スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:終盤の逆転でまたまた首位に0.5G差
2006年06月10日 (土) 18:00 | 編集
すご~~~い!今日の勝ちは大きい!!やった~~!
ホワイトソックスは今日からインディアンズを迎えての連戦です。
今日の試合はスカパー!で放送がありました♪

今日の勝ちはダイ選手の活躍も大きいですが、個人的には好守備を見せたアンダーソン選手も褒めてあげたいと思ってます(これからも頑張るんだよー)。

その前に、日本人的には井口選手が初の7番だったというところがひとつの話題でしょうか。ただ日本サイドの記事を見ているとなんだか降格的に書かれているものが多くて現地の受け止め方と違うのがビックリ。
井口、初の7番 平常心を強調
初の7番座った井口、3戦連続ノーヒット

日本サイドの記事には書かれていませんが、現地の記事で書かれているのは、クリーディ選手が欠場することに伴ってということがまず根底にあるような気がします。

Dye cast as hero

Guillen juggled his lineup with third baseman Joe Crede missing because of back spasms. Second baseman Tadahito Iguchi moved down to the seventh spot and Pablo Ozuna slipped into the No. 2 spot while playing third.

彼は昨日の試合で腰の痛みを訴えて途中退場。そして今日の試合にはハナから出ないことを決めていました(ひどくしても困りますものね~~)。明日以降もDay to Dayの状態で様子を見ながらという感じになると思います。ここで左ピッチャーが先発ということと(井口選手は対左がすごく悪いので)、井口選手のほうがパワーはあるということで、左バッターをお得意にしているオスーナ選手を2番に入れ、井口選手をクリーディ選手のポジションである7番に入れたという感じのようです。しかしやっぱり左は苦手みたいですねー、井口選手(頑張れ~~)。


そして試合のほうですが、初回イキナリサイズモア選手にデッドボールで幕開け。続くマイケルズ選手とハフナー選手を三振にしとめるも、マルティネス選手にヒットを打たれて1.3塁。さらにブロサード選手がタイムリーで1点を献上。

しかしその裏即座にホワイトソックスも動きます。ポドセドニック選手の内野安打と、今日2番に入っているオスーナ選手のセンター前ヒットでノーアウト1.2塁とすると、ワンアウトの後、コネルコ選手が打ったショートへの当たりをペラルタ選手がすごいお手玉をしてしまい、ここで2点ゲットで逆転しました。良い雰囲気!と思っていたのですが…。


初回もそうだったのですが、この後ずっとヒヤヒヤだったのは先発のバスケス投手のピッチング。2回はポドセドニック選手のエラーも絡んでワンアウト満塁からマイケルズ選手をダブルプレーにしとめてチェンジ。

3回はハフナー選手ヒット→マルティネス選手三振→ブロサード選手ヒット→ペラルタ選手三振→ブレーク選手にデッドボール(この日同じ選手に2つめ(汗))で満塁のピンチだったのですが、ここもベリヤード選手を三振にしとめてチェンジ。

4回はワンアウトからサイズモア選手が深いところへのツーベースヒットを放った後三盗と好調ぶりをアピール!その後でマイケルズ選手を歩かせてしまいワンアウト1.3塁になりますが、ハフナー選手とマルティネス選手を三振にしとめてチェンジ。

5回はこの試合初めての三者凡退!で調子が出てくれるかなーと思っていたのですが、6回はサイズモア選手のヒットとマイケルズ選手のフィールダースチョイスで一塁セーフとなりワンアウト1.2塁でコッツ投手に交代…と得点圏にランナーを進められ続けていた感じです。ただ攻撃をさせていても点をとれないのはインディアンズをイライラさせることは出来たかもしれませんね(汗)。クラッチでなくてよかったーほんとに。

カウントはビハインドになっていたので球数が多かったですが、荒れていた分これが功を奏していたのか三振は9つと多かったです。でも見てる分にはかなりドキドキ…(笑)。まるで、この間のフレディのゲームを見ているような感じが(汗)←あんな展開じゃなくていいんですけどね~~。

本人的にももちろん調子は良くはなかったでしょうが、この状態であれども、試合にできていたのはものすごく大きいと思います(この辺りが良いところ!)。今回は6回途中で交代するピッチングになってしまいましたが、今度はぜひ納得がいくロングイニングピッチを見せてくれますように。

そんな状態であれども、2-1の状態でしのいでしのいで、勝ち投手の権利をもって降りたバスケス投手でしたが、ここで交代したコッツ投手がハフナー選手にドッカ~ンとスリーランホームランを打たれてしまい(汗)2-4。天国から地獄じゃないですが逆に負け投手の可能性が出てしまったのでした(汗)。


