スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:カーディナルスを2戦連続撃破!
2006年06月22日 (木) 20:39 | 編集
ホワイトソックス2試合連続の大勝!
13-5でカーディナルスに連勝です。名実共に強いチームに対してこういう試合展開になるとは思ってなかったので正直ビックリ~~!

井口、連日の勢い続く 3試合で7安打5打点
井口3打点の活躍、田口も先制アーチ
↑相変わらずのタイトル…と思ったら少ししたらこちら↓の記事が出ていました。
Wソックス打線が連夜の爆発 「好調が伝染している」

もっちろんこの展開素直にキャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!なんですけど、あー、明日がコワイ(フレディだし(汗))←ビビリ代表。こういう流れをくむのってフレディ得意じゃないんですよねー←とことんチキンファン。


まず試合の話の前に今日は田口選手の日記をご紹介…。
田口選手は対戦チームカーディナルスで頑張っていらっしゃいますが、今日の日記、あああ…と思っちゃいました。ぜひ読んで頂ければと思います。

田口選手のオフィシャルサイトの日記はこちらからどうぞ。

これを読んでいると…今のメディアの伝える姿勢、日本人選手の成績を伝えておけばいいというスタンス(昨日の試合でもあんなタイトルをつけるというのと同じことだと思います)…やっぱり(泣)なんですよね…。

ところで、今回の遠征で悲しかったこと。
「2番打者対決ですが、どんな気分ですか?」という取材の多さです。
「井口、田口がそれぞれ2番を打つ」から、2番対決。

だから?

ホンマにそれが、今一番聞きたいことなんですか・・・?
…中略…
もちろん、それをただの「話のとっかかり」にして、本題があれば別ですが、中には真剣にそれだけを聞いてくる人たちもいて、悲しい。

この質問…、私でもどうかなーと思いますよ。ピッチャーと野手の対決ならともかく、野手同士…ですからねー(汗)。直接戦うわけじゃないですし。

で、余計なお世話なんですが、調べてみました(笑)←物好き。
2番対決という言葉が出ていたのはざざっとみてこんな感じでした。

2番打者対決…井口vs田口、一歩も譲らぬ白熱勝負 by ZAKZAK
井口、10度目猛打賞!日本人“2番打者対決”に勝利 by サンスポ
井口 今季10度目“猛打賞” by スポニチ
“2番対決”井口3安打1打点、田口2安打2得点 by スポーツ報知

上二つが結構重きを置いてる感じかなー。…うーん、やっぱり○×▼□※…。あ、おまけで、ZAKZAKのこちら↓の記事…タイトルからすごいんですが(笑)。

井口vs田口の裏で…“北極vs南極”師弟監督対決

ギーエン監督、ケンカ野球が信条だの(確かに熱いし、失言も多々ありますが)、酒焼けした顔だの…表現がなかなか(苦笑)。


で、話は戻りますが、田口選手の日記にはこのようにも書かれていました。

一方で、伝えるべきは伝わらず、興味本位の情報だけが空回りすることもあります。その情報からしかアメリカ野球に触れることのできないファンは、いつまでたってもメジャーの本当に面白い部分を知ることはできません。よく、アメリカの野球ファンは老若男女問わず野球をよく知っている、と言われますが、情報を伝える側の姿勢の違いがそこにあるような気がしてなりません。あえて書きますが、取材中、突拍子もない質問をしてくるのは、まず間違いなく日本人です。たまにはいいかもしれない。興味をひきつけるきっかけ、という点では、サイドストーリーもきっと大切でしょう。でも、残念ながらそれが主流になってしまうことがあまりに多いのです。

そうですよねぇ~~~。うんうん。

ここからは私の主観的なものですが、日本の報道はスーパースター、今で言えば松井選手、イチロー選手に頼るものから抜け出ようとはしてないんじゃないかなぁと私は思います。もちろん母国のスーパースターをメインに報じるのは当然なのでしょうけど、それはニュースの役目で十分じゃないかなぁと思ったりも。野球ってひとりのものじゃないですからね、彼らもチームのone of themなんですよね。

