スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:どこで止める、どこから始める?
2006年07月22日 (土) 21:47 | 編集
もしもし、ホワイトソックスのみなさんヽ( ̄∀ ̄)ノ。
『バント早出特打ち』をやってみてどうでしたかー?

40分間のバント練習 危機感募らすWソックス
Guillen orders bunt camp
Notes: Searching for 'small ball'

で…4回裏のあのプレー…。
ほほー( ̄ー ̄;。
レンジャースとホワイトソックスはノーアウト1.2塁という同じ局面をそれぞれ3回表、4回裏に迎えました。しかしその攻撃は全く違いました。1回裏にホワイトソックスがトーミ選手の先制ソロホームランで1-0とリードしている状態の中…流れがどちらに動くのか…という場面が訪れました。


そして、3回表:
レンジャースはメンチ選手のセンター前ヒット、そしてLaird選手が自分も生きれる可能性のあるセーフティバントノーアウト1.2塁とチャンスを掴むと、

ハリストンJr.選手は犠牲バント
ウィルカーソン選手は犠牲フライ
…これで1-1の同点。おおお!

さらにキンスラー選手を歩かせた後、
ツーアウト1.2塁でヤング選手にスリーランホームラン!(汗)
さらにタシェラ選手にBack to Backソロホームラン!(ええっ!)
ハラホロ~( ̄∇ ̄)~ヒレハレ~~~

…一気に1-5とひっくり返されました。
バーリー投手が捕まってしまったといえばそうなんですが、それまでどうにか得点をしようとしていたことが大きな得点に結びついたともいえるんじゃないかなーと思います、この回。


さて、一方ホワイトソックスは4回裏:
ダイ選手のツーベースヒットの後、ピアジンスキー選手のライト前ヒットで追加点。これで2-5。さらにクリーディ選手のヒットでノーアウト1.2塁(ここまでも連打なんですけどね…)。

で、ウリベ選手はレフトフライ
アンダーソン選手は見逃し三振ー

ポドセドニック選手はセンター前ヒットを放つもピアジンスキー選手ホームでアウト…。( ̄Д ̄;)ガーン。ナンナンデショウ、コノチガイ。

うーん…。
ホームでアウトになってアンラッキーだったねー…というものでもないような。こういうところのプレーが猛打爆発のレンジャースと比べても大味になっていることが歴然なんじゃないかなぁーと。ノーアウト1.2塁からどうして進塁させる気持ちの差。つなげようとしなくてもつながるんじゃないかという、チーム打率がいい(誰か打てるはず)ことによるちょっとした油断…何度も書いていますが、これがあったら本当にこわいです。

これだとやっぱりねー。
だって相手ピッチャーもラクだと思うんです。打ってくるしかない…としたら。この同じ局面での攻め方の差…ここのところの試合の攻撃のまずさ打てても点が入らないすべてが表れているような気がしました。この時点で、ちょっとイヤ~~~な流れを感じていました。


早出バント特打ち…前回はあまり長く続くことなく単発で終わったのですが、ギーエン監督は今回はかなり続けていきたいようです。地元紙に対しても、ギーエン監督は、前回早々にやめてしまったことを自分のミス(間違い)だったとコメントをしているのですが、スモールプレーが全く出来てないということの監督自身はチームに相当の危機感を感じているのは確かなようです。

"If they think that was for fun, no. They're going to be there for a long time," he said. "[Friday] they were out there at 4, [Saturday] will be at 3, Monday will be at 2, Tuesday will be at 2, and Wednesday at 2. They're going to show me they want to do the bunting and the little things."

"They're going to be here until they can get it done. … [You're] at the big-league level, make a lot of millions of dollars, you're on a winning team, you have to do the little things to win games."

楽しかろうが、楽しくなかろうが続けていく意向というのが笑ってしまいました(笑)。スモールプレーが出来るようになるまで…という期限。これはいいんじゃないかなぁ~と私は思いました。バントそのものの技術向上もあるかもしれないですが、意識的なものがおおきいんじゃないかなぁ~この狙い。

でもまぁ、監督がこういう風に気持ちを前に出してくれているのはありがたいことかもしれませんね。とりあえず、今日の試合的には、ギーエン監督が思ってるほどの危機感が選手レベルで伝わっているかどうかはまだ出ていなかったように思ったので、徐々に選手自体にランナーを進める意識や1点を取りに行く抜かりなさが戻ってくるといいなーと思います。


まぁ、かなりチーム全体で打ててるとはいっても、3割バッターがヨシとされている中で、そこまで連打ばっかり続くものじゃないですからねー。ホームに戻ってくるまでのロード6連戦で、52回あった得点圏のうちキチンと得点できたのは10回だそうで(涙)ひぇぇぇ…。これだけでもこのところのプレーのまずさが伺えるような気も…。しかも今日もレンジャースはヒット11本で10点、ホワイトソックスはヒット9本で3点。打たれたホームラン数も確かに今日は多かったのですが、でも流れ自体も…という気もします。


