スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:いわゆるオウン・ゴールチックなゲーム
2006年05月17日 (水) 21:39 | 編集
やっぱり打てません、カズミーア投手…。
今季初先発球数は多くても踏ん張ってました、マッカーシー投手…。

で…、なんなんだエラーとブルペンの大荒れ模様(涙…)。
スカパー!観戦もグッタリです。

どっちのチームも同じ流れを持っていた今日の試合(こわ~い)。ホワイトソックス的には1-10であっさり負けず、よく7-10まで持って来れたとは思います。昨日は主力以外で頑張りを見せた試合でしたが、いざというときは頼れる3.4番♪ これは本当にうれしかったですが、さすがに大差すぎ…追いつけず…でした。トホホー。
でも、そうかと思えば、他の球場ではレンジャーズ対ヤンキースでは3回表で10-1(裏で10-3)から点の取り合いの末追いつかれたレンジャースが9回表に勝ち越したにもかかわらず、裏に逆転ホームラン打たれたなんてこともあったようで(大塚投手~(涙))。チャコーン投手1回1/3でボコボコというのはやばいなぁと思いますが、彼これで負けがつかなかったのは大きいですね。もちろん防御率には出ちゃいますが記録ではこの試合勝ちで何も残らないわけですから…いわゆる流れというか勝ち運までは行かずとも負け運がない状態なのかもしれないですね←ガーランド投手に分けてほしい~この運を(涙)。


しかも、今日は2位のタイガースが勝ったので、同率首位に並ばれてしまいました(25勝13敗で全く同じ)。昨日の試合に勝っていたお陰で速攻首位交代にならずでよかったですがやはり気分はよろしくないです。でも、25勝ってMLB全体でこの2チームだけなんですよね。むむむ、やっぱり今年のタイガース強い!まったくもー、なんで同地区なの~(涙)←逃げモード(弱気)。もちろん打撃的な面もいいのですが、タイガース今年は昨年に比べると1点ほどチーム防御率がよくなっているというのも大きいですね。なかなかタイトなゲームをされてしまうというのは手強い証拠だと思います。もちろん今の順位が問題じゃないですが、今までの傾向的に負けるとずるずる行きがちになるだけに、ホワイトソックスもここで気合い十分にして欲しいなぁ~とは思います。


…では話を戻してホワイトソックス対デビルレイズ。
先発ピッチャー同士が投げている間は…まだよかったんですけどね。とはいえ、マッカーシー投手終始球数が多くなってしまい、5回途中で交代となってしまったのは残念でしたが、それでもまだ83球。恐らく今後もブルペンでフルに動いてもらう必要性があるために早めに降板させたのでしょうね。ただ最近ブルペンも抑えられないときが結構あったのでロングに任せる必要性が出てしまったのは痛いなぁとはちょこっと思っていたんですけどね。もちろん、今日のことがまた彼にとっていい勉強になっているといいなとは思います。

まぁ…ひとりのせいではないですが、今日痛かったのは何と言っても今日はローガン投手でした。若手のマイナー契約からはい上がってきた選手だけに頑張ってほしいのですが、基本的なところの致命的なミスが連発してゲームが思わぬところへ転がっていった感じがします。もちろんカズミーア投手からなかなか得点を奪えなかった打線もスッキリしていなかったですけどね。

5回ノーアウトでランナーを出したところで、球数も多かったことからマッカーシー投手からローガン投手へ交代でした。しかし、替わって直後のガスライト選手のピッチャーゴロをスローイングエラー(泣)。その後ルーゴ選手が三塁方向へバントをしたのですがそのときファーストへのカバーが遅れ(汗)、クロフォード選手のヒット&ゴメス選手のツーベースヒットと連打(大汗)…これで一挙に4失点で1-6。

6回もそのままローガン投手が続投。ホリンズ選手をサードゴロに打ち取った後、ガスライト選手、ルーゴ選手と連打を浴び、続くクロフォード選手の打球はマウンドの後ろ当たりに落ちたのですが、これを深追いしてヒットになってしまい、またまた失点で1-7。なんだか、焦っていたというのもあるかもしれないですが、任せるべきところを内野に任せてしまわなかったのがものすごく大きな要因になったような感じでした。さらにこの後、結局続くゴメス選手をファーボールで歩かせ、続くハフ選手のゴロの間にもう一点追加。1-8と大差のゲームになってしまいました。

