スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3回 オールスターゲーム中間発表
2006年06月14日 (水) 20:23 | 編集
オールスターの3回目の中間発表がありましたね~。
昨日がナリーグで今日はアリーグ。

右のNEWSのところにも書いていますが、投票の締め切りは現地東海岸時間6/29 11:59pmです。現在も受付中。25回投票可能です。こちらからどうぞ。

今回の結果は次の通りです。
票数の横にある矢印は前回からの順位変化で、かっこ内は(1回目,2回目)の順位です。

<ナ・リーグ3回目途中結果>


First Base
1. Albert Pujols, Cardinals 1,442,273 →(1,1)
2. Carlos Delgado, Mets 443,747 →(2,2)
3. Ryan Howard, Phillies 352,555 ↑(-,5)
4. Nomar Garciaparra, Dodgers 332,668 →(5,4)
5. Lance Berkman, Astros 316,477 ↓(3,3)
…ハワード選手前回ランク外から5位に、そして今度は3位にぐんぐんのばしています。一方プホールズ選手が圧倒的。DL入りもなんのその、やはり彼の人気は抜群ですね。ナリーグ唯一の100万票越えです。

Second Base
1. Chase Utley, Phillies 732,592 →(2,1)
2. Craig Biggio, Astros 581,079 →(1,2)
3. Jose Castillo, Pirates 284,886 ↑(-,-)
4. Marcus Giles, Braves 283,313 ↓(3,3)
5. Jeff Kent, Dodgers 280,128 ↓(5,4)
…首位はそのまま。今回いきなり3位にパイレーツのカスティーヨ選手がランクイン。

Third Base
1. David Wright, Mets 661,184 ↑(2,2)
2. Scott Rolen, Cardinals 644,412 ↓(1,1)
3. Morgan Ensberg, Astros 375,651 →(3,3)
4. Miguel Cabrera, Marlins 352,951 ↑(-,5)
5. Chipper Jones, Braves 347,546↓(4,4)
…メッツのライト選手がローレン選手を2万票差で抜いて首位へ。マーリンズのカブレラ選手はじわじわ上がって今回4位。

Shortstop
1. David Eckstein, Cardinals 540,237 →(1,1)
2. Jose Reyes, Mets 489,781 ↑(3,3)
3. Edgar Renteria, Braves 483,639 ↓(2,2)
4. Jimmy Rollins, Phillies 426,532 →(4,4)
5. Omar Vizquel, Giants 293,628 →(5,5)
…ここは1回目から動きは少ないですが、好調メッツのレイエス選手がレンテリア選手を抜いて2位へ。

Catcher
1. Paul Lo Duca, Mets 631,896 →(1,1)
2. Mike Piazza, Padres 528,110 →(2,2)
3. Yadier Molina, Cardinals 450,995 →(3,3)
4. Brad Ausmus, Astros 360,412 →(4,4)
5. Brian McCann, Braves 321,463 →(5,5)
…キャッチャーも順位の変化はなし。ロデューカ選手とピアザ選手の差が9000票→5万票→10万票と着々と広げています。

Outfield
1. Andruw Jones, Braves 813,990 →(1,1)
2. Ken Griffey Jr., Reds 761,091 ↑(4,3)
3. Carlos Beltran, Mets 737,830 ↓(2,2)
4. Alfonso Soriano, Nationals 736,907 ↑(5,5)
5. Jim Edmonds, Cardinals 574,133 ↓(3,4)
6. Jason Bay, Pirates 555,764 ↑(-,9)
7. Bobby Abreu, Phillies 527,356 ↓(6,6)
8. Barry Bonds, Giants 408,579 →(8,8)
9. Aaron Rowand, Phillies 401,802 ↑(10,10)
10. Carlos Lee, Brewers 401,503 ↑(7,7)
11. Adam Dunn, Reds 304,364 →(9,11)
12. Pat Burrell, Phillies 261,501→(-,-)
13. So Taguchi, Cardinals 250,433 →(14,13)
14. Jeff Francoeur, Braves 250,375 ↓(13,12)
15. Xavier Nady, Mets 246,067 →(11,15)
…グリフィーJr.選手じわじわと順位をあげてベルトラン選手を抜いて2位へ。また、大活躍だったジェイソン・ベイ選手がジャンプアップで6位まで来ています。今回エンカルナシオン選手がはずれて12位にパット・バレル選手がランクイン。田口選手は13位のままです。


