スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちまたの動きあれこれ…
2006年06月27日 (火) 14:22 | 編集
今日はホワイトソックスお休みでお気楽…といいたいところですが
いや~~、強いです、タイガース。
ライバルチームとしてあっぱれ!ですよ~~、ホント。

首位タイガース4連勝 Wソックスに2差

お休みの間も着々と…勝ってくれて…0.5ゲーム差まで詰め寄っても、ちょろりと負けちゃえば、あっという間に2ゲーム差くらいはボボンと離されちゃうという感じです。タイガースは今日からアストロズ戦。昨日ブルペン総動員でプレーしただけに今日は大変だったと思います>アストロズ。でもこうなるとやっぱり負けても強さを発揮できたとはいえ、やっぱり勝っておきたかったなーなんて(ゲンキン!)。それにしても、まるで根比べ状態~~あうう(苦笑)。ホワイトソックスも明日から頑張ってほしいです♪


そして今日スカパー!でドジャース対ツインズのゲームをやっていたのでつけながら作業をしていたのですが、マウアー選手のクラッチ度はすごかったです。
最初逆転するときのみならず、ここぞで追加点欲しいぞ!という場面でランナーを溜めて回ってくるんですよ、彼に。しかもその上打っちゃいますから(いや~~圧巻でした)。あのクラッチ度はすごいです。…というか、チームとしても今マジメにツインズ強いですよね。前半がやっぱりエンジンかかってなかっただけって感じだったんだろうなーと思います。今日の先発は今シーズン最初調子が出なくてブルペン行きも体験したシルバ投手だったのですが、頑張っていました。今のツインズ…当たりたくないなぁ(笑)←正直。

そういえばマウアー選手って、全米ドラフトナンバーワンでツインズに指名されたそうですが、本当は当時ツインズとしては現在カブスのプライアー投手が欲しかったんだそうですね。でも、彼のバックにはあの有名な(笑)ボラス氏がついていて、恐らくツインズが指名しても金額でアウトになる可能性もある…とあって地元選手でもあるマウアー選手を指名したのだとか。こうやって考えるとスカウトの見る目がものすごくあったということなんでしょうねー。すばらしい! メジャーのチームのみならずチーム組織を考えるとやっぱりこういったスカウトの存在は大きいなぁと思いますし、フロントやスカウトに至るまで動きのいいチームが長い目でみたときに長く活躍できるチームづくりが出来るのかもしれませんね。

ホワイトソックスがチームとして単に不振だから!とアンダーソン選手をカンタンに落とさないのも、もちろん彼の守備力や3Aに彼に変わる右バッターの外野手がいないということもありますが、彼が2003年のホワイトソックス1位指名選手ということもあるみたいです。ウィリアムスGMからすると、自軍のスカウトが目を付けて1位指名したことに対して彼らが目をつけたのだからきっとこのままで終わらないはず…という敬意と信頼感を表現しつつ、最大限のことはしたいというのがあるというのは以前どこかの地元紙の記事で読みましたが、こういった見えない信頼関係を築くのもまたひとつなんでしょうねー。またアンダーソン選手もこれに応えていってくれると最高なんですけどね(これが一番!)。

ホワイトソックスネタでもうひとつ余談ですが、ボラス氏といえば、ホワイトソックスのウィリアムスGMもかな~り警戒していて、現在彼のクライアントはクリーディ王子だけになってます(笑)。よほど契約の際ややこしくなるのが目に見えているのかな…という感じも(露骨にいやがってるなー(笑)…)。


さてさて、先日も書いた7/31のデッドラインの話。
実質のデッドラインが7/31というだけで、実際GMはすでに動き回っているという感じになるんでしょうけど(もちろん契約がからむだけに昨日話して明日決まるなんて簡単なものばかりじゃないでしょうし)、どのチームがどう動いてくるのか気になるところです。


昨日はダイヤモンドバックスが契約を大半残して$22Mの支払いが残ったまま解雇(それでも枠をあけたかったのでしょうね)したラス・オルティス投手のオリオールズ入りが決定。