メディア的にはファンはそういう視点しか求めてないと思っているかもしれませんし、必要ないと思っているかもしれませんが、ホントに確かめることもなくそれ以上を伝えようとはしていないような気がします。早朝からやってるゲームを起きてみたり、仕事の間放送されているゲームを録画して帰宅後見ようと思うファンはその域から出ている人たちだと思うんですけどね。

もっとつっこんで書けば、本当にメジャーリーグの面白い部分を伝えたいのであれば、日本人選手が所属している中でも、他にも強いチームがあるわけだから通常からそういったチームも面白みを伝えていった方が、プレーオフまで楽しんで見れるファンが増えるんじゃないかなぁーとホントは私は思うんですけどね。私自身は日本人の所属にはこだわりはないので面白いチーム&格好いい選手(爆)であればどこでも見たいんですけど←ミーハー、放送するに当たってスカパー!でもない限りはそうはいかないとは思うので…それは100歩譲って…(笑)。

田口選手の所属するカーディナルスは6チームもあるナリーグ中地区のディビジョンで連続して首位を守りプレーオフに出ているチームなのに、2年連続ダントツ最下位だったアリーグ西地区最下位のマリナーズよりも個々の選手の知名度が低いというのは、アメリカの大リーグファンからアンビリーバブルだと言われても仕方ないのかも…と思ったりします(これは自分も含めてです…。マリナーズだとベタンコート選手やフルート投手のクラスまで名前がわかるのに…今回カーディナルスの試合を見ていて結構知らない選手もいて…というのは(汗)でした^^;;;)。日本からすればどこも地元じゃないわけですからね…所属している日本人がそれぞれいるのに、あまりにも偏っているのは不思議に思われるかもしれませんね。

いずれにしても、選手の立場からの田口選手の話も、今までいろんなところで書かれてきたメディアへの一般ファンの思いも…合致している部分なんじゃないかなぁ?と思ったので、シロウトがナマイキ言うようですが、ぜひ今一度このあたりメディアの方にもよくわかって頂けたらありがたいなぁーと思ったりしますm(_ _)m。


さて、余談から入りましたが(長くなりすぎてすみません~~)、今日のゲームについて…。

今日のゲームもホワイトソックスの打線が爆発!だったのですが、先制したのは昨日と同じくやっぱりカーディナルスでした。なんと初回に田口選手のソロホームランで先制です。おお~~!

しかし、ホワイトソックスも負けずとその裏に早速反撃開始。
先頭バッターのポドセドニック選手がツーベスヒットで出塁し、井口選手にタイムリーヒットであっさり同点にすると、さらにトーミ選手のツーベースヒットでノーアウト2.3塁。ここでコネルコ選手が一発!スリーランホームラン…4-1。キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!鮮やかな逆転劇に思わず最初からコーフンモード♪


しかしカーディナルスも今日は即反撃!!
エドモンズ選手がホームランを放ち、ルーナ選手にヒットとMiles選手のヒットでこの回2点を入れて4-3。う…さすが昨日のようにはいかなさそう…と思っていたんですが…

この裏にまたまた連打(おおお~~)。
先頭バッターのマコーウィアク選手、ウリベ選手が連打でノーアウト1.3塁とすると、続くポドセドニック選手がタイムリーライト前ヒットで5-3。さらに井口選手がタイムリーツーベースで続き7-3(井口選手もエンカルナシオン選手のエラーで三塁へ走塁)。コーフンに追いつく間もなく、この上トーミ選手のツーランホームランで9-3。

