スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
White Sox:ポドセドニック選手がBゲームに出場
2007年03月16日 (金) 01:03 | 編集
今日はホワイトソックス、Bゲームネタ満載でした。

Podsednik makes triumphant return

まずはいいニュース。
ポドセドニック選手、おかえり~~♪(^^)
1/23のヘルニア手術により開幕絶望か?!といわれていたポドセドニック選手が、Bゲームで復帰しました。それにしても この時期に試合に出れるところまで持ってくるなんて相当見えないところでは頑張っていたんじゃないかと思います。まぁ、開幕間に合わないかも~という段階で速攻(というか即日(汗))アースタッド選手と契約してきたというのも、彼にとってはこれはウカウカしてられないチームだと思ったかもしれないんですけどσ( ̄∇ ̄)。ウィリアムスGM、動き早いですからねぇ…(汗)。

ギーエン監督も絶賛だった今日のプレー内容。
Bゲームとはいえ、4打数3安打は立派ですよね。さらりと結果を出してる感じですが、本人も1本目のヒットが出たときはどれだけ気分的にラクになっただろうと思います。過去の記事を読んでいても、彼って本当にマジメな感じなんだろうなーというか、スランプでも考えすぎてしまうところがあるようだったので、とにかく結果ありきのスタートになったことは彼がこのシーズンスムーズに動いていける可能性が大いに出てきたんじゃないかと(よかった~~)。彼自身ももちろん今年、どうしても結果も出したいでしょうしね。

そしてそれだけじゃなくて盗塁も、苦手だったバントも(おお!)見せてくれたようですね。走塁もスムーズで心配ないかなとギーエン監督も大喜びだったようです。そのポドセドニック選手ですが、もう一試合マイナーの試合に出てから、金曜日に行われるホームでのカブス戦で今季のカクタスリーグデビューをするようですね。頑張ってほしいですー。

なお、これにより現段階でポドセドニック選手の開幕戦でのプレーは心配なくなったのではないかとしつつも、ギーエン監督は初戦から出すかどうかは未定としていました。それはケガのことを心配してではなく、恐らくインディアンズの先発が左ピッチャーのサバシア投手になるだろうということでのようです。これにより、ポドセドニック選手ではなくオスーナ選手で開幕戦を行く可能性も示唆していました。

またポドセドニック選手自身も、あと2週間あるとはいえ、その間にどれだけオフェンス、ディフェンスのスキルをアップする事が出来るか、準備できるかを徹底的にやっていきたいとやる気満々という感じです。楽しみですね。


もうひとつこのBゲームの話…。
今度は逆にうーん…だった話です。

GM bends Sisco's ear after rough afternoon

今年獲得した中継ぎ投手のシスコ投手がこのBゲームで投げたのですが、1回1/3を投げてヒット4本、ファーボール2個でピンチ脱出できなかったことについて、観戦していたウィリアムスGMが怒り心頭って感じだったようです。ウィリアムスGM~~こわそう(笑)。でもこれって実は一番大変なのはクーパーピッチングコーチなんだろうなぁ…。結果出さなくちゃだから仕方ないんでしょうけどねー。

かなりストレートな怒りの表現…。
これに対してシスコ投手は、うやむやに今の状態を流されるよりもこうしてホントの事を言って欲しいとコメント。出来なければダメだしされるというのは当然…24歳でメジャー6年目、それは心得ているつもりだとのこと。

"I would much rather have Kenny be honest with me than blow smoke," Sisco said. "That's how it works for a lot of guys. I want to know where I'm at. If I stink, you need to let me know. Don't try to coddle me. I'm 24 years old. I've been playing pro ball for six years, and I've heard it all.

こういうコメントを見ると、彼自身、勝っていく事にアグレッシブな状況というのは逆にうれしいのかな…と。そうあってほしいという願いは込めまくりなんですけど(笑)、でも実際負けても勝ってもいいじゃんね~って雰囲気だったらGMもあそこまで怒らないでしょうからね。そういう受け止め方してくれるといいなと思ってます。



あ、そうそう、ホワイトソックスの今年のキャッチフレーズは『Back to the Grind』…細かなプレーに立ち戻る精神がチーム全体に浸透しているとうれしいですね。何度も書いていますが、オープン戦では勝ち負けももちろんなんですが、それ以上にどれくらいの課題クリアが出来てシーズンに向かえるのか…そのビジョンは持ち続けていってくれるとうれしいなーと思います。今日はオープン戦の話以上にBゲームの話がメインだったのですが、オープン戦ではこの間肩のはりを訴えていたガーランド投手がコントレラス投手に続き好投(Bゲームじゃなかったのがなおよかったかな?モチベーション的に(笑))したようなので、調子を上げていってくれるといいなぁ~と思ったりしてます。

はー、でもこうやって書いてるとやっぱりホワイトソックスのキャンプ練習見たかったなぁ~。あそこの施設ってファンとしてはかなり見にくいのでつらいんですけどね(涙)。でもねーやっぱりどんな練習かは見たかったなぁと思ったりします…トホホー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。