スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:ツインズに3タテでワイルドカードも混戦
2006年07月27日 (木) 23:30 | 編集
ホワイトソックス…雪崩のように負けてますねー( ̄  ̄;) 。

本題に入る前に…ひとつご紹介。

"We knew, eventually, if we were to keep winning, we'd catch whoever was in front of us," Cuddyer said.

ツインズの4番カダイヤー選手の言葉です。こういうセリフがすらりと出ること自体チーム状態が走ってる証拠ですね。う~~ん、悔しいけど格好いい~(笑)←ミーハー。勝ち続けていれば、自分たちの前に誰がいようとも捕まえることが出来る!…そうやって今ひとつ追いついた…その今の言葉だからこそまた重さがあるというか。自信にあふれているのが感じられますね。

一方ホワイトソックスは…
実は一番今日めげてたのはギーエン監督だったような( ▽|||)サー。

"For the first time in my life I'm speechless," said Ozzie Guillen, Chicago's outspoken manager. "It's been two tough weeks. It's tough for me to point at any of the players. I blame everybody."

いつも試合後にふるう熱弁も今日はおとなしめだったみたいですね(ノ△・。)。ツインズ3タテはさすがにパンチ効くのはわかりますがかなりショックだったのは言うまでもなくです。でもこんなにショボーンモードのギーエン監督は初めてだったかも。

ただ面白いのは、いつもは矢面に立ってくれる監督がショボーンとなってくれば、選手たちは自ずとメディアに話をしていること(かえってよかったりして(笑))。自分たちがふがいないからこそ、自分たちの思いをハッキリ語ることでこのままじゃいけないと暗示をかけているのかもしれませんが、負けが続くにつれて、多くの選手が口々にコメントするようになっているのはなんだかすごいおもしろいです。

今までもキャプテンコネルコ選手を中心に、ピアジンスキー選手、ダイ選手、クリーディ選手、コントレラス投手などもこうしたコメントをしていましたが、今日はトーミ選手がホームランに頼って得点してはいけないことを話していました。

"You can't rely on home runs all the time, because they don't happen," White Sox designated hitter Jim Thome said. "When we were scoring a lot of runs, we were doing it, it seemed like, a lot of different ways."

得点圏にランナーを置いて点が入らないことに選手たちもすごくプレッシャーや重さを感じていると思いますが、それぞれの意識がある限りは何かしら前に進みそうな気がします。いわゆるスモールプレーを要求されている選手以外が、自分のバッティングに固執せず行けるかどうかというのは今確かに大きいと思いますが…果たして。

また、今日はお休みだった井口選手も「故障を気にしている場合でもない。自分が(チームを)引っ張っていきたい」と話していましたが、自分がつなぐ役目をキッチリ果たす必要があることも、チームで勝ちたい意識も昨年よりも前に出してくれるのは頼もしい限りだなーと思いました。頑張ってほしいですー。

さぁどうする?ホワイトソックス?!

もちろんこんな苦労せずにホワイトソックスが勝ち続ければそれが一番いいことだと思うのですが(気持ちもラクだし(笑))、そうはいかないという壁が立ちはだかった以上、このチームが再びどうやってチームをもりあげるのか…は期待しつつ見守りたいところです。

とはいえ、個人的にはちょっと打たれ強くなさそうなチームのような気がするので(笑)、どうなるかかなりコワイ部分はありますが(笑)。

ただ、ほころびの糸口をキチンと掴んで前に進んでいるチームは、単なるラッキーではなく負のパワーが大きな分だけジャンプアップ出来ると思います。高くジャンプをするときは思いっきりしゃがんで力を付ける…あれと同じだと思うんですよねー。ただその負けで腐ってたら別ですが(汗)。幸いなことに、アリーグ中地区と東地区はワイルドカードを狙えるディビジョンになっていますし、走り続けた結果はプレーオフにつながる可能性があるというのはありがたいこと…。

エンジェルスも、ツインズも、ブレーブスも…みんな立ち上がってきて今があるわけで。そのチームとしてのねばり強さというものをホワイトソックスが選手たちでどう作っていくのか、これは見せてくれたらうれしいんですけどね。最後まで走り続けるのみ…走って欲しいんだけどなぁ。