Ortiz excited by 2nd chance

どうも地元紙を読んでいると、ブレーブス時代に自分を見てくれたマゾーニコーチがいることがものすごく大きかったようですね(当時20勝したわけですし)。もちろんオリオールズが支払うのはメジャーリーガー最低年俸分($327,000 )だけ。今年の成績はイマイチ(0勝5敗で7.54 ERA)ですが、もともとの力量があるだけに先発ピッチャーがぱっとしなくて困っているチームは最低年俸で契約できるんだし試してみてもいいのでは?なんてお気楽に思っていたのですが、興味を持って声をかけてきたのは5球団だったのだそうです(具体的にはわかりませんが)。

そういえばキャッチャーのロペス選手ともブレーブス時代バッテリーだったんですよね。これも大きいかも。この移籍、マゾーニコーチの元でどういう形になるのか興味あります…個人的に(^^)。復活してくれたらオリオールズにとってものすごく大きなものになりそう。


そしてホワイトソックスとしては気になるのがタイガース。
こちらも…動いてるみたいですねー。ピッチングスタッフもアリーグのみならず球界を通じてダントツ首位という防御率を誇っているこのチーム。ホームラン数もすでに三桁打って上位にランクインしています。ハタから見てると、…なにが不足?という感じもするんですが…。

彼らの狙いは左バッターだそうです。

もちろん今年は狙えるワールドチャンピオンですから絶対取りに行きたい!とかなり意気込んで考えているような雰囲気。

ここで出てきてるのがフィリーズのアブレイユ選手だそうで。アブレイユ選手って昨年オフからやたらと名前だけあがってますよね…なんだか。

Abreu could be right man from left side←タイガースサイド
Gillick says Phils aren't interested in dealing Abreu to Tigers←フィリーズサイド

フィリーズサイドとしてはこれ以上打撃力を落とすというのは…というのがあるようで現時点ではNOという感じの記事が地元紙に出ていました。これで立ち消えになるのかなー。ただ左バッターが欲しいというのはかわりなさそうですけどね。

タイガースとしては、若手のプロスペクトピッチャーや野手のモンロー選手、インファンテ選手を出すことも考えてでも…というスタンスのようで本気モードだったみたいですが。フィリーズサイドとしたらインファンテ選手よりもパンチのあるテイムズ選手が欲しかったみたいです。ちなみにアブレイユ選手にはノートレード条項があるようですからこれもネックなんでしょうけどね。ただ逆に名前が出ているモンロー選手たちからするとイヤだなぁ…ってなところでしょうけど(泣)←リングの可能性で今すごいモチベーションだけに…。

逆転決定があるのか、それとも他の選手が引っ張ってこられるのか…どうなるのか気になるところではあります。


で、一方のフィリーズのことも少し。
フィリーズは現在2位とはいえ、メッツに12ゲームも離されている状態。このままメッツがある程度の通常の勝ち越し状態をキープすればかなり逆転自体厳しいのは確かに…。

この時点でどうするかということは考えるべきだ!いうのがフィラデルフィアの地元紙の見方のようでコラムが書かれていました。これを見ているとものすごくコラムニストの方冷静~って感じ。かつ、こういう状態の中にいると否が応でもGMも決断を迫られるのでチームとしても動きやすいかもしれません。

キーワードは"QUICK!"と書いてあるように、決めるなら方向性をさっさと決めてねっていう感じですね。

先日マリナーズ関連の記事で、動くかどうするのかわからない…ということを書いたばかりですが、こういう記事を読むと、シアトルの地元紙ももっとフロントにたきつけてもいいんじゃないかなぁ~と思ったりしたりして(ダメですか?)←短絡的。しかもフィリーズのGMって元マリナーズのGMもやっていたパット・ギリック氏なんですよね。なんだかこうやって他チームに行ってバリバリこの時期から動くというのを見ているとマリナーズに所属すると動きにくい何かがあるのか?という感じもしないでもないですが。

