スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Phillies:フレディ2度目の先発も…(相当主観あり)
2007年03月17日 (土) 21:31 | 編集
今日はフレディの先発だったんですが…その話を書く前にこの間のフレディのコメントの復習をしておきましょう。

"I threw too many high pitches, but I can get that down. I did from the first to the second inning. But I'm happy with the way I threw, and it can only get better."
" I'm working to get ready for the season. My fastball is at about 75 percent right now. It's different when the season starts. You make better pitches."

なるほどなるほど。ほぉ~、じゃあ今回は何パーセントなの?フレディ…ヽ( ̄o ̄)ノ ←イジワル。あああ~もうっ!!
ホワイトソックスに移籍したフロイド投手も結果が出せなくて…という状態ですが、フレディも派手にやってます(汗)。ホワイトソックスとフィリーズ間の34トレードは炎上合戦になっていて、フレディの方が金額を考えると頭痛い…って感じではありますね(大汗)。

フレディ先発の今日の試合、敵地レイクランドでタイガース戦だったんですが、雨で試合が遅れて開始になりました。今日かなりの試合が中止になっていたり遅れたりしていたので、フロリダ全体的にアヤシーお天気だったんでしょうね。こういうときって選手も取材陣も大変そう…。キャンプ地のスタジアムって基本的に屋根ないですし。フロリダといえども雨が降ると風があるときはやっぱり昼間でも肌寒いですしね。

でも、こういう日って現地もつらいですが、日本で起きてるのもつらいです~←勝手に起きてるんですけどね。日本時間で午前2時開始予定がいつから始まるかわからないのでどうなるだろうと思っていたのですが、結局2時半くらいからちょこちょこ動き出した感じでした。まぁこの時点でかなりへろへろでしたけどね~←オバカ。しかも今日のフィリーズの試合はMLB.TVもGameday AudioもなかったのでBox Scoreをひたすら回すという地味~~~~な観戦でした(笑)。いや、これGameday Audioだったらかなりヘビーだったかも(汗)。これは神様の選択だったのでしょう←う、笑えない(苦笑)。

で、この試合…。
タイガースのマロース投手が2回にビクトリーノ選手に先制スリーランを浴びるも、これだけの崩れで5回をキッチリ投げきったのに対して、フレディの方はといえば、3点も序盤でリードを貰ったにもかかわらず、前回と違って立ち上がりこそなんとかなったものの、4回にこの春イマイチ調子が出てない『お友達』のギーエン選手にソロホームランを浴び( ̄∇ ̄)(マウンドで4回にちょっと調子狂ってきた頃の写真こちら(汗))、さらに5回にはヒットとファーボールで捕まってしまう形に。ただね、ツーアウトランナー満塁の状態ではあったんですが…フレディがマウンドを降りた段階で3-2ではありました。

が、ここで出てきたサンチェス投手がやってもーた…というわけです。

インジ選手に走者一掃ツーベース!
が~~~~~~ん( ▽|||)サー…。これでキレイにフレディのランナー総ざらえで自責点5という最悪のパターンになりました。ただし、これサンチェス投手も打たれたものの、彼が悪いと言うよりもフレディが5回をキッチリ終えられなかったこと、この方が大問題だと思います。やっぱりね、今日本来75球くらい…ということで考えられているということは、マロース投手同様に5回投げていけるというのが理想的なわけですし、それを人に任さなければならなくなったというのはやっぱりどうであれ自分の責任でしょうしね(確かにシナリオとしては最悪ですが)。今のところの結果だと、開幕戦投手なんてとんでもないですが、それ以上にオフにフィリーズ入りが決まったときチームからあんなに喜ばれて楽しみにされていたのに、野手に総スカン食うんじゃないかと…まったくねぇ(汗)。やっぱり新チームに行くということは結果は必然的に必須になると思いますしね。

