スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:フレディ…トロントで勝てるのはいつ?
2006年05月27日 (土) 16:54 | 編集
あちゃ~~!やられましたねー。メッタ打ち。
その話は後ほど書きますがその前に…。

井口3戦ぶり出場も無安打 3割切る
Sox, Garcia see streaks dry up in Canada
↑これってカナダドライとかけてあるんでしょうか?(すみません~)

このスタジアム…。
私にとってものすごく思い入れがあるのです。例え呼び名が変わっても。(ここでまだ試合は見たことないんですけどね~。11月にトロントに行ったとき球場ツアーだけ行きました)。
2001年のキャンプでちょこっと気になってから見続けてきたフレディ。ぴりっとしない開幕戦、もっちゃりしながらも負けはつかず、忘れもしない5月のブルージェイズ戦…(現地5/11)。

デーゲームで日本時間午前2時からのライブ中継を眠い目こすりながら見ていました。7-0と大量リードをもらって勝ち投手もイタダキだとおもっていた5回、この楽勝ムードが一転、3アウト目がとれずに4回2/3で7-7に追いつかれてノックアウト(大汗)。このときのマウンド上のフレディはものすごく汗をびっしょりかいてイライラして、あーあーという状態でした。

眠いのに頑張って起きてたのと(勝手に起きてたんですが(笑))、その様子がなんだか応援していただけにその分余計にミョ~にむかついて、まーったくこんなにマウンドでオロオロしてテレビ前のシロウトにそのイライラが伝わってきてどーする!となんて勝手な手紙を書いたのが、私がフレディにアクションを起こした最初だったんです(『あなたが堂々と投げればアウトは取れるはずです』…なんて偉そうな恥ずかしい励まし付きで(笑)。これに対して1ヶ月後に返信してくれたのはビックリしましたが(笑))。そこから腰を据えた応援の日々が始まりました。

なつかしいなー。
だからなんだかものすごく思い入れがあるのです…この場所。

でも、フレディって元々人工芝のスタジアムってなぜかイマイチ相性が悪いんですよね。対ツインズとか対ブルージェイズとか(野生児だから空が見えてないとダメとか?(笑)←ウソです)。でも今年はツインドームでも良い感じで投げて来れてたからちょこっと期待してたんですが…さすがにそうはうまくいかずでした(笑)。

実はフレディ、ここでは2000年9月17日以来勝ったことがないんです。それくらい相性が悪いんですよ~(私がマジメに見始めてからは一度もここで勝ったことはないんです)。そういう意味でメンタル的なものもちょこっと心配していました。でもはずれてほしかったなぁ…そういうのって(汗)。


それにしても、今日の試合12本もヒットを打たれて、まぁ、よくここまで打たれるなぁ…と感心するほどものすごく連打浴びまくりだったのですが、ホームラン3本打たれているのに5失点で終わったのはあら意外…というのがありました。なんだか8失点とか10失点とかしてそうな勢いで打たれてましたからねー(汗)。これもファーボールだけはなんとかださなかったことが傷口を広げなかったのかな?というのはあります。この状態でファーボールがあったら7-8失点はしてたような。今日の中で唯一よかったことはそれだったかも。あとはカウントが常にビハインド状態で球数が多くて5回投げきれるのかなぁと不安タップリでしたし(涙)。も~。

今日の試合に関してのフレディのコメントは;

"I made a lot of mistakes, and I paid for it," Garcia said.
"Other than that, I never pitch well here," said Garcia, who has a lifetime 5.49 ERA against the Blue Jays.