さて、ホワイトソックスの現状の辛さ…ですが、
問題点が一気に出た~~~というところですよね。
今日もビシバシ出てましたねー(大汗)。

先発の不安定さ、
ブルペンの不安定さ、
野手のクラッチ度の低さ。

だいたいどこかはそれぞれのチームで悩みどころはあるんですが、ホワイトソックスは7月に入ってからこれらが一気にどどどど~~っと出てきてしまいました( ▽|||)サー。まぁ、これじゃー負けない方が不思議なんですけどね(汗)。


流れがまさに損な感じの今日の試合…

先発バーリー投手が立ち上がりからコントロールに苦しんでいる感じでした。初回にカダイヤー選手のツーランホームランであっさり0-2と先制されてしまいます。

2回裏にホワイトソックスが、コネルコ選手、ダイ選手の連続ヒットでノーアウト1.3塁の状態を作りながら、ピアジンスキー選手は粘りながらもサードゴロでコネルコ選手はホームアウト!…クリーディ選手はセンターへの深いフライ(これが先に欲しかったです)、そしてマコーウィアク選手も深いレフトフライでチェンジ…とチャンスを潰して0点で終わると…

3回表はイキナリカスティーヨ選手にスリーベースヒットを打たれ、プント選手をセカンドゴロ、レッドモンド選手をライトライナーに打ち取り三塁釘付けにしていたのですが、カダイヤー選手を敬遠した後、モーノー選手にタイムリーヒット(涙)←ウマイはじき返すようなヒットでした。これで0-3。やっぱりキッチリチャンスで得点しないと…です(汗)。

しかし、4回裏にホワイトソックスはコネルコ選手のファーボールの後、ダイ選手がツーランホームランを放ち2-3。さらにピアジンスキー選手のツーベースヒットの後、クリーディ選手がタイムリーヒットを放ち3-3の同点に(これも連打なのでラッキー系ではありますが…)。

ところが、追いついたのもつかの間、5回表に速攻、レッドモンド選手のツーベースヒットとモーノー選手のライトへのツーランホームランで3-5と再び突き放される…という展開(大汗)。


まぁこういったチーム不振を黙ってそのまま見ているというわけでもなくて、一応、対策として『早出バント特打ち』などを行ってスモールプレーが出るように…ということをチームで徹底したり、打ち込まれた先発はブルペンセッションを積極的に行ったりしているのは今までも書いたとおりです。

まぁ、こういうものもなかなか上手く結果につながりきってないのが現状というところ…ではあるのかな。でも、バント練習はボールを引きつけて打つ力にもなるので、特にアンダーソン選手などはすごくいいトレーニングになっているように思うのでこれは犠打ということのみならず良い練習だと思って頑張ってほしいです。

ただこれに出る選手というのは限られているのですが、それ以外の選手もここぞではバントをしてみせるくらいの姿勢は欲しいかも。それくらいのところまで来ているような気がします(すでに現時点では運はないわけですし運を取り返すまでは…)。


でも今、私がもう一つ気になっているのは盗塁のなさでしょうか。

どんどん打ってるだけじゃダメ、進塁させないと…ということでスモールプレーが出来るようにという練習を行っているものの、犠打というのはセーフになる可能性がゼロではないとはいえ、一応コンセプトはアウトひとつを献上する変わりに塁をひとつ進めるというものですよね。

一方、盗塁はアウトを増やさず進塁する…というスペシャルアイテムだと思うんです。単に得点圏にランナーを進めるだけではなく、ダブルプレーを阻止することも出来るし、相手のピッチャーに与えるメンタル的なものもあるわけで。その威力というのは意外とあるものだと私は思っています。

今回の対戦でも、ツインズはランナー1.3塁になったときなど積極的に1塁ランナーが2塁へ走りダブルプレーを阻止、結果ホワイトソックスに満塁策をとらせたりチャンスを自分たちで掴んでいました。満塁策をとることでもちろんドコでもアウトを取れるのですが、余計にランナーを返してしまう可能性もある賭けのシチュエーションを作るのは1.3塁のままではありえないことですしね。

これが今まったくといっていいほどないんですよねー、ホワイトソックス。私的にはかなり不安要素です。

スピードスターと言われたポドセドニック選手ですら、確かに今年盗塁失敗は多かったとはいえ、今そういうシーンすらあまり見かけることがないような気がします。うーん。ちょっとこれは結構寂しいところでしょうか。


クラッチを打つ場面でものすごく自分がなんとかしないと…ということで変に選手たちにプレッシャーがかかっているのであれば、エンドランをかけてみるとか少し作戦をしてみるのもひとつなんでしょうけどね。なんとかチーム全体で進塁させるパターンを多く持てるようになるのがまずは第一のような気がします。なんとか頑張ってほしいんですけどねー。