Jim Salisbury | Time is running out for a Phillies playoff run

余談はさておき、もちろん首位じゃなくてもプレーオフに出る方法はあります。それはワイルドカード。で、ワイルドカードの順位で見てみると、フィリーズは首位と5.5ゲーム差ということになりますが、ただ8位という位置なんですよね。つまり自軍の上にいるチームが7チームもあるわけですから、自軍以外全チームが絶不調になって首位に出るなんてちょ~~楽観的なことを考えるのは厳しすぎ…だということになるわけで、地元紙もこのことをしっかり指摘していましたが、確かにトーンダウンしてしまう部分ではあるんだろうなー。

Quick is the key word. Right now, this team is walking the fault line that all mediocre teams walk in late June. Will the Phils try to acquire pieces to make a run at the playoffs, or will they sell off pieces and set their sights on next year?

しかも、昨日の段階で15試合中12試合負けてきているという状態もあり、こんな勢いでプレーオフが狙いにいけるのかどうか?というのも疑問ということも書かれています。結構厳しいメディアですね~~。

ギリックGMも実際現時点では2007年の準備へ移行する方向の可能性は認めているようですね。まだ確定はしてないようですが…。

General manager Pat Gillick admitted that there could be a time when 2006 becomes a preparation for 2007.

"But we're not close to that yet," he said.

ただ地元もこういう論調であるのなら、ここ数週間で動く可能性はありそう…ということも。

Gillick could be a busy man if he pulls the plug on this season in the coming weeks. He could have two lefty relievers to deal in Rheal Cormier and Arthur Rhodes. Heck, Tom Gordon might bring a pretty price if the Phils were ready to look for another closer this winter. Some team could find Cory Lidle or David Dellucci attractive. Abreu and Burrell remain available, but both are expensive. Abreu recently has drawn interest from Detroit, and the Red Sox would love to have him, too.

今年は諦めてないチームも結構多いだけにかなり巨大セールスになることも有り得るということになるのでしょうか?果たして??です。

でもフィリーズ実はこのところそれだけ負けていても、実は35勝していて、先日諦めず補強をする!と断言していたエンジェルスと同じくらいなんですよね(西地区最下位…とはいえまだ上が見えるという順位差)。一方フィリーズは2位でも諦めざるを得ないかもしれない状態…(泣)。仕方ないことですがなんだかディビジョンの運ってあるなぁーというか、つまり…勝率以上にディビジョンの差でこれからの対応は大きく変わるんだなーなんて改めて思いました。


そしてタイガースともうひとつアリーグ中地区で快進撃を続けているツインズ。ツインズは6月頭に負け越していましたが、6/8以降14勝2敗と快進撃のまっただ中です。しかし…同時に首位タイガースも14勝3敗、2位のホワイトソックスも13勝3敗とあって差が全く縮まっていないというのが辛いところだという話が出ていました(6/8時点で首位と11.5ゲーム差→現在11ゲーム差)。そうですよね、ホワイトソックスもつらいけど、ツインズもつらいですよね(涙)。

Twins' horrid start hurt

この中でツインズのテリー・ライアンGMは現時点のゲーム差がある限りは特にデッドラインで動くつもりはないということを明言されていました。ただし、5.6ゲーム差に詰まったときはプレーオフを目指すべく新たな戦力を入れる(ショッピングをするということですね)とのこと。こういうことも明確に言われるとわかりやすいですよね。しかも納得するし。

ツインズ的にはもうひとつハンター選手とどうしていくかもキーになりそうですね。

Hunter needs a long-term deal to be here when stadium opens

彼の一番の問題はドームで人工芝というところのようです。天然芝でプレーをしたいというのがあるようですね。来年はチームオプションがあるので今すぐ動向という問題はないと思うのですが、ツインズの新球場は2010年にオープンするのでそれを絡めた契約ではないと厳しいのではないか…と書いてあるあたり、今後を見据えてチームがどうするか?というのは人気選手だけに気になるところなんでしょうね。


