スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:フレディとバスケス投手の次回WBCへの話
2006年05月26日 (金) 16:02 | 編集
ちょっとミーハー記事。

ホワイトソックスのオフィシャルサイトにこの春WBCに出場した2選手のインタビューが載っていました。一人はバスケス投手(プエルトリコ代表)、そしてもう一人はフレディ(ベネズエラ代表)です。

Garcia, Vazquez a World apart

どちらも大会に出たことは楽しかったしすばらしかった!と言う反面、次のWBCに今の時点で出場するか?という問いにはバスケス投手は声がかかれば是非!とトーンアップでしたが、フレディは今の時点では考えにくいなーとトーンダウンだったようです。あらま。
そう思うのはなぜなのか?ということになってくるわけですが、ひとつは時期的な問題のようです。フレディは準備と試合後の通常へ戻ることへの適応というのがなかなか上手くできなかったということが気になっているようで。

ギーエン監督はこの中で、WBCに出場するつもりがあるのならスプリングトレーニングまでに出来上がっている状態になっていないと…ということを早い時期に彼に言っていたということを言っていました。

"But if you make the commitment to go for your own country, you should get prepared as soon as the season is over," Guillen added.

そういえば、実際出場した選手ってどういう風に今回の大会を思ったのか、そしてシーズンに入ってみてどうだったのかということは、とってキチンと総括していけばいいのに…とは若干思ったりします。サッカーのワールドカップと違ってこれから作っていかないとならない大会だけに参考に出来る話もあるかもしれないですし。

一方、バスケス投手は、自分はかなり早めから準備をしていたこと、プエルトリコで早くからかなりブルペンセッションを行ったりしていたためそんな違和感もなく順応できたということを話していました。

Vazquez followed the road described by Guillen, throwing bullpen sessions in his native Puerto Rico far earlier than he usually would work out for an average Spring Training. Possibly because of that preparation and dedication, Vazquez said there hasn't been a noticeable change in either direction brought on by the World Baseball Classic.

代表となる投手が早めから意志をもって準備できるかどうか…。最終的なメンバーのセレクション自体遅いですから難しいですがこのあたりどうなんでしょうね。

そう考えると日本の招集&準備もかなり急場的なイメージがあるだけに、戻ってから速攻シーズンが始まったパリーグなんかは大変だったんだろうなーやっぱりと改めて思ったりしました。最初ロッテも大変そうでしたが、シーズンをこなしていくと首位になってきてますし。

余談ですが、ベネズエラ代表のピッチャーはシーズン始まって特に調子が上がらず気になっていました。フレディに限らず、ツインズのサンタナ投手も、カブスのカルロス・ザンブラーノ投手も…今シーズンはスロースタートでしたからね。そしてメッツのビクター・ザンブラーノ投手やブルージェイズのチャシーン投手はDL入り。さらに一番ビックリしたのがツインズのシルバ投手の大乱調…。野手はシーズンに入って大活躍の選手も多いので対照的という感じでした。

ちなみに、ベネズエラのピッチャーのセレクションって、日本ととても構成がよく似ていて、良いピッチャーと言われるピッチャーをとにかくセレクションしたら…先発がかなり多かったという感じでした。そのため、普段先発でリズムを作っていた選手が軒並み中継ぎをしなければならないということも結果でてしまったわけです。どの試合も先発として登場できた先発ピッチャーはサンタナ投手とフレディだけでしたからね(カルロス・ザンブラーノ投手は1次では中継ぎ的に登場しましたし、エスコバー投手も2次では中継ぎで登場しました。シルバ投手、チャシーン投手、ビクター・ザンブラーノ投手…みんな中継ぎです)。

大会が終わってからロッテの渡辺俊介投手が、やはり今までやったことがない中継ぎでのスタートを体験して、1試合だけだったけれども、中継ぎピッチャーの気持ちがわかって良かったという反面、やはり普段やっていく調整とは違う違和感というものもあったようなコメントをしていたので大会を通じて行っていたベネズエラ代表ピッチャーにもあてはまるのかもしれないなぁーということはちょこっと思ったりしました(サンタナ投手とフレディ以外)。

