スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:ピッチャーズ・メルトダウン
2007年04月05日 (木) 17:39 | 編集
それにしても…壮絶というかなんというか( ノ ̄∇ ̄)ノ。
なんだか気分が上がったり下がったり激しいゲームだったので一層疲れてしまいました(笑)。インディアンズとの2戦目。ガーランド投手とウェストブルック投手のマッチアップでしたが…うーむ…。

この試合、日本のニュースを見てると惜しい!って感じの記事のつくりになってますが、むしろ地元紙シカゴトリビューン紙の見出し…私的にはこの方がぴったりって感じがします。

Fans frozen, White Sox pitchers melt down

ホントにね(- -”)。
雪の舞うシカゴ…映像で見てるだけでも寒そうでしたが、ライブ観戦のファンはかなり凍ってたんじゃないでしょうか(大汗)。
最も、ゲームの結果をみれば8-7なんですけどね。major.jpでも井口が今季1号同点弾も、Wソックスは逆転負け…なんてタイトルがついていますが、私的には惜しかったね~…というにはあまりにも…という内容だったような気がしないでもないというか。

確かに、最後の最後まで追いすがったところはあったんですけどね。打線もなんとかしようとしてくれたわけですが、打ち勝つ…という形に頼るような展開が続くなれば、シーズンを通してみたときにやっぱり厳しいことになるんじゃないかなという気がします。とにかく投手陣全体の復調が出来るかどうか…ここがキーになってくるんでしょうね。

それにしても…MLB全体を網羅できてないのでなんともいえないんですが、現実問題、この2-3戦で(チームによっては3戦行っていますね)ホワイトソックスよりもひどいパフォーマンスのチームってあるんでしょうかщ( ̄∀ ̄)ш。連敗しているところは他にもありますが、2連敗したことよりもその内容…これがかなり気になるというか…。とはいえ、ここから頑張って貰うしかないんですけどね~~。

Catch foils White Sox comeback hopes

スプリングトレーニングで成績が出せず…だったホワイトソックス。スプリングトレーニング期間のチーム防御率は6.61でした。そして昨日、今日の2日のチーム防御率が9.50。打たれたヒットは26本。さらに一番ギーエン監督が鬼門としているファーボールが15個です…( ▽|||)サー。2試合18回しかないわけですから、ここで15個というファーボールはね~さすがに…ちょっと○×△■※…でしょうね。うち10個が今日捻出されたわけなんですが…うーむ。


とはいえ、この試合…。
出だしはよかったんですよ。

初回立ち上がりのイマイチだったウェストブルック投手がポドセドニック選手、アースタッド選手と続けてファーボール。ここでトーミ選手がストライクを取りに来たところをホームラン。これで3-0!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー。

…と思ったのもつかの間…( ノ ̄∇ ̄)ノ。
続く2回表にガーランド投手が派手に打たれました( ▽|||)サー。

デルーチ選手にツーベースヒット…
ペラルタ選手にトリプル…
バーフィールド選手にセンター前ヒット…
マルテ選手にホームラン…

連打のサイクルヒット…なんだかボーゼン。
これで一気に3-4と逆転されてしまいました…σ( ̄∇ ̄)。
実はこの後もハフナー選手を歩かせて、ビクター・マルティネス選手がヒットを放ち1.3塁とされたときはドキドキだったんですがこれ以上の失点は許さず…ほっ。

続く、4回表にツーアウトからニクソン選手がツーベースヒット、ハフナー選手を敬遠して、ビクターにタイムリーを打たれて追加点。これで3-5となったときはちょっと流れ的にヒヤリ…って感じでしたが、ホワイトソックス、この日はやられっぱなしではありませんでした。

続く4回裏、こちらもツーアウトからピアジンスキー選手ヒットのあとに井口選手がツーランを放ち5-5!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!投手戦はこの段階で厳しそうだったのでここからなんとか得点を重ねて勝ちにいってほしいと思ってみていました。だからこそ、続く5回表キッチリガーランド投手がおさえてくれたときはうれしかったです。

で、5回裏。
ポドセドニック選手がエラーで出塁するも盗塁失敗。しかし続くアースタッド選手がセンターマーヒット、トーミ選手がライトへツーベースを放ち2.3塁となり、さらにコネルコ選手敬遠で満塁!