ホワイトソックスはリスキー投手の補強があって、今のところセンターをどうするかという話もありましたが動きはなさそう。ウィリアムスGMのことですからわからないんですけどね(笑)。ただウィリアムスGMはこのところのいろんな騒動のほうが大変かも(汗)。それでも、今日の地元紙にはギーエン監督としっかりコミットメントし、実際に彼自身もそれをガッツリ受け止めたみたいですし『もしオジーがスクーリングさせられるのなら自分も一緒にそのクラスを受けるよ』なんて言ってくれるGMですから(涙)ホント感謝感謝なんだろうなーと思ったり(ホントですよー)。

いずれにしてもこれからGMの動きどころになりそう~~。
どんな意外なトレード話が出てくるのか楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
気になりますね~
ツインズ、やっぱりチームが乗ってる時期なんですね。
じゃ、こないだのも仕方なかったと思おう^^;
フィリーズは売り手かも。
ローワンドも出したりして…。

ボストンのことを言えば、軸になる投手がシリング、ウェイク(また今日勝ちそびれ…)、ベケット。
レスターが使えそうなことと、あとはJason Johnson、Kyle Snyderで補えると考えてるはずで、もしウェルズとクレメントを捨てるにしても大きく身を削るようなことはしない気がします。
ただ夏のトレードで動かないはずがないので何かやると思いますけどね。
今はプロスペクト使ってなにやら交渉してるみたいですけど。

ブルペンは新人のHansen、Delcarmenを使えるようにしたいようで、あとは補強もあるかも。
ちょっと問題な人たちもいるんで…
OAKは今年もビリー・ビーンが何するか楽しみですねぇー
やるなら打線の補強でしょうか。

そういやESPNのBUSTER OLNEYはボンズが行くとしたらNYYかDETだって。
DETこんなに強いのに補強に関しては名前があがりますねー
勝つ気満々じゃないですか~。やだな。。
故障者続出なのにキャッシュマンの動きがあまり見られないんですがきっといい獲物狙ってるんでしょね…。

それとシアトルなんですが、デッドラインで動かないのでは?
勝率も上がっているし今年はこれで行こうと思っているんじゃないでしょうか。
ただ来月以降、アリーグのいい投手抱えてるチーム(うちじゃないですよ)と当たりまくるんで、今みたいに打てて守れるのかな…LAAがきっと大型補強するんで何か手を打ったほうがいいと思うんですけどね。
ペタジーニはとっくにトレードに使っていても良かったと私も思ってます。
2006/06/27(火) 19:52 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
絶好調…しかし…
6月に入って最初は1勝5敗と相変わらず低調だったものの、
その後なんと15勝2敗と今までが嘘のような快進撃が続くMIN。
これでようやくDETやCWSの追撃開始!と思ったら…

ぜんぜん差が縮まってないんですがorz

ていうか2チームで結託してワイルドカードのハードルをどんどん高くしないでください(泣)

まあ冗談はともかく、今日はマウアー先生が久しぶりにヒット連発、しかもクラッチでgamedayを見ながらぼくご満悦状態でした。
先発投手もサンタナは相変わらず頼りになるし、
リリアーノはイキのいい投球をしてくれるし、
ラドキーとシルバはだんだん復調してきてきて
なかなかいい感じです。
打線もマウアー先生を中心にモノーやカダイヤーがなかなかのクラッチぶりでこちらも好調。
まあ勝っても勝っても差が縮まらないのはキツイのは確かですが、
勝ち続ければチャンスはやってくると信じて選手たちには頑張ってほしいです。

で、フラッグディールトレードですが、
MINはやっぱりハンターでしょうねえ。
正直、MINファンになったきっかけを作ってくれたハンターだけに、
もちろん残留してもらえるのがベストです。
しかし、もし出て行くことになるのであれば、
是非ともサードの強打者が欲しいなあ…という本音もちょっぴり…。
2006/06/27(火) 22:24 | URL | えすけい #t50BOgd.[編集]
こんばんは~~!
>aoiさん
そうそう、ホントこの間のは仕方ないですよ。ウチも今当たりたくない~~(タイガースもツインズも!!)。これが同地区対戦の時期じゃないだけ救いって感じですよ~~。今日スカパー!のドジャース戦を見ていたんですが、本当にツインズノリノリです。チームとしての流れというか組み立てが本当に良くできていて、コワ~~って感じがしました。