<ア・リーグ2回目途中結果>


First Base
1. David Ortiz, Red Sox 915,362 →(1,1)
2. Jason Giambi, Yankees 626,289 →(2,2)
3. Paul Konerko, White Sox 429,572 →(3,3)
4. Travis Hafner, Indians 364,246 →(4,4)
5. Chris Shelton, Tigers 274,730 →(5,5)
…あいかわらずここはオルティス選手の圧倒的なリードです。

Second Base
1. Robinson Cano, Yankees 602,637 →(1,1)
2. Mark Loretta, Red Sox 535,043 →(2,2)
3. Tadahito Iguchi, White Sox 499,643 →(3,3)
4. Placido Polanco, Tigers 268,728 →(4,3)
5. Jose Lopez, Mariners 265,692 ↑(-,-)
…5位にブライアン・ロバーツ選手に替わってマリナーズのホセ・ロペス選手がランクイン。major.jpでマリナーズのブログでおなじみの丹羽さんイチオシですね。日本から応援している人も多いのでは?井口選手頑張っていますが、ここに来てカノゥ選手との差が広がりました。

Third Base
1. Alex Rodriguez, Yankees 1,067,369 →(1,1)
2. Mike Lowell, Red Sox 468,031 →(2,2)
3. Joe Crede, White Sox 341,224 →(3,3)
4. Troy Glaus, Blue Jays 338,899 ↑(5,5)
5. Eric Chavez, Athletics 311,301 ↓(4,4)
…A-Rod選手ダントツ人気でぶっちぎりは相変わらず。4位と5位が入れ替わりました。グロース選手が4位でチャベス選手が5位。

Shortstop
1. Derek Jeter, Yankees 1,121,712 →(1,1)
2. Miguel Tejada, Orioles 776,442 →(2,2)
3. Michael Young, Rangers 293,249 →(3,3)
4. Alex Gonzalez, Red Sox 249,094 →(4,4)
5. Juan Uribe, White Sox 232,635 →(5,5)
…ショートも変わりなくです。ジーター選手ほぼ独走態勢。テハダ選手が追走。この2人が圧倒的に票を集めています。

Catcher
1. Jason Varitek, Red Sox 630,657 →(1,1)
2. Ivan Rodriguez, Tigers 595,132 →(3,2)
3. Jorge Posada, Yankees 489,480 →(2,3)
4. A.J. Pierzynski, White Sox 370,020 →(5,4)
5. Victor Martinez, Indians 324,575 →(4,5)
…バリテック選手は最初から1位でずっと来ていますが、パッジが僅差で追走!これはわかりませんね。まだまだ。

Outfield
1. Vladimir Guerrero, Angels 1,115,476 →(2,1)
2. Manny Ramirez, Red Sox 1,080,426 →(1,2)
3. Johnny Damon, Yankees 754,396 →(3,3)
4. Ichiro Suzuki, Mariners 677,392 →(4,4)
5. Vernon Wells, Blue Jays 554,409 →(6,5)
6. Gary Sheffield, Yankees 466,520 →(5,6)
7. Jermaine Dye, White Sox 407,162 ↑(10,9)
8. Scott Podsednik, White Sox 384,119 →(8,8)
9. Hideki Matsui, Yankees 362,289 ↓(7,7)
10. Coco Crisp, Red Sox 354,181 ↓(9,10)
11. Torii Hunter, Twins 349,262 →(12,11)
12. Trot Nixon, Red Sox 323,813 →(11,12)
13. Magglio Ordonez, Tigers 315,390 →(-,13)
14. Grady Sizemore, Indians 288,314 →(13,14)
15. Jonny Gomes, Devil Rays 225,432 →(14,15)
…今回ランク外からの登場はなしです。イチロー選手とデーモン選手の差は約11万6000票から7万7000票と縮まりましたが…どうなるでしょうか。前回1位になったゲレーロ選手が今回も首位…といっても1万票も差がないので本当に2人で票を分けているという感じですね。ケガをしていてもヤンキースの松井選手、シェフィールド選手が相変わらず10位以内にランクイン。ホワイトソックスのダイ選手が徐々にジャンプアップ。

アリーグは相変わらず強いヤンキース、レッドソックス勢。独走態勢に入っている選手もいるのでそこは決まりそうな感じですね。ホワイトソックスは相変わらず3位をうろうろ…。


ここからは主観的余談です…。

そういえば以前はam pmで日本でも紙の投票があって後から付け足しというものがありましたが、今年はないんですよね。…ということは日本からはネットだけということになるとすれば大どんでん返しということは期待できない分、地道にコツコツ投票することになりますね…日本からも応援選手をバンバン投票していきましょー!!←お祭り好き


