スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A's vs M's:終わってみると…アスレチックスの形に
2006年08月05日 (土) 22:13 | 編集
バリー頑張りました!

調子は決して良くなかったと思いますが(ボールとストライクハッキリしていたし)、それでもさすがエースの貫禄で踏ん張ってました。これでバリーは対マリナーズ戦では2003年7月以来負けなしということになるそうです。へー。しかもスタートが遅かったのにフレディをとっくに抜かして12勝目。おお!


さて、今日からアスレチックスはマリナーズとの3連戦です。
この時期の同地区決戦…このシリーズどちらのチームにとってもとても重要だと思います。下位チームであるマリナーズからすると、スイープする勢いで行かないと…というのはあるでしょうし。逆にアスレチックスからすると1勝すれば最悪縮められても1ゲーム(3タテだと3ゲームですが)ということがあって、どちらのチームにとっても今日の試合をとるということは大きな事だろうと思いました。

その試合にバリーが投げるので…結構ドキドキだったんです。もちろん、アスレチックスのゲームもマリナーズ戦だとテレビで見れるのでうれしいんですけどね←ミーハー。


そうそう、試合の話をする前に少し気になったことを。
試合が始まってしばらくしたころ、BSのアナウンサーさんが、『この同地区首位との3連戦かなり山場になりますが…みたいなことをハーグローブ監督に質問したところ、大事なシリーズではあるが、大げさには考えていない。まだたくさん試合もあるしみたいな感じのコメントを返されていた』という紹介がされたとき、正直…私は、え?と思いました。

同地区の首位との3連戦なんだけどなぁ…。
他地区と試合をしているときだと自チームが勝っても相手も勝てばゲームが縮まらないのに…ダイレクトに順位に影響する試合だし、リップサービスでもいいから監督はチームを締める意味で選手以上に選手にプレッシャーをかける意味ではなくメディアに向けて気を吐いてもいいのではないかなぁと個人的には思いましたが…。

最近勝ち越して来ているから結構気楽なんでしょうかね。
それともわざとそういう形ではぐらかしているんでしょうかね。

ただ、これ実際試合後のコメントを見ていてもこんな感じで

"We've got two months left to play," said Mariners manager Mike Hargrove. "We've got a lot of baseball left to play. Do we want to beat Oakland? You bet. They're in first place. Without a doubt. ... Hopefully we can come back [Saturday] and win and win Sunday and take two out of three."

まぁたしかにあと2つを勝てば…というかそれは必須なんですが、ちょっと現状にイライラしてるのかなぁ…とも少し感じました。まぁこの連戦、チームミーティングでも指揮官自らこのシリーズの3タテの意義を熱く語っても良いくらいだと思うんですけどね…なーんて、これは熱いギーエン監督をずっと見てるから毒されているのかもしれないです(爆)。もちろんこれで例え逆に3タテくらってもシーズンが終わってしまうわけじゃないですが…。ただこれでプレッシャーをかけないようにする…という気を遣わないとならないチーム状況を考慮した…というのであれば、プレーオフへ向けてキツイと正直思うんですが…。

2勝1敗で勝ち越し…であっても、実はゲーム差は1しか縮まらないんですよね。アスレチックスはもちろんここで差を付けたいので彼らもスイープを狙ってくるでしょうが、最悪1勝すればゲーム差を1つしか縮めないという意味では1勝2敗で負け越したとしてもアスレチックスが勝ったも同然なんじゃないかと思うんです。厳しいですが、これが同地区争いの上位チームと下位チームの違いだと思うんですよね。

ホワイトソックスもタイガースやツインズと戦うとき、そういうところで常々苦しんできているのでよくわかります。先日ツインズと対戦したとき、1勝出来れば全然違ったのにスイープされて追いつかれてしまった…という最悪パターンを見ているだけに痛いほど思うところがありますし(汗)。あのときのツインズにはホントそういう気迫を感じました。すばらしいゲームをしてきていましたしね(ホワイトソックスはあの頃つなげず情けなかったですが(大汗))。

中地区、東地区が首位争いやワイルドカード争いに必死になっているのを見ているだけに、ディビジョンでもつれているからこその現状も踏まえてなんだか余裕?ともとれるような指揮官のコメントを聞いていると、正直ちょっと理不尽さを感じてしまう…というところはあるかもしれません。とはいえ、もちろん選手に対して思うところはないです…仮にそうなったら選手が一生懸命勝った結果ですしね(^^)。

日本人選手のコメントを見ていると、選手の方がむしろ今日の勝ち負けの重さを実感している感じがしました(監督…要モア・アグレッシブ…かも(汗))。


今日のゲーム、アスレチックスは、打線もノーアウトランナー2塁をツーアウトまで動かせなかったり、ダブルプレーで最悪ながらの得点をしていた形でしたが、最低限の得点をたたき出して、結果、先制、追いつかれて即中押し、だめ押し…と良い形で試合を進められていたような気がしました。