実は、このフレディの自責点5が確定した(笑)この時点で4時半を回っていたんですが、このときはもうな~にやってんだかって感じで疲れがドバーっと(笑)。今日こそ結果が必要だったのになぁと思ってたんですけどねー。ただどちらかというと、前回あんな余裕発言してこれは最悪やん!と午前中は怒りモードだったんですけど(笑)←ジコチュ~、午後になってチラホラ出てきた記事のフレディのコメントを見ているとなんだか徐々にひょっとして実は今ものすごくメンタル的にやばいんじゃないかなぁ…と思うようになりました。

Garcia is bringing an attitude to Phils
Garcia lacks past velocity

どちらにしても昨日まで同様、フレディの速球のスピードが全盛期に比べると出ないこと…これがメインの危惧としてかかれていて、それについてやはり今までの(200イニング投げ続けていることも含めて)疲労の蓄積などが考えられるけれども、自分はそれでも5日ごとに投げたいと思っている…なんてことなどが書いてます。…でもね、これ、私が言うのもなんですが(笑)どう考えても変なんじゃないかなぁ~というか。

昨日の記事でも書きましたが,私自身もフレディの速球はスピードが今の段階で以前ほどあるとは思ってないです。ただ、フレディのスピードネタの話になるとき、2005のワールドシリーズ→2006WBCと続いたこと、過去ずーっと200イニングを投げ続けてきていること…などの疲労が原因としてやたらとあげられるのは、どうなのかなぁーというか。 確かにそのときはそうかもしれないんですけどね、なんだかスッキリしないんですよね、これ。

でも、今まではこういったこともメディアの憶測で書かれていると思っていました。そういう理由付けにしてくれているのかなぁ…と。

でも今回、メディアのほうが、フレディに対してどうして過去ほどスピードが出ないと思うか…ということを直接ぶつけているのですが、それに対して今まで書かれてきたようなことをやっぱり答えているんです(汗)。私的にはフィリーズのハードなトレーニング系練習を見ていたら、そんな過去の疲労よりも今の疲労の方がありそうなんですけどね(笑)。

So why the velocity drop?

"I've pitched a lot," Garcia said. "The last six years, there's just one season I pitched (only) like 100-and-something innings because I hurt my foot. Except for that year, I've thrown 200-plus. That's a lot of innings

…ホントにそう思う?それだけかなぁ?

なんだかね、これを見たときに、実はフレディ、自分でもしっくりくる答えがみつけられてないんではないかなぁーとちょこっと。…と私が言うのもずーずーしいんですが(笑)でもなんとなくそういう気がするんですよねーなんだかもやっとしてるというか(そうじゃないんならいいんですが)。今までに比べてトレーニングしていることは自分でも自負あると思うので(笑)理由がわからない分余計になんでやねん…というのが本音的にありそうな感じもしないでもないです(あくまでも想像)。

そうなんですよねー。
この春、フィリーズのトレーニングで今までにないスプリングトレーニングを過ごしているフレディ。私は2001年からフレディを見てるんですが、正直な話、あんなにトレーニングしてたのは初めてです(笑)。半強制的とはいえ(笑)、表でランニングなどはもちろんですが、中でもバイクなど室内トレーニングを結構していたみたいですし(このあたりは旦那談)。マリナーズ時代(特に若かった頃)は、本当にいの一番に練習後すっとんで帰って行っていたことを思えば、居残りトレーニングなんて考えられないんですけどね(笑)。

今シーズンのみっちりトレーニングでスタミナ…ということを考えると今までにない力が出せるんじゃないかなぁとは思って期待してるんですけどね。ただ、フレディの場合ひとつ難点があるような気がします。

それは地肩がもともとかなり強いということ。

そのピッチングフォーム自体かなり上腕が強くてつったって投げるような形なんですが、あれで投げれちゃうところがフレディの持ち味であり、またバランスの悪さを作ってしまうような気がします。下半身と上半身のバランス…が悪くなりやすいというか。

