スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況:マリナーズに行ってきましたが…
2007年03月07日 (水) 15:47 | 編集
今日はアリゾナかなり暑かったです~~水分をとらないとバテバテ…。
そんな中、行ってきたマリナーズの練習。私的には今年何とかしようと奮起している姿を見たいと思っていたのですが、あまりにも衝撃的な結果に終わってしまいました。いや、キャンプはまだ終わってないので方向が変わることを願ってますが…。

レポが全く追いついていない状況なので、本来順を追っていくと、この話はそのときに~♪と予告するだけになるはずなんですが、あまりにも…思うことがあってこれを書かずにいれなくなっている私です(すみません~)。写真付きレポは後ほど順番で上げていきますが、少しそのことだけ…。
日本のメディアではどのような報道がされているのか私にはわかりませんが、私が今日見た感想を正直にズバリ書くと、今年のマリナーズのスプリングトレーニングはどうしたんだろう?って感じだったんです。自分としてはちょっとショックでしたね。…今年は違うぞという感じで前に気持ちが出てきているといいなと思っていたんですけど…。むむ。

実際、私は98年から毎年マリナーズのスプリングトレーニングを見てきているのですが(昨年WBCを追ったので練習を見てないですがそれ以外の年は毎年見てきています)、その過去と照らし合わせても、過去最悪の覇気&だらだら度だったように感じてしまった…ところもなぜ?というか。

今日の練習だと、今回のスプリングトレーニングの旅で見てきたチームの中で一番練習がうう~~~ん…だったのもマリナーズということになってしまうんですよね。まだ書けてないところなのですが、3/3にレッズの練習を見て、これはちょっと大丈夫かなぁ?と思う感じで、さすがにこれより…というチームはないだろうと思っていたのですが、今日マリナーズがそれを塗り替えてくれた感じになってしまったところもあったりして(涙)、あの雰囲気…願わくば今日がオフ的な練習だったことを願うばかりです。あくまでも個人的に見ての感想ではあるのですが、でもいくら個人的な感想であってもそんなのうれしくないんだけどなぁ…とは思ってます。

これを見ていると、仮に今年マリナーズが良い感じに進んでいったら、オフシーズンに個人がそれぞれしっかりメンテナンスした結果だと選手をしっかりと褒めてあげるべきじゃないかなぁと思います。それくらい選手が個々で頑張った結果といえるんじゃないかと思うんです。そのときはその選手をめちゃ褒めてあげたいなぁ…。

逆に言えば、チームとしてのビジョンというか、練習に『これを出来るようにする』『こういうチームにしていきたい』というものがハタからは見えず、守備にしても攻撃にしても実践につながる練習という形がこれまでの中でも一番なかったかなぁーと。シロウト目に見てそう感じたので、旦那にもその話をしたのですが、旦那もどうしたんだろうね…と言ってました。やっぱり同じ思いだったようです。う~ん。


記事は別途になるので、とりあえず全体的なことで具体的に気になったことを『少しだけ』書いていくとこのような感じになるでしょうか。

・ハーグローブ監督が就任された年、ものすごくいろんな事をチャレンジされて、練習も厳しくされていたのがウソのように、今年はほぼノータッチで動かれてなかったんですよね(見ているだけというか具体的に何もされていないというか)…これはどういう心境なのか気になりました。あのとき練習の密度、見ていても伝わるようなやる気満々な感じはすごかったんですけどね~(なぜこの変化…)。

