スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:あとワンアウトに泣いたゲーム
2007年04月21日 (土) 23:44 | 編集
なーんだか日米で似たようなキャラクターのチームが9回ツーアウトから玉砕していますよ( ノ ̄∇ ̄)ノ。

広島カープ スラィリー
フィラデルフィア・フィリーズ Phanatic

なんだか…運命を感じてしまいましたσ( ̄∇ ̄)(ウソ)。

Lieber superb, Phils fall in extras

それにしてもロイヤルズのことを日本のメディアが格下…なんて書いていたということをこちらでも書いたりしましたが、現在フィリーズは4勝11敗、ロイヤルズは5勝11敗です。ナリーグにすごい取材攻勢の日本人選手がいないということもありますが、仮にナリーグ東地区にでもそういった選手がいたらぼろっかすに言われていたんでしょうねー、ははは(;^_^A 。よかった静かな環境で←かなり真剣。


さて、そんなフィリーズのゲームですが…。
今日からレッズとの3連戦です。なんとか先手をとってラクに戦って欲しいと思ってたんですが←3戦目にフレディが投げるのでかな~り不安なため先に勝って欲しいと思ってるところありσ( ̄∇ ̄)(笑)、1-0で勝ってたところ、最後クローザーのゴードン投手がハッテバーグ選手にホームランを打たれてしまい延長戦へ突入するという展開でした。

延長戦…щ( ̄∀ ̄)ш。
実はそれだけでイヤ~なイメージだったりします。

今年フィリーズは実は一度も勝ったことがありません(大汗)。…そしてその記録をさらに更新することになったわけですが…なんだか、満塁クラッチ欠乏症といい、トラウマにさいなまれると全くそこから抜けられないドツボになっているような…(大汗)。

ホワイトソックスの記事で最近、「勝ちパターンが多様化するということは、それだけ勝てる可能性が増えるということだから」…というようなことを書きましたが、まさにフィリーズは今その真逆で負けパターンがかなり多様化していますщ( ̄∀ ̄)ш。あるときは先発がボコボコ、ある時はクラッチがでなさすぎ、あるときはブルペン炎上、さらにはエラーで撃沈、そして今日のようにいよいよでクローザーがBS…などなど。

一番まずいのは延長戦一度も勝ってないということだけじゃなくて、今季1点差のワンランゲームに全く勝ったことがないということです。これがねー、痛すぎかつ、なんとも戦力的なもの以上になんだか作戦のなさも露呈している感じがしないでもないような…(汗)。

ただ先日のフレディ登板の日の記事で、マニュエル監督の作戦というのがどうなのかなぁーと思ったことがあって私も書いたりしたんですが、なんだか地元メディアの中にも批判をガンガンぶつけたりして一発触発になったりしたところもあったようなので(うわお!)、なんかこのままいくとフィラデルフィアのメディアの口調さらに荒れモードになりそう…。でもこれだけじゃなくていろんな記事を読んでいても、フィラデルフィアのメディアと…って関係築くの大変そうだなぁ(笑)となんとなく思ったりしないでもないですが、←チキンな私だったら向かないかも(笑)。


さてさて、このリーバー投手とローシュ投手の試合投手戦の攻防でした。フィリーズとしてはヒットは出るもののその後が続かない…という感じでしたね。先日フィリーズは開幕投手を務めたマイヤーズ投手をブルペンに、そして今日先発を務めたリーバー投手をブルペンから先発に…と交替させ、そのリーバー投手が5回2/3をワンヒット、失点ゼロという形で投げただけにもったいなかったのは確かです。

なお、この先発ーブルペンの交換の決定、私が大阪行きの日にニュースで見たときはびっくりしたものの、仕方ないのかなという気もしないでもないです。オフの間もマイヤーズ投手が将来的なクローザーとしてブルペン行きというのはちょこっと話が出てきていたりしましたし。ただまぁここに来て交替?というのはあったのかもしれないですけどね。

"If our record was reversed and we were 10-4?" Manuel said. "Probably wouldn't have made it."

マニュエル監督も言っているように、状況があまりにも…ということなんでしょうね。リリーフがぼろぼろだったことも手伝って、さらにマイヤーズ投手もここまで先発での防御率が9.39だったり、先日メンタル的にもちょっと不安なコメントをしたりしていたこともありますから、ブルペンを助けながら彼自身も良い形になっていってもらおうという考えでのことなのかなという気がします。