…とここでダイ選手は三振だったのですが(涙)、クラッチのクリーディ選手がセンター前ヒット!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!これで走者一掃になり7-5。再びリードが出来ました。

だがしかし…です。
この後がよくありません…ホワイトソックス。そう、さらなるメルトダウンのカウントダウンです。

6回表まずはガーランド投手からシスコ投手へ交替。
いきなりサイズモア選手にセンター前ヒット、さらにニクソン選手を歩かせてノーアウト1.2塁…もしもし?ハフナー選手はセンターフライだったんですが、この日めちゃ絶好調のビクターにタイムリーツーベース!これで7-6に。

ここでシスコ投手からマクドゥガル投手へ交替。
ブレーク選手にファーボール…(涙)。
しかしデルーチ選手を三振にしとめてチェンジでした。


そして7回表…。
引き続きマクドゥガル投手。
ペラルタ選手とバーフィールド選手を三振にしとめて良い感じ!(^o^)/…だったんですが、続くマルテ選手を歩かせてしまいここでソーントン投手に交代。

ソーントン投手…。
サイズモア選手にツーラン ( ▽|||)サー。
7-8…。

またもや『カッコイイ』サイズモア選手に決められてしまいました←形容詞は気持ち。ソーントン投手もそこまで甘い球じゃなかったと思うんですけどね。サイズモア選手がよかったってことなんでしょうね。さすがです。ますます今シーズンコワイバッターになりそう。

も~こうなったらホワイトソックスも次なる攻撃をしかけるのみ!だったんですが、これがうまくいかず。

7回裏、アースタッド選手がファーボールを選びノーアウト1塁!
しかしトーミ選手、コネルコ選手が続けず、ツーアウト1塁のまま(>_<)。ダイ選手がさらにファーボールで出塁しツーアウト1.2塁となるも…クリーディ選手が三振(涙)。


8回表、この流れがなんか悪そうな展開になりつつある中、ソーントン投手が引き続きマウンドへ。

ハフナー選手ツーベースヒット…
ビクターのヒットでノーアウト2.3塁…
さらにブレイク選手を敬遠してノーアウト満塁…

だ、大丈夫なんだろうか…これ(- -”)。
まさに絶体絶命…てなわけで。

ここでアーヅマ投手に交替したんですが、1失点くらいは彼の責任じゃないなと思いながら見てました。しかしここで、マイケルズ選手三振!ペラルタ選手三振!バーフィールド選手三振!と三者三振でおさえてくれてこれはうれしかったですね~。この絶体絶命で失点せず。キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!メルトダウンの中で(汗)一番よかったんじゃないかと思います。

…というわけで、これは先方の流れを切ったぞ!ってなところで気合いが入る中、続く8回裏、ピアジンスキー選手がノーアウトでツーベースヒット!

まさに来た来た!ってな感じの中、井口選手にバントの指令が。

と・こ・ろ・が…です。
これがね~~、…あえなく失敗だったんですよ。
щ( ̄∀ ̄)ш ガーン。

その後シントロン選手、ポドセドニック選手が凡退でチェンジ。まったくランナーも動かせず(大汗)でした。

…うーん。
『Back to the Grind』…うまくいくんでしょうか щ( ̄∀ ̄)ш。
どういう形にせよ、ランナーは出しても動かせないというのはやっぱり痛いですね。特にあのバント失敗はかなりガックリだったんですが、他のバッターもせめてランナーをひとつでも前に進めて欲しかったかな~とは思いました。


