スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:ジェンクス投手が理由を明言
2007年04月15日 (日) 16:55 | 編集
ジェンクス投手…自分をよく分析しているようです。
若いのにエライですね。

実は昨日の記事を書いた後、再放送のスカパー!を録画してジェンクス投手のピッチングを見てました←物好き。やっぱりジェンクス投手のスピードが出ないというのが気になったんですが…←もちろんシロウトが見てわかるかどうかは別なんですけどね(;^_^A 。
録画したものを見ている感じではフレディのような肘下がりは起こしてないようだったのでまずはちょっと安心でした(フレディの肘下がりについては「Phillies:フレディへの手紙」と「Phillies:フレディへの手紙 その3&現状」に書いてます)。ただ、コマ送りしてみると右手が前に足が着地してもまだかなり後ろの方にしばらくあるのが気になりました。リリースまでの右手の動きがちょっと出遅れ気味…というか。…ということは体重移動に課題なのかな?と。

こういったことは今回フレディのことでいろいろ調べていて自分なりにいろいろオベンキョさせてもらったひとつなのですが、スムーズな体重移動が出来ず、腕の力だけで投げると、どうやったってちゃんと体重移動出来てるときよりはスピードは出ないそうです(同じ本人で投球を比べたときです)。

…というわけで、ジェンクス投手もそんな感じかなぁと思ったのが昨日。ただしそれっぽいなぁという感じであって、あくまでも絶対ではなく…です。あくまでも一般論であり、理論だけでは当然はかることができないだろうなということは思っていましたしね←その上シロウト判断(笑)σ( ̄∇ ̄)。

それでもフレディの場合だと、過去の良かったときや悪かったときも含めて写真、映像などを手元に取っておいてあるので簡単に過去のフレディと今のフレディを比べることが出来るわけですが、ジェンクス投手の過去のもの…というのはわざわざ探さないと手元にはないので、これを今すぐに比べて見ることができなかった…というわけです。一般的にいくらこれがよい…ということであっても、その投手のベストかどうかは本人の過去と比べてみないとわからないですしね。彼の中のベストがどうかということが一番大きいわけですし。


ただ、なぜそこまでジェンクス投手が気になったかといえば…
フレディも同じスピードが出ないということで苦しんでいたのもありますが、ギーエン監督が説明していたのも同じ「疲れ」だったからです。なんだかあまのじゃくかもしれませんが、この現在でそこまで疲れまくってるとシーズンそのものが不安なはずなんだけど…というか、なんか釈然としないというか。要は自分がスッキリしなかったわけです(笑)。

ただフレディの場合、昨年に関して言えば05年のワールドシリーズの後、06年あたまにはWBCに出て、キャンプ…→シーズンというスケジュールだったので、私も、疲れ…まぁそうかもしれないなぁとこれを信じてしまったところはあったんですが、そもそもそれだって一番問題なのは、昨年でもフレディ自身がスピードが出ない原因=疲れを鵜呑みにしてしまって、自分でなんでだろう?という検証をしてこなかったことが大きかったんだろうなと私は思ってます。それが故にずるずると徐々に崩れていったフォームを途中修正出来ずに無理にひっぱりまわして今に至っていたんじゃないかな…というのはあるわけなんですが…まったくもー←ほとんど母的の域(笑)。

しかしですよ!!
ジェンクス投手は違いました。

ジェンクス投手がエライのは、監督・コーチが話した理由じゃないと自分で思う理由を明確にしたことです。

Delivery not so special now

"The biggest problem with me right now is getting on the same page as my upper half. There are a couple of ways to break it down, but I'm not striding out far enough, I'm not using my legs. Basically, they're not working together right now."
"I don't feel overused," Jenks said. "Right now, I'm just in my head about where I am mechanically, that they just might want to give me a day off or two to make sure that everything inside the head is OK. It is OK. I just don't like my mechanics right now."

自分の下半身が上半身の状態とバランスが取れてないということを話しています。そのためストライドも十分ではないと。やっぱり体重移動と下半身ですね。また使いすぎでもないと自分では思っていると言うことも明言していました。

疲れというアバウトなものではなく、自分の下半身強化不足をキチンとわかっているところがなんとも冷静だなぁと。もちろんこれがわかったからといってすぐに対策しても速攻で結果が出るものではないとは思います。自分で下半身トレーニングをしたり、いろんな形でそのバランスを取っていく必要はあるでしょうから完全なものにするには時間がかかるかもしれないですよね(なんてシロウトが書くのも…ですがσ( ̄∇ ̄))。。

でもチーム全体でその原因に対して早く対策できることは大きいと思います。フィリーズがフレディのスピードのことなどで困ったとき(キャンプ時)、フレディ自身も要因がわかってなかったので対策がとれなくてしばらくもや~っとした状態になっていたことを思えば…かなり前に進めたのが早いと思います。実際ピッチングプレートの使い方などをトレーニングして前にスムーズに移動できるようにしていくとクーパーコーチは話していましたし良い形になっていけばと思います。

頑張れ!ジェンクス投手!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。