ちなみにマイヤーズ投手は今日もふくめてこれまで2回リリーフで投げていますが、まだ無失点の状態。リリーフとしても良い感じできているような。今日先発のリーバー投手はスプリングトレーニングの期間にブルペン行きが決定した際もかなり自分としてはやっぱり先発で行きたいのが本音…とずばっとコメントをしていた(まぁそりゃそうですね)上、実際シーズンに入ってからもブルペンでかなり苦しんでいる感じだったので(汗)やっぱり根っからの先発畑の人なんだろうなと思ったりも。彼もスプリングトレーニング期間で先発として結果をだしていたにもかかわらず、チーム事情でブルペン行き…という形になったのはアジャストが大変だったと思いますし、まぁオフに先発6人持ったままキチンとブルペンを揃えることができなかったことが、結果余裕どころかいろんなところでひずみを産んで今に来ている感じなのかもしれません…。この状態をいつまでどうするのか、はたまた誰かが何かトレードに巻き込まれちゃうのか…今のところ何とも言えないのですが、フィリーズとしてはこれでちょっとの間はやっていくような感じがします。


しかし、6回裏…。
リーバー投手のスローイングエラーなんかも絡んだりして、ランナーが3塁まで行きつつもツーアウトまで持って来れたわけですが、ここからが長かったですね。勝ち負けには関係なかったんですがかなり気になったところでした。

まずはギアリー投手をマウンドへ。
しかしフィリップス選手を歩かせてしまい…スミス投手に交代。
しましまたまたハミルトン選手を歩かせてしまい満塁に…( ノ ̄∇ ̄)ノ。
で、アルフォンセカ投手をマウンドへ。
結局、アルフォンセカ投手がエンカルナシオン選手をゴロにしとめてチェンジになるわけですが…これなんかリリーフ使いすぎな感じが…。

ただでさえ、昨日のモイヤー投手の登板以外は、かなりリリーフ投手を使ってきているんですが(ナショナルズ戦の初戦はとにかく使う人がいなくなるんじゃないかと思うほど使いまくりでしたしね(大汗))、大丈夫なんでしょうか…23連戦。確かにこの場面、ファーボールを出してしまえばダメというか仕事出来ないってことになるんですが、なんだかこのままいくと5月に入った頃にはブルペンの疲れマックスになってそうな気がしないでもないです…。実際ブルペンってマウンドで投げなくても準備しているだけでも一応は肩を作っているわけですから、相当なハードワーク状態になっているような気が…。ブルペンが結果を出せてないということもあるので悪循環になっているわけですが…かなり大変そう…(ってすでに大変ですがσ( ̄∇ ̄))。


なお、打線ですが、これもなかなか…(;^_^A 。
フィリーズの得点は5回表、ルイス選手がセンター前ヒットの後、フィリップス選手のスローイングエラーが元となり、ルイス選手がそのままホームへ戻ってきたということでの1点でしたからねー。タイムリーが!というのはこの日一度も実は出てなかったりします(汗)。

実際それでも、これも良く得点できたなぁというもので、実際4回表にはワンアウトからバール選手のファーボールとヘルムス選手、ローワンド選手のヒットがあって、満塁のチャンスが作れたわけですが…

ニュネス選手…( ̄人 ̄)
……
……
ダブルプレーでチェンジщ( ̄∀ ̄)ш。

…と相変わらずの満塁クラッチ欠乏症はキチンとお披露目がありました。ははは(汗)。

2日続けてハワード選手がお休みという打線でしたが…これが彼ばっかりに頼ってもダメなんだ!という良い形でのモチベーションになればいいなと思っていたんですが、冷え冷え…になかなか日替わりヒーローも現れず…ホワイトソックスのようにうまくいかない状態が続いていますね。うーん、いっそのこと流れが変わるなにか劇的なものが欲しいかな…って思ったりしますが…、やっぱりノーヒッターなんでしょうか(厳しすぎ…今のフィリーズ(汗))。


冗談はさておき(いやホントにそうしてくれてもいいんですが…現実的に(汗))、最終的に1-0で勝っている状態で、9回ツーアウトからゴードン投手がハッテバーグ選手に同点ホームランを打たれてしまうわけですが、ボールが二つ先行したので、勝負するにしてもストライクを安易に取りに行くとヤバイかなと思ってました…まさかそれがホームランになるとは思ってなかったんですけどドンピシャって感じでしたねー。いや~これはお見事でした。ツーアウトまではポンポンって感じだったんですけどね。

しかしゴードン投手は昨日もモイヤー投手から交替してツーベースヒットを連続で打たれて簡単に失点した後だけに…なんだかヘビーな感じが(汗)。実際この段階で残っていたブルペンはマドソン投手とロザリオ投手だったのですが、ロザリオ投手を使うか、そのままゴードン投手を投入するかを悩んでゴードン投手を選択したようです。以前マニュエル監督が「彼はワンイニング・マンだから」というコメントをしていたことを考えると、やっぱり責任を感じたのかな?という感じもしないでもないですが…うまくはいかなかったということで(なんだかサヨナラ負けピッチャーがどんどん増えてるような…( ▽|||)サー)。

メディアとしてはなぜゴードン投手の最近のシャーキーさを考えると、マイヤーズ投手を使わないのかということも質問していましたが、現時点ではフィリーズのクローザーはゴードン投手だということをマニュエル監督はコメントしていました。調子が悪い→はい、そうですかとはいかないのは契約もプライドもリスペクトも…いろんなものが絡んでくるわけですから仕方ないことですね。ただ明日もクロージングロールが必要となると、もちろん3日連続で…ということになるので、マイヤーズ投手がクロージングするという場面も有り得るかもしれないですが…。

そういえば、昨日クロージング出来たものの、ちょっとヒヤヒヤだったことを受けて、

Gordon settled, got a groundout from Brian Schneider and froze Chris Snelling with a strike-three curveball to record his third save. Afterward, as he removed his postgame ice pack, Gordon poked his head into Manuel's office and asked:

"Did I give you ulcers?"