先発はどちらも立ち上がりからなんだかもっちゃりしていましたからどちらに転んでもおかしくなかったかもしれません。バリーも最初に書いたようにストライクとボールがハッキリしていて結構ボール見られたりしていましたし。ただウォッシュバーン投手の方が低めに変化球が決まらず…これがくるしかったような感じではありました。マリナーズにとっては先制されて同点に追いつかれた直後に、すぐ逆転を許す失点してしまったのは痛かったかなーという感じだったように思います。


アスレチックスはチーム打率はリーグワーストということが再々テレビでも言われていましたし、これの前に戦ったエンジェルスとの試合では3試合で8得点平均打率1割8分でなんと勝ち越した!なんて事も言われていましたが、これも解っている上で、なんとかラインナップの組み替え、選手の得手不得手などを上手く取り入れて日々ラインナップを組み立てることでかなり試行錯誤しながら対策をしていると思います。

先日も別記事で書いたように、アスレチックスは非常にけが人が多く、なんとかチーム内でやりくりしながらここまで来ているのが現状で、それは仕方ないとはいえ、チームリーダーのチャベス選手がケガのため思うように打てないこともあって自ら申し出て打順を下げてくれということで対処されているということを書きましたが、今日の試合で言えば、もうひとつが、コッツェイ選手(本来外野手)のファースト守備じゃないかなと思います。

ダン・ジョンソン選手のマイナー行きが決定して、ニック(スイッシャー選手)がファーストを守っていますが、その代わり彼が出れないとき(打率が悪い対戦相手などのとき)誰がファーストを守るか…というのがひとつの課題になっていました。しかしこれを先日コッツェイ選手がカバーすることで克服できたという形にしたようです。

ニックは対ウォッシュバーン投手に11打数1安打と全く苦手なんですよね。それで今日またこのパターンが適応されたようですが、これが今日は上手く功を奏した感じがします。

またペイトン選手の攻守に及ぶ活躍も今日は光っていました。今打点もかなりたたき出している彼ですが、彼は水曜日にエンジェルス戦でシールズ投手の球をデッドボールで受けてから心配をされてきていたようだったので、元気にプレーしているのはよかったなーと思いました。またトーマス選手にとっては現在プレーオフ行きに苦しんでいるホワイトソックスに悔しがらせるチャンスでもあるわけですし(笑)、彼自身現在のアスレチックスのために全力でプレーをしてほしいと思っています。移籍した選手は各チームでやっぱり頑張ってほしいですしね。


あと初回イチロー選手の守備でファインプレーがありましたが、上手くつっこみすぎずさりげなく捕球するところがやっぱり彼らしいのかなと思います。実はかなりきわどい(というかこわい)捕球になってもおかしくないのですが、ささっと捕るところがウマイということなんだろうなーと改めて思いました。イチロー選手もとにかくケガだけはしないように頑張ってほしいです。

マリナーズも、このところの戦い方を見ていると、このままでは終わらないという気迫を見せてくるだろうとは思うんですが(そうあってはほしいところです)、ハーレン投手がどうこの気迫を受けていくのかがまた楽しみです。


明日も放送があるので、ながら見になりますが、楽しもうと思っています。
コメント
この記事へのコメント
Freddyは、
Freddyは、アスレチックなどをスタートされたみたい。
2006/08/06(日) 14:50 | URL | BlogPetのFreddy #-[編集]
マリナーズ、悪くはないと思いますが
ともともさん、こんばんは。

2戦目もA'sが勝ちました(幸)。今日はFOXの全国ネットの中継でした。こんなマイナーなカードで視聴率が取れるかどうか余計な心配をしてしまいましたが、ゲストはルー・ピネラ氏でした。なんか話し方がおじいちゃんっぽくて笑えましたが実際そんな歳なんでしょうね。

さて、マリナーズですが戦力的にはあれ?と思いました。かなりいいのではないかと。何かが噛み合えばもっと上にいけそうです。ただやはりそれでもA'sや天使より総合力が上か?と聞かれれば返事に困りますね。でも一時のようなどうしようもないチームではないと思います。あとはケミストリーの問題でしょうか。

A'sですが、今日のヘイレン、とても安心してみていられました。断言はできませんが、彼が投球後に左に大きくふらつくときは安心できるようです。そんな日は奪三振も多いですね。今日は五つか六つだと思います。途中で寝てしまったのでわかりません(あはは)。

これで9勝9敗の五分。実は彼の防御率、ジトとそんなに変わらないんですね。そういえば彼が登板するときは見方が余り点を取れていないような気がします。いくら相手打線を1,2点に抑えても、当たり前ですが見方がそれ以上に点を取らないと勝ち投手にはなれないわけですよね。それで長いイニングを投げて疲れたところをやられる、というパターンがここまで多かったような気がします。