また、このところ絶好調のマウアー選手はランクインしてないですが(次当たりに反映されるかもしれないですね)、これはもちろんチームの人気…というのは大きいかもしれません。ただ、それだけではないかもしれないなーと個人的には思っています(もちろんチームの人気度は絶対あるでしょうけど)。

それはチームの勝利につながっているかどうか…という部分で。もちろんすばらしい成績というのは間違いなく揺るがない事実なのですが、現状のチーム状況を加味すると…、現状のチーム順位的にも、マークがキツイチームよりもプレーがしやすいということがOnされて、実際の結果からその部分を差し引いて考えられることがあるということなのかもしれないなーということは個人的には感じました。

日本などではとかく”ヤンキースやレッドソックスのチームは人気があるから…”という形で言われている感じがしますが、私的には、人気もあり(注目度もあり)、また他チームからもマークをされている中でプレーすることの評価というのはやっぱりあっても仕方ないかなというのはあります(といっても私は別にヤンキースやレッドソックスが多いことがいいということを言っているわけじゃないんですけどね)。

そういう意味でマリナーズのロペス選手のランクインについても、2塁手でダントツ打点をあげてるし成績がいい!ということを言われていたことも、もちろん評価されたのだと思いますが(日本での票はかなり多いはず)、最近マリナーズのチームが勝ってきているということに貢献していることへの評価もあるかもしれないなぁ…と思いますし、だとするとうれしいことだなぁとは思いました(これから楽しみな選手ですよね…期待してます)。

私は正直、前回まで2度に渡る発表で、2塁手での成績はダントツなのになぜロペス選手がランクインしないのか?!とちまたで言われていたとき(major.jpのマリナーズ番記者の丹羽さんもその論調でしたが)、私もいろんな思いを聞く機会があったのですが、僭越ながらも数字だけでは一概にいえないんじゃないかなぁ?というのはありました(すみません~あくまでも個人的な思いです)。確かに彼は成績もすばらしく魅力的な選手であることは間違いないのですが(^^)。

もちろんひとつは過去の2度の中間発表の段階では、上記の話のようにマリナーズがなかなか勝ってきてなかったことによるもの。そしてもうひとつは選手の役割を考えたとき横一線で比べきれない部分があるんじゃないかなーというところです(批判しているんじゃないです、念のため)。

例えば井口選手などはホワイトソックスの2番として求められていることはそういう打点などの数字ではないですし、それぞれの選手がそれぞれのチームにどう貢献しているか、そして地元のファンにそのインパクトを与えられているかによるかはまた別物という感じがするのです。同じ2塁手でいえば、タイガースのポランコ選手もタイガースが今の位置(リーグトップの勝ち数で首位!)にあるのは彼の活躍も評価されなければ!ということを地元ファンが推してくれている証拠でしょうし、今回はランク外になってしまいましたが、オリオールズのロバーツ選手も。ロバーツ選手などは1番バッターですから打点などは本来中心に求められてないでしょうからロペス選手の打点と比べられても気の毒というのもありますし。打順、求められる仕事…それもあってのことなので、一概に数字だけ横並びにして…というものではないんじゃないかなぁーということは私は思っています。つまりロペス選手を押しのけて選ばれるなんておかしい!ということはなくて推す理由がそれぞれあり、それだけの人がそのことを評価しているんだろうな…ということを私は思っています。

もちろん人気チーム云々はあるかもしれませんが、どの選手も評価されているには意味はあるとは思います。だからこそ、逆にこの時期にロペス選手がランクインしてきたこともすばらしいことだと思っています。


でもそういう一方、確かに人気チームとそうじゃないチームで一般に知られる差はどうやっても根底にあるだろうなーというのもあります。現在我が家ではESPN-iで時間があるとき夜にスポーツセンターという番組をみたりするのですが、やはり取り上げられ方というのはやはりどうしてもバラバラだなーと思いますし(でも日本の●●選手は何打数何安打…チームは勝ちましたなどという順位もチーム状態も対戦チームの強さも無視した報道よりはかなり良いと思いますが)。

日本においては、マリナーズなどはライブ中継もあり、ニュースでもイチロー選手や城島選手の活躍がほぼ毎日結果とともに放送されているので、日本人にとってマリナーズというのはものすごく身近感がありますが、こういう全国区的番組を見ているとマリナーズを見るには逆に日本の方が、シアトル以外に暮らしている他地区のマリナーズファンよりも恵まれているんだろうなーとさえ思います。