そして、もう一つの大きな問題はなんといっても先発。
ホワイトソックスの先発陣で一番現在安定度が高いのはコントレラス投手。そして後半戦はガーランド投手です。昨日の記事でも書いたようにここにバーリー投手と書けないところが本人もチームにも辛いところになってますね。

今日もマウンドでコントロールに苦しんでいるように見えたバーリー投手。かなりしんどそうでした。そして試合後のコメント…(涙)。

"I'm not going to give up, and hopefully nobody gives up on me," said Buehrle, who has allowed a .392 average to opposing hitters during his five-game losing streak. "I don't think the guys in this clubhouse are going to give up on me. I'm going to keep going out there and keep battling.

"I haven't done anything for this team in the last month and a half, and it's getting frustrating. Every time we get out there and score some runs, I go back out there and give them right back up. It's embarrassing, and I better turn it around."

5試合連続で負けているというのは解っていたし、めった打ちになっているのもなんとなくわかっていたのですが、.392という被打率はかなりですね…しくしく…。

それでも本人は諦めたくない…なんとか解決策を見つけたいということを全面に出して話していました。そしてこの1ヶ月チームの助けに全くなっていないというのがものすごくフラストレーションになっていることも、恥ずかしいことだと言うことも語っていましたが、エースという自覚があるからこその言葉。こんな不振の時にも逃げることなくコメントするのはすごいことですけどね。

いや~~やはり体のキレなんでしょうかね。
今日の試合でも結構ぽーんと外野に運ばれていましたし。ホームランがあれだけ打たれるというのはやっぱり体勢が高くなっているところがあるのかなぁ。確かに左ピッチャーなのにピッチングラバーの三塁側を踏んでいるということは体をあまりひねらなくてもいい位置だから、ひょっとしたらキレがイマイチなのかも…。うーん。今後彼の状態は気になるところですが、なんとか自分でもしっかり乗り切れるようにしていってほしいなぁ。

こういうことがあってもフレディがもう少ししゃきっとしていたら良いんですが…(汗)。頼んだよ!みたいなことを言ってみたい(もー)。金額的にも期待されているからこそ…なのだし、踏ん張ってチームを牽引する力を発揮して欲しいんですけどね~。


そうそう、今日は6回途中でバーリー投手がランナーを出したままの状態でマッカーシー投手に交代したのですが、プント選手のタイムリーヒットで(汗)このランナーを総ざらえ状態にしてしまいました。これが結果だめ押しになるんですが、この回もツインズはワンアウト1塁からバントを成功させ、1塁もセーフでワンアウト1.2塁にしてるんです。このあたりもキッチリしている結果…プント選手のヒットも生きたということになると思います。ぬかりなしですね~。うん、いい攻め。

でも思えば、今日のツインズは2アウトからいずれも得点してるんですよね~~。勝負強いなぁ。こういう試合を目の前で見て&感じて、選手たちには糧にしていってほしいなぁと思います。やっぱり勝ってるチームは良いゲームしてるってことですよねー。うんうん。


あ、ブルペン的にはこの後8回表に少しピンチもありましたが、継投でしのいでくれたのはよかったです。でもホントジェンクス投手…今の状態が長引くと腐りそう~~(あまりにも機会なさすぎ)。いざというときになんだか使えなくなってそうなところは不安です…。というか使わない間にあれ以上ふくよかになるのは…やめて欲しいです(ウソ)。


さて、明日はお休みで明後日からはオリオールズ戦。
気分一新に!と行きたいところなんですが、初戦に当たるベダード投手は前回2安打に抑えられてしまった左ピッチャーなんです(汗)ちり~~ん。フレディとのマッチアップもBack to Back…。フレディって自分が対戦して負けたピッチャーとの再戦って弱いんです(実は…)。なんとか踏ん張って欲しいんですけど…不安要素だらけ( ▽|||)サー。

7月終わりを良い形で終えられるかどうか…その前に、
私も明日ゆっくりすごそうっと(笑)。
コメント
この記事へのコメント
まったり。
ともともさん、ゆっくり過ごせましたか~?
今宵はのんびりとカブスvsカージナルス戦を観てました。

バーリー、ここ5試合の防御率が11.47ですと!
こんな事態、ホント信じられません・・・。
それでもエースとしてのコメント、泣けまする。
早く迷宮から抜け出して欲しいです。
いや、バーリーだけじゃなくてチーム全体に言える事ですよね。
気持ちを切り換えて、明日は頼むぞフレディ~!!
2006/07/28(金) 13:45 | URL | Para-suke #-[編集]
こんばんはー!
>Masaさん
こんばんはー。ホントになかなか気持ちが…わかります。
実際に見にいらっしゃってるからこそ、感じられていることもあると思います。このところ先制しても…という流れテレビで見てもあ~あ~という感じになるのですが、実際に見に行っているファンはもっと思うところあると思うんですよねー。

>ここは我慢のとき、いっそ花火も我慢してみたらどうだろうか?