去年もジトと同じ勝ち星の14勝を上げていますし、安定性はブラントンよりもあります。最近は自信を持っているようにも見えます。ベイブリッジシリーズのとき、SFでボンズにHRを打たれたその直後にダグアウトでグローブを投げつけていました。「相手がボンズだから打たれても仕方がない」ではなく、こうして悔しがる姿勢を見ると今後に期待ができます。抑えられたのにできなかった、配球をミスした、といったところでしょうか。去年の勝ち星まであと5つですからラクに上回りそうです。

ホワイトソックス、ちょっと足踏みしてますね。昨年のシリーズ終了間際みたいです。でもよくよく見ると、タイガースの成績が群を抜いているだけなんですよね。ホワイトソックスはヤンキースやレッドソックスと並んでいます。タイガース、あの負け数の少なさは異常です。西地区にはワイルドカードはありません。現在首位のA’sですら7ゲームビハインドですからかなり厳しいです。この地区は優勝するしかなさそうです。

あと2ヶ月弱、気力が萎えたところが脱落していくでしょうね。その点マリナーズは今のままでは厳しいと思います。

ジェロニモ
2006/08/06(日) 17:49 | URL | ジェロニモ #I51WSCGM[編集]
Freddyはアスレチックスファン?
ジェロニモさんが書いてらっしゃるけど私もマリナーズって選手良いと思う~
でももっと監督にはしっかりしてほしいなぁ。
シアトルは現在4位、勝率.489で首位から5.5差しか離れてないけど
東地区4位のオリオールズは勝率.450で17ゲーム差離れてるんですよ。
ハーグローブちっとも現状のありがたみがわかってませんね。

デトロイト強いですよね~
でも今日はクローザー、カーモナだったんですよ。また…
完全にサヨナラ病にとりつかれてます。
彼の今後を考えるとこのままクローザーやらせるのは可哀想かも。
2006/08/06(日) 20:27 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
そう思います。
>BlogPetのFreddyへ
ははは…。他チームのことよりもフレディは自チームのためにキチンと投げることを考えようねー♪…なーんてね(何で他のチームの話になると出てくるかなーもぉ)。次は頼むよ~~。


>ジェロニモさん
こんばんはー!アスレチックス今日も勝ちましたね。日本の放送(録画でしたが)もFOXのものだったので副音声にすると聞けましたー♪ピネラ氏以前ホワイトソックス戦でもFOX放送で解説をされたことがあるんですが、いろいろ話が聞けて面白かったです。そうですよね、実際のお年…でもなんだかハリがある感じでした。監督ってやっぱり大変なんだろうなーと改めて思いましたよ。

おっしゃるとおりだと思います。私も以前から再々書いていますが、マリナーズ、戦力的には私も悪くないと思います。悪いチームじゃないだけにもったいないんですよねー。ただアスレチックスがやっているように、打線の組み替えなどは契約問題があるのかも知れないですが、あまり熱心ではないような感じです。今日は出てなかったですが城島選手はリーグ4番目に得点圏打率が高いというクラッチャー。その彼をやっぱり7番ではなく、もっと上位打線に組み込めないというのが大きな差になっているような気がします(なんでだろう?)。もったいないと思うんですけどね~そんな選手がいるのなら打順を組み替えて使った方が…良さそうな。もし、これが契約で替えられないのだとしたら、チャベス選手のようなチームへの認識がセクソン選手にあったら違っていたのかもしれないなぁとちょこっと思ったりもします。

ヘイレン投手の安定感…なるほど~~~~。左にふれるときは安心できるのですか。それは解ってなかったです!!!今度から気をつけてみようっと。ありがとうございまーす。結構三振あったなーと思って今確認してみたら、7つでした。かなりテンポ良くアウトが取れていたと思います。今日は打線が先制→中押しという形が出来ていたとはいえ、かなり残塁も多かったので、ヘイレン投手がリズム崩さず投げていた事はものすごく大きかったと思います。これが安定してないピッチャーだったら逆にチャンスを逃した分、マリナーズに打ち込まれた可能性もありますから。彼のこの試合での功績は大きかったと私も思いました。

そうそう、ヘイレン投手って打たれるとき派手だったりすることもあるので、防御率3.67(今日終えて)だったんだなーと思うとビックリでした。この防御率で9勝9敗って気の毒ですよね。本当に打線がそのときはおとなしかったんだろうなーと思います。そうなんですよ。たとえ0点に抑えても野手が1点も取ってくれないと勝ち投手にはなれないので、この当たりすごくシビアだなぁーと思います。逆に6失点しても勝てるときもあるので、こればっかりはピッチャーの力だけではどうしようもないところがありますよね。ボンズ選手にホームランを打たれても悔しがる…若手っていいですね。彼自身ひとつひとつが勉強中だと思うので、大きく成長していって欲しいなーと思います。

ブラントン投手は確かに良いときと悪いときがハッキリしていますよね。良いときのブラントン投手だとものすごく打てない~~ってなるんですけどねー。彼は明日先発ですか…明日もまた見れるので楽しみです。