ESPNスポーツセンターの中で野球の割り当て時間は限られているわけで、どこから放送をしていくか…となったときにマッチアップとしておもしろいと思われそうなものからやっていきたいというのはあるでしょうし、30球団15試合あればやっぱりセレクションされてしまうのは致し方ないところなんでしょうね(地元は地元で応援したいからこそ、それぞれの地元に地元放送があるのだとも思いますし良い感じでそれぞれカバーしているのだとも思います)。

顕著だなーと思ったのは、先日マリナーズがツインズに追いつかれながらもサヨナラで勝ったとき。映像などもまったくなく『メジャーリーグの情報をもうひとつ。マリナーズは逆転勝利を収めました』と最後のしめの段階で言葉だけで終わっていたりすることがあったのですが、これじゃインパクトもなにも出ませんし、まして選手もわかりません…(汗)。いやーほんとに、全国区になるというのはキビシーものなのだなぁ~と思いますし、だからこそ今週のベスト10プレーなどで選ばれるということもホントにすごいことなんだと思います。


とにかく、そういう意味でも、その地元にいない人が、人気チーム以外の選手を知る機会というのは強いチーム、旬のチーム、何かベストプレーが出たなど…何かこれ!というときではないと、全国区というのは厳しい…というのが現状なのかもしれませんね(スポーツ大国アメリカならでは…で見るものがたくさんあるから余計にそうなるのかも…)。日本でわかりやすいのでマリナーズが主だった例になってしまいましたが、いわゆる主となる人気チーム以外は全て同じだと思います(気を悪くされた方がいらっしゃったらすみません~~。変な意味はないですのでご理解頂けると幸いです)。

もちろんそうなるとやっぱり人気があるチームに偏るじゃないか!となりますが、そのために監督推薦もあるという感じなんでしょうか(ただギーエン監督…だけにどうなるかわかりませんが(爆))。これで、監督の目から見てもいいと思う選手を推すことで、今シーズンの実力も加味して貰えたら…という感じなのかもしれないですね。

そして、そのチームのファンが立ち上がる必要があるのだとも思います(お~~!)。『ウチのこの選手こんなにいいのよー!だから見て!』…という感じで(^^)。そのチームを応援しているファンが熱烈に応援するのが第一だと思います。そしてその魅力を伝えていく…というのがなによりなんでしょうし、力を込めていきたいですね!


この時期、選手はもちろんですが、ファンとしても頑張りどころでもあるのかもしれないですね。とにもかくにも、残りあと半月ですからこの選手をぜひ!と思う方、ぜひとも投票してみませんか?こちらです。

勝手なことばかり書いちゃったかもーすみません。


ちなみに今後の予定は

4回目の中間発表:ナリーグ6/19 アリーグ6/20
5回目の中間発表:ナリーグ6/26 アリーグ6/27

両リーグ先発メンバー・リザーブメンバーの発表 7/2

ということになっています。楽しみです~~。
コメント
この記事へのコメント
ギーエン監督
ともともさん、毎回詳細をありがとうございます。
一年前のスコッティに投票しよう!キャンペーン、バーリー投手張り切ってましたよね。(でもスコッティの出番がなくって、残念に思ってしました、今年こそ!)

マウアー選手は本当に地元では大人気のようで、この前のO's×ツインズ戦、小さい男の子たちが何人かマウアーのモミアゲ(爆)つけて(描いて?)シラーっと並んでました。(←これが人気のあらわれかどうかわかりませんが。) サイズモア選手といい、地元で実力が認められて、いずれMLBを代表するような選手になっていく過程をみるのは楽しみですね。

今回何が楽しみってギーエン監督のすべて(笑)です。それとコントレラス投手堂々と連れていけそうですね(フレディ投手のバカンスは決行されるでしょうか)。

私も僭越ながら(汗)、だんなのアドレスまで使い...投票しているんですけど、得票のうちの何票かが自分のだ、と思うだけで満足することにしています(ささやかな喜び)。
2006/06/14(水) 22:05 | URL | Yuko #aMRXni..[編集]
地元のクレージーさは必要ですよね!
Yukoさん

こんばんはー。こちらこそいつもありがとうございます。わかりますよぉ~~、私も僭越ながら自分の持っている複数のアドレスを使って投票してますから(笑)。このうち25は自分だなと思うと密かになんだかうれしいですよね←ささやか。