…(@@)いや~~どうしちゃったの状態です。


3回裏にはクリーディ選手がホームランを放ち10-3とするのですが、このときこのホームランを取ろうとジャンプしたエドモンズ選手が負傷退場。頭をかなり強く打ったような感じだったので大丈夫かな~~と思い見ていました(ホームランも最初取られたのかなと思っていました)。

さらにホームランも取られてなかったのですが、このことで球場がざわざわ…とした中、速攻で花火も上がらず(最後に申し訳なさそうにあがりましたが(笑))、観客席のわーという声もなく…もくもくとひとりベースを回るクリーディ選手もちょっと気の毒だったんですけどね。

その後も、4回には井口選手がファーボールを選んで出塁後、トーミ選手&コネルコ選手の連続ヒットで1点を追加し、さらにピアジンスキー選手のエンタイトルツーベースでもう一点追加。これで12-3。

5回にはウリベ選手がソロホームランを放ち13-3となりました。ウリベ選手、このところ好調なのですが、スタンスをウォーカー打撃コーチの指導の元、オープンスタンスにしてみたのだそうです。

Walker glad Uribe open to suggestion

これで現時点ではリラックスしてボールがよく見えるようになったような気がする…とのこと。この調子で頑張ってくれるといいなーと思います。


さて先発ピッチャーのバーリー投手。奥様も心配だったこのカーディナルス戦(←バーリー投手がカーディナルスの大ファンというのは有名だけに、負けたらわざと負けたんじゃないかと叩かれたりするんじゃないかと不安だったそうです)…勝てて奥様もほっとされているのではないでしょうか。今日は調子がいいという形ではなかったですが、途中要所要所を押さえたピッチングでしのいでいたと思います…このあたりがフレディの大量失点とちょっと違うところなんですよねー。実際この試合のスコアは13-5と大勝的ですが、ヒット数はホワイトソックスは16本、カーディナルスも11本と似たような感じで、実はヒット数あまりかわらなかったりします(バーリー投手も被安打10です…意外)。

立ち上がりシーソーゲームになりそうな勢いだったところ、2回裏に大反撃し、3回表をバーリー投手が打たれながらも無失点で切り抜けたところが大きかったような気がします。流れがひとつ出来た感じでした。6回はポテンヒットの連続と、マコーウィアク選手のエラーなどでちょっともちゃもちゃっとなりましたが、それでもキチンと7回を投げきってくれたこともよかったです!

ギーエン監督は結果バーリー投手が先発してカーディナルスを破ったことを

"He might be sad to beat St. Louis," Guillen quipped.

…とちゃかしていましたが(笑)、バーリー投手にとっては憧れのチームとの勝負は本当に感慨深いものだったのではないかな~という感じがしますね。


この日カーディナルスの先発のマーキー投手は打ち込まれながらも、昨日の試合でかなりブルペンをチーム事情もあってなかなか降りるに降りれない状況の中頑張っていた感じです。これはちょっと気の毒でした。5回を投げてさすがに交代をしていましたが、被安打14、自責点13という記録…。実はそれまで9勝をしているピッチャーなんですけどね。防御率も一挙に4.55から5.53にジャンプアップ!チーム事情とはいえ気の毒な感じでした。


そうそう、途中でベンチで応援するプホールズ選手が映ってたんですが、ものすごく激しく応援している姿…熱かったです。自分が出れないもどかしさもあったと思いますが、やはりこのまま負けてなるものか!という気迫を感じました。試合前の練習風景で練習をしている様子なども映っていましたが、当初言われていたものよりも早めの復帰ができそうだとのこと。よかったです。

プホルス、来週にも戦列復帰か

オールスターもこの調子だと見れそうですね。


そして、ホワイトソックスのほうは8回をソーントン投手が、9回を調整でジェンクス投手がマウンドへ上がりました。ソーントン投手はティモ・ペレス選手に一発を浴びていましたが、10球中7球をストライクで決めるなど、カウントも良いピッチングだったと思います。ジェンクス投手も大差のゲームでありながら2三振を含む三者凡退でかっちりと9回を締め、明日へつなげてくれました(おお~~~!)。


さて…この連戦最終戦の締めはフレディ。
コレが実は一番問題だったりして(笑)。

この流れを壊さず、ナイスゲームをしてほしいんですけどねー(ああ、ホントに不安)。せっかく今日勝ってタイガースが負けた分ゲーム差が久々に1.0まで縮まったので(ず~~~~~っと勝っても相手も強くて縮まってませんでした)ここで一気に勢い付けて行きたいところではあります。絶対頑張ってほしいです!!