ホワイトソックスのことも振れてくださってありがとうございます。このところようやく…です(笑)。ホント去年のあの雪崩→持ち直しが一ヶ月以上早く来た感じですよねぇ。こわー。タイガースはすばらしいです。今日はスカパー!でインディアンズ対タイガースの試合を見ていたのですが、最後の最後まで諦めず、その姿勢が見事ダブルプレーを逃れた後、パッジ選手のツーランホームランに結びついていました。どんな形からも逆転に持ってこれる強さ…すばらしかったです。同地区にあのようなチームがいることは事実ですし、彼らに追いつけ…をしているウチになんとかプレーオフに向けて良い形が出来ていることを願うばかりです(まぁあの調子が続くのならワイルドカード狙いになりますけどね、どうしても)。

ええ、西地区は首位を狙っていくという形になりますよね。おっしゃるとおりだと思います。気力が萎えたチームから脱落する…というのはあると思います。ここからは体力と気力勝負。本当に怪我なくすばらしいプレーを見せて欲しいですし、やっぱりプレーオフに向けて熱い戦いをしてほしいと思ってます。


>aoiさん
こんばんはー。Freddy他球団のことにちょっかい出しまくっていて最近どこかで見てるんじゃないかとヒヤヒヤです(ウソ)。

マリナーズ…ホントにそう思います!私も再々これまで書いてるけど、マリナーズって選手悪くないよねー。ただチーム内で何とかしよう、ベストを考えようという部分がもう一つなんじゃないかなぁーと。これが結局上位層の仕事になるのかなーという気はします。

上のジェロニモさんへのレスでも書いたけど、得点圏打率リーグ4位の城島選手をもっと打順を組み替えて上手く使ったりしたら良いのにな~なんて思ったりもするかな。せっかくそんなクラッチャーがいるんだったら…!!!なんてダメかしら?

>>シアトルは現在4位、勝率.489で首位から5.5差しか離れてないけど
めっちゃうらやましいー。だってホワイトソックスは.602でも首位と8ゲーム差…(涙)。もータイガース強すぎ。しかもツインズの好調も考えるとウカウカしてたら2位すら危ういし(ホントに…)。0.5ゲーム差まで一時追いつきそうなところまで来て今の状態を考えると、マリナーズも今こそ踏ん張りどころだと思うんだけどなー。ハーグローブ監督ももっと若手の選手たちに勝っていく目標を立ててあげたらどうかなーと思ったりも。

見ました!タイガースの試合。
今日スカパー!でやってたんですよぉー。で、最後ゲッツーがとれそうでポランコ選手がめっちゃ必死に走ってゲッツーを逃れたんです。その後パッジ選手が…。すごすぎる~~~鳥肌立ちましたもん。

そうそう、カーモナ投手でした。ちょうどテレビでも前回のレッドソックスの連日の逆転のシーンを振り返ってました(パピとロレッタ選手のサヨナラ)。それだけにまさか今日も…と思いましたが、見事なサヨナラ(涙)。22歳だというし、もう少し違う場所から育てていってもいいかもしれないですね。ちょっと一旦ストレスが少ない場所をさせてあげてもいいのかもです…。
2006/08/06(日) 21:22 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
The art of Barry.
Zitoのピッチングは一種の芸術だと思うんです。

確かに、球威は無くカーブを織り交ぜた緩急で打ち取るタイプなんですが、なんか駆け引きしている感じが見えないですねぇ。

そういった意味で、とても攻撃的な投球スタイルを持った数少ないピッチャーなのだと、勝手に賞賛しています。

バッターって所詮、「受け身」の立場ですから、ボールが届かなければ何も出来ません。

だから、本来弱気になる必要ないんですよ。わっはっはっは←意味不明の笑い。

マリナーズの善戦は僕自身、「固定メンバーの強さ」だと認識しています。

メジャー30球団で今のところ一度もローテーションの入れ替えが無いのが、唯一マリナーズなんです。

ただ、レギュラー野手全員が早打ちと、淡白な攻撃力が相手投手を幾度と無く助けています。

チャンスでイチローが初球を打って2ゴロでチェンジだったりすると、投手にとってこんなに立ち直るきっかけを与えてくれるものはありません。逆に応援側はガッカリ度が最高潮に達します。

触れるのが遅くなりましたが、バス欠もとい、バスケス投手、7イニング目達成記念、おめでとうございます。パチパチ。

暑さの厳しい夏場に多くのイニングを投げることによって、昔の馬車馬ピッチングを復活させて欲しいですね。
2006/08/06(日) 21:32 | URL | haus #-[編集]
ありがとうございます。
hausさん

こんばんはー。
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!バリーのピッチング芸術ですか?うれしいなー(って私が褒められたワケじゃないですが(笑))。今年最初に不振だったときはどうなることかと思いましたが、即コンパクトなフォームに替えてたまの出所が見えにくくする辺りすごいなーと思いました(修正できて)。