さらに6回途中から、新人(3Aからあがってきた)モンテロ投手に交代。6回はウィギントン選手をサードゴロに打ち取って締めたのですが、7回ワンアウトからリー選手にファーボール(涙)。ここでクリーディ選手が三塁ゴロを守備ミスで1.2塁とすると、ガスライト選手がセンター前にヒットを放ち1-9。続くルーゴ選手のショートゴロを今度はウリベ選手がエラーをし満塁にすると、クロフォード選手がキッチリ犠牲フライを放ち1-10。デビルレイズは今季初の二ケタ得点だそうですが、もうチーム全体に悪い雰囲気とリズムが蔓延している感じでした。


Field-and-scream effort

"Pretty ugly," manager Ozzie Guillen said after Logan committed a series of mistakes during the Devil Rays' four-run fifth inning."This team has to make the plays," Guillen said. "We're pitching and defense, and in one inning we didn't do anything―bunt situations, ground balls, covering first―we didn't do many things we used to do well. We beat ourselves."

ギーエン監督も今日のローガン投手のミス連発のプレーには激怒!です。が、そこから蔓延したエラーだらけの今日のゲームにはものすごい怒り心頭だったようですね。確かに相手に負けたよりも、今日はホワイトソックスはサッカーで言えばオウンゴールだったような感じがします。もちろんミスというのは出るモノですから仕方ないですし、エラー自体そこまでギーエン監督が怒ることもないのですが、それぞれの役目を越えて出来たのならまだしも(それでもチームとしてはよくないですが)それが大打撃になったのですからこの怒りは仕方ないところかなという感じはします。


ただ救いは8回に6点を入れる猛攻をしてくれて7-10と明日へつなげてくれたことかなと思います。カズミーア投手が替わってくれたことが何よりも大きかったんですけどね(笑)。この回から替わったハーパー投手を攻めました。

まず井口選手に替わったオスーナ選手がルーゴ選手のスローイングエラーで出塁すると(エラー合戦(汗))、主砲トーミ選手&コネルコ選手がBack to Backホームランで4-10!続くダイ選手に替わったグロード選手は大きなレフトフライに倒れてワンアウトになりますが、ピアジンスキー選手がライト方向へのツーベースヒットを放ち、クリーディ選手に替わったマコーウィアク選手がこれに続き1.3塁。そしてウリベ選手がエラーを挽回する右方向へのバッティングで5-10。

なおもワンアウト1.3塁で続くアンダーソン選手もファーボールで満塁にすると、今日も当たっているポドセドニック選手がキッチリ犠牲フライで6-10。さらに替わったMeadows投手のワイルドピッチの間にもう1点を追加で7-10。まさに押せ押せムードだったこの1回ですが、先発から替わった途端これって…すごすぎますね。


良いピッチャーだからこそ、カズミーア投手の立ち上がりを攻めるプレーもよかったですし、ポドセドニック選手の張り切りもあってこの試合見所ありかもなんて思っていたのですが、終わってみるとなんとも後味がイマイチグッタリ…というゲームでした。ぜひ8回の攻撃は明日へつなげて欲しいです。


明日はガーランド投手。ぜひぜひ今度こそ!自分らしいピッチングでしっかりとゲームメイクしてほしいと思います。自信をもって頑張れ!


<おまけ>
今回のことでコントレラス投手が戻ってきたときに、ローガン投手がはずれることになるのではないかとメディアもかなり騒がしくなっています。ギーエン監督のおかんむりを見ていてメディアも当然書いているのだと思いますが、こればかりはまだまだわかりません(ギーエン監督のコメントではないですからね)。もちろんこのシリーズの後、カブス、アスレチックスと続いていくわけで、左打者が結構いることから左ピッチャーを3人ブルペンに置いておく必要性もありそうですしまだまだひとつの可能性というところでしょうか。3Aの候補としてもう一人左ピッチャーのJavy Lopez投手(0.44 ERA/16ゲーム)とJeff Farnsworth投手( 9セーブ&1.25 ERA/19ゲーム)の名前が挙がってました。先日マイナー契約を結んだベテランネルソン投手は、2週間はみっちり3Aでプレーする必要があるのでは?ということでまだ名前が出てきてないようです。


<おまけ2>
バーリー投手のこのところの不安定なピッチングにはくせがあることもひとつ(それだけではない可能性もありますが)ということが書かれていました。コンピュータアナリストのMike Gellinger氏と控え野手のシントロン選手から同じ指摘があったそうです。

Buehrle works on a coverup

シントロン選手…すごい洞察力ですねー。
それにより、バーリー投手はブルペンで投げず、同じポイントで球が投げられるように修正するトレーニングを行っているとか。クーパーコーチいわく、ボールを投げるとまた前に戻る可能性が高いことから、その投げ方が出来るまではデリバリーフォームの形を作ることに留めるのだそうです。実践であとはやっていくのだそう。