ただその裏速攻ダイ選手がホームランを放ちすぐさま3-4と1点差につめよったことはうれしかったです。この1点も大きかったと思います。


しかし、この後もホワイトソックスに比べると、相手ピッチャーのリー投手が結構球数もセーブしながらすばらしいテンポで投げていっていました。だからこそなんだか勝てる気がしなかったんですよねー(しかも左ピッチャーだし)。さらに再々出るインディアンズの選手のナイス守備!初回こそベリヤード選手のエラーはありましたが、サイズモア選手、ブーン選手などハッスルプレーが出まくり。こういうナイス守備が出るときはバッティングも好調になる選手が多いだけに(ノリノリになりますものね)なかなか勝てそうな感じがしなかったんです。

しかもホワイトソックスの攻撃は淡々と終わるのに、インディアンズ塁にランナーを出している状態。この中で大きかったのは8回だと思います。この回からコッツ投手に変わってマッカーシー投手が出てきて、2本のヒットを打たれワンアウト1.2塁。ここで今度はソーントン投手に交代…ハフナー選手の当たりはセンターへ深く……これをアンダーソン選手がナイス守備!おおおお~~壁に激突しながらも即座に三塁へ投げサイズモア選手を2塁釘付けに。このプレーはものすごく大きかったです。2-4からダイ選手のホームランで3-4になったとはいえ、その後圧倒的に攻めムードなのはインディアンズ。ここで追加点を入れられてしまうとさすがに厳しいと思っていたのでこのプレーは大きい!と思いました。そして続くマルティネス選手の当たりはライトフライでチェンジ。失点することなく終わりました。

このプレーうれしかったです。トレードトークやマイナー格下げなどいろんな話が出てきては…という状態のアンダーソン選手だけに頑張ってほしいというのは思っていましたからねー。


そしてこの裏の8回に、試合が決定的に動きました。
ツーアウトからトーミ選手がファーボールを選び出塁。ここでリー投手交代。おお!チャンス!と思ったのですが、それを見事にコネルコ選手がまずレフト方向へのツーベースヒットで2.3塁とすると、今日当たっているダイ選手がセンターへコツンとはじくような逆らわないバッティングでトーミ選手とコネルコ選手が生還5-4と逆転に成功♪

キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー
キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー


そしてその裏、もちろん守護神ジェンクス投手が登場!
三者凡退とはいきませんでしたが、ここはキッチリ締めて見事勝利!タイガースが負けていたのでまた首位との差が0.5ゲームになりました。いえ~~す!

この勝ちは本当に本当に大きかったと思います。
この調子で頑張ってほしいです。


明日はサバシア投手とバーリー投手のマッチアップ。この対戦これで4回目です。ただしバーリー投手は自分でもサバシア投手との勝負に勝てないんだよねーと前回コメントをしているので恐らく気にしているはず…。これは野手みんなで是非とも早めのリードをしてあげてバーリー投手の気持ちをラクにしてあげて欲しいと思います。そういう展開になることを祈ってます(もうホントに祈りまくり)。


<なが~いおまけ>
先日からのトレードトークのことも書いていますが、ギーエン監督とウィリアムスGMが今日行った会談の中ではアンダーソン選手のことはまだ話してないのだそうです(その他のトレードトークは行ったらしいですが)。これは先日ウィリアムスGMがギーエン監督に言った『勝てるチーム采配をしてくれればいい。もし何か必要ならば私が動くから』ということに即して、今週中はギーエン監督が様子を見ようということにしたからのようです。

試合前ギーエン監督は直接アンダーソン選手にこう言ったとか。

"I told the kid, 'Can you please start playing good because I'm tired of people asking about you?'" said Guillen of Anderson, who was in the starting lineup Friday. "If you play good, I don't have to talk about you. If you play bad, I'm not gonna talk about you, but you're not going to be here."

ギーエン監督らし~~(笑)。頼むから良いプレーしてくれ…そうしたら何もメディアからお前のことを聞かれてくたくたにならないから(笑)なんて。これも初めてこの言葉を言うと傷つけるかもしれませんが、これまで再々コミットメントをとってきたからこそ言える台詞なのかも。今日は守備で発奮して試合に大貢献していたアンダーソン選手、快音が続けて聞けるといいなと思います。

ちなみに地元紙でも彼の守備力を評価して今は残すことにしたのだということが記事になっていました。

Defense saves Anderson

チームとしてはバッティングさえ良い状態になれば…というのがあって、守備力の高さを買っている状態のために、カンタンに下には落とせないということでした。魅力ある守備力ということなんでしょうねー確かに。

この記事によると、すでにひとつの解決策としてウィリアムスGMは動いてトレードを考えていたようです。ただ7/31までとなれば別ですが、現時点で速攻で補強できる選手がちょうど市場にいないということ。

もうひとつの解決策として考えられたのはマコーウィアク選手をセンターにレギュラーとして入れるか、またはレフトに入れてセンターをポドセドニック選手に守らせるという案でした。