Manuel just laughed.

"He was a little wild," Manuel said. "Probably the biggest pitch he made was the second strike to [Snelling]."

潰瘍作っちゃった?とマニュエル監督に言いに行ったというゴードン投手について書いてありましたが、ホント笑い事じゃすまなくなる…ということはならないように願ってます。それにしても本気か冗談かわからないような微妙なことを監督室にしにいくんですね(笑)。

まぁ…次の日にこんなことになるとは…誰も思ってなかったんでしょうけどね…(笑えない~~)。


いずれにしても明日ハメルス投手に頑張って貰いたいところです。3戦目が爆弾なので(大汗)…。フレディ、まだフォーム的に固まってないと思ったのでまだまだ不安なんですよねー。徐々に…なんとかしていってくれないととは思ってるんですけどね(メディアは即の結果を求めているのは確かですからホントは今すぐにでも一度でも良いから結果が欲しいんですけどね…ぼそっ)。

それにしても4月終わったときどんな感じになってるのか…考えるだけで恐ろしそうな現在ではありますね。頑張ってほしいんだけどなぁ。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは☆
ハワードがいない打線で助かりましたよー^^;
調子悪くても彼がいるのといないとでは打線の厚みが違うと思いましたからね。

ともともさん、さすが鋭い!!
私も気になったのは6回のリーバー投手の交替時期でした。
レッズの貧ダーズ打線に対してなんであんなにジタバタして投手を替えてるんだろうかと???
リーバー投手続投で良かったと思うのですが、負けが先行してるチームは勝ってる時点で動きたくなるのでしょうかね~。。。
ナーロン監督も同じ采配してますから。。。
地元記者との口論については私も何日か前読みましたが、このまま悪い状況が続けば、
マニエル監督の去就が気になります。。。

延長戦になった時私も炎上系のリリーフ陣しかいないので不安の方が大きかったですよ!!^^;

明日はレッズも給料泥棒で昨年の被本塁打王のミルトンですから^^;
たいへーんな試合になりそうです。。。
2007/04/22(日) 00:26 | URL | ヒロミ #pKWPD12E[編集]
こんばんは~~
ヒロミさん

ありがとうございます~~~。
いや~レッズとの赤い対戦楽しんでみてましたよ。ハワード選手はまだ数日解らない可能性がありそうですが…どうなるんだろう?ドキドキ。彼は不振でも確かに敬遠されたりするのでそういう部分で大きいですよね。ケガが大したことがなかったのが幸いですね。

いや~~ヒロミさんも同じところ思われました?
ですよね~あれは私が思うに…ですよ…

ここでリードした状態が潰れるともうダメだ…というなんとも保守的なものだったんじゃないかと(ぼそっ)。おっしゃるとおり負けが混んでるチームだからこそ、リードした状態を保つために何が何でも…だったんじゃないかと思います。

ただね~~やっぱり今後を考えると…ブルペンの負担は大きくなってそうですよね。ホント4月を終わる頃みんなヨレヨレになってそうでこわいんですよね…大丈夫なんだろうかσ( ̄∇ ̄)。

あの口論記事読まれたんですねー。結構な剣幕だったですよね?個人レベルでどうなんだろう?ってこんなブログで書いてるのはどういった影響もないと思うので(しかも日本語だし)大丈夫だと思うんですが、ああいう地元記者たちとの口論っていろいろ取り上げられるとかなり大きなものになるので結構な火種になりそうですよね。去就問題…このままいくと結構有り得る話なのかもしれないですね。

レッズも炎上系ありっぽいですよねー。
aoiさんところでもいろいろ教えて貰ってますが、気持ちわかりますよー。もっともフィリーズの場合かなり流れでどどどど~~っといくところがあって(汗)ドキドキなんです。

ただ延長戦はあきらかにゴードン投手も悪かったんですが、レッズがうまくついてきた感じがします。やっぱり延長戦になったら一層ランナーを大事にしないといけないんじゃないのかなぁと思うんですが、クラッチ不足&オレが決めなくちゃでそこがあまり上手くできてないような気がするんですよね~~フィリーズ。

うっ!被本塁打王といえば、ハメルス投手も結構多いんですよ^^;。どうしましょ花火合戦になったら…またレッズのこともいろいろ教えてくださいね☆。
2007/04/22(日) 02:31 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。