元々ランニングなどほとんどせず、下半身力が落ちたとき、手投げが一層ひどくなってボコボコになったのが2003年。今年ってそういうときからすると、まったくちがって練習してるというか、全体的に鍛えられて底上げされていると思うんですが、このバランスの悪さの改善という意味では全く別問題というか。つまり彼の場合、今年下半身を鍛えていると言っても実は上腕の鍛え度を考えると、まだまだ下半身の重点が足らないってことなんじゃないかなぁと。

旦那と話していたんですが、疲れだけなら休めばある程度回復があるはず。しかもオフからあけてすぐのスプリングトレーニングですよ。今休めてないといえばウソになると思うんです。

今回の話を総合してなんとなーく私的に思うことはあるわけですが、私は投手どころか野球経験者ではないので元投手(社会人まで)だった経験を持つ旦那に聞いてみることに。すると、

『映像が見れないからなんともいえないけど、右足の"ため"がないんじゃないかなぁ。結局、体重が乗ってないから球も軽いんじゃないかな。』と旦那。

『軽いというか、スピードが出ないんだって書かれてるんだけど』と私。

『スピードが出ない?ああ、それじゃフレディの場合なら一層下半身が上体について来れないんじゃないかなぁ。バリバリの手投げになってるって証拠だと思うけど。上腕だけで投げれちゃってるんじゃない?今年あれだけトレーニングしているのを見ているしブルペンでも数cmの距離で見ていたけど上体の強さからテークバックの時に球の握りが例年以上に見えていたのが気になったくらいでさほど心配はしていないけど、うーん…自分でも上半身と下半身のバランスチェックできたらいいんやろうけどね、日本なら右投手だとプレートの一番3塁側を踏んで右打者のアウトコース低めにクロスに投げてみるとか。これは下半身も回転しないとダメだし手投げだだと低めに行きにくいし低めを狙って投げて高めに行くならリリースポイントが早いってことやから、意識して球を長く持つとか試合中でも対角のアウトローに投げてみることでその日の自分の身体のキレだとかフォームのバランスだとか調子を自分で確認できて今日の調子を把握した上でまっすぐが調子イイとかだめだとか、変化球が決まるとか決まらないとかで自分自身で有利な組み立てが出来るんだけどね。自分自身で今日の体のキレとか調子が確認できていないんじゃないのかな?フレディならちゃんとためのあるフォームで投げるとスピードは絶対に出るはずだと思うんだけどなぁ・・・』

ふーん、そっかー。
旦那的にはそういう感じで見てたんだな~。きっとためがないまま微妙に早いピッチングになってるのかな。…となると、またあのとき(2003年)と同じかも。いやだなー。それにしても…トレーニングをしているにもかかわらず、バランスが変わらなければこういうこともあるのかもしれないなんて、これはなんだか波乱の予感が(大汗)…おそろしやー。とはいえこのあたりあくまでも想像範囲内なんですけどね(…というか単なる老婆心であってくれるに越したことないです)。

確かに、日本人選手の場合だと、そういうこともしっかり自分で調整されているというか、例えば井川投手でも後から自主的に練習後2時間くらいランニングしていたとか聞くことがあるんですけど、そういうのってフレディの場合…なかなかなさそうですからねー(自主的にかなりロングのランニング…とか)。これがね…なんともねぇ。勝手ながらほっとけない部分でもあったりします(笑)←シロウトにこんなこと言われる筋合いないと思いますがσ( ̄∇ ̄)。

ところで、記事の最後にフレディはこんなコメントをしていました。

"It's going to be a surprise," Garcia said of when he'll make his first start. "I just want to be in the rotation. That's all. As long as that happens, I'll be happy. I'll be there. I'll be ready."