ミス連発だった…というのはやっぱり変化球でストライクとれなかったことかなーと思ったりも。


先頭バッターのリオス選手(WBCプエルトリコ代表でしたよね)がイキナリ先頭打者ホームラン!というのもあちゃーって感じでしたが、このあとポドセドニック選手のエラーもあってワンアウト1.3塁から追加点を入れられなかったのはふぅ~って感じです。2回も何とかしのいで同点でいってくれるかなぁーと思ったら3回にまたまたリオス選手に打たれて走られて…気になってたんだろうなーと思ったらウェルズ選手にドッカーンとツーランホームランで1-3(せっかくコネルコ選手がホームランで早々に追いついてくれたのにー(涙))。

エンジェルスのフィギンス選手やオリオールズのロバーツ選手じゃないですが、リオス選手、すばらしい先頭バッターですね~~。今までなかなかジェイズをじっくり見てなかったというのもありますが、彼がいてクリーンナップがますます活かせてるという感じがしました(もっとWBCの時しっかり見とけば…←ミーハー)。今日はオーバーベイ選手も光ってましたね。

2回以外は得点圏にランナーを置くかホームランを打たれるかというアップアップ状態でしたからやばいなーと思っていたのですが、個人的にショックだったのは5回のグロース選手の特大ホームラン!うわお!フレディ、実はグロース選手がお得意さんで結構アウトカウントをとれるバッターだったのですが(外に落ちるカーブを振ってくれるので)思いっきりストレートを狙われて持っていかれた感じ…。あれは本人もやられたなぁーって思ったでしょうね~。さらに苦手なモリーナ選手にもキッチリ打たれて1-5(汗)。


試合を見ているとき、BSの解説佐野さんも、今日の試合を見ているとブルージェイズが迷いなくストレートを狙ってバッチリ打ってきてるということを不思議そうに言われていたのですが、確かにそうでした。球が打てそうだから振るというよりもまっすぐだと思ったら思いっきり振るという感じのバッティングで、みんな気持ちいいほど振れていたのが印象的でした。

これも今日はフレディがダメダメだから打たれているのかなぁと思っていたら、後から出てきたポリート投手もなんだか同じような感じでストレートねらい打ちされていたので…あれ?と思い、さらにこの日絶好調でバットは良く振れているはずのリオス選手がポリート投手の決まった変化球にまったく手が出なかったのを見て、やっぱりストレートねらい打ちなんだろうか?と気になったので、ちょっと試合をもう一度見てみることにしました。めった打ちでフレディの負け試合なんて見たくないところなんですけどね(汗)←物好き&オバカ。

やっぱり見なおしてみても、二人とも今日は変化球でストライクが取れなかった…ということだったような気がします(変化球のボールとストライクがハッキリしてたというか)。ポリート投手も変化球でストライクがなかなかとれず、ボールとストライクがハッキリしすぎてしまうため、ストライクをとりにまっすぐを不用意に投げると…やられた~状態になっていたのですが、特にフレディとの対戦では本当に作戦的な感じでストレートに完全に焦点を合わせているかのように、変化球はある程度捨て球的なのかなぁ?と思うほど見逃してきていました(いや~ブルージェイズ打線コワイですねぇ~)。

相手がどう出ようと、フレディがある程度変化球がストライクに良い感じで入れられていたのならよかったのでしょうけど、今日はこれがダメダメでイマイチすぎなために、ストライクを取りに行くためにストレートを投げると…スコーン!!元々ブルージェイズの選手たちは今バットが良く振れている状態なので、このねらい球をミスることなく上手く当ててくる…という感じがしました。ピッチャーの調子が悪いといかに餌食になってしまうか…キャー !!です。


明日のコントレラス投手も明後日のガーランド投手も良い感じで変化球が決まりますように☆。復帰した試合でもコントレラス投手は安定したピッチングだったのでちょっと明日は安心して見れるかなぁ~と思ってるんですけど(ダメ?)。あさっては前回のナイスピッチをガーランド投手が魅せてくれるように祈っています!(頑張れ~~)。

こういう打てるチームと対戦するときに初戦を落とすと勝ち越すためには連勝しないといけないのでなかなか厳しくなるのですが是非頑張ってほしいと思います(ごめんねぇ~、フレディがダメダメで…トホホー)。