オープン戦でも積極的に動くことはまったくなくずっと座っていらっしゃいましたが、何か具体的に試すというよりも、本人たちの思うままに打たせてるって感じの試合だったような。そう思うと、勝てるときは選手の力量が出たときってことになるのかなと思います(今日レンジャース戦に勝ったのはまさにそうかも)。というのも、実際今日の試合で、旦那はベンチのとなり(外野席側)にある通常のカメラ席ではなく、ネクストバッターサークルの前あたり(ベンチとバックネットの間くらい)で撮影が可能だったため、そこから撮影していたのですが、その場所は監督・コーチの真隣でもあり、当然指示が全部聞こえるという位置でもあるわけです(通常のカメラ席でもかなり聞こえますが、細かいところまで聞こえるという意味です)。で、…実際どうだったかというと、指示ゼロ。選手への声かけ&プレー後の話もほぼナシだったようで(マテオ投手に2回ベンチから声をかけていたようですが他はナシ)。なんだかとても選手と上層部の距離感がベンチであまりにも出ていたようだったので、一体どういうチームづくりをしてきたいのか、旦那もものすごく気になったようでした。それはともかく、私自身も客席から見ていて、選手云々だけじゃなく、チームとして勝ちに行く形はされないのかな?というのは気になりました(いわゆる戦略勝ちというか…)。今日見ていた限りでは、監督よりも今年復任されたマクラーレンコーチがよく動かれていたかなとは思いますが、こちらも何か具体的な指導というよりも選手の練習補助をされていた感じだったかな。また声かけは元マリナーズのビューナー氏が来ていたのですが、彼の方が圧倒的に積極的にされていました(涙)。


・今日の練習は全体練習→守備練習→バッティング練習という形だったのですが、練習で精度をあげるというよりもこなすというスタイルを感じてしまったというか。例をあげればバント練習もそのひとつでしょうか。

バッティング練習のときゲージに入る選手とは別に後ろでバント練習そのバント練習、10本なら10本をこなすことだけでOKという感じでその出来不出来はまったく関係なさそうだったんです。バント本来の球を殺すというところが出来ていなくても誰も指導しないし、やり直しもナシ。コーチも次々ピッチングマシーンに球を投入していくだけで流れていくんです(あのツインズのコーチだったらダメだしというか指導されそうですが(笑))。それで選手もちゃんと出来ているのならいいのですが、かなりうーん…だっただけに(ガンガン球が死なずにあちこち飛びまくってた選手が多かったので(汗))気になりました。


・投手は野手と一緒に守備練習を行ったのですが、それ以外は外野で球拾いをするのみというスケジュール構成でした。ブルペンに入らなければ今日は他にすることナシという感じです。投手…鍛えて欲しいのでもったいないかも~~。外野でひまそうにおしゃrべりしている様子はファンからも見えてしまうので○×▼□※…ではあります。なお、今日のブルペンではペク投手にかなりピッチングコーチがシャドーピッチングをさせながらフォームを確認させていましたが、こちらはマンツーマンでみっちりという感じではありました。それはよかったんですけどね~ブルペン以外の投手もぜひ何かしらを指示してあげてほしいかな…と思います。

なお、練習中のランニングは特になしですが、試合に出た中でローズ投手だけはアップのランニングをしていました。ローズ投手いろいろチームを回ってきているだけに他のチームでいろんな練習を見てきて自分で取り入れたり、さらにインバイティという立場での踏ん張りもみせているのかも。頑張ってほしいですね、こういうところを見るとやっぱり。


・本来なら撮れてはいけないはずの(苦労する必要がある)ツーショットが今日ラクに撮れてしまったこともうれしいようないいのかなぁ?というような。これについてはまた記事を書くときにでも書こうと思います。


なお、今年メディアさんもどうしてもフロリダシフトになっているため、なかなか日本ではニュースにならないということを聞いていましたが、マリナーズには取材陣がちゃんといるように思いました。テレビクルーもちゃんと午前中の練習から見に来ていましたし、記者さんも練習をカバーされていました。なお、今日のレンジャーズとのオープン戦をカバーしているメディアはちゃんと10人以上いましたよ(その取材陣がすべて大塚投手が球場入りしても誰も行かなかったところがなんとも…ですが(汗))。

