スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Athletics:ブラントン投手、エンジェルスにキャリア初勝利
2007年04月09日 (月) 19:31 | 編集
2005年ホントに勝ち運がなくてなかなか好投しても勝てず、その次打線が結構打ってくれたらボコボコだったりしてうまくいかなかったブラントン投手。キャンプでの接点ってあまりないんですが(笑)、なんだかそのころから見てるだけになんか気になるところがあるんですよねー、彼(笑)。

【参考記事】
Rays vs A's:勝ち運…と乱打戦(2005.5.26)
アスレチックス:ブラントン投手、ついについに。(2005.6.5)
A's vs M's:勝ち運をものにしたブラントン投手(2005.6.30)

…なつかしいなー。

アスレチックスはマリナーズとの3連戦の後、エンジェルスと4連戦だったのですが結果2勝2敗の5分でした。これがものすごくタイトな試合でおもしろかったです(ファンは胃は痛くなりそうだと思いますが(笑))。昨日は2-1でエンジェルスが勝ち、今日は同じく2-1でアスレチックスが勝ちというタイトなワンランゲームが続きましたしね。
でもこういうゲームをしてくるのならこの2チームかなり手強いでしょうね。しかもエンジェルスなんて先発の核二人(コロン投手、ウィーバー弟投手)がDL入りして欠けてるにもかかわらずこれですからね~、今後を考えるとかなり末恐ろしいことになってきそうです。

実際こんなタイトルがアスレチックスの地元紙ではついていたりして(笑)。ふふふ。

A's win not for nervous stomachs

今回の4試合も5分5分の結果だったわけですが、実際2002年からアスレチックスとエンジェルスの対戦はまさに5分。101試合を行ってアスレチックスの51勝、エンジェルスの50勝だそうです。

さて、今日の試合で先発だったブラントン投手、実はこの同地区エンジェルスにまったく勝てないまま今日まで来てました。実は対エンジェルス初勝利だったようです。おめでと~~!!

そういうのってあるんですよね~~。
なんだか不思議なものだなぁと思うんですけど、相性というか…。対戦チームだけじゃなくて、対スタジアムの成績でもあったりして。フレディの場合はトロントのドームがどうやっても相性悪く、2000年以来一度もその場所で勝ったことがないんです。未だに更新中なんですけどね(笑)。

まぁフレディの場合はボコボコに打たれてしまってるので( ノ ̄∇ ̄)ノ仕方ないなーって思うんですが、ブラントン投手の場合はもっと気の毒というか、防御率も全く悪くないんですよね。

対エンジェルス0-6 防御率3.77。
そのうちエンジェルスタジアムでの成績は0-3で防御率はなんと1.86。

ね、気の毒~~ホントに。
この記事の中にも書いてあるんですが、エンジェルスタジアムで行われた2005年の0-1、1-2で負けたゲームというのがまた偶然スカパー!で放送されてそれを見ていたのでなおのこと(涙)…だったりするわけですよ…。それにしてもこういう記事を見るたびに思うのが、投手ファンってホント大変ですよね…といっても誰に頼まれたわけでもなく勝手に応援するわけなんですが(笑)←実感こもりまくり。

で、ようやく今日勝ったわけです!しかも2-1で(爆)。
ヒヤヒヤ…。彼もホッとしたでしょうね…(;^_^A 。


ちなみに明日からホワイトソックスはアスレチックスと対戦するので今の状態をちょっと見ているとこんな記述が。

With one week of the season down, the A's starters have taken center stage. They've allowed just nine earned runs in seven games, putting up a league-best ERA of 1.91. The weak spot so far is hitting with runners in scoring position (.188).

リーグベストの先発防御率なんですね!なんともうらやましい~~~。いや~1.91はすごいですね…ホント。

得点圏打率は…○×△■※…なチームを私も見てきているだけによくわかりますσ( ̄∇ ̄)。ファンとすればランナー返してよ~~って思うところですよね(笑)。

うーん、ツインズ戦で培ったタイトなゲームをアスレチックス戦でもキッチリ生かせるかどうかになってきそうですね、ホワイトソックスからすると。でもね~~さっきも書いたんですが、明日はめちゃめちゃフクザツモードなんですよね…個人的に(笑)。コントレラス投手 vs リッチ(ハーデン投手)…。

ドキドキはおさえられないのでこの状態のままゲーム観戦を楽しみたいと思います(;^_^A 。
コメント
この記事へのコメント
やっぱり複雑ですか^^
ともともさん、こんばんわ。

やはりA's中心のネタにはコメントの数が普段より少ないですね。まあそんなチームなので仕方がないですが(寂)。

ちなみに明日の白靴下対A's、先発がコントレラスとハーデンなのでともともさんどんな心境だろうと考えていましたが、まさにその通りですね(^^)。ハーデンは前回のマリナーズ戦、打者一巡目はよかったですが二巡目がちょっとやばかったし、相手の拙攻に助けられた(マリナーズらしさとも言う?)感じでしたのし、やはり相手が「マリナーズ」でしたので明日が復帰後の真価を問われると試合かとおもいます。前回は打線の大量援護によるところも大きかったでしょうから。とはいっても開幕2連敗を止めたのは大きいですね。

天使の4連戦は五分で終わって良かったなあという感じです。いくら出だしが悪いA'sでも直接対決で負け越すのは痛いです。個人的には3戦目のヘイレンがかわいそう。7回2失点で勝ち星無しですからね。でも0勝2敗でも防御率は0.69なんですよね。打線が… いくらチーム打率が悪くても防御率と争ってどうする?ってなかんじなんですけど。まあこの辺は毎年のことですから仕方ないです。でもなんで毎年春先はこうなるんだろう? 

