スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:ワンサイドから惜しいところまで…
2006年08月10日 (木) 19:34 | 編集
いや~惜しかったです…。
終わってみればあと1本で同点になるところまで来たのですが、最初は完全に0-7のワンサイドゲームでした。でこのままやられちゃうのかなーというムードの悪さがあっただけに、7回の井口選手のヒットを皮切りに、最後は追い上げて形的には作れたかなーとは思います…。

それでも6回までノーヒットですからね。BSのアナウンサーさんが『ランディ・ジョンソンはこのところ2試合三振がとれてない』なんて話をするたびに、ホワイトソックスの打線…の貧打が引き立ってたというか(爆)。

試合を見ている私も…

ランディ・ジョンソン投手を立ち直らせる会ですか?( ̄∇ ̄)

と思わず思ってしまうほど、ホワイトソックスの面々、ジョンソン投手に対して早打ちでテンポ作らせてました(大汗)。しかも三振しまくってるし…( ̄_ ̄|||)…このところ三振とれてなかったってダレ?(独り言)。あのままノーヒッ…(略)にならずに済んで良かったです…。


そうそう、試合の話の前に少し。
ここで苦しい試合展開をしている中、8月だけを集計するとリーグトップのチーム打率&出塁率を誇っているツインズがリーグ2位のタイガースに2勝1敗と勝ち越し!と強さを見せていますね(ちなみにホワイトソックスは打率はリーグ8位で出塁率は7位)。やっぱりコワイなー。

ここまでなんとか命からがら2位を守っていましたが(ホントです)、今日ツインズが2位、ホワイトソックスが3位になりました。でもせっかくツインズがタイガースを撃退してくれているのに、ここで勝ててないのは自分たちですからねー。痛い痛い。必死でついていかないと!

そうそう、なんだか日本の新聞各紙の紙面記事を見ていると、ホワイトソックスがもう終わり的な書き方をしているところも結構あって昨日ビックリ。確かにタイガースがあと2勝したときにホワイトソックスがあと2敗すれば自力Vは消えるところまで来ているんですが、中地区か東地区からワイルドカードは出るだろうと思われる状態で、『自力V消え=プレーオフダメ』ではないんですけどね~(なんだか日本メディアでは風当たりが…ひゅるり~)。まだ、ワイルドカードが狙える位置にいますし、それも含めて一応まだ諦めて…という感じではないんだけどなぁ…ということは付け足しておきます(ここで付け足してもあまり効果ないでしょうけどね(爆))。ホワイトソックスが勝ってもイマイチ日本的には…なのかなぁ。むしろ日本のメディアではマリナーズの方が夢のある書き方をされてるような気がします(笑)。これは素直にうらやましいなぁと思いました。

ちなみに先ほど書いたツインズはタイガースとの残り試合が4試合しかないので、実はすでに自力Vは消えている状態だったりします。しかしワイルドカードに絞って戦々恐々というところですね。一方のホワイトソックスはタイガースとの試合が10試合残っているので自力Vの可能性は一応まだ消えてないのですが、これもよく言えばそういう形になるものの、悪く言えば、この直接対決で負けを着々と増やし(縁起でもないですが)、その間ツインズが勝ち星を積み上げていけば、地区首位どころか、ワイルドカードも差が出来てしまう状態なんですよねー。とにかく自力V云々以前に、もう勝てる試合を総ざらえする時期に来ているなーというのが正直な気持ちです。そうじゃないと…前にも進めないというか。

さらにもう一つ付け加えるならばツインズとの試合は9試合残ってます(今月に6試合)。しかも最終戦9/29-10/1がツインズ戦なんですよね~。この時期まで東地区も含めて仮にもつれることになれば…最後の最後まで気が抜けない…ということになりそうです。…このとき諦めモードよりはむしろマジで戦っていてもらいたいですが。

中地区と違って東地区は自力V自体考えられないくらいの僅差ですから、これまた最後の最後までやっぱりもつれることにもなりそう。状況によっては当然東地区からワイルドカードもありますから、そうなるとホワイトソックスもツインズも出ることが出来ないわけですしね。う~~~ん、厳しい!どうであれ厳しい戦いは続く…しかも連戦で!ということは間違いなさそう(笑)。踏ん張って欲しいんですけどねー。