気合い~~~~~(念じて送ってるつもり…)!!この2試合の打線の爆発は確かにすごかったので、その分ランサポート明日はなくても仕方ないと思って踏ん張るんだよ~。


<おまけ>
5/20にカブスのバレット選手がピアジンスキー選手を殴ったことから始まった乱闘で5試合出場停止処分を言われていたアンダーソン選手(メイブリー選手にかかっていったため)。これに異議申し立てをしていたのですが、それが覆ることなく、5試合の出場停止が確定しました。

そのため今日から5試合彼は試合に出るだけではなく、試合時間はクラブハウス、ベンチなどに立ち入ることも許されません。試合前の練習はOKです。

つまり試合中はスタジアムのどこかにいる可能性があるのだとか(笑)。オフィシャルサイトでは客席にいるかも…なんてことが書いてありますが、当然それは有り得ます(笑)。以前同件で不服申し立てをせずそのまま即2試合処分を受けたコーラコーチはブルージェイズの本拠地での対戦のときだったのでセンターのレストランにいたりしていたのですが、果たしてどこにいるのかなー。
コメント
この記事へのコメント
凄いですね~
こんばんは~
試合の方は観てないんですけど、
連日の大勝にはビックリしました。
相手がセントルイスですからね、
W-SOXが打った!と言うよりかは、
セントルイスの先発陣はいったいどうしたのか?の方が驚きです。
あとさっきこの後のスケジュールで、
スタンディングを見て、ビックリしたのが…
あのアトランタがNL最下位だと言う事。
確か7連敗か8連敗してしまったので、こういう結果だと思うんですけど、
あの投手王国もひとつ崩れてしまうとこうなってしまうんでしょうか?
やはり投手コーチが抜けた穴が大きかったんでしょうか?
やはり今年は地区優勝は難しくなって来ましたね(>_<)

田口さんの日記、読みました。
私もこう言う質問は凄く失礼だと思いますね。
まして田口さんはマイナーを経験して、苦労も凄くしている人なのに…
それこそスカパー!で解説をしている様な方々が取材して欲しいですね。
何にも解らないただの記者とかが行って、
質問する事が無い(出来ない)からこう言う質問になるんだと思いますよ。
田口さんにはこれからもっともっと頑張って欲しいですね。
2006/06/22(木) 22:02 | URL | ち~こっ #Wv23cUG2[編集]
こんばんは
ホワイトソックスはすごかったですね。2日で5試合分くらい打った感じですね(不吉なことを言ってるのかも・・)。

田口選手のブログ読みました。
こういう風に感じている選手が多いんだろうなあと思います。
かなり表現に気をつけながらも、田口選手にしては珍しいメッセージ性の強い調子なのが印象的でした。
こういうことを、正面から、しかも感情的ではなく言えるメジャーリーガーがいるのはいいなと思いました。
ほんとに、もっともっと頑張って欲しい選手です。
2006/06/22(木) 22:35 | URL | えあとん #kwzMfkEo[編集]
べぎらま!
昨日の流れでタイトルつけましたので意味は全くありません^^あしからず。(昨日のコメント見なけりゃ意味わからんですね)