ちなみにこの記事を見ていると、マッカーシー投手もキャンプの段階ではある特定の球を投げるときだけグローブの外に人差し指が出ている癖が発見されてなおされたこと、さらにフレディもフォームを少し替える形にしたのだそうです。だから今年はスピードはあまりきにしてないのかも。どちらにしてもスピードはあるに越したことはないですが、安定感あるピッチングが出来るのが一番だと思うのでそれはそれで頑張ってほしいです。

バーリー投手もやっぱりエースとしての踏ん張りどころですね。ぜひとも彼にとって良い形になることを願ってます。
コメント
この記事へのコメント
負けグセがついちゃってるのかな~
このところ、えぇぇぇぇ・・・な敗戦が多いですねぇ。
何かこう、「悔しいっ!」 というよりもグッタリ・・・な感じの展開。
こちらも頭に穴が開いて、風がヒュ~ヒュ~吹き込むような感覚で
ボケ~ッと見ておりました。
唯一のツッコミどころはモンテロ君。
マウンドにやってきたAJの胸をポンッと叩いてましたが、
おいおい逆だろ、と思わず笑っちゃいましたよ。
ローガン君は、結構前から厳しいなぁ~とハラハラしていたのですが、
今日はもう致命的ですね。
焦る気持ちも分からなくないのですが、ちょっと・・・

あぁぁ、気持ちを上手く切り換えなくてはなりません!ジョン様!

そうそう、タイガースは同地区だからこそ、直接対決で叩いてやりましょう!
まだまだーっ!おーっ!
2006/05/18(木) 01:51 | URL | Para-suke #-[編集]
なるほどー
あの回のバーリーは、本当にサインを盗まれているんじゃないかと思ったくらい、配球を読まれているかんじがしたのですが、なるほど、リリースポイントの違いを見切られていたんですか。パワー投手ではないので、この欠陥は命取りでしたね。

でも、何が悪いのかはっきり分かって良かったです。修正のトレーニングが上手く行って、去年の安定感を取り戻してくれるものと期待してます。

ローガンは、まだ凄く若いですから、一旦マイナーに戻って、守備の基礎訓練も含めいろいろと洗練しなおすのがいいかも知れませんね。素質は高いと思いますので。
2006/05/18(木) 15:02 | URL | ろびん #M0XK8BU2[編集]
まだまだ!これから!
>Para-sukeさん
こんばんはー。ホント、おっしゃるとおり…なんですと!という負け方結構あってグッタリする日も多いこの頃でしたよね。

でも今日は!!!!
やってくれましたよ。Para-sukeさんのジョン様が?。
よかったですねぇー。

あははは、モンテロ選手のシーン、私も見ていて、あれ日本でやったら先輩キャッチャー怒るかも(笑)って思いました。ホント逆ですよねぇー。ローガン投手、持っている素質がすばらしいからこそ、マイナー契約からここまで期待して上がってきているのだと思うので、ぜひともここで自分が出来なかったことを改めて糧にしてほしいですよね。確かにファーボールが今まで多くてハラハラしていましたが…エラー痛かったなー。このままくしゅんとならないことだけは願っています。

素敵なポジティブシンキング!
私も真似しなくちゃですよ~~。そうです、同地区だからこそタイガースを押さえて優勝したらものすごいですよね?頑張りましょう!応援も!!おー!


>ろびんさん
こんばんは~。ろびんさんはすでにそういう思いでみていらっしゃったのですねーさすがです!私なんてちょっと体格良くなったから(笑)からだまわらないのかなー位にしか思ってなかったんですよ(笑)。だからこの記事を見てそうなのか!と思っちゃいました。ろびんさんも、シントロン選手ともども感じる何かをもっていらっしゃるのかもですね。

ホントこれがわかっただけでもいいですよね。わかってなくてもっともっと致命的なことになっていたらと思うとコワイです。本人もものすごく悩んでしまう可能性もありますしね(メンタル強いとはいえ)。クーパーコーチがそのポイントを一定させるがごとくキッチリトレーニング中とのことなので私も今度の登板は期待しています!ぜひともいつもの彼らしいいわゆる早打ちさせてさっさと試合を終えちゃうあのリズムを取り戻してくれたらいいですよね。

ローガン投手、おっしゃるとおりだと思います。もともとの素質というか資質が高いからこそここまで見込まれているのでしょうし(^^)。こういうこともひとつの経験で、悪いことは悪かった!と怒られてしっかり受け止めれば糧になると思いますのでここで頑張って将来のブルペンの支えになれるように頑張ってほしいですね。確かに結果マイナー行きになったとしても、ここで得たモノはものすごく価値あるモノになるでしょうしね。
2006/05/18(木) 17:47 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。