フィリーズは昨日の記事で、この数週間で決めるようになるけどとりあえず目先のボストン戦を…という感じで書いていたので、今日負けて…一層じわ~~っと祖の状態が近づきつつあるのかもしれませんね。ローワンド選手とれるんだったらホントに取りに行くのかなぁ?以前はそういう感じで書かれてたんですけどね>ホワイトソックスの地元紙。最近地元紙もオジー問題でにぎわいすぎててイマイチデッドラインの話題ないんですよねぇー(泣)。

レッドソックスといい、アスレチックスといい、ホントに動くGMさんというのはワクワクしちゃいますね(笑)。そうそう、Snyder投手うまく使えそうですよねー。うまいなぁ、エプスタイン氏。動くのが本当に早いよねー。個人的にHansen投手ってこれから楽しみな感じのような気がしてるんですけど、レッドソックスの中ではどんな感じの評価なんだろう??先発の3本はカッチリしている分、ブルペンが締めてくれると…という感じなのかなー。

アスレチックスもどういう感じなのかまだ記事を追えてないんだけど、今シーズンを見ているとどうも3Aにかなり補強できてる選手がいる感じはするのでこのまま動かないのかなー。ロアイザ投手がこのままダメモードだったらやばいなぁというのはあったんだけど、昨日完投していたし、第1段階クリアって感じかなー。いずれにしてもけが人が多いというのがアスレチックスの一番悩みどころなんだろうなーとは思うよー。このあたりまた記事をチェックしてみよう…。

おおおお!やっぱりねー。ボンズ選手、やっぱりそうなのかー。
わざわざあのスタジアムを出て…というのを考えると、ホームランがある程度打ちやすいか、ワールドチャンピオンが狙いやすいか、知名度があるか…なにかしらがないと危険が大きいと思ったんだけど、それなら解る気がする(…って相手が欲しいかは別ですが)。キャッシュマンGMはきっと今頃しっかりと策を練ってそうなイメージがあるよ。ヤンキースが動かないってことはなさそうな気がするもんね。いい獲物…どんな感じなんでしょねー。

そうなのよ、タイガースバッチリ動く感がありそうだから、いやーん…って感じなんだけど(笑)。ドキドキするなぁ。

うん、ほんと、マリナーズは動かなそうだねー。
…というか実は昨日のシカゴの地元紙にマリナーズがインターリーグ好調だということを記事にしたものが載っていたんだけど、それにバベシ氏のインタビューが載ってたんだよー。これこの記事を書いた後で見つけたんだけど、aoiさんに言いたかったんだ。

Mariners thrive on interleague
http://chicagosports.chicagotribune.com/sports/columnists/cs-0606250059jun25,1,3198658.column?coll=cs-home-headlines

この中のこのところマリナーズが勝っていることの要因としてバベシ氏が話しているコメント…シカゴの新聞だからわざわざ詳しく話す必要がないからそんなこと言ってるんだよねって感じの内容でした(マジで言ってたら笑いますが)。
"You sleep better, food tastes better, everything's better," Bavasi said about winning. "Most of our issues have been scoring runs, and now we're scoring a few runs."
よく寝て、よく食べて…なんて子供への言葉みたい(笑)。このところ打てるようになってきているからチームのために動くことは別段心配してなさそうだよ。…というかピッチングスタッフについてはここには全く出てなかったけど、やっぱりそのままで行くのかなーという感じがする。ガルダード投手とかあのまま使っていくんだろうけど…腐りきらないならいいなぁ。いずれにしても、マリナーズはピッチャー整えた方がいいような気がするんだけど、打力の方がキーだと思っているのかな…これだと。スケジュール的に来月はそんな感じなのね、前にMCTさんが7月をとるチームが勝てそうって言ってたけど本当にそうかもね。

ペタジーニ選手は私もあのまま置いておくだけなんだったらピンチランナーででも使える選手を用意したほうが良さそうな。…なんだかもったいないような感じがするんだよねー。でもそのままなんだろうかなぁ…。

