スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリビアンシリーズとオリオールズの思い(先日の追記的)
2007年02月06日 (火) 22:51 | 編集
ウィンターリーグ、一巡目の流れがそのまま…という展開になってますね~。ドミニカの全勝、プエルトリコが1敗でそれに追随…。

ちなみに今日は2回目のドミニカ対ベネズエラの試合だったのですが、初戦のごとくではなく(当たり前)、今回はあっさりとドミニカが勝ったようです。ドミニカ、昨日はフィリーズのカストロ投手、今日はレッドソックスのタバレス投手がそれぞれ先発で好投を見せているようで投手力もアピールしてますね。
余談ですが、昨年のWBCの準決勝などでは、対キューバとの戦いで、ディレイドスチールなんてメジャーリーグではめったにみないような足を使った攻撃で翻弄してくるキューバに対して、投手が一旦リズムを崩して均衡を破られるとあれよあれよと調子を崩されてしまったという印象だったドミニカですが、やっぱり同じような戦い方をするチームの中だとなんだか落ち着きすら感じる感じを受けます(去年はベネズエラが勝ちましたが)。そういう意味で衝撃的な世界の野球を肌で感じる勝負を楽しむためにはWBCって選手たちに大きな衝撃を与える瞬間がありそうですが、MLB所属選手にとっては調整の一環にするのならリズムが狂わないという意味でカリビアンシリーズがちょうどいいのかもしれないな~と思ったりも(もちろん勝負自体はホンモノですが)←あくまでも個人的な勝手な印象です。いずれにしても最後まで怪我なく、本国のファンを沸かせてほしいですね☆。

そうそう、先日の記事で、カリビアンシリーズに参加できるのもチーム次第というか、テハダ選手の記事絡みでオリオールズというチームが結構こういうメジャーレベルの選手でも参加したいとあれば…させてくれるチームなのかな…なんてことを書きましたが、これに対しての記事が出ていましたね。ちょっとした後日談的な感じになるのですが、少し。ちなみに、MLB.comでもさらっとふれていましたが、スペイン語の記事でより詳しく出ていました。

Por una actitud positiva

MLB.comの記事でもあるように、多くのチームはスター級選手になればカリビアンシリーズやウィンターリーグに参加することを許可してくれなくなるなか、自分がこうしてプレーをし続けることを許可してくれるオリオールズに感謝をしている…というのがおおまかなところです。

そしてもちろんテハダ選手が出たいとチームへ懇願しているのは確かなようですが、これに対してデュケット氏曰く、チームとしては『彼がカリビアンパッションを持ってプレーをしているところを見れるのはうれしい。そしてそのモチベーションをそのままチーム(オリオールズ)へ持ってきて欲しい。きっといい影響があると思う。』という趣旨のコメントをされていました。先日の記事のコメントでYukoさんにオリオールズはWBCに対しても出場に寛容だったということを教えて頂いたのですが、こういった考え方がその際も大きく影響していたのかもしれないですね。

ちなみにベネズエラで出場している同じくオリオールズで出場しているラモン・ヘルナンデス選手がベネズエラの地元紙に単独インタビューを受けていたのですが、こちらでもデュケット氏が話したことと同じ趣旨の話が載ってました。

Ramon Hernandez quiere disfrutar el tiempo en el clasico

これによると、『カリビアンシリーズ・ウィンターリーグにはこれからも出れる限りは出たいと思っている(ベネズエラのファンの前で出来る限りナマでプレーしたい)』『ウィンターリーグで9シーズン連続で出場しているのは親友のテハダ選手がドミニカに向けて考えていることに大きく影響を受けている』『このカリビアンシリーズで勝ちたいと強く思ってプレーしてきたものをそのままチームの勝利へのモチベーションとして持っていきたい(一緒に練習をする他の選手にも影響を与えられたらいいなという感じのことを言ってましたが)』ということを語ってました。やっぱりふたりはアスレチックス時代からよく知ってるから余計に…なんでしょうね。いずれにしてもチームの意図と彼らが思っていることは同じ方向を向いているということにはなりますから、これはすごく良い形になっているということなんでしょうね。

今回たまたま出てきたのがオリオールズ関係の話だったわけですが、感じているもの、思っているもの、そして何よりもシーズンへ向けて狙っていきたいものというのは同じはず。…ということは、カリビアンシリーズに出ている選手たちがこのパッションを持ってキャンプへ向かうとなると、結構彼らってキーになり得るのかもしれませんね。張り切って欲しいなー。


そうそう、カリビアンシリーズって来年2008年には50周年なのですね。記念イヤーになるとのことですから、なんだかまた一層熱く燃えるんだろうなーと思いました(ってまだ今年も終わってないんですけど(笑))。ちなみに来年のホスト国はドミニカだそうです(うわ~すごそう!見に行ってみたいなー)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。