9回表引き続きアーヅマ投手がマウンドへ。
この回もツーアウトまではポンポンって感じだったんですが(5人連続三振でした)、このあとニクソン選手にツーベースヒット、ハフナー選手は敬遠、しかし続くビクターを歩かせてしまい満塁…。

アーヅマ投手満塁が好きなんでしょうか(ウソです)。
ここはどでかいのうたれちゃいましたが、センターフライでチェンジ…これ以上の追加点は許さないでくれました。でもヒヤヒヤ…σ( ̄∇ ̄)←チキンファン。

さぁ最終回…。
ボロウスキー投手が登場の中、アースタッド選手がファーボールで出塁し、トーミ選手三振も盗塁成功。コネルコ選手もファーボールでワンアウト1.3塁♪

どきどきどきどき…。

打順的にもダイ選手、クリーディ王子と気合いが入るところだったんですが、ダイ選手三振(涙)、クリーディ選手センターフライでゲームセット( ▽|||)。確かに惜しかったんですけどね…。気持ちが上がったり下がったりホントに激しいゲームだったので疲労感がすごかったです…ははは。


それにしてもこの試合…。
サイズモア選手には相変わらず打たれましたが(汗)、ハフナー選手をやたらと敬遠してビクター(マルチネス選手)にやたらと打たれてたような…σ( ̄∇ ̄)。ビクター…4打数4安打で2つのファーボールですからね。ハフナー選手を避ける作戦だったのかなぁ?と思いますが、確かにコワイですけど、ビクターもダブルプレー狙いは出来ても結構打つときは深いの打ってきますしね。どうなのかなぁ~と思いながら見てました。

個人的にビクターはベネチームなので(笑)対戦しないときは無条件に応援したいんですが←単なるミーハー、この日ばかりは…手強い相手でしたよ…ほんとにね(涙)。まぁサイズモア選手もかっこいいので(笑)無条件に応援しちゃうんですけどね…対戦の時以外は(汗)←どこまでもミーハーσ( ̄∇ ̄)。


自軍では新たなメンバー、アースタッド選手が打ってヨシ、選球眼ヨシ、走ってヨシ…と活躍していました。この調子で頑張ってほしいなと思います。


ところで、このメルトダウン…のことが気になるのか、地元メディアは何かにつけてこのオフのトレードの話を蒸し返しているのも気になってます。マッカーシー投手やフレディを出したトレードのことなんですが、まぁ即結果が出てないといえばそうなんですが、あまりそこに立ち戻ってばかりなのもね…やりにくいんじゃないかと思うんですよー。

個人的にフレディがそこまで買ってもらえてるのはめっちゃうれしいですが、でももう決めちゃったことでありますしね。新たな選手たちも頑張ってくれるように良い形にしていってほしいです。…というか、フレディもDL入りしてるんですけど(- -”)…それはいいのかなぁ(笑)。

先日ちらっと書いたのですが、ところかわれば、フィリーズ側はむしろフレディを獲得することでジオ・ゴンザレス投手を出してしまったこと相当メディアは叩いてます(笑)。メディア的に望まれないトレードだったのかなぁ…なんだかおもしろいというかなんというか。


とにかく同地区対戦でスイープは最悪です。
ど~やってもこれだけは避けなければならないところ…。

もちろんもうこのカードは勝ち越せませんが、明日勝つと勝たないでは天地の差だと思うんですよ。インディアンズと3ゲーム差を作るか、1ゲーム差だけにとどまるか…たかが1勝ですがものすごく大きいので、これをぜひぜひ気合い入れて取りに行って欲しいです。

そしてこのメルトダウンをぜひともバーリー投手に止めて貰ってブルペンの疲れを少しセーブしてほしいなと思います(ホントはもっと気楽にバーリー投手に投げれるシチュエーションだとうれしかったんですけどね…(涙))。なんにしても、ギーエン監督も危惧していますが、このままいくとブルペンの早めからの投入が続き、疲れが出てきてしまうので、先発陣のGo DEEP!!早く見たいですね。頑張ってくれることを願ってます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。