さて、ピッチャーのほうですが、バーリー投手については、私自身は3回以外は比較的よかったんじゃないかなぁーという感じでした。あの回以外はテンポもあったようですし、ゲッツーもとれていましたし(^^)。まだ絶好調時よりもフライアウトは多めでしたが(そのためちょっとしたコースのずれでホームランにもなっているところもあるのかなーと思いました。フライアウトを取るピッチャーがコワイところですが、本来彼はゴロアウトを取るタイプなのでその辺りが調整できるともっと安定感が増しそうですよね)、リズムはこの数試合の間で一番良かったように思うので、次の登板でまた良くなってくれたらと思います。次こそ勝ってくれるといいなー。

今日は8回に交代したブルペン陣も打たれてしまったのは、痛かったです。中々得点できない中、それでも3-5と2点差だったところで、リスキー投手とコッツ投手が連打&スリーランホームランで一挙この回4点献上。その後に出てきた新人のトレーシー投手はウィルカーソン選手に打たれたホームラン以外は抑えていましたが、なんともこれから後の時期はブルペンの疲れとの戦いでもあるので気になるところではありますが…。踏ん張りどころ…頑張ってほしいですー。


ただ、昨日私自身ここでガックリ落ち込んだ記事を書いた後、ビックリしたのはシカゴの地元紙が一様にかなり落ち込みモードの記事を書いていたこと。あまりにも楽観視しているのもどうかと思いますが、ちょっとさすがにビックリしました。

…打たれ弱いんでしょうか(ドキドキ)。

実は私シカゴの地元紙をじっくり見ているのは昨年から。フレディが2004年途中に移籍したのですが、そのときちょうど父の入院と重なって結果をみるだけでめいっぱいだったので地元紙は当時見れてないんです。…つまりガンガン押してたときの地元紙しかわからないのですが、めげるの早くないですか~、ちょっと>地元紙記者さん。

ナリーグ東地区のブレーブスなんて、トップと12ゲーム差があっても、クローザーにインディアンズのウィックマン投手を迎えて『これで2006年のプレーオフに近づける!』と地元紙は強気発言していたんですが(ただしワイルドカード4.5ゲーム差だから狙えるというのもあったと思うんですけどね)、なんだか真逆感が(汗)。この辺昨年優勝したチームといえども、常勝(というかプレーオフに安定して出場している)チームとの違いなんでしょうかね。うーん…。

でもねー。

With 10 games remaining against the Tigers and 67 games remaining on the season, Guillen doesn't want his team counted out by anyone, especially his players.

そうそう、ギーエン監督の言うとおり、残り67ゲーム落ち込んでいる時間は残されてないと私も思います。ぜひともHead upして1点を取りに行けるチームづくりが出来るといいなと思います。まずは1勝ずつ…積み重ねていくことが大事でしょうね。頑張れ!


…でも、この状態で明日フレディ…う。
ひえぇ~~~~~。なんとか頑張ってくれるといいんだけどなぁ。明日はスカパー!放送があるので見ようと思いますが…ちょこっと不安(汗)(ノ_-;)←チキンハート。
コメント
この記事へのコメント
バーリーがんばって!
バーリー3回以外は良かったんですね~~
よかったよかった!^^
徐々に悪い場面を縮めていくことで補正されていくといいですね。

>、めげるの早くないですか~

私もそう思いますー
そもそもワイルドカードでトップなのに。
打線の数字を見てもズルズル落ちるようには思えません。

地区首位との差が5ゲーム前後ってあっという間にひっくり返る位置です。
コントレラス、ガーランドが立ち直ってるのもかなり明るい兆しだと思うんですけどね。
コントレラスは記録が途絶えたあたりで不安定な方に転びそうだったのによく崩れなかったなーと思います。
このあたりは苦労して鍛えられたんでしょうか。

でも「連」がつくのは勝だけにしてほしいですよね。
わかってはいても落ちこみますもんね。(; ̄ー ̄)

ここのところのチームの不調ってバーリーの不振も一つの要因だったんじゃないでしょうか。
彼はチームの柱だと思うんです。
バーリーが失点抑えられるようになってきたらだいぶ違いません?
責任重大ですね。

