スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:今季初白星は押し出して…
2007年04月06日 (金) 20:14 | 編集
昨日の記事少し修正しないといけませんね…。

なんだか気分が上がったり下がったり激しいゲームだったので一層疲れてしまいました(笑)

…なんて書きましたが、勝てば違います。気分が上がったり下がったりしてもそんなことはとりあえず置いておけるわけです←ジコチュ~。

…というわけで…今季初白星ですよ!ホワイトソックス。
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!
勝ち方としてはもう少し…ってなところもありますが、そんなゼイタクいってられない状態でしたから(笑)勝てて何よりです。なんとか最悪のスイープだけは免れました。ツインズがオリオールズをスイープしているだけに、ここで3タテされるということはインディアンズだけじゃなくツインズとも3ゲーム差になるということなのでそれだけはどうしても避けてほしかったんですよね。ほっ。

White Sox 'hit' delivers win

ここに出てくるhitは単なるヒットじゃないんですよ。3-3で向かえた9回満塁でピアジンスキー選手のデッドボールで押し出して試合が決まったんです(笑)。またこういった場面にピアジンスキー選手が絡んでくるのがなぜか…そういう星の元に生まれた人なのかな?とちょこっと思ったりして…(;^_^A 。あはは。

なお、このゲームの先発はバーリー投手の先発だったんですが、2回ワンアウトを取った後、ガーコ選手が打った打球がバーリー投手を直撃!ここで降板になってしまって( ▽|||)サー。ちょっと心配してたんですが、X線検査の結果問題なかったようでよかったです。も~~ホントよかった~~。

Buehrle bruised, plans on next start

気になるバーリー投手の状態は日々ケアしながら見ていく形になるようですが、この状態によって1-2日ローテから遅らせて投げさせた方がいいとあれば変更していく可能性は示唆していました。

If Jose Contreras moved up to start Saturday, pitching on regular rest, followed by John Danks' Major League debut and Jon Garland working the series opener against Oakland on Monday, Javier Vazquez would have to come back on three days' rest on Tuesday. That move doesn't seem as likely, especially this early in the season, as Guillen going with Nick Masset in a spot start.

仮にこの5人以外を先発に使わないと仮定したら、お休みを踏まえてローテをずらすという考えをしてみてもバスケス投手が中3日とかになって無理だろうということで、その場合は恐らくマセット投手をスポット先発に入れるんじゃないかと言うことですね。現在のところは明確な部分はまだ未定とされているようです。

この日のバーリー投手は先頭バッターのサイズモア選手にまたもやリードオフソロを打たれてしまったのですが(サイズモア選手爆発しまくりですね~~( ノ ̄∇ ̄)ノ)、この後は落ち着いていて、ランナー出してもダブルプレーを取ったりして良い感じでした。それだけに、この後の降板は残念でしたが、幸いケガも軽かったのでぜひともしっかりケアして次回の登板でGo DEEPなところを見せて欲しいなと思います。でもなんだか久々に落ち着いた先発を見たような気がしましたよ~(涙)。

そしてその後に出てきたマセット投手。彼もよく頑張ってました。
何しろ今シーズン一番投げているのが彼です(汗)。初戦コントレラス投手の後をつないだのも、今回も。元々先発のキャリアしかない彼だけに、適役ではあるんですが、あまり疲れが溜まってこないように今後は先発がしっかりとゲームメイクしていってほしいです。頑張ってほしいなー。

この試合、確かに失点→得点…の繰り返しでなんだか気分的にはあがったり下がったりではあったんですが、攻撃自体は昨日までよりもずっと良かったと思います。

ポドセドニック選手も初回から走ったりしてアグレッシブでしたし、下位打線で井口選手も打点につながる良い働きをしていました。なにしろこの日のホワイトソックス、ホームランがなく、ヒット5本で4点…もちろん相手のファーボールなどに助けられている部分はものすごく大きいとはいえ、これはうれしかったですね~~(^o^)/。ホームランがない…ということはもちろん試合中にあの名物のYE-----S!!は聞こえてこなかったわけですが(最後勝利してから聞きましたけどね(笑))この形が出来ている上にホームランがあると鬼に金棒的になれると思うんですよ。ホワイトソックス…つながらないときはホームランでの得点が目立ちまくり状態になりますからね(涙)。