>バッターって所詮、「受け身」の立場ですから、ボールが届かなければ何も出来ません。
そのとおりですよね。バッターボックスから出るわけにいかないですもんね(笑)。でもこれって本当に大きな事で、実は連続安打にしても安打数にしても記録を作るためにはピッチャーに勝負して貰わない限りは出来ないことだったりします。そういう意味で打てる選手はもちろんすばらしいのですが、勝負を楽しむ野手とピッチャーのお互いのリスペクトというのが大事なんだろうなーと思ったりします。

>「固定メンバーの強さ」
おお!なるほどー。マリナーズはメンバーの固定を本当に動かさないですよね。お休みもあまりとらないのでバテたりしないのかな?と思ったりしますが、ピッチャーのローテの交代がないというのはケガがないということ。これは大きな事だと思います。どのチームも結構けが人が多い中、マリナーズは比較的主力の怪我なくここまでこれていますしね。

>ただ、レギュラー野手全員が早打ちと、淡白な攻撃力が相手投手を幾度と無く助けています。
わかりやすい例もありがとうございます。これわかります~~~~。本当におっしゃるとおりですよね。やっぱりいい投手ほど早打ちしてしまうと長いイニング投げられてしまいますから…辛いですものね。ホワイトソックスもサンタナ投手と対戦するとき以前はからっきし早打ちで必ず8回まで投げさせてしまっていたような気がします。やっぱり早打ちで打てればいいのですが、それが結果が出ないとピッチャーを助けることになってしまうので大きなポイントになりそうですよね。

バス欠投手がバスケス投手に無事なれましたー。ヨヨヨ。
前回コメントで年齢によるスタミナ不足かもという観点で話してくださっていましたが、やはりその可能性がありそうです。3巡目になると腕が下がってしまうというのですから。それをデリバリーを替えることで今回少し修正下みたいです。今後うまくいってくれるといいなーと思います。はい!昔のホースぶりをこれから発揮してくれるといいなーと思っています。

またいろいろ教えてくださいね☆
2006/08/06(日) 21:55 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
のこのこと現れました^^;
ともともさん、こんばんはー♪

久々のTV中継なのに、ライブで見られず、やっと見終わりました~。はぁ。
(今回はデーゲームじゃなかったので、バリーのお顔が光で見えにくいって事がなく、ヨカッタ^^;)
気づけば、12勝目なんですね・・・!

>ハーグローブ監督のコメント
う~ん、マリナーズの試合最近面白くなってたんですが、他の方もおっしゃられているように、いい選手がたくさんいるのに、いい面が出し切れてないのが、何とも歯がゆい。さらに、監督さんの頭ん中がわからないし(@_@;)
いつも、こういったもどかしい気持ちを代弁して下さってありがとうございます♪←珍しくマジメ^^;
2006/08/06(日) 23:21 | URL | joyce #mB2boxRw[編集]
強い子Zito
このシリーズ、日本で放送あったのですね。
ともともさん、じっくりご覧になったようで(笑)。

今年のZitoは、Cy Young取った前後以上に強い子Zitoですね(昨年後半あたりからそうですが)。
塁に人がいても失点しない!これが強い子Zitoの特徴です。
その昔(Cy Youngとったあたり)、
「満塁HRを打たれるくらいなら押し出しの1点を選ぶ」
見たいなことを言ってました。
(当時のA'sは、グランド・スラムを殆ど打たれないチームでした)
次にアウト取る自信があるって発言です。
下手に長打を打たれる代わり塁に人を出して、あえてダブル・プレーを取るとか。
得意苦手な相手で分けて、ダメージを最小限で抑えてるの。
これ、投手と内野の守備が良くないとつかえないですけど。

ESPNなどの影響でカーブの投げるタイミングがバレたり、投手コーチかわったりで、捕手が変わったり(お気に入りRamon Hernandezから、イマイチ合わなかったDamian Miller)、弱い子Zitoの時は、もう塁に人が出た時点で、失点覚悟でした。
特に味方が、下手な守備でアウト取れなかったりしたら、もう、次が読めましたもん(大量失点だわねって、笑)。
今は、多少の味方のミスをしても動揺なし。
1アウト満塁でも心配なし。
頼もしいです。

Harenは、Mulderみたいですね。
強気でストライクとりにいって、早いリズムつくって投げるの。
んで、ぱこーんとHR(事故)がある。
Blantonは、その日の審判との相性がすべて(爆)。短時間でのアジャストが課題ですね。
とりあえず、Kendallの存在が大きいです、今のA'sの投手陣にとって。

