スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネルソン投手の引退と…代理人のひとこと
2007年01月13日 (土) 13:41 | 編集
昨年、一時ホワイトソックスに所属し、当時も怪我でDL入りしたあとはそのまま引退になるだろう…と言われたネルソン投手。今回引退をはっきり声明されたのですね。ヤンキースへマイナーリーグ契約を結んで最終キャリアをヤンキースにしてからの引退…という形のようです。

ヤンキースが粋な計らい 功労者の引退に華添える

かつての日本では巨人でキャリアを終える…ということがすごく重きととらえられている部分も一部ではあったような気がしたのですが、アメリカでもこういうことってあるんだなぁ~とちょっとへぇ~って感じでした。アメリカサイドの記事を読んでいくと、アメリカではMLBよりもNFLの方がこういった動きはあるらしいとの記述はありましたので、これ自体MLBとしてはめずらしいのかなという感じなのかな。
確かにヤンキース時代、ワールドチャンピオンに関わる働きをして一番彼自身が輝いていたときかもしれませんからこういうのは粋な計らないなのかなーとは思っていましたが、上記記事には書いてないのですが、MLB.comの元記事を見ていると…あらら、代理人も言わなきゃいいのに…ということも(汗)。

Nelson signs, retires as a Yankee

"Brian and I talked about it, and I told him Jeff really, really wanted to retire as a Yankee," Franklin said. "He's a Yankee, through and through. He has no love for the Mariners, even though he lives up there [in the Pacific Northwest]. Jeff still loves the Yankees."

あくまでもこれはネルソン投手本人の言葉ではなく、代理人の言葉ではあります…念のため。

私自身、90年代後半、野茂投手の渡米以来大リーグのキャンプを見に行ったりしていたといっても当時はまったくちら見している程度で、じっくり見だしたのは2000年後半(ほぼ2001年キャンプ)くらいからになります。なので、個人的にはネルソン投手自身の活躍はマリナーズ時代の方が実は見てた時間は長いし印象もあるかなーと思います。事実、2001年にマリナーズが記録的勝利をあげた年の一員であり、日本でも『ローズ投手、ネルソン投手、佐々木投手』というリレーで楽しませてくれていたという印象も多かったのではないかなぁと思うのですが…、そういう選手サイドから、He has no love for the Mariners…は、さみしいかなぁ。

もちろん自分の一番コンスタントに活躍できたチーム=ヤンキースというのはそれで事実でしょうし、ヤンキースへの思いも、今回の決定もいいと思うんです。自分が希望してそれにチームが応えてくれた…それが一番でしょうしね。

ただ、わざわざその説明の一環でもマリナーズへの愛云々を引き合いに出す必要性はあったのかなーというか(聞かれたんでしょうか)。…というのも、昨年キャリアを終えたのはあくまでもマリナーズではなく、ホワイトソックスであり、マリナーズではプレーしたことがあるというのは経歴で残るだけだと思うんですよね(ホワイトソックスでのプレーがあまりに短すぎて実感もてないからなのかもしれませんが)。だからたとえ思いはどうであれ、別段ふれずにヤンキースでキャリアを終えることへのうれしさだけを語って終わってもよかったんじゃないかなーなんてちょこっとだけ思いました。まぁヤンキース愛を強調するためのリップサービス的なものなのかもしれないんですけどねー(あるいはマリナーズとちょっと一悶着あったこともあるのでそういう部分も込みなのかな)。ただ、そうはいっても、マリナーズ時代の彼を応援してくれたファンもきっとたくさんいると思うので…このキャリアの終え方よりもこの言葉そのものにフクザツを感じているファンもいるかもしれないなぁ…なんて思ったりも。

引退後は解説者など野球関係の仕事に就くことを希望しているとのこと。どうか"一言多い"解説者にだけはならないでねーというのがジコチュ~かつ余計な私の願いだったりします(笑)←これこそ大きなお世話(爆)すみません。
コメント
この記事へのコメント
no love for the M's??
永らくご無沙汰してしまいました。
Jeff Nelson が引退するのはまあいいとして、この代理人さんのコメント、やっぱりマリナーズファンにとっては、「ちょっと!ちょっとちょっと~」って感じです。
確か、一昨年に Nelson がマリナーズへ復帰したとき、彼は「マリナーズで選手生活を終えたい」と言っていました。
その後、何かあったのかも知れませんが、ひどい手のひら返しではないかと思いましたね。
まあ、アメリカの人ってリップサービスが過ぎて本音がわからない場合がよくあるので、これもそういうことなのだろうとは思いますけど・・。
2007/01/14(日) 00:09 | URL | なむぞう #-[編集]
こちらこそです~~☆
なむぞうさん

お久しぶりですー。こちらこそすっかりご無沙汰してしまってすみません。

そうですよね。ちょっとはっきりすぎて逆にひえ~~って感じでした>代理人さんのお言葉が(汗)。私もネルソン投手のヤンキース時代の活躍はタイムリーに見れてないだけに、マリナーズ時代の印象が強いです。一度移籍した後、カムバックもしましたしね。しかもオフはシアトル近郊に住んでいらっしゃったように記憶しているので、シアトルという土地柄、雰囲気、ファンなど気に入っているのかなと思ってましたから…あれ?という感じではありました。とはいえ、本人のコメントじゃないのは救いなんですけどね(ホントに)。

ある意味、ヤンキースへの忠誠度、愛をより強く表現するために、引き合いを出した方が伝わりやすいところはあるかもしれないので、他を犠牲にする発言をされたのかもしれないなーともとれますが、うーん、やっぱり寂しいかなー(私はそういう意味でも生粋の日本人的考え方なのかも(笑))。どっちもよかった…じゃだめなんですかね(それこそ日本人チック?(笑)))。

いずれにしても、マリナーズ時代はマリナーズ時代で絶対彼にとってすごくいい思い出、キャリアになったこともあると思っています。今回リップサービス的にこういう発言をされたにしても、心の中ではその思いは消さないでほしいなーなんて…これは個人的願いだったりしますけどね(祈)。
2007/01/14(日) 16:29 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
コメントを読む限り多少傲慢な部分もあるが、あれほど曲がるスライダーを投げる投手はあまり記憶にない。また中継ぎではあるものの、生涯防御率3.41は立派な数字。
2007/01/14(日) 09:53 | Invisible
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。