昨日と違ってワンサイドでもバーリーがいつもどおりのテンポだったので3時間を切ってくれたおかげで昨日の様なことにはなりませんでした。念のため12時からBS-1を録画したのですが意味無しでした。ただ、なぜか録画設定の問題からかBS-1では音声切り替え可能なのにうまくいかず日本語放送で聴かなくてはならず。若干早送りで見てるんで気にはしませんでしたが。

今日はやはり試合のことより田口選手のブログの話に大いに納得しました。本当に「だから?」って感じです。確かにこのような形は取っ掛かりとしてはわかりやすいと思いますが、打順以外はポジションも役割も違うわけで、直接対決するわけじゃないという考えも納得です。なにぶん私がそういう目線で見ていないから。

ご承知のとおり私は日本人選手がプレーする前からWソックスのファンをしています。かつては「メジャーの試合を良く見る」と言うと相手からは野茂投手やイチローの話が出てくる中、Wソックスファンと言うと理解に苦しむ姿を見てきました。その後高津や井口の加入でチームの知名度が上がりましたが、「井口のいるWソックス」のファンでは無く「私の好きなWソックス井口が入った」という感覚で見ております。ちょっと論点のずれた話しをしているかもしれませんが、とっかかりの日本人情報ばかりを伝えてそこから話しを広げようとしないマスコミの感覚について田口選手がコメントしたのかなと思っております。

そういう意味で普通のマスコミから違った目線でメジャーを伝えてくださっているこのホームページがもっと広く伝わるよう、そしてフレディさんにスウィープしていただく事を願って(←強引に持って行き過ぎ!?)この辺でふっかつのじゅもんを聞きに行こうかと(しつこい!?)
2006/06/22(木) 23:12 | URL | kazz #-[編集]
恩を仇で返し過ぎ?
いやもうこの2試合ってばすごかったですね~ホワイトソックス打線(☆o☆)
またトドメがホームランでブッ刺さるあたりが素晴らしいですよね☆マルダーもマーキーも2桁計算できる好投手ですからね~…
 
火、着いちゃったんじゃないですかね?
 
ところで。
あれよあれよと言う間にマリナーズ5割まであと1つですhttp://blog1.fc2.com/image/icon/i/F9CF.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">ここ2年、あまりにも遠かった数字ゆえに感無量です、ハイ(∇⌒ヽ)
 
デッドラインまでにどう動くのか、やっぱ気になります。今年優勝を狙うのなら個人的にケーシーがすっごい欲しいなぁ、と思いますが…どうでしょう?
2006/06/23(金) 01:03 | URL | MCT #-[編集]
インタビューの禁句
「今のお気持ちを」
「ファンにひとこと」
この便利な質問は、インタビュアーは使ってはいけないと思います。そんな質問ばかりでは、核心にふれられない。

「2番打者対決ですが、どんな気分ですか?」

「どんな気分」でなく、カーズの2番として、CWSの2番との違いで見て欲しい部分とか、プホルスを欠く打線での2番として役割に変化はあるか…とか聞けばいいんじゃないですかね。

サッカー敗戦後、中田は「僕の話、聞いてました?」と、無難な質問に終始するインタビュアーを一突き。遠慮せず中田には「あなたのパスミスは敗因のひとつと思いますか」とか、聞けばよかった。いや、嫌みでなく。質問は具体的に、具体的に。

それにしてもDETはなかなかバテないですね~~~。
2006/06/23(金) 08:46 | URL | やんけ #FuhfoCLo[編集]
ありがとうございます。
沢山のコメントありがとうございますー。m(_ _)m

>ち~こっさん
こんばんはー。連日大勝はさすがにビックリしました。同じくカーディナルスに何があったんだ?と最初思いましたよ(正直)。そして今日の安打が恐ろしく激減するのではないかとヒヤヒヤしてました(昨日から)…案の定だったんですが(笑)なんとか勝てました~~~~。ふー。

