スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:15人のインバイティ
2007年01月23日 (火) 23:23 | 編集
シカゴ…ホワイトソックスにしてもカブスにしても今はその話題性はすこーし潜めている感じがします。といっても興味が…というのではなく、なんといってもNFLでベアーズがスーパーボール出場を果たしているだけにもっぱら地元紙でもそちら一色って感じですね。いや~やっぱりNFLの頂点ってすごいことだ…と改めて思いました。私はNFL…あまりわかってないのですが、スーパーボールだけは毎年見ているので楽しみです(今年もっと見る予定だったんですが…体調崩して見れず、改めてチェックしたらプレーオフ突入でした(汗))。

…そんな中ですが、ホワイトソックスはひとつキャンプに向けての発表をしていました。それはマイナー選手のインバイティ(キャンプ招待選手)について…の内容です。個人的にはあのウリウリのその後がどうなってるのかも気になっていますがこちらはまだどこにもなにも出てきてないのでハラハラは続いています。大丈夫なのかなぁ…。

さて、このインバイティ。
もうひとつ今オフから集中的に見ているフィリーズは結構早くから発表をしていて(しかも当初19人だったものがさらに増えて現在21人!これはベンチ入りは厳しい競争がありそうですねー)、ホワイトソックスはどうなるんだろう?と思っていたんですが、ピッチャー8人、キャッチャー4人、内野手2人、外野手1人…で計15人とのことですね。

Broadway, Danks among spring invites
Non-roster players invited to spring training by the White Sox
↑こちらリストになってます。

この中ではまずはピッチャーでしょうか。
先日フレディとの交換メンバーのひとりジオ・ゴンザレス投手、そしてマッカーシー投手との交換のビックプロスペクトといわれていたダンクス投手、そして2005年のチームナンバーワンドラフトだったブロードウェイ投手…なども含まれています。

すでに40人ロースター入りしているナックルボーラーのヘイガー投手、トレーシー投手、フィリップス投手、さらにフレディと交換したフロイド投手も含めてこのインバイティも(全員ではないですが)合わせた中から5番手を決めていくスタンスは相変わらず…のところです。メジャー選手と一緒に練習するだけでもものすごく引き出されるものも勉強できるものもあると思うので存分にキャンプでは出来ることをアピールしつつ、吸収していって欲しいなと思います。うわーシーズン始まるまでにどんな形になってくるのか…ドキドキワクワク…。もちろん今年即…という形になる選手ばかりではないとは思いますが、長い目でこの冬ウィリアムスGMが徹底した若手投手育成がどんな形になってくるのか楽しみにしたいなぁ~と思います。

後はキャッチャーが4人…というのは先日のトレードで40人枠に捕手が2人になってしまったというところもあって…ということなんでしょうか。確かに2人だけというのは不安ですものね。いい形になってくれるといいなぁー。


余談ですが、上記のリストをじ~っと見ているとなんだか見覚えがある名前が…。

外野手のケニー・ケリー選手とキャッチャーのウィキ・ゴンザレス選手…ってマリナーズのキャンプで見たような(なつかしー)。以前読んだ記事の中で、マリナーズに元ホワイトソックスのスカウトか何かのスタッフだった人がいるからみで…というものがあったのですが、やっぱりホワイトソックスとマリナーズのつながりも結構あるのかなぁ…(フィリーズとマリナーズもGM的にあるんですが(汗))なんて改めて思ってしまいました(…というかマリナーズのマイナー的存在ってどんどん放出されまくってるんですけど…大丈夫なのかなぁというのもありますが…)。


いずれにしてもキャンプインが楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。