この後ホワイトソックスはインディアンズやレンジャースのような猛打軍団とも対戦予定なので、ピッチャーが打ち込まれないようにしていかないとものすごく厳しい戦いになりそうですね。しかもフレディは次の先発が初戦でめった打ちにあったインディアンズ(汗)。大丈夫かなぁー←チキン。

特に前回ここぞで打たれてしまって要注意なのがWBCでフレディの球も受けてくれていたビクター・マルティネス選手なのですが、昨年まで押さえられていた彼を今回押さえられるかどうか…というのは大きそうです。ここからがフレディの正念場かも。奮起してくれることを願ってます。…というかリベンジして!って感じなんですけど(笑)。


もう一つ、忘れてならないのが今日ホワイトソックス打線が今日は苦しんでいた、リリー投手。ヤンキースでデビューし、アスレチックスで成長し、そして今。かつてに比べるとますます彼のフォームが最近のバリー(ジト投手)のようにコンパクトになっていて野手にとってはものすごく球の出所がわかりにくいんだろうな~と思いながら見ていました(球速はそこまでじゃなくとも振り遅れてましたよね)。ホワイトソックスのチームレポートにはリリー投手はコントロール難があるということが書かれてたそうですが、コネルコ選手は『全くそんな感じがしなかった』と試合後に語っていました。BSでは先発ピッチャーが…と言うことを言われていましたが、そんな中こういう形で淡々とアウトが取れたのは大きいでしょうねー。

井口選手も全く今日は合ってない感じでしたし。コネルコ選手が一人ホームランで2本打ってましたが、後は打線がつながらず…でした。6回表のホームランの後、ツーアウトながら1.2塁となってチャンスを作れたのであそこでもう1点でも入れることが出来たら…ちょっと違ったかも。

あと6回にランナーを3塁に残した状態でフレディが降板した後、コッツ投手がマウンドに上がり良い感じで火消してくれたのは感謝♪です。m(_ _)m


さて明日&明後日はBSでは録画放送です。果たして明日雰囲気を変えられるのか…というところになるのかな。良い形になってくれるといいなーと思います。


<おまけ>
先日の乱闘での処分が出たようですねー。

Adding fuel to ire

殴ったバレット選手(カブス)が10日の出場停止処分&罰金(詳しく載ってなかったです)、アンダーソン選手が5日&3000ドルの罰金、そして3塁ベースコーチのコーラコーチが2日&罰金(詳しく載っておらず)。殴られたピアジンスキー選手が罰金2000ドル。

バレット選手もアンダーソン選手もこれに対して異議申し立てをしたので今日も試合には出ていました。一方、コーラコーチは不服だったようですがこれを受け入れて今日から2日間は試合に出ず…替わりに三塁に立ったのはサードベースコーチの経験があるギーエン監督でした(ちょっと楽しそうだったかもー)。

Feeling at home as 3rd-base coach

"Sometimes the third-base coach is more important than the manager because you're part of the game," Guillen said. "Managers just put the thing on and off, and hopefully it works. Third-base coach is not an easy position, and I don't have anyone else with experience. I did it for a few years."

三塁コーチというのは確かにランナーを回したり止めたり…結構直接得点に関わりますものね。

ちなみにコーラコーチはスタジアムのセンターのところにあるレストランからこの様子を見ていたのだそうです(笑)…なんだか想像するとおもしろいかも。そうそう、こういう処分の間というのは全く補充というのは出来ないのですねー。

例えばバレット選手やアンダーソン選手が出場できない間、それぞれ24人でチームは戦わなければならないのだそうです。その処分期間は試合前の練習には参加できるそうですが、試合中はベンチはもちろん、クラブハウスにも入ることは出来ないのだとか。客席で見ることは可能だそうです(でもイヤですよねぇ…客席で見てるなんて)。

アンダーソン選手にとって見るとちょうど調子がイマイチのときのことだけに試合に出場機会がこれだけでも減るのは痛いだろうなーと思いますが、これが若気の至りで経験になれば…かな(笑)。