Dan Johnsonのマイナー行きは、どちらかと言うと、1塁の目処が立ったので落としたが正解です。
Swisherのバックアップに、Kotsayと捕手のMelhuse。
Frank Thomasの予想以上のよい健康状態(足)と外野陣の予想以上の好調、DJの予想以上の不調で、Bradley復帰でこうなりました。
Thomasの足が酷かったり、他の選手がここまで好調でなければDJを落とさなかったはずです。あと体が万全じゃないChavezを今年は抱えてるから、2,3塁SSの控えの方が重要だし。

A'sの打率は、オール・スター後は、
そんなに悪くないですよ。
シーズン通すとまだビリですが(笑)。
スタッツは、過去の数字なので、
さらに試合のすべてを表してないので、
試合の結果は誰も予測できないです。
2006/08/07(月) 10:49 | URL | 小女子 #6nZCh5HY[編集]
こんにちはー
>joyceさん
こんにちはー。うふふ、バリー見られました?なかなか踏ん張っていましたよね。ちょっと今回イマイチだったとは思うんですが、上手くダブルプレーをとっていたと思います。そうなんですよー12勝。キッチリ良い形のお仕事でチーム貢献してほしいですよねー。

いえいえ~~。ホント何度も書いてますが、マリナーズ選手はいると思うんです。選手自体がいなくて苦しんでいるチームからするときっと怒られちゃいますよー。だって得点圏全然ダメってことじゃなくてキッチリリーグで4位なんて選手がいるんですし。ベタンコート選手だっていいバッティングしていますしね。ヒット数も多く出ているってことは本当に流れ(打線になってるかどうか)なんだと思うんですよ。ホワイトソックスでもそういうこと結構ありますが、マリナーズの場合契約が解らないので何とも言えないですが、それを無視したとすれば動かしようがありますものね。監督~~~~(涙)。もったいないおばけを彼のおうちに派遣しておきたいくらいです。

別記事で書いたように、プロスペクトを放出してまで今のチームづくりを補強したのですから(若手は使ってるとはいえ)、そこは賭けに出たのだから今年なんとしても結果を出すぞ!という内心のメラメラだけは監督には持ち続けて欲しいですよね。


>小女子さん
きゃ~~~こんにちは。いつも詳しく教えてくださってありがとうございます。とっても楽しんで読ませて頂きました♪このシリーズ2.3戦目は録画で見たのですが全試合見れましたよ~~。なんと!明日のレンジャース戦もスカパー!であるので連日アスレチックスが見れます(すごーい)。日本にいるとどうしてもアスレチックス戦は限られてしまうんですけどね。

キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!強い子ですか?今のバリー。うれしいです!!なるほどー。確かにランナーを出しても今は比較的安心して見られます。それに格好いいこと言ってたんですね~かつて。そんなセリフ良いながらイニング抑えたらまさしくキャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!です←壊れてます。ダブルプレーといえば以前のハドソン投手がなんだかその印象が強いですが、今回などはキチンとそういうところが出来てました。おっしゃるとおり内野の守備大事ですよね。チャベス選手がケガを押して頑張って出てくれているのはバリーだけではなく他のピッチャーにとっても大きな支えになっていると思います。クロスビー選手…ホント以前小女子さんが言われていたようにシーズン通して出てくれるようになるといいのになぁ(涙)。

そうでしたか、ミラー捕手とはあまりあってなかったんですね。ラモンくんが移籍してから毎年キャッチャーが変わっていた頃やっぱりピッチャーも苦労していたのかもしれませんね。投手コーチが変わってからキャンプ中自分でビデオカメラを毎度設置してはピッチングフォームにずれがないか自分で確認しているバリーを見ていましたが、やっぱり変わったばかりの頃は不安も大きかったのかもしれませんね。小女子さんにそういって頂けると本当にバリーの今が安定しているんだなーと実感できます~~。このままチームを引っ張るピッチングを続けて欲しいです!

あはは、ホントハーレン投手って確かに損な感じがします。強気にストライクバンバン投げますよね。事故という表現もピッタリで思わずうけちゃいました。ブラントン投手は審判との相性ですかー。なるほど。アジャストできたときはものすごいわけですね。彼も良いときと悪いときが現在ハッキリしていますものね。今日はそれでもヒット打たれながらもよくしのいでいたと思います。

ケンドール選手のこと、私も本当にすごいなーと思います。ピッチャーとのコミットメントもしっかりされているでしょうね。今日も8回のピンチでストリート投手のたまを前にキッチリ落としていましたし、ワイルドピッチにさせない体で止めてくれるところなどはここぞで強気に攻めやすいと思います。そしてタフですよね~~~彼。以前モッカ監督が延長17回(ドジャースとの戦い)の次の日、スタメンから外そうと思ったら彼から出場志願してきた…みたいな記事を読みましたが、キャッチャーで打順が一番回る1番バッター。しかも盗塁したりするでしょ~。あれは尊敬します!本当にアグレッシブですばらしいですね。