そうなんですよ~。ブレーブスの連敗!どうなってるんでしょう?今までどんなにFAなどで選手が抜けていても順位をある程度保って最後は首位になっていたチームだけにビックリしています。やっぱりコーチの実力がそれだけすごかったということなんでしょうか?それとも何か今までと違うチームのモチベーション低下などがあるんでしょうか?何か気になるところです…詳しくブレーブスの記事読んでないんでその辺り何とも言えないのですが、気になりますよねー。うう~~ん。

田口選手の日記…やっぱりそう思いますよね!
シロウトが聞く質問じゃないんだから…というか。もっとつっこんだチーム上右京などを踏まえた質問をしたらいいのにーって思っちゃいます。ただでさえナリーグのことって日本で伝えられてないので、ここぞで聞くチャンスだと思うんですけどねー。これだと質問しに行かない方がマシってことになってしまうので、やっぱりちゃんと状況を把握して質問をしにいってほしいです。

いかにも日本人の私が行っても、キャンプなどで接したとき選手によってはわざわざ日本人選手のことを語ってくれたりすることがあります(気を遣わんでもいいのにーって思わず思っちゃいます)。それだけ日本人が本人のことを聞いてあげてないのかもしれません(泣)…たとえばイチローをどう思う?とかそういう話をして本人のことを聞かないというか。ファンレベルでも見てるよーとその選手の話をしてあげるとものすごく喜ぶんですけどねぇ。記者さんもしっかり本人を把握した気の利いたお話ひとつ出来るようになってほしいです。取材させてもらってるんですから。


>えあとんさん
こんばんはー。いえいえ、不吉じゃなくて私も思ってました!!!何年経っても4割バッターは難しく、3割バッターで上出来ということはやっぱりシーズンを通してみると帳尻が合うということですからねー(笑)。爆発の後は…コワーみたいな感じだったんです(その通りでしたが!!!(爆))。いや~~それでもこの形で今日は勝てて大きかったです。ふー。

おっしゃるとおり、彼のように思う選手は多々いるのではないでしょうか?例えピッチャー対野手で対戦があるにしてもそういう話ばかりだとフクザツですよね。あくまでも流れの中にたまたま日本人選手が入ってるかどうかという話だと思うんです。もちろん日記にも有るように井口選手が良い仕事してるなーというのを田口選手が見て刺激を受ける(逆もあると思いますし)…というのはあるでしょうけど、全て意識がそこに行くとは思えませんものね。

恐らく…よほどいやな思いをされたのではないかと思うんですよね(あまりにそういうのばっかりだったとか)。もちろん全てのメディアの方がそういった認識だとは思いませんが、田口選手のメッセージは選手サイドからのものですし、ぜひとも声が届いて欲しいです!!

そしてなによりも、これからも頑張ってほしいですね。


>kazzさん
こんばんは~~~!よかった、あってたのですね~~。今日はトーミ選手のかいしんのいちげきですよ!(笑)。フレディは教会に連れて行くはめになったらどうしようとヒヤリとしていたのですが(あまり連勝中でも流れにすんなりのるタイプではないので)今日は見事にのってくれてなによりです。うわーい!kazzさんがひょっとしてふっかつのじゅもん聞いてくれました?(私だと文字間違えたかも(笑))←すみません~~。

さてさて冗談はさておき、昨日のゲームもバッチリ見れたようでよかったです。今日も2時間ゲームだったのできっと録画的にもバッチリだったかと(^^)。お時間があるときにぜひ見てやってくださいー(ってレイエス投手の方がすばらしいですが(笑))。

私も同じくです!!!!
だから?って感じですよね。ホント。私のブログみていただけたら、いかに井口選手が上位を占める割合が少ないかまるばれなんですけど(爆)私も彼はOne of themだからそうなっちゃうんです。でもチームはそれで良いと思いますし、井口選手もそれで役割を果たせていたら十分だと思っていると思うんですよねー。やっぱり自分の活躍ももちろんですが、チームが勝ててこそですし。