<おまけ2>
今日試合後に今年初めての大リーグインサイドレポート(This Week in Baseball)を見ました~~~~。キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!!!!です。

ホワイトソックスの面々のことをまず放送するのは前もって調べていたのですが、なかなかおもしろかったです。ただローワンド選手がローワン選手になってたり(汗)、すでに引退した選手っぽい感じで紹介されていたのは…ちょっと(汗)でしたが(確かにスーツで来てましたが、フィリーズのユニで来れないですよね)。

ミーハー的に見逃せないこの番組…今年も楽しみです。
なお、まだ今日の番組の再放送もあります。再放送予定は次の通りです。見逃した方で興味のある方は是非!

27日(土) BS1 17:40~18:00
28日(日) BS1 07:35~07:55

来週はヤンキースタジアムみたいですねー。これまた楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
フレディー、残念でしたね・・

ウェルズに打たれた瞬間右手をグローブに叩きつけてましたね(汗)
でもあの投球はきちんと低めに決まってたので、悪くはなかったと思います。

リオスは超有望株として期待されていたんですけどなかなか開花せず、今年もヒンスキーとのプラテューンが予定されていたほど評価は低かったんですが、今年見事に花開きました!
先発が3人も抜けるという非常事態からチームを救ってくれているのは紛れもなくアレックス・リオスです!!

明日はコントレラスですね。
明日こそ勝てなさそうです(汗)
ジェイズのジャンセンも防御率ほどいいピッチャーじゃないですし。
2006/05/27(土) 22:14 | URL | BJ #Ag30ZV5A[編集]
そうでなんですね!
BJさん

こんにちはー。フレディのこと気に留めてくれてありがとうございます。ううう(涙)。

ホント気持ちいいバッティングプラクティス状態でしたよねぇ(汗)。でもこの結果もキチンと受け止めて前に進んで欲しいとおもっています。あの打線と当たれたことは彼にとってプラスになってくれたらそれでいいんですけどねー。

>>ウェルズに打たれた瞬間右手をグローブに叩きつけてましたね(汗)
ははは、出た!って感じでした(まったくもー)。

ところでリオス選手!
そうなんですか~~花開いたところなのですね。私もWBCのプエルトリコ代表で見ていたはずなのに記憶に残ってなくて…なんてもったいないことを!と今更悔いてます(汗)。でもあんな一番バッターがいたらブルージェイズからするとホント後ろが打ってくれるのでかなりいいでしょうねー。いや~楽しみなバッターです、うんうん。

今日も両先発が踏ん張る形になっていましたが…ホワイトソックスちょっと便秘気味すぎ打線でした(涙)。ジェイズからすると良く押さえてピンチを再々しのいだって感じでしたよね。コントレラス投手頑張ってたのになぁ。

ところで今日はギーエン監督自軍に大爆発してました(出た!)。これもまた後で書きますねー(爆)←サードベースコーチで熱くなりすぎたのかも!
2006/05/28(日) 12:24 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
う~ん
昨日の試合についてはポーリーの2発とオジーがサードベースコーチに入った以外は見るべきところがありませんでした。フレディはヒットを打たれながらも粘り強く投げて抑える感じになっていると思いますが、いくらなんでも打たれすぎましたね。トップに入っていたリオス選手は近年評価の高かった選手ですが、5ツールプレーヤーになれる選手と言われてましたがどっちかと言うと守備先行タイプになっていただけにあのバッッティングをできるようだとかなりの成績を残せそうです。

それにしてもグラウスがショートって・・・そんな攻撃型オーダーを組みながら結構はしってきましたよね。近年のトロントはビリー・ビーンの愛弟子リキアーディがGMに週にした事であまり走らない印象があったのですが、この試合ではいろいろ揺さぶってました。もちろんA.J.の肩を想定してだと思いますが、もともと結構足の使える選手が多いと思いますのでこういう攻め方をされると良くなると思います。