しかし…
これに対してギーエン監督が出した結論は考えた末やっぱりNO!だったようです。


その根底は『ホワイトソックスというチームはピッチングと守備力が基本』ということからだとか(今のチーム方針がそうなんですかね)。もちろん今後あまりにも悪ければ動くとのことですが(今週中にも結論は出したいというのは変わらずです)、でもそれくらい彼に賭けたいのかも。ここで期待がある分上がってきて欲しい!という願いがあるんでしょう。恐らくアンダーソン選手にもそれは伝わっていると思います。頑張ってほしいなー。

また後者の案についてはこのようなコメントもされていました。
まず、マコーウィアク選手をレギュラーで出すことは難しいと判断しているようです。かれはユーティリティプレーヤーであり、毎日センターを守る選手ではないというのがギーエン監督の考えのようでした。

"Can Mackowiak play center field every day? I don't think he can. I wish he could. That's not his job. His job is to play all around. That's why I told Brian we need you to play good to make our team better."

そして痛烈だったのがポドセドニック選手をレフトからセンターへ動かし、レフトへマコーウィアク選手を入れるという案に対してのコメント…。

"Did you see Podsednik play center field?" Guillen said. "The Brewers were in last place two years in a row. He can play left field on a world championship team. I don't think he can play center field.I don't think Podsednik can play center field [well enough] to win a championship. I don't think he's a bad center fielder. [But] it's a little different playing center field for the Milwaukee Brewers two years ago and playing center field for a championship team."

あの~~~ブリュワーズから怒りのコメントがきそうなんですけど(汗)。

ギーエン監督飛ばしまくりです。ブリュワーズ時代センターを守っていたポドセドニック選手ですが、それは2年連続最下位のチームだったから…。チャンピオンになるには、彼がセンターというのは適任じゃないということのようです。確かにポロミスがちょこちょこあるし、体勢をととのえて投げるクセがあるポドセドニック選手は私もセンター向きではないとはシロウトながらも思うのですが、ちょっと苦情が来そうなコメントですよねぇ。大丈夫かな?(これまたギーエン監督らしいのかもしれませんが)。

いずれにしてもこういうことを踏まえて、アンダーソン選手が現時点でベストのセンターフィールダーということになるのだそうです。…とはいえトレードはやめたわけではないようで、もちろん左バッターを打てる右打者のセンターフィールダーを探すのは続けていくようです。

この間にキッチリアンダーソン選手が結果を出さなければ…という状況は変わったわけではないのでしっかり頑張ってくれたら…とは思います。しかしそれにしても彼は幸せですね。ここまで監督やGMに気にかけてもらってカンタンに落とされず待ってもらえているのですから。ぜひぜひ期待に応えてくれたら言うことないんですけどねー。


<おまけ2>
もうひとりメディアに翻弄されている人がいます。
それはガーランド投手です。

Notes: Garland feeling frustration

先日のフィリーズとのトレード(ローワンド選手を戻してくる話)のうわさ話で出てきたガーランド投手ですが、今めいっているのはそのことではなく、

"Basically, I was getting tired of hearing, 'Why aren't you as good as you were last year?'" Garland said. "It just gets old.

なぜ今年は昨年のように良い調子じゃないのか…とメディアに聞かれ続けることにうんざりしているようなのです。そのこともあって昨日負けたあと、メディアを避けるようにして会見拒否したようです。

仕方ないのでしょうが、ちょっとかわいそう~~。
フレディも結構メディアにはメンタルをズタボロにされることが多かったので、きっとこのガーランド投手の気持ち解るだろうと思います。支えになってあげてほしいなぁ(フレディのメンタルでは難しそうですが←おこちゃまだから(爆))。

"I do. I understand," Garland said. "You win a World Series and myself, go out and win 18 games, and of course the fans want to see it every game and want you to win every single game and shut a team down. Basically, that's impossible. The expectations are there and they are even higher now that we've won. It's not going to go anywhere as long as I'm in this game."

…達成したことによる当たり前の期待の大きさに潰されそうっていうところかもしれません。彼にとって今は一番試練であり、さらに成長できるときになればいいなとは思います。踏ん張りどころ、メンタル力の高い仲良しバーリー投手としっかりコミットメントしてみるのもひとつかも。

これに対してメディアに向けてギーエン監督は、ガーランド投手がメディアへの会見を拒否したことは怒ってないということを言った上で、さらに自分は昨年と同じくらいいいことなんて望んでないのだということも語っていました。

"I don't expect him to win 20 games. I don't expect him to win all his games. I expect him to every time go out and throw the ball better."

そうそうガーランドらしいゴロで打ち取るピッチングを出来るように頑張ってくれたら…と私も思います。勝ちなんて勝ち運がないときはどんなに良くてもとれないものですから、自分らしい投球をしていたら自然と防御率に表れてくるはず…頑張ってほしいです。


それにしてもギーエン監督、いろんな選手のことでコメント大変ですねー。普通だったら胃が悪くなってそうです。改めて監督もタフネスがいる仕事だなぁと思いました。

とにかく、ホワイトソックスとしてはなんとしてもいい6月にするべく、それぞれの選手がモチベーションアップして頑張ってほしいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。