私自身はフレディが加入してホワイトソックスを見るようになったほやほやファンですが(いろいろ教えてもらってありがとうございまーす)、フレディの試合でもフレディだけを見ていませんし(ミーハーなのも手伝っていますが(爆))野手も他の投手もやっぱりすべてをセットにしてチームとしてのゲームが出来ると思います。現にその試合その試合で確実にヒーローやキープレーヤーは違いますものね。フレディが加入して見るきっかけになったのは確かですが、チームとしてのホワイトソックスはとってもおもしろく、すっかりはまってる感じです(笑)えへへ。

仮にそこからメジャーリーグや自分がプレーする環境を見てくれるファンが増えるのであれば、チャレンジしている日本人選手はとっかかりになることはとても喜んでくれると思うんです。でもいつまでもそこから抜けきれない(ファンじゃなくてメディアという一番間近で見ている立場の人間が)…というのが悲しくて思わず…というコメントだったのではないかなぁと私も思います。

いやーここはちょ~~~~~~~ミーハー&ジコチュ~路線ですので(笑)恐縮なんですが(ありがとうございます~~m(_ _)m)、いろんなファンの目線の方とミーハートークをしながらもこういう選手が!!!!という話が出来たら一番うれしいです(^^)。

おっしゃるとおり、マリナーズ、ヤンキースに比べると日本人知名度は低いかもしれませんが、最近ちょっとクリーディ選手が他チームファンにも有名になりつつちょっとうれしく密かに喜んでます(笑)。フフフ…。


>MCTさん
こんばんはー。ホワイトソックス一気に打ちすぎたのがありありと出た日でした(笑)。まぁ、あれだけ打てば…当然ねぇー(笑)。でもヒヤヒヤだったんですけどフレディがなんとか…抑えてくれてほっとしました。

マーキー投手があんなに打たれるのは正直思ってなかったです(マルダー投手もですが)。なにかバイオリズムか何かがドンピシャだったのか?!と非科学的なことまで想像しちゃいました。こんなことあり得ないですよね、なかなか。

マリナーズ今日は残念でしたね。でも後半に逆転する形がこのところできていたのが一番おおお!と思ってました。あれが2001年は出来ていましたよね。私自身どうしてもなかなか記事を書くところまで行かない日もあるのですが、マリナーズのことも遠慮なくコメントに入れ込んで書いてくださっていいので♪

そうそう、私の中のマリナーズGM、MCTさんに聞こうとおもっていたんですが、ええっとケーシー選手…パイレーツの(元レッズ)の一塁手のことですよね?(違うかな?)…となるとこれはどういうトレードになるのかしら?わわ~~どきどき。

やっぱり動き欲しいですよね、ここで。勝ちだしているからこそ動いて欲しいと思ってるんですが…なんだか勝ちが続くとチームはヨシなんだけど、バベシGMが何も死なさそうなのは不安…(同じですか?)


>Masaさん
きゃ~~~!こんばんは!観戦記ありがとうございます。そうそう、お聞きしていたのでこの中にいらっしゃるんだなーと思いながら見てましたよ!すごいゲームに遭遇しましたね。今年の観戦勝率もアップ♪さすがMasaさんです。

あはは、ベンチの選手はテレビの方が見やすいですよねー。なのでプホールズ選手はテレビ観戦だからこそ!の部分だと思います。やっぱり田口選手、こうやってみるとチームにとけ込んでいる感じですね。それが何よりだと思います。日本人選手ってやっぱり壁が出来やすいところがあってチームの人なつっこい選手たちに助けてもらってるってかんじが有りますが、こうしてチームメイトになっている話を聞くと改めてうれしいですよね。彼からしてもあのような日記を書かざるを得ない雰囲気の取材が連発したのでしょう。ホント気持ちを察します(泣)。