LAAは前回の記事を見ているとかなりマジって感じがするので、どういう契約をまとめてくるのかドキドキするけど、実際今日ロッキーズに負けたなーと思ったら逆転劇をしていて勢いが出てきたら補強と絡み合ってコワイかもしれないなーって思ったよ。


>えすけいさん
こんばんは~~~。いや~ツインズ強いですよ。ホント今日も圧巻というか、ここぞでのタイムリーはすばらしかったですねー。マウアー先生は出てくるとなんだか打ちそう…って感じが漂ってましたよ。しかもランナーしっかりたまった場面で登場しているし。これ、すごくチーム状態がいい証拠のような気がします。流れをぐいぐいと引き寄せてるというか。今当たらなくてよかったー(笑)←チキン。

個人的に今日シルバ投手が落ち着いているピッチングが見れてうれしかったです。前半本当にすごい状態だったのでシーズンどうなっていくんだろう??って思っていたんですよー。でもその間リリアーノ投手も実力を発揮してダブルで活躍できるようになっているし、サンタナ投手はやっぱり?っていう貫禄ですものねー。いやいやホントすごいです。あと、個人的にはモーノー選手も今までの病気やケガを越えて頑張っている選手ですしぜひともググンと実力発揮して欲しいなーと思っていますよ(対戦の時は…ですが(笑))。

でもこういう快進撃をするというのは選手たちにものすごくプラスのものを与えてくれてると思いますし、パワーの源になっていると思います。ホワイトソックスもそうですが、ホント3チームの根比べ的な感じになっていますが、それぞれ負けないぞ~~という感じで選手の力量が上がってくるとすばらしいことになるんでしょうけどね(でもタイガース強すぎるけど(笑))。

いやいや、ホワイトソックスもホントついていくのがめいっぱい…というか勝っても勝っても縮まらないんですよね、差が(汗)。気持ちわかります~~~。タイガース強すぎ!

やっぱりハンター選手ですかぁ…。
気になりますね。うーん、地元紙にも書いてありましたが、ファンへの人気ももちろん、クラブハウスでも雰囲気作りをしていくのが上手な選手というのがあるということを書いていましたからね。しかもお金の問題よりも天然芝でのプレー…に思いがあるというのがまた…(涙)。ハッスルプレーヤーだけに思い切って飛び込んだり出来る環境というのもありますし、ケガのこともあるのかなー。2010年…うー、どうなるんでしょうね。私もハンター選手といえばツインズのイメージが強いだけに…、ホント良い形になるといいですね。
2006/06/27(火) 23:09 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
ほほーーぅ
これがGM連絡網から外される原因?>よく食べて

インターリーグが終わってオールスター明けからどうやって戦うの?
何も考えてないよねえ。(°_°;

シアトル首脳陣はビーン的手法、サイバーメトリックに反発してると聞きます。
これってOAKと同地区になってしまった悲しさ?
SEAもこうして数字を出すんですけ持論を正当化させるための材料にしてるように思えてしまうんですよ。
そんなことのために数値を出し合ってるわけじゃなくてこれからのチームを良くするためのものなのに。

トレードの話がどんどん活発になってるんですけどファンの妄想と記者の予想と実際の話が一緒になっちゃってどれがほんとなのやら…
決まるまでわかんないですねー
なんか今、マーリンズのDontrelle Willisが果たしてどこかへ動くのかって話題になってますね。
やっぱりボストンの噂はピッチャー中心です。外野は余ってるし。

あ、あとやっぱりツインズ凄いですね。
確かに今3位でゲーム差は開いてるけどそんなことで安心はできないチームに思えます(-_-;
2006/06/28(水) 20:13 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
ね~~!
aoiさん

こんばんはー。
そうかもしれないよ(笑)>はずされてる原因(汗)。

そうそう、シアトルの首脳陣の話は私も聞いたことがあるよ。そうかもしれないよね。私も持論が的確なものとはどうしても思えないんですよね~~。なんだか後付的な感じのような気が…。もっと持論があればそういう路線を保って補強って出来ると思うんです(カットするにしても)。エプスタインGMとかってホント方向性が明確ですよね。しかも早い(もうカットしてるし)。