おおおお!いっそのこと!という感じですね。
とことんガマンの時というMasaさんの思い入れ感じますよー。でも何かしらきっかけがあると変わりそうですものね。

おお!タイガースファンの方とお会いされたのですね。隠れ…というところがなんだかカワイイです。しかもやっぱりなかなか近年勝ててきてなかったこともあってまだこんなに走っているのに半信半疑なのですね。気持ちわかるなー。

ホワイトソックスも明日から走り始めてくれるといいんですけどねー(フレディ…あー)。


>Para-sukeさん
きゃ~~こんばんはー。私もゆっくりすごしましたよ!カブス対カーディナルスおもしろそうです。私はスカパー!でやっている中からブルージェイズ対アスレチックス見てました。アスレチックス恐ろしく残塁してたんですが(汗)…それでも流れあんなに切りまくってでも勝てるってすごいなぁーと。やっぱり先発かなと今日の試合を見ていて思ったので、ココは踏ん張りどころ、ジョン様に続けるようにみんなで頑張ってほしいです。

11.47ですか(涙)。
そうですよねー。バーリー投手本当にね、自分の立場ってすごく解っていて解っているからこそのコメントだと思うんです。そしてハッキリ言ってコメントしたくないような日なのにキッチリ対応されているところもすごい。なんとか抜け出して欲しいですー。めいろもとけてしまえばなんてことないじゃん!って感じになるのでそうなってくれないかなー。

こんな時にフレディから…というのがまたちょっと個人的不安なんですけど(汗)。Back to Backマッチアップ(前回負けると次回が)弱いんですが、ベダード投手と当たったこと忘れてくれてたらいいんですけどねー(汗)。とにかく自分のピッチングで引っ張れるくらいになってくれることを祈るばかりです。
2006/07/28(金) 21:55 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
これがスタート
というわけでまずは、「スイープ、いただきました!」

この前も書きましたが、正直個人的にもMINの好調の理由がわかりません。
ただ、今は選手みんなが、そしてガーデンハイヤー監督以下首脳陣も、
みんながベースボールを楽しんでプレイできているのかな、と感じます。

ただ、当然ながらまだCWSとは成績的に肩を並べただけ、
なんといってもCWSは昨年の王者、このまま黙ってMINを逃がすはずはないのはわかっています。
それに調子は水モノ、MINも今後いつ下降線をたどり、春先の目を覆わんばかりの醜態再び、ということも充分ありえます。
あくまで今日はスタート地点に戻っただけです。これからが本当の戦いです。

それに、やはりDETを何とかしないとやっぱり安心はできないのですよね…。
んで早速、明日からはそのDETとの3連戦です。
やっぱりDETを引き摺り下ろして、最低でも3つ巴にしなきゃ、です。

まずは明日の緒戦、うちのリリ坊(またも勝手に命名)ことリリアーノに託します。

P.S.
正直MINを応援する身としてはチームの知識があまりにも浅すぎるのですが、そんな私にもいつも暖かいコメントありがとうございます。
できればALCはMINとCWSの2チームでポストシーズンへ行けたらいいのですが。
2006/07/28(金) 23:33 | URL | えすけい #t50BOgd.[編集]
季節大ハズレの雪崩
どうもです。
顔文字付きのイントロ
>雪崩のように負けてますねー( ̄  ̄;)
…がコミカルでよろしいです(笑)。
よろしくないのはホ軍の現状。
マイク・バーリー投手の打たれっぷりも数字にすると凄まじいですね(汗)。
一歩間違うとマイナー落ちみたいな。
果たしてフレディは本領発揮で雪崩れを止められるか、逆に規模を大きくして収集がつ(略)
とにかく(汗)個人的にはまだまだ地区優勝に拘って欲しいです。