基本的にこの大会の特性で球数制限や登板間隔の制限があるために先発ピッチャーが多くても彼らのメリットを使いにくいところがあるのかもしれませんね。このあたり次回がどういった大会になるのかわかりませんが、各国セレクションするにあたって…大会に合った選手のセレクションというのはひとつの考えとして加味できる部分なのかもしれないなぁーとシロウトながら思ったりも。


さらに、個人的にはフレディの場合は、2次ラウンドで終わってしまったことへの燃え尽き感というのも結構あるんじゃないかなぁ~と思っていたのですが、やはりメンタルの部分も大きいようです。

…といっても私が思っていた燃え尽き感ではなくて、先日のベネズエラの新聞社リデル紙が書いたマリファナ事件のことでした(笑)。私もこのニュースが出たときは衝撃的だったのですが、結局ベネズエラの地元1紙だけのアヤシイ話で終わってしまった…あの話(まぁここまで何もアンチドーピング協会から発表がなかったらガセだったんでしょうか)。やっぱりこれが本人は相当ショックだったようです←フレディすんだことでも根に持ちまくり…。

Since that report came out in late April, Garcia said he has not heard another word about the alleged test. Yet, he hasn't forgotten the attack in print.
"That is disappointing for me. It's really bad," Garcia said. "I played for my country and they do all that stuff to me. That's not fair.

あ~(汗)。本音が出ましたねー。

今までフレディはノーコメントを通していましたが、内心かなり悔しかったんでしょうね。国のために頑張って、結果こんなニュースを流すなんて!ってなところでしょうか。正直…、上に書いた時期的もっともらしい理由以上に、この件で、もう出ない!とすねてる感じが…ちょっと(汗)。3年も先のことなので、仲良しのベネズエラの選手たちから出ようよ~~なんて言われたら状況が変わる可能性もありありなんですが(何となくフレディってそんな感じが…)、あの件で今は出たいと思えないというところがあることだけは確かなのかも(笑)。ただでさえイマイチ心開きにくい人なのにまたひとつ閉ざすことが…出来たのは残念。

ただ、この事件、ベネズエラの1紙が自国で勝手に騒いだだけならよかったのですが、MLB.comのレポーターがちゃっかり裏も取らずに記事にしちゃったところが大きくなった発端だと思いますので(それをまたmajor.jpも記事にしたわけですが)、いくらMLB各チームが発信しているものではないですと最後にしっかり責任回避の注釈をつけているとはいえ、MLB.comに載るとやはりそういう目で思って見る人が多いので、責任もって記事をセレクションしてほしいなぁとは思いました。ファンが勝手に信じ切ってしまっているだけといわれるとそれまでなんですが、それくらいの力がMLB.comにはあるということは念頭に置いてくれていたら…と勝手ながら思ったりしています。

どっちにしてもフレディ、あの件でちょっといじけモードなわけですね(まったくねぇ…)。また機会があったら次はもうでないのか…ちょこっと聞いてみたいなぁ~(っていっても本人目の前にするとチキンなので聞けない可能性ありありですが(爆))。


冗談はさておき、やっぱりどうなるか解らないこの1回目の大会に出た選手たちの声というのはすごく大事だと思うので、ぜひ総括してほしいなーとは思います。他のチームのオフィシャルなどではこういった話って出ているのか見てないのでなんともいえないのですが、こういう声はまとめてもいいんじゃないかなぁ~とちょこっと思ったりしました。…ちょっとフレディの場合は、フレディ自身の個人的意見バリバリ入ってて冷静じゃないですが(爆)←ひいき目に見ても。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
フレディの件は、ともともさんがほっとされて軽口になってる感じが楽しいです(ばかにしてるように聞こえたらごめんなさい)。

メジャーの選手が薬物関係の話にどれだけ神経質になっているか。
そういう時期に、こんないい加減なネタを報道するのは論外ですね。
2006/05/26(金) 21:14 | URL | えあとん #-[編集]
あははー
えあとんさん

こんばんは~~。バカにしてるなんてとんでもないです!この話に反応してくださってありがとうございます。m(_ _)m

いやーおっしゃるとおりなんですよー。あれホントだったらやだなぁーと落ち込んでいた時期もあったので(笑)←私自身がMLB.comに振り回されたという話も。実際WBCで会ってきていただけにそのときのことだから余計に…だったのですが、でも結果彼のメンタル的にはひとつ閉ざすモノができてしまったことはやっぱり残念です。あれで(失礼な!)結構気にするタイプなんですよねぇー(過去の記事を見ていてもしかり(笑)←根に持つし(爆))。