そうやってみていくと、昨日のホワイトソックス対ブリュワーズ戦でお会いした日本のメディアさんが1人だったことを考えるとやっぱりマリナーズのカバーをされる人数はちゃんと用意されていると思いますし、確かに日本の過熱報道で集まる人数(50人だの100人だの)を考えると少ないと感じられるかもしれませんが、共同記事を載せるのであれば(各紙が独自性の取材をしないのであれば)これでも十分じゃないかなぁと私的には感じています(一般的な日本人がいないチームの取材陣よりは多いわけですしね)。だから、取材陣としてはある程度用意してあるものの、最終的に紙面や番組を作る際にどこまでマリナーズに割けるかというところで日本での報道の度合いにつながっているのかな…と。

でもテレビクルーはカメラをかなりの間降ろしていましたし( ̄∇ ̄)、記者さんたちもグランドの端での会話でなごやかだったように感じました(汗)。ヤンキースやレッドソックスなどを見ていると、あれだけ沢山の取材陣がいるんだから日本人選手だけじゃなくて、それ以外にも伝えてほしいところや見所なんていっぱいあるのになぁーなんてシロウトながら勝手なことを思っちゃうところがあるんですけど(笑)、マリナーズが今日の練習があくまで中休み的ならともかくもしこれがデフォルトならば、あのちんたらした様子はむしろ報道しにくいかなと思いますし、記事も書きにくいかなとも思います(まぁ他のチームの練習を見てなければそんなものかなと思って終わるかもしれないですが…)。イチロー選手や城島選手をガッツリ見るというしっかりとした目的?がないと、チーム全体をトータルで見ようとすると練習内容としてはツライんじゃないかなーと。どうかあれがデフォルトではありませんように(祈)。

でももし仮にそうだとすれば、それはそれで選手もラクということになるんでしょうけど、その反面気の毒なんじゃないかなぁと思ったりもしないでもないです。もっと覇気が持てる練習メニューで、練習に臨んでステップアップしていけばまた違った形になれるかもしれないのに…というか。

そういう意味では、実際にマリナーズのトレーナーさんたちというのはトレーニング内容についてどう思われているのかということも気になりました。…というのも、フィリーズでお会いした日本人トレーナーさんと話をさせてもらったときにこんな話をされていたからです。

『ラテン系の選手は特に野球のプレーをとにかくしたいので、それ以外の面倒なトレーニングしたがらないですね。でも自分は憎まれるのが仕事ですからね。』と。
そして同時に『憎まれても結果が出ればそのとき解ってくれるはずなんで。それでいいんです。逆に結果が出なければトレーナーとしての力がないということで自分の方が解雇になってしまいますから』とも。

自分でトレーナーとして道を切り開いてマイナー組織から上がっていこうとされていると、選手と同じくやはり結果を出さなければ…という当たり前ですが厳しさがそこにあるんだなぁと思って話を伺いました。実際、そのトレーナーさんたちは本当にオープン戦では相手チームの練習方法をじっくりとチェックされていました。そうなんですよ、他のチームと対戦すればその試合前の練習方法を見れるワケなので自チームのトレーニング内容を振り返ることは可能なんだとは思うんです。だからマリナーズもその辺りどうなのかなぁということが気になったんですがどうなんでしょうね。マリナーズにも日本人トレーナーさんがいるので聞いてみたいです…(日本語ならニュアンス的なところも聞けそうだから(笑)←英語は無理)。


とにもかくにもどうしたのかなぁ~という気持ちもあったので、これだけは思ったことを書いておくことにしました。なんだかだだだ~っと書いたので支離滅裂になっているかも。すみません。いずれにしても私が見たこの一日…これがデフォルトのトレーニングではないことを祈ります。良くなって欲しいというのがあるということも込みで書いていること、その思いが伝わるとうれしいんですが、あくまでも個人的に見たまま感じたことを綴っていることをご了承下さいね。あ、この記事、まさに♪ともともの独り言♪…ということで(笑)。