今日も打線が打ってたし、バベシGM的にはこれで良い感じなのかもしれないね。ただ気になるのはこちらのイチロー選手の発言。

イチロー巧打マ軍約3年ぶり月間勝ち越し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060627-00000112-nks-spo
この中の記述で
…「後ろ(終盤の中継ぎ)と、29番と44番(背番号)が打ちゃ得点が増えるのは当たり前のことで」と言う通り、今月は終盤で中継ぎが安定感を見せ、ベルトレ、セクソンのバットが振れてきた。歯車がかみ合い出したマ軍は今月、すでに03年9月以来の月間勝ち越しを決め、今月4試合を残し15勝7敗。勝率5割復帰までも、あと1だ。
 それでもイチローは言う。「今言ったメンバーがもし計算できなくなったら…。だからすごい強いわけではないです」。チームが一皮向けたかどうか。それが見えるのはこれからの戦いとなる。
…というところがあるんだけど、ホントに。イチロー選手は冷静にこの件については解ってるんだと思うなぁー。だからこそ、ちょっと首脳陣のほうがのんきな気がするんだよね(汗)。打線って水物だもんね。

でもバベシGM…その言葉がなかったのでどうなのかなぁ…まぁシカゴの新聞に話しても仕方ないのかもしれないけどね。あのまま行くのかなーって感じかな。

今日も打線は良く打ってたんだけど、ピッチャー総動員的な状態にしてたからね(絶対ハーグローブ監督ってナリーグ向かない…と思う…個人的に(汗))。途中追いつかれたので仕方なかったというのもあるけど、ブルペンが今後へばらないかは心配。夏場に向けてピッチングスタッフのへばりは絶対計算しておかないとというのがあるもんねぇ(投手をマイナーとメジャーで入れ替えて補充するというのもいつまでも出来るわけじゃないし)。ホワイトソックスではしょっちゅうブルペンを使いすぎないことを話題にされているだけに余計にこのマリナーズのピッチャー大盤振る舞いが素直にすごいなぁーって思うんだけど。

そうそう、トレードの話ホントごっちゃごちゃだよー。
D-Train投手ホントに動くのかな?だとするとビッグトレードだよね。今日はドジャースが動いてたね。タンパベイからトビー・ホール選手とヘンドリクソン投手を獲得してた。いずれにしてもいろんなところが密かにちょこちょこと移動してるんだよね。気付くとあれ?この選手このチームだったっけ?なんてことありそー(笑)。

シカゴはもっぱらオジートークで話が…(汗)。
特に地元紙のひとつシカゴサンタイムズのコラムニストに対しての発言についてからはじまってるから、サンタイムズはとにかくオジー問題をメインにとりあげててね。あまりに続いているとちょっと新聞社もいい加減にしたほうがいいのにって思うよー。チームとしてはギーエン監督がメディアに叩かれてもチームを休みたいとかめげてるというのがなかったことがかえって監督としてやり続けて欲しいと思ったという方向になっているんだけどね。トレードトーク…どうなのかな?元々ブルペンとセンターが課題だったんだけど、今のところ様子見って感じかも。

ツインズは強い!ゲームが作れてるし今本当に当たりたくない(笑)チームだなぁ。そうそう、ギーエン監督がラルーサ監督と再会したときに『アリーグ中地区へようこそ。この地区はピッチングスタッフがすばらしく、いかにウチがキツイディビジョンの中にいて戦っているのか解って頂けると思います』と語ったそうですが(笑)、ホントツインズもタイガースも…ピッチングスタッフが締めてくれるから強い!しかも、連勝してても、1敗が命取りになるからコワイよ~←今2ゲームになっちゃったし(汗)。

レッドソックス、連勝続くといいね!
2006/06/29(木) 00:13 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
おおっ!!
イチローは冷静だね!彼は地区優勝を考えてるんだろうね。
ほんとは首脳陣や監督がそうでなきゃいけないのに。

