スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:ミーティングでチーム意識をシーズンモードへ
2007年03月18日 (日) 22:56 | 編集
投手陣…、ここにきてかなり先発が頑張っている感じがします。

Latest start shows Contreras' progress

今日のエンジェルス戦…結果負けはしたものの、コントレラス投手の状態は良かったようで何よりです。気になっていた背中の痛みも大丈夫そうですし、前回に続き2回連続で結果を出してこれているのはうれしいですね。彼が今年の開幕ピッチャーとなる予定なのでこのまま頑張っていってくれるといいなと思います。

この試合、ギーエン監督曰く、開幕に近いラインナップだったそうで。
クリーディ選手がお休みだったので3塁にオスーナ選手が、そしてウリベ選手の替わりにシントロン選手が入りましたが、意識的にこのラインナップを組んだそうです。とはいえ、ロック(決定)されているのはコネルコ選手(1塁)、ダイ選手(センター)、井口選手(2塁)、ピアジンスキー選手(キャッチャー)とクリーディ選手(3塁)ということのようですね。外野はアースタッド選手をセンターで使うか、レフトで使うか…また先日復帰したポドセドニック選手を使うか、アンダーソン選手を使うか…これは未定だそうです。ショートはウリベ選手が現在一歩リードで先発濃厚としつつも、シントロン選手の可能性もまだ消してないようではあります。

こういう記事を見ているといよいよ感が高まってくるのですが、地元紙を見ていると『もうオープン戦気分を抜いてシーズンモードへ頭を切り換えろ』という感じのことをギーエン監督が金曜日のミーティングでチームの意識を統一させたということが書いてありました。

Guillen happy with focus, execution

結構いろんなところでお騒がせなところもあったりする監督ではありますが、ギーエン監督のこういったハッキリしたところは私は結構好きです(人間くさいところも(笑))。選手もわかりやすいと思うんですよね、やっぱりチームとして同じ方向を向いてないとプレーオフは狙えないでしょうし。

"There are all kind of excuses, but I want my players to concentrate on finishing up spring training the best we can.

スプリングトレーニングだからねというのはもう終わり!ってことですね。今からはいかに仕上げるか…うーん楽しみです。

実際このミーティングの後のカブスとの試合では、クローザーのジェンクス投手が3失点して一挙同点に追いつかれてしまった後(うわ~、汗)、マコーウィアク選手がサヨナラヒットを打って試合を決めたということ以上に、ジョッシュ・フィールズ選手がキッチリバントを決めたことをものすごく褒めていました(おお!)。そうなんですよね、ホワイトソックスの今シーズンのスローガンは『Back to the grind』。細かなことをキッチリできて試合はこびが出来るようになるプレーというのは課題クリアになっていくわけですから…これが大事なわけで。フィールズ選手…楽しみな若手選手になりそうです~~。

そうそう、今年のスプリングトレーニングでは、ホワイトソックスはいろんな若手の名前が出てきていますが、中継ぎ争いもそのひとつだということがオフィシャルにありました。

Notes: Masset flexible with role

マッカーシー投手との交換でやってきたダンクス投手が先発争いに期待がかかっている中、同じトレードでやってきた中継ぎ投手マセット投手も順調にアピール。このトレードかなり内容的にホワイトソックスは良かった感じになっていますね、今のところ…。

ところでマセット投手…5種類の球種っってすごいですね。速球、カーブ、カッター、スライダー、チェンジアップ…器用な選手なのかな。さらに右打者、左打者まんべんなく偏りなくアウトがとれることなども紹介していました。このマセット投手は、コッツ投手と交換したアーズマ投手との右の中継ぎ争いになってくるんでしょうね~。切磋琢磨していってほしいです。なお、左の中継ぎでは、先日BゲームでウィリアムスGMにお目玉をもらってたシスコ投手が今日頑張っていたようですね。あの話も効いたのかな?(笑)…というのはわかりませんが、いずれにしても、昨年苦しんだ中継ぎ陣…今年は良い形になるといいんですけどね。やっぱり投手力は安定感を増すためにも必須ですし。

…それにしてもホワイトソックスここにきてキチンと投手の調子が良い感じになってきているのはやっぱりホッとするところです(後はバスケス投手かなー…彼が一番実は心配だったりして(汗))。本当にシーズン最初のスタートダッシュって大きいし、この時期は本当に投手の出来がそれを左右することも結構ありそうですし(2005年開幕のインディアンズ戦…バーリー投手が1-0で勝ったゲームはホントゾクゾクものでしたがああいう展開できるというのは大きかったですからねー)。

いよいよスプリングトレーニングも大詰め…
レギュラー選手にはまだまだどん欲に課題を見つけてクリアしていってほしいですし、ライン上の選手は必死にめいっぱいアピールをしていって欲しいと思います。なんにしても今の時期だからこそ出来ることをどんどんやっていってほしいなー。

あ!明日はいよいよ期待のダンクス投手の先発。
楽しみです~~。ワクワク←ミーハー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。