詳しいレポはまた日にちを追って順番に書きたいと思います。とにかくこれだけ書いたけど、あれは初日に感じただけで訂正しますって展開になってくれるといいんですけどねー(頼むよ~あのだらだら感はこの日だけってことにしてほしいなぁ…)。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
えーと……なんかもうガックシきました(:_;)
ここしばらくチームとしての機能が取り沙汰されているのに…
 
デフォルトでなかったにしても、気持ちが出てるなら個々の意識が雰囲気を作ると思うんですよね。
仮に軽目の練習なら、それすら満足にこなせないような状態なんだ、ともとれますし(ー'`ー;)
 
ともともさんと同じことを祈りつつ、次のレポートお待ちしておりますm(__)m
2007/03/08(木) 16:40 | URL | MCT #-[編集]
ホントにねー。
MCTさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
このレポ思わず書かずにいれなかったんですよ~。私的にはやっぱり3年連続最下位って悔しさがにじみ出てる感じかな?とちょっと期待してる部分もあっただけに…って感じだったんです。何よりも監督…もっと動いて~~(涙)。

おっしゃるとおりなんですよ。練習そのものももちろんなのですが、雰囲気とかってやっぱり出てくるじゃないですかー。もちろん自分できっちり練習できるというタイプの人はともかく、やっぱり練習嫌いの人もいますから、そうなるとその人たちの底上げってね…雰囲気がだらんとしていると難しくなってきますから。そういう意味では口うるさ型だったとはいえ(笑)、モイヤー投手がいた方が投手陣もよかったかもしれないですね。すっかりフィリーズで同じことやっていたのは笑いましたけど(笑)←コーチより貫禄ありました。

一番自分であらら~と思ったのは練習そのものもそうなんですが、試合直前にスタジアムでイチロー選手の試合前柔軟トレーニングの横を早々と練習引き上げて柔軟せず素通りして戻っていく選手たちの図…でしょうか。うわー温度差ありそう…みたいな感じに見えました。このあたりはまた詳しく…フロリダ編が終わったら写真入りでさせていただきますね。

選手たちやっぱり他のチームでのびているということはマリナーズいい選手を撮ってきているはずで、その選手をのばせれば大金はたかなくてもオフに忙しく動かなくてもいい形も作れると思うんです。チームとしてそれを組織的に育てられていないことがやっぱり大きいのかもしれないですね(涙)。こんなことシロウト心配で会ってくれることを祈るばかりです。

そしてこのシーズンに活躍した選手はやっぱりオフ頑張っていたんだと思いますよー。選手たちには怪我なく伸びていって欲しいですよね!
2007/03/10(土) 00:04 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
ヘコみます
大好きなシアトル…

イチロー選手が「つらい決断」をするハメになって、ここに居なくなるなんて考えたくないけれど…
「案の定」って感じです。
か、覚悟しておきます(T-T)

神様!その前に監督の更迭を!
2007/03/10(土) 01:40 | URL | オーリー #eGLX9Y3E[編集]
いや~ほんとにね
オーリーさん

こんにちはー。いや、ホントこれデジャブであってくれないかなと思いました。

大好きな街、ファンに囲まれて続けるということが出来るのが一番ですが、やっぱり野球選手となればリング…というのもありますし、難しいところですよね~とつくづく(涙)。チームとしての形作りをマリナーズはもっと考えてくれるといいんですけどねー。私はオフの補強云々よりもその方が問題のような気がします…。オフの補強あまり頑張らなくても結構いい人材をドラフトでとれてると思うんですよー。それを育てられない方がマリナーズにとって痛そうです…こういうのを見ていると(汗)。

ただ、もしマリナーズがこのまま…ということであれば、個人的にはイチロー選手に、メジャーのキャンプがこんなもの…とは思ってほしくないなぁ~なんて思う部分もあります。ホントによく練習するチームとは差がありますしね。

監督ね、ホントもっと動いてくれるといいんですが…。この2日間、バベシGMもリンカーン氏も来てましたよ。これを見てなにも思わないのかなぁというのはちょこっと思いました。またレポで詳しく書きますねー。
2007/03/11(日) 12:51 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。