うーん…。ローテ入り出来ていればいいって…確かにそうなんですけど、こんなことをわざわざ言うというのも、期待されていることが出来なくて、今回の結果自分でも結構不満があるのかも…というかそう言うしかないのかも(汗)。

最後なんて自分に言い聞かせてるっぽいし(*/□\*)。
まぁさすがにね、こんな結果出しておいて、何も思われないよりは釈然としてない方がいいんですけどね(笑)。フレディの言う5日ごとに投げ続けたい…というのが続けられるように何かしらきっかけがあったらいいんでしょうけどねー…あーだこーだ考えていたんですが…。

ええい、まどろっこしい!
試合を夜な夜な見てた証拠写真と一緒に送りつけちゃえ!(笑)←これこそ問答無用…といっても旦那の話どうやって英訳するんだっつー話もありますがσ( ̄∇ ̄)。ホントはスペイン語ならなおよしなんだろうけど…絶対無理。

…かなり乱暴ですが(笑)、でもやっぱりキャンプで撮影した写真を見てみると今年も今の時期バランス的に上腕がかなり強そうに感じる部分もあるので、思い切って2003年の夏のときのように、手紙一式送ってみようかなと思います。ちょうど、送ろうと思っていたものもあったので、一緒に送りつけちゃおうかなって(笑)。もちろんそれが回答になるというよりも、彼自身が何か気付ける部分というか、きっかけというか、自分でなにか見つけてみようという糸口につながるといいんですけどね(も~祈る思い)。

それにしても、明らかに悪すぎですね、フレディ(トホホー)。
実際、今までのスプリングトレーニングで結果が悪すぎたときというのは2003年だけ…ということを考えると、なんだか彼の場合はスプリングトレーニングだからねーと言ってられないというか、シーズンとダイレクトに結果がリンクしそうでこわいんですよね。ドキドキ…。勝手にこういったチキンファンが心臓を縮みあげてるだけなんでいいんですけど(笑)、とにかく彼らしいピッチングが出来るようになるといいなぁとは思います。

なんだかんだいって自分が一番○×△■※…な気分のチキンファンってことなんですけどねー(笑)。しかもかなりジコチュ~ばりばり…すみませんーー。うーん、一番もやっとしてるのは私σ( ̄∇ ̄)ってことですね…実際(汗)。あはは。

なにはともあれ、頑張れ、フレディ!
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
夜中にBox scoreを更新してる物好きが私以外にもいるなんて嬉しいです♪
でも登板日は気になってついチェックしちゃうよね…。

それにしてもデトロイト打線て強烈じゃないですか?
井川もやられたけどオープン戦で打ちまくってる気がする( ̄□ ̄;)
フレディだけじゃなく全員打たれたんだねこの日。
それだけデトロイト打線が乗りに乗りまくってるのかも?

明後日シンシナティもデトロイトに当たるよ。ヤバイ、怖すぎる。。。
うわ、しかもアローヨ登板だよ!Σ(゚口゚;
ギャーーーどうしようぅぅぅぅ
はー…
絶対2時に起きちゃうって~。

フレディはフィリーズのトレーニングが合ってなかったとか?
下半身と上半身のバランスかー。そういうの大事なんですね。
調子が確認できてないとしたら精神的な問題?
ここは移籍したてで早くいいとこ見せたいところですよねー
まずはお手紙で元気付けてあげてください☆

それとルポお疲れ様!
資料として大事に読ませていただきます!
これからはゆっくりとナリーグを満喫して下さい(^-^)
2007/03/18(日) 20:33 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
こんばんはー!
aoiさん

こんばんはー。Box Score真夜中一人で更新してるのってホント地味だよねー(笑)。今日はフィリーズ映像が久々に見れました!緑ユニ…モイ様なかなかいいかも(笑)。

