スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:25人ロースター発表を延期。リリーフどうする?
2007年03月28日 (水) 22:49 | 編集
ホワイトソックスは25人ロースターを今日発表するつもりだったようですが、出来なかった…とギーエン監督怒りのコメントを出していましたσ( ̄∇ ̄)。

Dye-casting White Sox's lineup

"I wanted to make the ballclub today but couldn't because it was ugly," Guillen said, adding he hopes to set the roster before Wednesday's game with the Diamondbacks

うーん…。
この日2-12とエンジェルスに負けたホワイトソックス。ボーダーライン上の投手陣がぼろぼろだったわけで、スカッと決めることができなかった…というわけです。といってもほぼ心は決まっているような雰囲気ではありますけどねー。
この日、打たれたシスコ投手も無失点だったローガン投手もパフォーマンス的に満足いくものじゃないということだったわけですが、なんといっても、その一番悩みの種がフレディと交換したフロイド投手だったんじゃないかなーと思います(この交換…両チームで悩みの種になってますね…大汗( ノ ̄∇ ̄)ノ)。

この日彼は先発だったわけですが、3回を投げて被安打6で4失点。
地元メディアもこの結果でもマイナー行きにならなかった…とさすがにちょっと厳しめの口調になってきていますが(結果が出てないだけにね…)まぁ仕方ないかも…。逆にこの試合良かったことといえば、3番手で投げたジェンクス投手がやはり無失点でさらに気にされていたスピードも94マイルを記録したということだそうですね。徐々にからだのキレが復活してきていることを願ってます。

さて、ホワイトソックスは昨日も書きましたが、2つの枠が残っている形になっています。当初その枠を二つともリリーフにするか、ひとつをペレス選手に当てるか…ということを考えていたようですが、今日の記事を見るとふたつともリリーフ枠として使うことも決定したようですね。

しかしそこからが問題。
これがスカッと行かない…わけで( ノ ̄∇ ̄)ノ。

シスコ投手(ERA7.20)、アーヅマ投手(7.20)、ローガン投手(0.00)、フロイド投手(9.00)で2枠を争っていますが、この中でもトータルで考えるとシスコ投手はほぼ当確じゃないかと言われています。すると必然的にあとひとつを3人で争うことに。これがね、やっかいなわけです。アーヅマ投手は最近2回失点を許してない状態。ローガン投手に至っては11回登場して未だ無失点という形(この日はファーボール2つ出して危なかったらしいですが)。で、フロイド投手はといえば2回続けてかなり痛い状態(汗)。本来成績だけ見ると選ばない形になりそうな投手ですが、フロイド投手の選択に相当悩んでいるようで、だ~っもう!って感じだったんじゃないかなぁと思います。

"The other guys [Floyd] is competing against are all relievers," Guillen said. "But we have to decide if we want a guy who is a long man and can go three, four or five innings, or if we're going to go lefty-lefty or lefty-righty. We were going to decide [Tuesday], but I don't want to now because I'm [upset]."

うーん、本来先発向きとわかっていて、3Aの先発…という方がいいんじゃないかとは思っているものの、ギーエン監督としてはロングリリーフとして彼を置いておきたいところもあるのか、かなり悩んでいるようですね。やはり先発が崩れたり、新人投手(ダンクス投手)の起用もあるし、オプションをいろいろ考えておきたかったんでしょうか。

しかしこの日はその彼もダメ、ローガン投手も不安定、シスコ投手も打たれた…とあって、こんな状態じゃ選択できない!という形でのばすことになったわけです。一応明日発表予定にしているようですけどね。


また、今回の結果で、昨日も少し書いたようにアンダーソン選手の当確で、オプションがないテレーロ選手がウェーバーにかけられることになりました。そしてペレス選手も今回25人枠からはずれることが決定しました。

"Believe me, if we had any spot for him -- we tried all kinds of stuff. He knows it. We made him aware we're going to try do it -- if this thing doesn't work, this thing doesn't work. Well, nothing worked."

ギーエン監督としてはやっぱり最後まで左に強いペレス選手をどうにか残したいところはあったようです。でもどうやっても彼を入れることができなかったというところのようですね。チームづくりってほんとに難しいー。

なお、ペレス選手がメジャーでプレーを希望していることはわかっていることなので、今回ホワイトソックスでは無理でもどこかあれば…と、ホワイトソックスとしては彼のトレードをオープンにしてみたりしていたようなのですが、今のところ何もないようですね。とりあえず、彼の立場をオープンにして、どこかと契約が出来ればそのチームへ移籍、もし働きかけてどこもなかったら、ホワイトソックスのマイナーでやっていくことも考えてあげるようなオプション…もありそうなコメントもされていたので、おそらく当初の契約で、メジャーに残れないのなら一旦リリース…という感じのこともあったのかもしれないですね。確かにね~、ホントに今回のことは残念だと思いますが彼にとって良い形になりますように。それにしてもこのオフ左に強いというふれこみで新加入したホール捕手はケガ、ペレス選手はやむを得ずリリース…というのもなんとも皮肉…(-_-;) って気もしますが。

まぁ、いずれにしても残すところ、リリーフをどうするかというところになるんでしょうけどね。さぁ明日スカッと発表できるかどうか…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。