ブラントン、よく考えてみたら2年前の今頃はそうでしたね。僕のMLB初観戦、ブラントンが先発だったのですが初回に5~6点失って哀愁の漂う背中を見せながら降板したのが印象的です。未だに1,2回に炎上癖があるみたいです(爆)。まあそれが彼らしいといえば彼らしいのですが。でも天使に勝ち星がなかったとは意外でした。同地区ライバルなので苦手意識はあまり持たない方がいいでしょうから今後も勝ち続けてほしいです。

ちなみに今年はヘイレン、ハーデン、ブラントンの3人がジト、ハドソン、モルダーに匹敵する働きをするんじゃないかと期待してます。なんかこの3人、未だにヒヨっ子のようなイメージがありますがもうそんなことはないです(断言)。ヘイレンが一番変わったように思えます。ツラ構えが去年までと明らかに違います。マウンド、ダグアウト共にです。大黒柱であったジトが抜けた影響ですかね。ものすごく頼りがいがあります。完全に一皮剥けてました。それが現在の防御率に現れているのではないかと思います。ブラントンはああみえて去年ジトと同じ勝ち星を挙げ(16勝)ここ2年で30勝してますし、ハーデンは健康でさえあれば(これが一番コワい)20勝近くするのではないかと思うので3人で50勝以上も全くの妄想ではないと思います。New Big 3 でしょうか(勝手に命名)。

明日からの白靴下とA'sの3連戦はBSでは中継が無いようです。やはり井口よりもイチロー・マツイの方が人気あるのですかね。

では中継楽しんでください。
ジェロニモ
2007/04/09(月) 23:42 | URL | ジェロニモ #I51WSCGM[編集]
いいですね、New Big 3!!
ジェロニモさん

再びこんにちはー!
アスレチックスネタに反応してくださってうれしいでーす。ネタになりそうな選手は一杯いるんですけどどうしても日本ではこうなっちゃうところありますよね。でも盛り上がっていきましょう♪←勝手に盛り上がる人。ははは。

う…ズバリお見通しでしょう…。ははは。みんなにバレバレですーσ( ̄∇ ̄)。昨年もかなりドキドキしながら見てた対戦ですが、今年は早くにこの機会がやってきました。しかもリッチって!!(笑)←どこまでもミーハー。おっしゃるとおりだと思います。リッチは今シーズンやっぱり要求されるところも大きくなっていると思いますし、なによりも結果をやっぱり出して欲しいですからね。でも彼だけに頼る状況ではなく、休んでいる間にバリーが抜けても形に出来るようにしてくれているのがやっぱりアスレチックスのすごいところであり、さらにリッチも助かってる部分じゃないかなぁーと思ってます。あれが、リッチにとにかく頑張って!と他があやし~~状況のまま…というチーム状況だと彼にかかるプレッシャーも大きかったでしょうが、おっしゃるとおりヘイレン投手の存在は限りなく大きいでしょうね。

ヘイレン投手ってマルダー投手との交換で移籍してきたときまだかわいいなーって感じの投手だったんですが、すっかりいやらしいほどの安定感(いい意味でですよ)が出てきて頼もしいですね。エース格になるのはなりたくてもなれるものじゃないと思うので、彼自身そういった自覚とオフにいい過ごし方をしてきた証拠なんじゃないかなぁーと期待してます。

バリーのルーティンワークは行き過ぎのような(笑)部分もあるかもしれませんが、彼のああいったストイックなところはヘイレン投手にとって勉強になったというのはあったかもしれないですね。よく慕ってくれていたみたいですし(涙)。顔つきがかわるというのはますますもって頼もしいんですが、でもホントにね~~、ここらで彼に対してのランサポートを!!!これですよー。彼打たれてないと思ってましたが0.69ですか…かわいそすぎますね…うううーん。

防御率は自分で出来るけど、投手の勝ち負けはねー…。このブラントン投手の話じゃないですが、どうしようもできないところがありますものね。特にナリーグと違ってアリーグの場合は投手が自分で打つわけもいかず…ですからねー(チームメイトを信じて祈るのみ…ですよね~~)。

得点圏打率ってホントにね。アスレチックスは序盤がなぜか…ですよね。今フィリーズも見ててそこがあまりにもひどいので(笑)アスレチックスがまだ良く見えちゃうんですが(笑)、でもね~~今日もそういうところありましたね。個人的新たなミーハー選手バック選手が最初タイムリーを打っておお!と思ったんですが、その後、2回チャンスが…新人ですからこれからそういった部分も勉強ですねー。それはホワイトソックスも同じく…得点圏ねーって感じだったんですが(笑)。リッチもコントレラス投手も今日は調子いい!って状態ではなかったと思うのですが、よく耐えていたなーと思います。投手戦になってくれてドキドキの私には一番の展開だったんですけどね(笑)。またこの試合については後で書きますね☆。

ブラントン投手、今回の勝ちでエンジェルスへの無意識的な意識(自然とやっぱり…あると思うので)がなくなってくれるといいなと思います。意外と1勝ががらっと変えるなんてことあると思うので頑張ってくれることに期待したいですね。エンジェルスは手強いですからね~~勝てるときに勝っておかないとですよね、ホントに。

いや~~New Big 3ですか。いいじゃないですか!
おっしゃるとおりこの中で一番心配なのはリッチの健康ですねー。元々豪腕のスピードタイプだけにあまりケガをすると本来の持ち味も出せなくなりそうで…これ以上のケガだけはしてほしくないです。

今シーズンもなにはともあれ楽しみですね~~。
2007/04/10(火) 16:19 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。