なるほど、ジョンソン選手に関してはある程度行ける!と判断があったのですね。トーマス選手ここまでDL入りもありましたが、頑張ってくれているのは何より。しかもニックをかわいがってくれてるみたいですし(涙)。ブラッドリー選手もようやく安定して活躍出来るようになってよかったです。ケガだけは本当にね、なんとか避けて貰いたいですよね。コッツェイ選手がファーストを守ったのを最初見たときすごい!と思いました。いろんな事を考えますよね。キャッチャー二人(一人DH)で入ったラインナップも最初衝撃的でしたし。今のベストを考えるチーム力というのは本当にすごく長けている証拠なんだろうなと思いました。

おお!そうでしたか。それは失礼おば…(笑)。オールスター以後打てているのは何よりです。でも不調時を合わせてみても、確かにスタッツは打率最下位ですが、出塁率はそのシーズンを混ぜても悪くないんです。このあたりがやっぱり強さなのかなと思いました。明日からレンジャース戦ですね。猛打に合うと大変なチームですが、持ち前のピッチング力で乗り切って欲しいです。

またいろいろ教えてくださいね☆。
2006/08/07(月) 16:26 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
(≧∇≦)あはははは>強い子Zito
今日は暑かったのに若い選手達は元気ですな。
やっぱりストリートはかっこいい!
あの人完全に私のツボみたいです(*゚‐゚)
うなじがきれ~~。。。

ところで上の記事のレスになっちゃいますが、タイガースの強さ。

>勝ちパターンが多様にある

これ納得です!
もーねーボストンなんてオルティスにサヨナラ打ってもらうしか勝ちパターンないのかと┐(´ー)┌
よく選手が抜けると負けるのはそれが戦力不足と言われがちですが、それは気分の問題だと思うんですよ。
勝ち負けってもっとそれ以外に理由がある気がしました。
オークランドの強さなんかも見ててもそう思います。
強いチームって駒が少なくても1イニングずつ臨機応変に仕掛けてますね。
やーでも今日はマリナーズも強かったです。接戦でした。
2006/08/07(月) 22:02 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
さらに強い子A's
オールスター明けぐらいから(つまりはBradley復帰くらい)、
A's自体も2、3点差で負けていても諦めない強い子になりつつあります。
前半とここ数年は逆転されると諦め雰囲気が出てたです。
問題児かき集め作戦が成功してます。

ともともさんご指摘の通り、
Kendallのあのブロックをはじめ、
変化形のボールのキャッチングについては、若者投手陣かなり信頼を寄せてます。
試合後、Streetがべた褒め。

A'sのTV解説者が元捕手のひとなんですが、Kendallのキャッチングについてもうゾッコン(笑)。
Johjimaに対しては厳しいコメントばかり(←インタビューの相手にされなかったのかな?笑)。
あと、Bosoxのキャプテンにも厳しい。

Kendallの試合に出たがり(休みは嫌だ病)は、良くもアリ悪くもあり、控えのMelhuseの出番を確保するのが大変、だから一塁やDHとギャンブルなやりくり。

Street、弟ズ(双子)がいますが、
うなじかっこいいですかね?ドラフトされるかな?期待しましょう(笑)

↓おまけで超ミーハー写真があったです。
http://itsasecretsohush.blogspot.com/
2006/08/08(火) 06:48 | URL | 小女子 #6nZCh5HY[編集]
こんにちはー!
>aoiさん
こんにちはー。私も小女子さんが書いてくださった強い子っていい方、ちょっと気に入ってます(笑)。ホント若さ爆発のチームって元気いいよねぇー。ストリート投手ここのところ連投していたので今日はセーブシチュエーションでもお休みでした♪昨日見ておいて良かった(笑)←ミーハー。昨日ちょうど投げる時間帯が夕日近かったので良い感じで光が…だったよね、ストリート投手の出番の時。うなじ今度もっとじっくり見ようっと←真剣(笑)。

そうなんですよ、タイガース。
ほんと~~~~に勝ちパターンが多いんです。サヨナラや打ち勝つだけじゃなく、タイトなピッチャーで締める試合も出来るし。途中どんどん追い上げて逆転も出来る。今日なんてツインズの先発リリアーノ投手だったのに、4回で交代させちゃうし。ものすごいですよ、あのチームは。

レッドソックスもいろんなパターンありますよー。
この間はロレッタ選手もサヨナラヒット打ってたし。ウチこそホームラン打てなくちゃダメなのか?という感じで(ダメダメ)。頼るのもだめだけど最後頼りたくなってしまうあの雰囲気…なんとかしてほしいですー。

おっしゃるとおりだと思いますー。戦力不足って確かにありますが、揃っていたら楽勝か?というとそんなことなくて。ギーエン監督がしょっちゅう言ってるように、トーミ、コネルコ、ダイ選手がそろって40ホームラン打ってても勝てるとは限らないというのがそこなんです。やっぱり打線のつながりや相性いろんなものを加味してチーム全体で勝とうとするチームが強いですよ。アスレチックスなんかはホントにそういうところがウマイと思います。

昨日はマリナーズも8回に追い上げていて惜しかったんですけどね。あそこで逆転し切れていたのがなぜか出来なかった…というのは痛かったでしょうね。ベルトレ選手のスライディングには対ホワイトソックス戦でタイガースの選手が見せたスライディングに似た闘志を感じました。ああいうのってやっぱりいいな~と思います。熱くなる瞬間だったんじゃないかなぁ。

デビルレイズ今日試合で見たら大分選手名がわからんくなってました(笑)。ヤバイ~~!