いや~マウアー選手の話いい話ですねぇ。ありがとうございます。こうなったら球場に来たまねをしているファンの中で誰が一番マウアー選手に似てるか?なんておもしろいイベントなんかやってほしいです!(笑)。

いやほんとにファンのクレージーなほどの熱狂応援って取っても大事だと思うんです。それが取り上げられるコトってあるので…(この間のサイズモア選手の応援ガールズの話じゃないですが)それで知る人も出てくると思いますし!ね~~!知名度というのはどうしても偏っている部分は有るとおもうので、ツインズファンをメインとして絶対彼を推すべき!と圧倒的にアピールしていけたら最高なんでしょうね。イイ選手がいろいろいるのはホントこういう投票の時楽しくなりますよね!

実は…外野手好きな選手がいすぎて困っちゃうんですよねー(笑)。日本人的にはもちろんイチロー選手にも頑張ってほしいですし、ホワイトソックスの選手も大好きなんですが(ポドセドニック選手にしてもダイ選手にしても)…サイズモア選手もいいですし(顔だけじゃなくて実際のプレーも冴えてますよね)…もちろんラミレス選手も楽しいし。個人的にランクインしてないですがブルージェイズのリオス選手もウェルズ選手同様結構いいと思うんですが…ああああああ、ミーハー過ぎ(笑)←一番困ったちゃん。

ギーエン監督がどういうセレクションをするのかは私も楽しみなんですよー。なんだかランク関係なく選んでくれそうですよね、リザーブ選手(笑)。奴はオレの前で良いプレーしてた!とか言って(笑)←変な期待。

フレディはバカンス決定!ですよ~あれじゃ。防御率が悪すぎなので思いっきりオフの間にスッカラカンにして頑張ってもらうしかないかもー(まったくもー!)

コントレラス投手はギーエン監督が元々連れて行きたいコメントをしていたので恐らくこのまま成績が問題なかったら連れて行けるのではないかなーとは思っています。コントレラス投手、すごく頑張っていると思うし出来れば行って欲しいなというのはあります。

今年は投票しようキャンペーンとかホワイトソックスやってるのかなー。ギーエン監督が一番盛り上がってそうですけど(笑)←いつも楽しそうにオールスターのことをトークしてるので(笑)。
2006/06/14(水) 22:24 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
夢は『背番号24』でした(笑
マウアーは今まで低すぎたくらいです。
4割狙える数字なのに注目度薄いとこも気になりますが、そこはまぁチーム状況ですよね(-_-ι)
このまま打ち続けて、次までに4割を1回でもマークできればグングンくると思うんで、安打製造機好きなオレとしては、イチローと"タイ・カッブVSナポレオン・ラジョイ"並のハイレベルな首位打者争いを繰り広げてもらって、話題集めて、二人揃ってスタメンを勝ち取ってほしいと思います(^O^)g
 
あと、ジュニア2位ってのはうれしいです☆ルーキーの頃から憧れてたんで、やっぱ最近の復調は嬉しい限りです)^o^(
2006/06/14(水) 23:59 | URL | MCT #-[編集]
おおおお!
MCTさん

こんにちはー。ホントチーム状況…ってあると思います。アメリカの方ってやっぱり勝ちや強いものに対してものすごくハッキリしていますからねー。日本では優勝、準優勝という感じで2位でも通常からたたえられますが、アメリカでは勝てなかったという感じでオリンピックのシルバーメダルとか以外はあまり言われないような気がします(グッズの値段も格段に違うし(汗))。それだけ勝たなくちゃ!というのがあるからこそ、選手も育つのかもしれないですけどね。

そうそう、先日ヘルトン選手のことを書かれていたし、安打を着々と増やしていくマウアー選手もきっちMCTさん好みなんじゃないかしら?なんて思ってたんですよ。えへへ。おっしゃるとおり高レベルで熾烈な争いをイチロー選手ともども繰り広げてくれたらおもしろそうですね!話題を集めて一気に全国区スターダムにのしあがってほしいなーと思います。

おおお!グリフィーJr.選手にあこがれて練習をされていたんですね~~。きゃ~イチロー選手みたい(^^)。…いやー、ケガでなかなか近年実力発揮ができなかったですが、ここにきての活躍頑張っていますよね。ホント復調が長く続いて、若手もいいけどまだまだオレも忘れてもらっちゃ困るぜ!とベテランの良い味をだしてほしいなーと願っています!
2006/06/15(木) 09:43 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。