さて今日の試合。

井口13号ソロ含む3安打 Wソックスは3位転落

最初からまーったくうてないホワイトソックス打線と踏ん張りながらもホームランにやられてしまったガーランド投手。最初はワンサイドゲームで撃沈するのかと思ってました(汗)。

攻撃のテンポ早い早い…。
ジョンソン投手にサクサクと彼のテンポで進められていて、あのまま奪三振記録もクリアされちゃうのかと思いましたよ(汗)。6回までノーヒット。ランナーに出たのはファーボールのクリーディ選手だけ…でしたからねー。もう、ホワイトソックス的には色を失ったような白黒テレビ見てる気分でした(笑)。


そしてこのところ勝ち運をガッチリキャッチしているガーランド投手だったのですが、今日はそうはいかなかったですね。初回はイキナリデーモン選手にスリーベースヒット、ジーター選手に内野安打…アブレイユ選手にもタイムリーヒット…と連打を浴びてヒヤヒヤだったのですが、ダブルプレーをとってよく1点でしのいだなぁって感じでした。しかし、この後同点に追いつけず、相手に次の得点を許したことが流れをなかなか引き戻せなかったのだろうなと思います。これが1-1に出来ていたらまた違った展開だったかもしれませんね。

5回表に先頭バッターのカブレラ選手にホームランを浴び、ジーター選手を歩かせてアブレイユ選手にツーラン!これで一気に3失点。0-4。それにしても、アブレイユ選手本当にすばらしいですね~。彼についてはWBCでベネズエラを追いかけたこともあってなんだか親近感が(笑)…←単なるミーハー。これは後で書きます。

さらに6回には昨日復帰したカノゥ選手にソロ。これで0-5。

そして7回表、先頭バッターのフィリップス選手にツーベースヒットを打たれてガーランド投手は交代。かなり落ち込みモードで見ているにも伝わってくる感じでした。ベンチに戻ってもタッチにいける選手は少なく(特にピッチャー同士だと…余計にという感じが)、今日はバーリー投手が即行かないところを見ると、ガーランド投手の落ち込みがあまりに…でそっとして置いた方が良いな~という感じなんだろうなと思いました(バーリー投手はだいたい大丈夫そうなときは即行ってあげているのに行かなかったので…)。この悔しさは次につなげて欲しいです。

しかしこの回、変わったリスキー投手がぴりっとしませんでした。これが痛かったですねー。パスボール(涙)で3塁に進まれた後、ジーター選手も歩かせてしまい、さらにアブレイユ選手の三振の間にジーター選手は盗塁をして、ノーアウト2.3塁(大汗)。このあたりのジーター選手の機動力もすごいです。なんとか踏ん張ってくれ~と思うもつかの間、A-ROD選手に初球を打たれて0-6。さらに続くポサダ選手のセカンドゴロの間にもう1点追加されて0-7。

は~~~~~~~~~~。
ヤンキースのワンサイド&ホワイトソックスのノーヒット…。
もうとにかくヒットを1本でも早く打って欲しい…と思ってました。この時点では勝てるかもしれないなんて思えなかったのでとにかく1点入れてくれ~~という感じでした。


ところが…。
7回に井口選手がチーム初ヒットを放ってからゲーム展開に一気にホワイトソックスに流れが。井口選手のヒットの後、トーミ選手がファーボールを選んでノーアウト1.2塁。コネルコ選手が粘りに粘ってエンタイトルツーベースで1点を返すと球場のテンションが一気に上がった感じでした。キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!盛り上がる場所がなかったからここぞ…という感じではあったんでしょうけどねー(笑)。これに後押しされるように、ダイ選手もまたツーベースヒットでもう1点追加。これで2-7。

ここでランディ・ジョンソン投手からビローン投手に交替。

しかし、クリーディ選手はなんとファーボール…これで満塁♪
ノーアウト満塁ですよ。あと1点…出来れば2点って思いました。
思ったんですけどね…。

ノーアウト満塁で内野フライ2つ&レフトフライってナニ?( ̄∇ ̄)
し~~~~~~~ん。

これがあまりにも痛かったです。
結局このとき押せなかったのが最後まで響いた感じでした。
9回に押せ押せでも得点が入らなかったのはもちろん残念ですが、このときがやっぱりカギだったような気がしますねー。クラッチ…(涙)。


8回表、この回もリスキー投手でしたが、先ほどの回と違ってテンポ良く…という感じでした。これで流れを引き寄せてとにかく1点でも多く残りの回で取って欲しいなぁと思っていました。

すると8回裏、ワンアウトから井口選手がソロホームラン!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!