ペレス選手のホームラン!見れてよかったですね。そしてファンも喜んであげて、彼自身すごくうれしかったのではないでしょうか。トーマス選手がシカゴに戻ってきたときやはりブーイングじゃなくて暖かく迎えてもらったことをすごく喜んでいましたが、彼もそれは一緒だと思います。シカゴに戻ってもここじゃなくてレグリーに行くことが常ですからやっぱり感慨深かったでしょうね。そーそー、ペレス選手って日本にいたんですよねー。しかも広島に!結構ラテン系の外国人が多い広島ですが、彼もあちこち行ってたのかなぁとミーハーな想像したりして(笑)。広島焼きは食べたのかな~←どこまでもミーハー。確かに好かれキャラって感じがします!!

ファンがあたたかいといえば、今日もテレビで見ていて、キャッチャーのモリーナ選手が客席に飛び込みながらキャッチしたキャッチャーフライ、結構みんな拍手してあげていましたよね。私もおおお!と思ってみていましたが、ああいうのはやっぱり心温まります。というかいいものをいい!と言ってあげられるのってホントに気持ちいいですよね。

地下鉄のおじさまやさしいですねー。きっと彼にしてもカーディナルスが本来良いチームだと言うことはしっかりわかっているのでしょうね。実際今日はすばらしいピッチングを魅せていました、若手ピッチャーのレイエス投手!!すばらしかったですよね。

野茂投手の回復を心待ちにしながら応援しつつ、ぜひともコレで乗り切りましょうね!

キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!報告ありがとうございまーす。
なんとラッキーな♪すばらしいカードじゃないですか~~~~。メッツはナリーグだから歓声も多いかもしれないですね。思いっきり楽しんできてくださいね。2日のバーリー投手も楽しみですね。彼、この間のガーランド投手のあの一発ですごーくうらやましがってましたから投げる方はもちろん打つ方も結構気合いが…かもしれませんよ。楽しみです~~。


>やんけさん
こんばんはー。ありがとうございます。
そうですよね、ホントにそれだと核心部分には触れられないと思います。あまりにも表面的すぎという感じがしますものね。どちらかというと、上手く質問をつなげて選手の心をくすぐるような方向に持っていって欲しいのに…(泣)。

わ~~私もそれは聞きたいです。やっぱり圧倒的打点をとってくれていた3番バッターのプホールズ選手がいないのは違うんじゃないかなぁと思いますし。やんけさん、替わりに聞いてきて欲しいです(ホンモノのインタビューが聞けそうです~~~)。

私も思いました。中田選手だからこそストレートに聞けるのではないかなぁ?と。あれだと共同会見の域を超えてないというか私も何を聞きたいのかな?と思いましたから選手からするとやっぱり表現を変えただけで表を触るような質問を続けられたらまた同じ質問ですか?と思うでしょうし。具体的な質問ってイヤミじゃなくて、試合をしっかり見てないとできないですからね。

ホントタイガース強いです。でもようやく0.5ゲーム差になりました。
ここからがまだまだなんですけどねー!(ピッチャーがダントツいいですからね~この結果もうなずけるんですけど)。相手が好調のうちはなんとかくっついて行っておかなくちゃ~と思ってるし、そうあってくれたら…と思ってます。ふ~~~!
2006/06/23(金) 17:36 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
スカパーMLBライブ リピート放送、St.LOUIS VS W-SOX を最後ちょっとだけ。昨日、今日と打ちまくって完膚なきまでに叩きのめしたW-SOX。最後は8点差でジェンクスを投入。まあ調整登板だとは思うが、余裕のオジーギーエン。バーリーは打たれたようだが、相変わ...
2006/06/22(木) 20:47 | I LIVE FOR THIS by &quot;j&quot;eter
サッカー、日本負けちゃいました。 うぅぅぅヨシカツ……… 中田、インタビューでちょっと怒ってました。 言い方変えてるだけ何度も同じこと聞くん
2006/06/23(金) 23:40 | 青いblog
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。