あとこの試合ダイ選手が守備範囲あちこち駆け回る姿も見れて、クリーディ選手のナイスキャッチもあったりしてこういう守備のいいところが見れたのも大きかったように思います。あ、今思えばこの二人のナイス守備が9回の連続ヒットにつながっていったのかも…ですね。最後この二人の連続ヒットの後、井口選手の打席の牽制送球エラーが絡んで、2.3塁としてしまったことで、井口選手を歩かせて満塁としたことで結果ピアジンスキー選手のデッドボールが勝利打点になるわけなので。

個人的には8回にチャンスを逃したときうわ~ヤバイかな?と思ったんですが、ここで9回をジェンクス投手がキチンとおさえてくれたところがまた大きかったとも思います。ジェンクス投手スプリングトレーニングで結構苦しい状態だったのですがその経験もこのシーズンに生きてくるといいなと思います。


さてさて、投手陣は昨日までと変わったかのようにこの試合ファーボールが1つだったんですが、ギーエン監督はものすごくここを強調していました。

On-target White Sox pitchers strike back

もともとファーストストライクをアグレッシブに取りに行け!というのはしょっちゅうギーエン監督は言っていることであり、ファーボールへのダメだしはものすごく強くこういった話も今年新しい話でもないんですが、この開幕2試合でのファーボール数が敬遠もあったもののあまりにも…○×△■※…ということで、試合前に意識づけをしたようですね。

"In [U.S. Cellular Field] and in the American League, you can't give up walks," Cooper said. "We're talking about runs here. And what gives up runs here are walks. We're encouraging the guys to make people swing the bat. And so we are going to give up contact and there are going to be hits. But we can't have the walks."

クーパーコーチもとにかくバッターにバットを振らせる球を投げるように…と。打たれても歩かせるな…ですね。良い形になるといいなぁ。

ブルペンの中では、ちょっと個人的には複数年契約したばっかりのソーントン投手が昨日今日と打たれてるのは気になったりしてます…(-_-;) 。今日も勝てるかなーというところでの失点はちょっと痛かったですが、なんだかかる~く外野にぽーんと飛ばされているような感じがしてこれが気になりますねー。フレディも走り込みが足らなかった年(2003年)、実際フライを良く打たれてさらに被本塁打も30本くらいになってたことがあるので、なんだか関連性ありそうで気になったんですが、不安が老婆心であることを願うばかりです。頑張ってほしいです。


勢いづけてこのまま~~と行きたいところですが、次の相手はかなりヘビーです。

じゃじゃ~ん!ミネソタ・ツインズです。
3連勝でノリノリ状態。マウアー選手も絶好調みたいですね。相変わらずブルペンも堅固なようですし。先制しておかなければ厳しい…ですがやるっきゃないので頑張ってほしいなと思います。

明日はバスケス投手とシルバ投手のマッチアップ。
バスケス投手ってフィリーズ版のイートン投手のような不安感が個人的にあるんですがщ( ̄∀ ̄)ш、この春課題になった立ち上がりを頑張って克服して欲しいです。楽しみです。


<おまけ>
地元紙に書いてあったことですが…。

After a chat with starter Jose Contreras, Guillen is convinced the problems his Opening Day starter had were solely because of a poor performance. "Every year, some player has problems," Guillen said. "His kids are sick, the wife is mad, the parents ask for money. There are a lot of problems out there, even bigger than that. Jose was fine, and I was satisfied with what he told me."

初戦に負けたコントレラスと話をしてみて、心にいろんな悩みを抱えているというよりも単に不調だっただけでよかった…という話ですが、選手たちもいろんな問題を抱えてくると監督も試合外のことでの気遣いが大変ですね(;^_^A 。特にラテン系選手は the parents ask for money…って確かにありそう~…(急に親戚が増える…じゃないですが)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。