トーミ選手三振の後、コネルコ選手が粘ってファーボール。さらにダイ選手がラッキーな内野安打。…で、クリーディ選手。

ここぞで打ってくれないかなーとクリーディ選手だけにちょっと期待(笑)…すると、なんと会心のスリーランホームラン!!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー
これで6-7…なんと1点差!
すごいすごいすごい!

するとこの場面、抑えなければ…ということで、ヤンキースはリベラ投手を投入。正直、昨日球数が多かったし、今日も引っ張れたら…なんてあわよくばとは思っていましたが8回から登場は…おおお!

これでピアジンスキー選手が粘ってくれたらよかったんですが、今日は彼、先ほどの満塁に引き続き、当たり運がなかったようです(涙)。これでチェンジでした。


しかし、今日はブルペンもよく頑張ってくれました。
9回表を投げたマクドゥガル投手、このところアウトがとれないまま交替することも多かった彼ですが、今日は非常にテンポ良くポンポンとスリーアウトをとってくれてリズムそのまま9回裏へ。も~~~~なんとか昨日の再来を期待したいところでした。

しかし…リベラ投手そう簡単に打てるわけもありません。

シントロン選手ショートゴロでワンアウト…。
アンダーソン選手もカンタンに2ストライクまで追い込まれたのでヤバイかなーと思っていたらなんとデッドボール!

これでワンアウト1塁。
ここで本来なら走って欲しかったのですが、昨日あれだけ盗塁を失敗しまくっているだけに…だったんでしょうねー。ここで動きはありませんでした。

ポドセドニック選手は三振でツーアウト(涙)。

井口選手…今日はきっかけになっているだけに勝負強さ期待してました。
するとなんとセンターへのヒットで1.3塁!
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー

トーミ選手…( ̄人 ̄)
残念ながらセカンドゴロでゲームセット。
は~~~~~~~~。残念(ノ△・。)。

でもまさか0-7からこれだけコーフンするゲームが見れると思ってなかったので良かったですけどね。明日にはつながったかなーと思います。選手たちもまだまだ!というところを見せてくれていましたしね。でも勝ちたかったなー、あそこまでいったら(ゼイタク)。

明日はまたムッシーナ投手と打ちにくそうな感じですが頑張ってほしいです。こちらはバスケス投手。前回快投でしたが、今回真価を問われるとき。ぜひとも落ち着いて前回のようなピッチングを見せて欲しいです。良いゲームをして続くタイガース戦へ突入してほしいと思います。


<おまけ1>
気になるウリベ選手のケガの状態ですが、まだハッキリしたことは解らないような感じ。本人から行けるという発言があるまでは使わないという感じのようですが、長引くならDL入りもとのことです。

Notes: How long will Juan be gone?

ただ地元紙にあったウリベ選手の発言を見ると、明日は行けるかも?とのこと。そのときにならないとわからないってことになるのかなぁー。良い状態になるといいのですが…。


<おまけ2>
打撃不振のポドセドニック選手(最近27打席で4ヒット)ですが、ギーエン監督はとにかくランスコアしてくれれば…という思いのようです。つまりリードオフとしてヒットだけじゃなくファーボールでも出塁さえしてくれればよいというスタンスで見ていると説明していました。やっぱりリードオフの一番の仕事は出塁率ですものね。

あと、最近、メディアからも指摘されている肩の弱さですが、これについてもそれよりもスピードを評価するという話をしていました。確かにレフトに浅いフライが飛んでも鋭く返せないということがあって走られてしまうというのはこのところ目立っていて私も気になっていました。特にピッチャーびいきなのでどうしてもあれが肩の強い選手だったらなあ…と思ってしまうこともあるからです(ポドセドニック選手は好きな選手ですが)。

"He's not there for his arm. He's there for his speed," Guillen said. "His arm is not the best, but the only thing about him is I just want him to catch the ball. I don't care about him throwing it."