今日の試合も負けたようなので録画をやめてしまいましたが、TWIBと先日のオークランド戦を見て慰めてみました。TWIBはすごく良かったです。保存版にしようと思っています。オークランド戦は要所のチェックとなりましたが、楽しませてもらいました。今はあの試合を約4$でダウンロードするか迷っています。1ヶ月契約の期限が切れても見れるのか、パソコンデータ上の問題などを含め保管する価値はある試合だったと思います。ど~しよ~。
2006/05/28(日) 12:50 | URL | kazz #-[編集]
ダメでしたよねぇ~!
kazzさん

こんばんはー。ホントおっしゃるとおりです。でもやさしい~~kazzさん。昨日のフレディには『怒!』でもいいですよ(笑)。私はあらららら~~ってかんじでしたが(目を覆いたい気持ち(笑))。ただここまでキチンと投げてきていた分、次にこれを引きずらないでピシっとピッチングしてくれることだけは祈っています。頑張ってほしいんですけどねー。

ギーエン監督…昨日今日とストレスが溜まったのではないかなぁと思いますが(もっちゃりしすぎててあの場所ではイライラしたのではないかと…)、明日からコーラコーチに戻ってもらっていつも通りの流れになるといいなーとは思います。

リオス選手は期待度が高かった選手なのですねー。教えてくださってありがとうございます。なるほど、打撃でまだ期待通りに動けてなかったところ、このところの活躍で一気に!という感じなのですね。ああいうプレーヤーが出てくるとまた楽しみが増えますねー(相手としてはコワイですが(笑))。ワクワク…。

ここのGMさんはビーン氏の愛弟子さんなのですか。おお! そうそう、上に書いてくださったBJさんのところで教えて頂いたのですが、グロース選手、元々の学生時代はショートだったんですねー。知らなかったです~~。でも久々にやって楽しかったみたいですし、彼自身フレディからスッカーンと気持ちいいほどどでかいホームランを打っていたのでああいうこともものすごくおもしろかったんだろうなーと思いました。ええ、おっしゃるとおり、ピアジンスキー選手の肩を想定したのかな?というのは私も思いました(苦笑)。こういう感じになると、元々打てるチームだけに怖さ倍増しちゃいますよねー。いやぁー。

今日の試合…ホントもっちゃりすぎてストレスがフル満タンになってしまうような試合だったので見なくてもいいかもです(汗)。コントレラス投手のピッチングを見るといいかも(笑)。

This Week in Baseball見られました?キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャーでしたよねぇ!!ホント私もこれは保存版です♪バーリー投手のあのシーンも見納めですし(笑)。特にkazzさんからすると前のコミスキーパークから出てたりしてさらに良い感じだったのではないでしょうか?

MLB.TVもチェックされたのですねー。私自身ダウンロードしたことがないのですが、デスクトップにダウンロードするということは恐らく期限切れでも見れるのではないかと思います。確かに初戦のあのホームランは保存しておきたい気持ちもわかりますよー!迷いどころなのですね。今日の試合は見所なかったのでそういう楽しいことを考えられるのが良いと思います。明日は切り替えられる試合をしてくれることを願うばかりですねー。
2006/05/28(日) 18:49 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日はNHK-BSでもやっていましたね、リオスのLead-off Homerで始まりました。ジェイズはウェルズが3回にガルシアから2ラン、5回にグロースがセンターのレストランの上部にぶちあたる怪
2006/05/27(土) 22:15 | Cheer for two!
ケーブルテレビ経由NHKBS1 W-SOX VS TORONTO を2画面、音なしで、チラ見。今日はオジーギーエン、三塁のコーチャーズボックス入り。放っといたら、フィールドにいるかもしれん。またやってくれた。この試合とは全く関係ないが、前のスカパーのAki猪瀬サンに....
2006/05/28(日) 11:14 | I LIVE FOR THIS by "j"eter
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。