方が強い場合もありそうだしね。

ホワイトソックスは…といえばアルコールはあるみたい。
ただ決まりはあるそう。クラブハウス以外でも例えばチャーター機で戻ってくるとき(遠征先から戻ってくるとき)は着陸1時間前からはアルコール禁止とかにしているとか書いてあったよ。地元に戻ったら運転して帰らないといけないもんね。やっぱりそういう部分って各チームでいろいろあるのかもしれないね。
2007/05/06(日) 00:29 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。