>小女子さん
きゃー強い子でしたね。問題児かき集め作戦…これって上手く作用できると大きいと思います。ホントブラッドリー選手良い味だしていますよね。あのスルドイバッティングにはなんだか圧倒されるときがあります(笑)。トーマス選手もニックをかわいがってくれているようで本当に有り難いです。

諦めないチーム…これって本当に対戦していると解ります。
得点しても相手もやってくるかも…みたいなものがなんだか雰囲気にあって安心できないんですよねー。アスレチックスは夏場にぐぐ~~っと上がってくるイメージはありますが、こういうところが今シーズンさらにオンされているとしたらこわいですねー。

おお!試合後ストリート投手がべた褒めでしたか~>ケンドール選手。上手いこと本当に前に落としてくれるというのはここぞの勝負で変化球で勝負かけられるということ。これはピッチャーにとっても大きな事だと思います。アスレチックスサイドのテレビ放送あるときに今度聞いてみたいです~~~。副音声にして是非チェックしてみたいな。そんなにべた褒めなんですね>解説者さん。あらら、城島選手には厳しいですか。タイプ的に違うと思いますが、ケンドール選手の捕球にかなり重いがあるんでしょうね。

やっぱり休み嫌だ病はそれなりに大変なのわかります。メルヒューズ選手だって試合感作っておかないとダメですものね。だからこそああやっていろんな形で試合に出しているんでしょうけど(キャッチャー以外)でもそういう苦心をさせてでもうまく生かしているのはすごい。

なんと!ストリート投手も双子の弟くんたちがいるのですね?先日レッドソックスのクローザーパペルボン投手にも双子の弟がいて、ひとりをレッドソックスがドラフト指名したことをaoiさんに教えて頂いていたのでこれまた衝撃的~~。彼らはどんな投げ方するんだろう?ストリート投手がめっちゃ特徴的なのでこれまた興味しんしんです←単なるミーハー。ドラフトされたらチェックしたいですね!!

なななななな~~んと、すごい写真!
小女子さんご紹介ありがとうございますー。ストリート投手もニックかなりうれしそうですね(爆)。あ、ブラントン投手…新婚くんじゃなかったでしたっけ?大丈夫かしら(笑)。
2006/08/08(火) 16:24 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
す・・すごい写真
ともともさん、こんばんは。

ラモンくん、ジト投手のお気に入りだったのですね。なんだか嬉しいです。
今、小女子さんのご紹介くださった貴重な写真拝見して、大うけしてます(≧∀≦*)。みんなホント嬉しそう。
ストリート投手って、クローザーの中で、セーブ失敗したあとのガックリ姿が一番母性本能くすぐると思っていたのですけれど...
強い子A'sの活力はここにもあるんですね。若き日のミギーやラモンくんもこんなだったんでしょうねー(今も現役かも)。

たいした用もなくコメントしてしまいましたm(_ _)m。

2006/08/08(火) 19:27 | URL | Yuko #aMRXni..[編集]
きゃあ~~ですよね!
Yukoさん

こんばんはー!
いえいえ、遠慮なくコメントしてください♪とーってもうれしいです(根っからのミーハーな私…(笑))。

ラモンくん、Big 3時代本当に良い感じでプレーしていましたもんね。でも私もバリーと合っていたのならうれしいです♪

ですよねぇ~~~!私も小女子さんのご紹介してくださったところにジャンプしてうわぉ!の連続でした(笑)。みんなうれしそー。若いですよね(笑)。こういうOn OFFが上手くできているというのは良いことだと思います。

>セーブ失敗したあとのガックリ姿
めっちゃわかります~~~。なんだかホントにちょっとさまよい系になるんですよね。あれがカワイイ(笑)。確かにない方がいいんですけどねー。

>若き日のミギーやラモンくんもこんなだったんでしょうねー(今も現役かも)
あははは。どうなんでしょうねー。ラモンくんは独身でしたっけ?だったらまだ若手引き連れてたりして(笑)。そうそう、テハダ選手はWBCに来てたとき、奥様と手をつないでディズニーワールドの最新コースターに乗りにきていたそうでラブラブだったみたいですよー(メディアと選手の中で希望すれば一足先に一般公開前に乗れたんだそうです)。

すみません~ミーハーネタ飛ばしてしまいました(笑)。
2006/08/08(火) 22:57 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。