スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15日は大忙し?(主観)
2007年02月13日 (火) 13:36 | 編集
いかにもサンスポさんらしい記事の見出し…(笑)。

レッドソックスがケンカ状!ヤ軍始動日に松坂会見ぶつける!

バッテリー組は18日(同19日)がキャンプイン日。余裕を持ってのキャンプ地入りとなるが、なぜか注目の肉声はお預けになることが決まった。「キャンプ地入り後、松坂投手の取材対応は15日(同16日)に行います。それ以前に対応する予定はありません」。レッドソックスが発表した取材規制。実はその日程の設定に、宿敵ヤンキースへの強烈な対抗心が表れていた。

ヤンキースへの強烈な対抗心云々はともかく(笑)、このサンスポさんの表現がちょっとイケズ~って感じを出してておもしろかったです。
あ、肉声はお預け…とはいっても、完全ってわけではなくて、簡単な質問には答えてましたけど(あちこちの記事をみていると)、席を設けてというのは…ってことなんでしょうね。でもどっちを主にしていくつもりなのか…ってところはやっぱりチームとしては出して欲しいのかなぁ。

ちなみに、ヤンキースのキャンプ地タンパとレッドソックスのキャンプ地フォートマイヤーズは同じフロリダ西サイドといえども、はっきりいってかなり遠いです(車で順調に飛ばしても2時間くらいはかかるかなあ…といっても私はこの往復をちょこちょこ予定してますが(汗)←レッドソックスだけじゃなくてツインズもフォートマイヤーズなんです(ミーハー))。でも、同じ日にこっちを見てあっちも…というのは朝晩くらい離れた時間にしてくれないと物理的に難しいでしょうし、メディアとしては自社で両方網羅するなら二人用意するしかないって感じなんでしょうか。大変ですね。

それにしても、major.jpの記事を見ているとすごい取材陣ですね~(@@)。ある種想像通りなんですが、やっぱりすごそうですね、キャンプ地でも…(汗)。こんな記事も出てますし。期待度満点はいいとして、あまりにも囲まれすぎて浮くというか…孤立しないといいなぁ…ということだけかな(老婆心~)。

いやほんとに、何度かここでも書いていますが、毎度キャンプを見に行って思うのが、日本人取材陣の数。もちろん囲まれるってことは、人気のバロメーター…なんですが、それでもやっぱりキャンプ見学して怒濤の取材陣にハタからでも圧倒されて、その割りにホテルに戻って見るネットニュースで、記事の最後に(共同)って書かれている同じような記事があまりにも多いと、あんなに囲まれて選手はある意味犠牲を払ってる部分もあるんじゃないかなぁ…と、個人的には少し残念だったりします(すみません、シロウトが書くのもナマイキなんですが(あくまでも主観です))。

うーん、あれだけ多くの人が押し寄せているのなら、同じことを見ても、気付くこととか、感じ方とか伝えたい角度って違うことだってあるんじゃないかなぁと思うし、いろんな興味ポイントがあってもいいんじゃないかなぁというか。印刷する新聞紙面の場合スペースの問題でそこまで割けない…というのは仕方ないと思うのですが、せめてネットニュースくらいは各紙それぞれの取材の切り口で、もっとチームそのものも含めてフレキシブルな内容も混ぜてみてもいいような気がするんですけどそれってダメというか、難しいものなのかなぁ(せっかくだし~なんて思ったりしますが←単なるミーハー意見)。今年はホント選手も沢山チャレンジしますし、各紙いろんな切り口があるとおもしろいだろうなーと思ってるんですけどね~(^^)。

そうそう、でも私がこの記事で実は一番気になったのは最後のところだったりします(笑)。

懐かしい味が松坂をバックアップ。練習施設から車で10分の場所に日本料理屋「Yokohama(横浜)」がある。松坂の母校と同じ店名だが、先代のオーナーが横浜で店を開いていたという縁でこの店名になったという。日本から取り寄せた魚やカツ丼、すき焼きなど、うれしいメニューが並ぶが「メニューにないものでも、頼まれたものは出します。納豆でも、ゴーヤーチャンプルーでも」と沖縄出身の比嘉君子オーナー。かつては野茂や大家も通っていたという料理店が、松坂の食を支える。

へ~。

私はフォートマイヤーズに2004年に行ったっきり行ってないんですが、こうした地元的なものも見れたらいいなぁ…今回は。ちなみにお店はこちらのようです。
コメント
この記事へのコメント
どこから
日本からのMLBの取材陣をみてると、
どこからそんなに人材が出てくるのか不思議ですね(笑)。

ボストンの新聞で
RedSoxの松坂登場による組織特別システム構築(←ちょっとおおげさ)について書いていて面白かったです。
http://www.boston.com/sports/baseball/redsox/articles/2007/02/11/matsuzaka_factor_mobilizes_red_sox/?page=1
今まで遠巻きにまとめて置いた日本メディアと、ちょっと協力していこうという姿勢が見られます。
松坂の周りに用意した人員の数も凄いなあと。
チームは選手同士の距離を埋めようとしたいらしいですが、
かえって距離が出来るような?(笑)
2007/02/15(木) 10:28 | URL | 小女子 #6nZCh5HY[編集]
どうなんでしょうね~
小女子さん

こんばんは!ホントですよ~この人数…ニュースで見てもすごいです。圧倒されます~~。どこから…ってまさにですよね。

ボストン・グローブの記事ありがとうございます。
ホント組織が一体となってって感じですね、これを見ていると。なによりも、松坂投手のために用意、セッティングしている人が多いというか。でもここまで全てが用意周到だとますます結果を出さないと…ですね(汗)←チキンな私だったらものすごいプレッシャーです(笑)。おっしゃるとおり、逆にこれだけ用意されていると、そこと話したりつながったりして、チームの他の選手との距離感ってどうなのだろうか?というところはあります。私はなるべく垣根そのものをはずした方がいいような…気がするんですけどねーあまりにもすべて特別待遇というよりも。むしろ松坂投手から歩み寄る…というのが大事というか。まぁ、それだけスペシャルってことではあるんでしょうけどね~。

>>今まで遠巻きにまとめて置いた日本メディア…
これヤンキースで感じることは多々ありました。特にカメラマンさん…日本人カメラマンはまとめて外野(ライト方向)から撮るように隔離されてたシーンを目撃したことがあります(他のカメラマンさんはグランド(内野近く)をうろうろしていたのに)。それだけ松井選手を追う数が多いってことなんでしょうが、これを覚えているだけに、井川投手も加わった今年どうなってるのか…変な楽しみだったりして(笑)。
2007/02/15(木) 18:34 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。