強引にマー軍ネタ。
テンポが今ひとつなんでしょうか相変わらず勝ち星に恵まれないD-Trainは別としてジョシュ・ジョンソンとリッキー・ノラスコの両右腕にレフティのスコット・オルセンら“新人王有資格者”らはこぞって二桁目前という予想外の好投が続いている現在。
打線ではここへきて主砲・ミゲール・カブレラ三塁手に従来の三振癖が復活してきたこともあってそれを期にちょっと調べてみましたら何やらチーム三振数のリーグ記録更新か…といった様相(笑汗)。
長打力よりも打線の繋がり=確実性が持ち味で所謂「本塁打か三振か」という状況でないにも拘わらずこの数字もある意味予想外(笑)。
2006/07/29(土) 05:30 | URL | ぱっくん! #yK9c41Ws[編集]
こんばんはー
>えすけいさん
こんばんはー。とんでもないですよー。私なんて知識浅すぎ&かつミーハー(笑)なのでとんでもない記事を書きまくりです。なので遊びに来てくださって感謝しているんですよ(^^)。ファンであるからこそ…のところお聞きできて楽しいのでいつでも教えてくださいね♪

>「スイープ、いただきました!」
やられちゃいました~~~。1勝2敗も甘い予測でしたが(笑)良い試合を見れたと思います。ホワイトソックスに必要なものを見せてもらったような気がしました。

ええ、おっしゃるとおり監督を中心にまとまっているんだと思いますよー。ホント良いチームだなぁと思いました。ツインズの強さ…私が思うのはやっぱりバランスだと思います。そしてピッチングスタッフ。打撃が沈黙してもゲームをキープできる力がありますから、これは相手にするといやですよー。この状態でリリアーノ投手に当たるのはこわかったのですが、リリアーノ投手(リリ坊カワイイニックネームですね(笑))も見たかったです(笑)←どこまでもミーハー。こうした若手ピッチャーの台頭、計算できるブルペン…この当たりが春先とは違う今があるんじゃないかなぁ~なんて思っちゃいましたよ。これにマウアー先生を初めとするあの打線に火がつくとこれは鬼に金棒になりますよね。うん。

タイガースね~~~なんであんなに強いんでしょう!
今日からの試合PCで気にしながら見ていました。実際現在勢いに乗っている2チームの対戦スカパー!ででもやってくれないかなぁと思っていたんですが、残念ながら放送がないようで残念ー。

今日も2-2で延長突入のすごい試合だったみたいですね。応援していたんですが…残念~~~。明日も頑張ってくださいね!ホワイトソックスはこの間1勝しかできずだったのですが、明日から2連勝出来ますように。

>ALCはMINとCWSの2チームでポストシーズンへ行けたら
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャーホントに。
お互いチームが頑張ってくれてタイガースにぬおおおおお~~~~っとプレッシャーをかけられるようになるといいですね。切磋琢磨した結果がいいものになるといいなーとホントに思っています。これからもよろしくお願いします。


>ぱっくん!さん
こんばんはー。あはは、顔文字でも付けなくちゃ…という状況(笑)でしたよねぇーほんとに。バーリー投手は本当に自分でもエースという自覚をもってくれているだけに、責任感もろもろもかぶってしまいそうでそれも心配です。

ただ今日のニュースを見ていると2ローテくらいは調子次第では5回で一旦リリーフに交代させるというロングでやらない形をとってみるみたいなのでなにかしらこれで良い形で自信をつけてくれたらと思ってます。

フレディは…(略)の後が当たっていたかもー(もー)。すみません~~。なんとか逆転してもらったようなもので、出来ればあんなに序盤にバンバン得点されると…痛すぎですよねぇ。
ホントまだまだ地区優勝を狙うチームであって欲しいですね!頑張ってほしいです。

マー軍ネタもありがとうございますーー。
おおおお!新人王の資格がある投手たちが軒並み頑張ってくれているなんてすごいですね。一番望ましい形だとおもいます。…となると現在D-Trainと3本柱ってところになるのかな?ある種ホワイトソックスよりも落ち着いてそうですね(涙)。

カブレラ選手…そうなんですかー。あちゃ!リーグ記録更新…そういえば以前に、1.2番コンビでの三振数を…という話をお聞きしていましたがなんとなんとですね。ホントつながり打線でその記録は興味深いです。でもマー軍も上手く下から上げてきて形にしてきていますよね。ホント新たにここでお聞きする選手がいると…ついつい調べてしまう私です←ミーハー。
2006/07/29(土) 21:18 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。