それにしてもバント練習してるって偉いです!!
こういうのボストンもやって欲しいなー
2006/07/22(土) 23:01 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
きょうはここまで
きょうはここまでともともとホワイトはプレーされたみたい…
Freddyがともともがここまでともともと早出した?
Freddyはソックスがプレーしなかったよ。
2006/07/23(日) 16:53 | URL | BlogPetのFreddy #-[編集]
ありがとうございまーす
>aoiさん
こんばんはー。そうなんです。
ホントに今までに比べると結構落ち着いていたと思うんですけどね~、この日のバーリー投手は。こうなってくると次が楽しみです。確かに彼はね、精神的支柱でもあるから、彼がこの間までの失点をするのと、フレディが同じような失点するのとではチームでの不安度は違ってると思う。だから少しでも前に進んでいるというのはチームにとっては好材料でもあるかなーと私も思うよ。

めげるの…結構早いと思うんですよ>地元紙。
ホントに…。私自身、もちろん楽観視どころか今後も厳しいと思うので、そんなにお気楽~~な記事を書いていたらどうかというのはあるだろうけど、逆にシカゴの地元紙ってものすごくシビアなこと書いてあったりして、あららら…って感じなんです(笑)。head up発言で持ち上げてるのがギーエン監督なんですが、きっと記者会見のときお通夜みたいなことになってるんじゃないかと不安です(笑)。

今日はねー、そういう意味ではタイガースもツインズも負けた珍しい日だっただけに勝っておきたかったけどねー。でも負け方自体はこのところで一番マシだったかも。昨年実は連敗続きで大ピンチになったとき、残された時間がなくて何とか逃げ切れたって感じになったんだけど、今年は立ち直るも落ちて行くも時間がたっぷりあるのでどういうチームになるのかお手並み拝見といきたいところではあるなー。6割の勝率キープできるようにがんばれるかどうかだろうね。

うん。確かに連敗はブルーになるよねぇ。ただ、こうなったらここからどうしていくのかホワイトソックスというチームと監督に結構楽しませて貰おうと思ってるところ。この後ツインズだから、勢いの差は歴然だからねー。むしろあやかりたい(笑)。まぁなんにしても立ち上がる力があるということを見せてもらわないと…とは思ってるけど果たして?!というところかな。

バント練習、実はギーエン監督…一番張り切ってる感じが(笑)
監督も自分でやって見本見せたりしてたし(スカパー!で映ってた~~)。オレの方がウマイなんて選手は恥じるべきだ!とまた毒舌モードで笑わせていたよ(笑)。でも選手たちもここから何かを感じて立ち上がってほしいな。まだホームランしか点採れてないからなぁー。


>BlogPetのFreddyへ
もしもし?かなりビミョーなところに投稿するね。びっくりしたよーー。

ええ、今日はアナタは良いピッチングしていましたよ。でも早出してたかどうかはしらないけど(笑)。今日のピッチングを続けるようにしっかり頑張って!野手も打てなかったことは一番解ってることだから(^^)。
2006/07/23(日) 18:56 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
こんにちはー
Masaさん

こんにちはー。しょうもないなんてとんでもない!現地のナマ声をお聞きできるなんてそれだけですごいことです。いつもありがとうございます。

気持ちの整理…わかりますよ。ええ、今回の連敗重たかったですものね。今日ようやく良い形で勝てて明日からのツインズ戦も少しいい試合をしてくれそうな…感じも(状態的には手強さすごいですが)。

それにしても…こういうイベントもあるんですかー。おもしろーい!リンク先で初めて髪型をみて納得(笑)これは見ないとわかりにくいですね、ホント細かに説明をいれてくださってありがとうございますーm(_ _)m。

わわわ、この髪型になにかバーリー投手圧倒されたとかそういうことってないですか?(笑)。球場でカットをしてくれるなんてすごいですね。ここでカットして貰った人って多かったのかなぁー。そういえばギーエン監督Jr. クーパーコーチなどがトーミカットにしてもらったというのをスカパー!で言ってましたが、それはこのバーバリーがカットしたのかしら?バーリー投手のヘアカットはいつも通りで良かったです(笑)。マレットヘア…のバーリー投手…想像すると何かちがーう!(笑)。やっぱりこれからもしなくていいです(想像しなくてもいいんですが(汗))。

昨日はジェンクス投手が残念でしたね。でも彼もセーブシチュエーションになかなかならないこともあって気持ちを入れにくくなっているかもしれませんね。早くそういったシチュエーションを作って彼にバトンタッチできるチームに戻って欲しいです。

明日のツインズ戦いらっしゃるんですねー。バスケス投手にカツ入れてきてください(笑)。彼もスイスイ行ける回と捕まってしまう回が激しいのであれさえなんとかなれば…とは思うんですが…。明日はみんなで騒げる展開になるといいなー。日本でも放送があるのでチェックしたいと思います!!

ところでMasaさんチキンがお好きじゃないんですか?
私なんて共食い(汗)…もといチキン大好きなチキンハートちゃんです。

お仕事お忙しそうですがお身体には気をつけてくださいねー。日本はなかなか梅雨があけません~~~(涙)。
2006/07/24(月) 16:01 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。