デトロイトはね、打てるときとそうじゃないときとあるけれどもなかなかラテーンなチームだけに打ち出すとコワイよね。そうなの、この日は今まで無失点だったアルフォンセカ投手まで…(*/□\*)。でもフレディは大の仲良しカルロス(ギーエン選手)にファーボール&ホームランって( ノ ̄∇ ̄)ノ…どうなのよって感じでしょ(笑)。ホントお友達とかよくして貰った人とかに弱いところあるよなぁ…しみじみ。

あろたん今の時期調子良さそうだから大丈夫だよー。応援してるから!フレディの分まで頑張って貰おう!ってチーム違うけど(笑)。いやー登板の日って起きちゃうよね(笑)。いつもこんな時間に起きて眠くなるだろうって思うんだけど、結構ドキドキして起きれるんだなー。いや~さらにこの間は展開的に眠れなかった…ハハハ。

あ、ややこしい書き方をしちゃったかな~ごめんね。
ええ~っと私的に思うのは、フィリーズのトレーニングが合ってないんじゃなくて、今までやったことがないから鍛えられたんじゃないかな?と。だから上腕が思った以上にかなり強くなってしまっていて下半身がまだそれについて来れない状態になってるのかな?って。井川投手みたいにガンガン自分でもその状態を調整していけたらいいんだろうけど、フレディの場合、問答無用でランニングさせないとなかなか走らないからね(ダメじゃん!)。

でもね、これまたオバカモード炸裂なんだけど(笑)やっぱり気になって気になって(笑)。で、2001年から今年まで(7年分)のピッチングの写真が何千枚もあるなかで(旦那撮影)、ずーっと何かないかなーと…いろんな観点からこれを見比べていたらあることに今日気付いたのね。

それがまた2003年の不調と違ったこと…だったんだ。簡単にいうと一番腕の角度と高さなんだけどね。力で引っ張りすぎてる感じがする~。写真だとやっぱりハッキリ違いって出てくるからおもしろいなぁーって。それが去年のWBCと今年とが特に特徴的だったのよ。昨年からスピードが出ないのならひょっとしたら…なんて思ったんだけど、でも実際どうなんだろうなーって話してたんだよ。

もちろん、フレディがこれを意識的にやってるというのであればなんだそうなんだ~って感じで問題なしなんだけどね。もし…そうじゃなくて、さらに気付いてないのなら、そしてそれがもし仮に要因のひとつになるのならコワイかもしれないなぁ~って(汗)。

で、早速手紙書いてるところなんだけど…野球用語はもちろんこういう説明って難しくて(笑)。といってもこれが別に解答になるとも思ってないし、こういう観点もあるのか程度でいいし、私が何も出来るワケじゃないけど、ずーっと見てることが伝わって励みになればそれでいいかなーと。2003年の時もそんな感じで送ったしね。

そうなのよ、ホワイトソックス時代と違うのはやっぱりバーリー投手の存在。絶対的エースがいてくれる中に入るってことはやっぱりラクだと思う。ホワイトソックスへ移籍するときは彼自身2番手以降という感じで入ったしね。でも、今年エース格として見込まれてるし、新たなチームで期待されていたのにやっぱり打たれまくっていたら野手の信頼も得られないよね。とにかく良い成績をだしてくれるのが一番なんだけどね~。なんで私がこんなに頭痛くならないといけないんだか←救いようなし。

メンタルは…相変わらずなんじゃないかなぁ(笑)←ダメじゃん。結構もろいところはまだまだあると私は思ってるんだけど一皮むけたエースになるには頑張ってほしいんだけどね~~~はー。

でも…。
書いてて思った…なんでここまでやってんだろう、やっぱりオバカだわ~(笑)←気付くの遅すぎ!!!

レポ…遅くなったけどやっとできたよぉー。
資料なんてとんでもない!何しろミーハー炸裂だから(笑)はずかしいわー。でも、aoiさんに会えてホント楽しかったよ。また一緒にキャンプ観戦できるといいな。これからもよろしくです~。

あ、今年ナリーグ盛り上がろうね!!!
2007/03/18(日) 21:55 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。