でもやっぱりMLB.comってそれくらいの威力があると思うのでやっぱり裏付けはとってほしかったなーというのはちょこっとありますね~。

でも…子供みたいでしょ?(笑)。バスケス投手がオトナ的発言なので余計にそう見えちゃうんですけどね(笑)。
2006/05/26(金) 21:39 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
子供みたいですよね
フレディのそういうところ、実はマリナーズ時代には好きじゃなかったです。
なんか、お前嫌々やってんの?
と感じるときもあって。

でも、放出されたときの涙とかコメントを聞いて。いやごめんおじさんもいじめるつもりじゃなかったんやって・・
と思って以来、フレディ派になりました。
(言葉づかいがおかしいと感じられるかと思います。バリバリの関西人のため関西弁が混じってしまいます)。
2006/05/26(金) 22:03 | URL | えあとん #kwzMfkEo[編集]
フレディー・・まだやっぱりちょっと尾を引いてるんでしょうかね・・

僕も学校でまったく根拠のない噂が出回ったことがあって、なのでフレディーの気持ちは分かります。

MLBももう少し慎重になって記事を選んで欲しいです。

ところで明日、フレディー、ブルージェイズ戦に先発しますね!
今かなりノってるそうなので厳しい戦いになりそうです・・
2006/05/26(金) 23:24 | URL | BJ #-[編集]
やられちゃいましたよー
>えあとんさん
こんばんはー。フレディ撃沈しちゃいました(涙)。

いやーおっしゃるとおりだと思いますよ。たぶんあれはねー、ファンで追っかけててもオイオイっていうときありますから、普通にマリナーズを応援してみている人からすると、えーかげんにせーよ!って思っても仕方ないはずですしねー。

彼は本当に自分を表現するの下手ですよねぇ。…というか子供チック。今でもそうなんですけど、何かをプレゼントするときなんて本当に子供か?というくらい喜ぶんです(かわいいー)。今クーパーコーチたちもすごく理解してくれている感じが。ありがたや~~。どちらかというと、ハイハイフレディこうなのねーってあしらってくれてるといういい方がぴったりだと思うんですけど(笑)まさにうまく上手に育ててくれてる感じがします。この状態でうまく良い感じになってくれるとうれしいなー。

おお!えあとんさん関西の方ですか?
ウチは旦那がバリバリの関西人でして、私も2年前まで9年間神戸、大阪に住んでました。関西の番組結構好きだったので懐かしいこの頃です。ちちんぷいぷいが見たいなぁ…(ローカルな)。


>BJさん
こんばんはー。いや~~~~やられちゃいましたよー。でもすごい打線…餌食状態でしたねー(笑)。きれいなクリーンヒットばかりだったのでかえって気持ちいいくらいでしたが、あそこでフレディ2000年から勝ってないんです。だから彼にとってはドツボの場所になっているんですよ(いつ払拭できるのかなぁ?)。BJさんにとっては今日は気持ちいい試合展開だったのではないでしょうか?それにしてもリオス選手いいですねぇ!!すばらしかったです。

BJさん、フレディのこと心配してくださってありがとうございます。MLB.comってそれくらい威力あるサイトなので裏をとってほしかったなーというのはありますねー。

そうでしたか、BJさんも辛いことがあったのですね。でもその時期を乗り越えられたのかな?エライです。学校って特殊空間で会社などとはまた違って切り替えにくい場所だけに大変だったと思います(会社ではそういう人とはつきあわなければいい!と言う形にもっていくことも可能な場合がありますが、そういう意味では学校ってまだみんなでやっていくことも多いだけにつらいところありますよね)。私も経験あります~~。

BJさんも辛かったと思いますが、だからこそこういう気持ちがわかる自分というのはぜひぜひ自分でも褒めてあげてくださいね☆これは経験者だからこそ…というところですから。(^^)

でもうわさ話って気をつけないとな~と改めて自分でも思ったりしますね、こういう話が出てくると。
2006/05/27(土) 17:14 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。