ただひとつ、守備面でのキャッチングだけキッチリしてほしいということは言われてました。私も守備でも攻撃でも彼のスピードはもっと見たいです。是非頑張って塁上でガンガン走る姿を見せてくれたらと思っています。


<おまけ3>
先ほど少し書きましたが、アブレイユ選手…ベネズエラ出身選手で今年WBCにも出ていました。彼はギーエン監督ともとっても仲良しでオフに一緒にチャリティしたりするようなのですが、ベネズエラでの家が4軒となりというのは知りませんでした(笑)。

Guillen, Garcia, Abreu 'family' off field

総じてラテン選手たちは本当にみんなやさしかったのですが、今まで接点もなく見たことがなかったのでアブレイユ選手ってもっと近寄りがたい人なのかなーと思ってました(ベネズエラではやっぱりスターだし)。が!実際はファンと顔を寄せて一緒にツーショットをとってあげたり(子供だけじゃなく大人とも)本当にやさしかったです。見ていてかなり好印象の選手だったので印象に残ってます。オルドニェス選手(タイガース)やミゲル・カブレラ選手(マーリンズ)もみんなやさしかったんですけどね(サインをしながらファンとの会話も楽しんでましたし←スペイン語なのでよくわかりませんでしたが(笑))。ああいうのを見ると本当にカンタンにファンになる私なので困りものです←単なるミーハー。


そうそう、そういう関係でフレディもアブレイユ選手とは仲良しなんですが、上記の記事のコメントで、そこまで仲良しだと投げにくくないか?みたいな感じに対して

"I don't think about who is hitting when I go to the mound," Garcia added. "If it's my friend, it's not my friend in that moment."

マウンドに行けばそんなのダレだって関係ないよ!…なんてコメントしてました( ̄∇ ̄)。

フレディ…。
なんでA-ROD選手にあれだけ打たれ続けるの~~?とちょっとイジワル言いたかったです(笑)。アブレイユ選手にも昨日キッチリタイムリー打たれてましたが(笑)かわいがってもらった選手には意外と弱いんですよねー。結構彼、メンタル的にこういう対戦苦手だと思うんですよ。ただしカルロス(ギーエン選手)は対等だからなのか(笑)割りとそうでもないんですけどね(爆)。

お互いに頑張ってほしいと思います。
コメント
この記事へのコメント
仲間入り?
惜しかったですよね~今日の試合は!!
井口が調子悪いってんで心配して見てましたが、気持ちは一瞬でクリーディ(王子でいいんですか?)の方へ☆
 
ほんっとぉ~にクラッチですね、彼!!(^O^)b
なんかA.J.と並んでいると相手チーム的にはすごく嫌だと思いますよ、何かやらかされそうで(笑)
 
ただゲームを振り返ると、やはりあそこの無死満塁を全然活かせなかったことが痛かったですよね(ー'`ー;)
あそこはポサダのリード☆ 
無死満塁、四球を出したくないところのカウント0-1からの2球目をボールになるスライダー…さすがです。
2006/08/10(木) 22:15 | URL | MCT #-[編集]
来た来た来た~っ!
ともともさん、こんばんは~
先程まで第2戦を録画して置いたのを拝見してました(^_^)v
いや~ヤンキース、きのうの二の舞になりそうで、
W-SOXの粘りには脱帽です。

>ホワイトソックスがもう終わり的な書き方をしているところも
>結構あって昨日ビックリ。

そんな事を言っている記者の方、痛い目にあいますよ~^^;
きょうのW-SOXの試合を観れば解りますよ。
特にこのプレーオフを争う時期にこう言う試合が出来るのは、
試合に負けても後に繋がります。
やはりさすが昨年のWチャンピオンですわ~
ヤンキースもまだまだ直接対決がたくさん残っているので、
ボストンとの差は3ゲームなので全く解りません。

確かにデトロイトとの差を簡単に縮める事は容易ではありませんけど、
きょうみたいな試合をすれば、デトロイトにイヤ~なムードをもたらせれば、
デトロイトだって他チームとの対戦で狂う可能性だってある訳だしね。
それはミネソタにも同じ事言えますけど、
まずはやはり同地区には負けない事が絶対ですね。
ひとつ歯車が狂うと何連敗とし、噛み合えば何連勝もする。
最近のドジャースがイイ例ですけどね。