ボストンも今勝ってるんだけど「連」にこだわるよりも問題なのはトータルで見た数。
インターリーグじゃ何もわからないな~…だってみんな勝ってるんだもん^^;
ただ打線がいくら好調でも投手の出来不出来は見えてくるんでそこをチームの目安にしてます。

勝敗を決めるのは9月の投手陣の状態じゃない?
その時期に1-0で勝つことが大事であって。
チームには打線が好調なうちにそのへんを整えてほしいな~

TBとLADのこないだのトレードはTBが損してるような気がするんだけど、凄い投手でも貰い手があるもんだね。
トレードに希望が持てます 笑
2006/06/29(木) 22:52 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
さすが!
aoiさん
そうなのよー。アリーグ西地区というのがものすごく可能性があるだけに、やっぱり狙いたいと思うよね。そうじゃないとここまで来た意味だってないもん、イチロー選手だって絶対欲しいのはやっぱりリングでしょ~。マリナーズに関しては今の快進撃も、後半の逆転もすごく良い状態だと思うから、それを喜んで咀嚼するのはファンと選手に任せて、首脳陣は前見てて欲しいんだけどねぇ。ファンは大いに喜んで盛り上げていけばいいと思うんだけど、首脳陣だけはもし優勝したいのならそこは喜ぶところと違うよというか…(笑)。

aoiさんやっぱりさすが!
でもね、レッドソックスの連勝はマジメにすごいと私は思ってるよ~。だって強いチームと対戦しても負けてないから。メッツはナリーグで最もホットだしね~。今日の試合はスカパー!でなかったのが残念なんだけど、明日はあるみたいだからまた赤靴下チーム見ようと思ってるよ♪ホワイトソックスと違ういいところがあるだけに興味あるし←ミーハー。

そういう意味ではホワイトソックスもナリーグの中地区上位3チーム(レッズ、カーディナルス、アストロズ)との対戦で1敗しかしかったかことはよかったと思う。…でもタイガースは、これ全部スイープしちゃったからなぁーすごいよねぇ(笑)。

そうそう、アリーグ今回のインターリーグ総じて強いよね。だから実力ははかりにくいところはあると私も思う~~。だってこれから戦っていくのはアリーグのチームにとっては相手はあくまでもアリーグだからね。今日のマリナーズ戦で解説の人もいってたけど、ナリーグって傾向的に結構投手が力勝負に持っていく配球があるみたいだから、この後アリーグ同士の対戦でタイプが違うアリーグのピッチャーをちゃんと打てるかどうかというのが打線で一番ポイントにはなるのかもしれないね。

>ただ打線がいくら好調でも投手の出来不出来は見えてくるんでそこをチームの目安にしてます。

ズバリ!そう思う。私も。
打撃不振になっても耐えられるかどうかはやっぱりチームとしてピッチングスタッフの安定になるわけで。タイトな試合で勝つことってやっぱり必須になってくるしね。…となるとタイガースもツインズもすごいピッチング今絶好調だからねー。やっぱり実質が強いんだなーって思うよ。

そうそう、やっぱり夏を越えていくとブルペンがどうしても疲れてしまうしね。ホワイトソックスの昨年の状態を見てると顕著。8月.9月なんて本当にピッチャーがかなりヤバモードだったからね。それでどんどん負けていっても貯金があったからギリギリで耐えれたけど普通だとあれはやばかったと思う。レッドソックスにしてもヤンキースにしてもやっぱり強いチームはヤマの越え方を知ってるんだと思う。だから最終的なところで強いんだろうなーと思うしね。アスレチックスもその辺りが怖がられているところなんだとも思う。ただインターリーグがメチャ弱いからねー、この辺りどう出てくるかってところなんだろうけど。ホワイトソックスには昨年その経験がなかったけど、今年は昨年の経験が有るから少しはこれに対処してくれることを願うけど…。不安(笑)。

あははは、TBとLAD私もおもったよー。いいの?というかんじするんだけど…。でもこのトレードの行く末…最終的にどうなるかなーというのは楽しみ。本当にトレードってビジネスだよね。やり方によってこういうこともできるんだなーというか。トレードに希望が持てるよね。うん!
2006/06/29(木) 23:22 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。