あしたは元ヤンキースのバスケス。
結構元組にやられるケースが多いヤンキース。
ムースが何とか踏ん張ってくれれば…って思っていますけど、
何か勢いでは…と、ちょっと弱気な私です(^_^;)
2006/08/11(金) 00:46 | URL | ち~こっ #Wv23cUG2[編集]
こんばんはー
>MCTさん
こんばんはー。昨日は本当に惜しかったです。今日は危なかったですけど(笑)。そうだったんですかー。クリーディ王子(ありがとうございます~~)MCTさんのお目に留まりましたか?うれしいです!!そうなんですよぉ~彼は本当にここぞで打ってくれるということが多いんです。あのデッカイスイングもかなり魅力的♪←ミーハー。マリナーズのクラッチ…といえば、リーグ3位の城島選手がいますよね。彼をやっぱり良い感じで使っていって欲しいなー。

でしょー。やっぱりあそこの無死満塁が生かせないどころじゃなかったのがあの試合の全てだと思います。もぉ~~って感じでしたよね、あれ。
ポサダ捕手のリードについて長谷川さんもいろいろ言ってくださっていましたが、本当にすばらしかったですね。やっぱりキャッチャーって大きいなとつくづく思いました。あの場面キッチリやられたのは本当にポサダ選手にしてやられた感がありますねー。


>ち~こっさん
こんばんは~~。いえいえとんでもないです。ヤンキースやっぱり手強い…。今日はエラーでもらってなんとか勝ちを…という感じでしたが、昨日は本当にあれでも追いつかせて貰えないすごさを感じていましたよ。

ホワイトソックス関連の記事…とってもおもしろくて、また書こうと思いますが、一日すんでヤンキースに勝ち越せばmajor.jpの記事は
井口、連日の3安打 Wソックスは「首位」浮上
…あのー首位ってワイルドカードの…なんですけどー極端すぎ!見出し(なんだかなぁ)。

でも昨日の試合についてはあそこでカンタンに0-7で負けてしまわなかったことは本当によかったです。あのまま終わってたら…今日もこういう展開になっていなかったような気がしますしね。

ありがとうございます~~~。m(_ _)m ぜひタイガースとの試合、良い形にしたいです。おっしゃるとおりだと思います。同地区の戦いに負けると痛すぎますものね。前回ツインズに3タテされたときで十分痛みが(笑)。でもあれは大きかったですね。あそこで結局1勝でもしていたら今のじょうたいと少なくとも2ゲームは違うわけですし。ホワイトソックスは今後タイガースと10試合、ツインズと9試合あるのでこれが何と言ってもカギだと思います。ホントドジャースすごいですよねぇ~~。ヤンキースもエンジェルスとの7つ試合があるといわれていましたよね。ここがカギですね。お互い今後の連戦本当に大変ですが良い戦いをみせてくれるといいですね。

今日の試合…雨天順延で遅れただけじゃなく…テンポ悪すぎてグッタリになりました。バスケス投手ランナー溜めまくるから回が進まない進まない…それでも勝てたのは大きかったですけどね。ムッシーナ投手は守備の乱れの被害に遭ったような感じでかわいそうでした。
2006/08/11(金) 21:39 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
<b> NY Yankees   1 0 0 0 3 1 2 0 0  7 11 0  Chi White Sox  0 0 0 0 0 0 2 4 0  6 7 0 W: R. Johnson (12-9, 5.03); L: J. Garland (12-4, 5.16); SV: M. Rivera (29)  HR: NYY: B. Abreu (9), M. Cabrera (6), R. Cano (5). CW...
2006/08/11(金) 00:20 | ♪ち~こっさんのいろいろ観戦記♪
YANKEE VS W-SOX をカイシャのテレビでチラ見。ジアンビーが結局スタメン落ちで再びポサーダが5番を打つ打線。さらにデイモンも途中で引っ込んでまたまたお祓いが必要な状況に。7回表までは、楽勝ムード。ランディジョンソンがノーヒットピッチングでリベラ....
2006/08/11(金) 00:44 | I LIVE FOR THIS by "j"eter
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。