スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリナーズ:投手関連の勝手な思い(主観)
2006年05月05日 (金) 18:46 | 編集
先ほどの試合を書いた記事に一緒に書こうと思ったら、ながーくなりすぎそうだったのでこちらに…(これでも十分長すぎですが←まとめ下手)。

今日のホワイトソックスとの試合の中で、マリナーズについては解説の与田さんもかなり今日は厳しいことを言われていましたね。でもそうだろうなぁということも多かったです。私も城島選手に任せるつもりで取ったんじゃないのならどうしたいんだろう?というのはありますし。このあたりは確かに不思議…。


さて、ガルダード投手については一旦チームの結論は出たみたいですね。

マリナーズ、守護神グアダードを中継ぎ降格へ

レンジャースのようにクローザーを交代させるという形ではなく、クローザーを決めずにそのときのベストの選手がマウンドへ行く…というスタイル。これは昨年ホワイトソックスが行った形と同じですね。
いろんな選手がクロージングを行い、誰かが特にいいということになればだんだん決まってくるのではないかなぁと思います。ガルダード投手の昨日の言葉を聞いていると本当に今は自信喪失的な感じを受けるので(泣)、まだもう少し時間がかかるでしょうし、その間勢いに乗ってくる選手がいるかどうか…で交代がある可能性が変わってくるのでしょうね。

ガルダード投手の復活はもちろんあればうれしいことですが(ここで終わっては欲しくないです、ホントは)、その一方で、若手の選手たちにとってはこれもひとつのチャンスですから、そのチャンス(登板期間)が回ってきたら、めいっぱいそのクロージング・ロールを楽しんでやってほしいなーと思ったりしています。その後どうしていくかは考えるのはあくまでも首脳陣なのですし、無心でその状況にチャレンジしてほしいなぁ…なんて。

ちなみにホワイトソックスで言えば、昨年同じ状況になったときはまだジェンクス投手はマイナーにいました。高津投手がセットアップポジションになって以降、イマイチピシっとはなかなか行かずスッキリしないままの時に、若手にチャンスを与えてみたいということで高津投手をマイナー行きへ、そして替わりに上がってきたのが彼だったんです。それが今や若き守護神。だから、マリナーズにしても、プッツ投手が最有力?とかいうこともいわれているかもしれないですが、先入観抜きにいろんな選手にこうなったらやらせてみるのもおもしろいかもしれないなぁとは私は思います。


そして、ヘルナンデス投手について…、以前私もこの記事と同じようなタイトルで思うような主観を書いたことがありますが、解説の与田さんもかなり今日は厳しいことを言われていましたね。

彼が表情や顔に出てしまうことなども指摘されていましたが、そういう発言を聞くと、本当に若かりしころのフレディみたいで(笑)思わず笑ってしまいました。フレディも同じでよくやきもきしていましたからね~。今でこそ…そこまでマウンド上で怒ってるのはなくなりましたが(オトナになった?(笑))彼のそういうところは当時のピッチングコーチ、プライスコーチがものすごく苦労されていたので(涙)今のピッチングコーチも大変かもしれないですね。

…ということは、やっぱりガツンと一回頭打ちないといけないのかもしれないなー…なんて思ったりも。出身も同じ、パワーピッチャー、性格的にタイプが似ているのならなおのことかなーというのはちょこっと…(笑)。フレディと同じタイプだと、態度はどうであれ(笑)勝ち気はすごく強いでしょうから、あらゆることをひとつひとつ勝負に結びつけてあげると比較的飲み込みやすいかもしれないなぁーと思ったりします。


さらに先日、マリナーズサイドの話で癖がばれてるのでは?なんて記事が出ていたのを読んだとき…思わず2003年不振だったときのフレディと同じこと言われてる…と、この話もちょっとリフレインしちゃいました。今回はもちろんホントにそうかもしれないのですが、フレディのときもピッチングの癖が盗まれてるのでは?ということが出ていただけになんだか懐かしいなぁというのがあって。

余談になりますが、フレディのことを交えながら話していくと、2003年ぼろぼろだったころ、当時『見ている限りではピッチングフォーム自体今までと何も違わないし、ひょっとしたら癖が盗まれているのではないか』と監督もコーチも言われていたのですが、私からするとどうもなんだかフォームが小さくまとまっているような感じに変わってるような気がして、過去のフレディのビデオから2001年の最高のときと2003年の悪いときをいくつものパターンでコマ送り再生し、それをデジカメで撮ってコマ数がどれくらい違うかなどを見たりしたことがあります(実際にその結果はフレディに送りました)←オバカなオタク。そしてその結果は、実は結構違っていて、ピッチングフォームがコンパクトになりコマ数にして3-7コマは違っていたんです(2001年のときのほうがコマ数が多い)。つまり2003年のほうが踏ん張って投げれてなかったような。


…ということなどから思い出すものもあったりして、今年はWBCをメインに見に行ったのでマリナーズの練習は一度も見ることが出来ませんでしたが、実はマリナーズの今年のキャンプがどんな感じだったのかは今現在気になるところだったりしてます。

マリナーズのキャンプ練習…、昨年はハーグローブ監督が気合いをいれるためなのか、かなり厳しくなっていましたが、98年から昨年まで見てきて、今まで通して思うのは、比較的やさしい…ということでしょうか(今まで選手の年齢層が高かったこともあるかもしれないですが)。

特にピッチャー…ランニング系はなかったんですよね(これは厳しくなった昨年も同じくでした)。今までの形だと、ピッチャーはゴロなどをさばく守備練習を一通り行うと、バッティングプラクティスの球拾いをして終わり(順番でブルペンには入りますが)…という感じで、いわゆる軽い練習が毎日続く形になっていました。

一昨年まではこのピッチャーの守備練習も順番を待つのに一列で並んで待っていたので、ゴロをさばく順番待ちだけでも結構な待ち時間になり、ヒマな選手が多い状態だったのですが、昨年から3組ほどに分かれて練習が行われるようになったので順番も早く回るようになり一人当たりの練習自体増えるようになったような気がします(^^)。

こうした練習の中、実はマリナーズの投手陣が走り込む姿というのは、全体練習の軽いランニング以外私自身ほぼ見たことがなかったり…するんです。自分からランニングを行おうとしない限りはやらなくていいというか。つまりこのチームのパターンにうまく対応するとなれば、オフにどれだけ自分でしっかり下半身強化をしておくか…&自分でどれだけしっかり下半身トレーニングを行うかというのは重要になりそうな気が…。

これ他のチームもそうかと言えばそんなこともないんですよ。やっぱりやり方はそれぞれで違っていて。特にブレーブスなんか過去はものすごく走っていたイメージがあります(今年ピッチングコーチが変わっているので違うかもしれないですが)←メジャー選手が率先して走るのでマイナーのインバイティなんか必死でした。また、2004年にレッドソックスのキャンプを見に行ったときもロウ投手やペドロ・マルティネス投手はこれでもか!というくらいの走り込みを行っていましたし(若手ついて来れず…)。ドジャースも一昨年まで何度か見ていますが、ここもかなり投手の走り込みが厳しそうでした(いずれもオープン戦が始まるまでの主に2月の練習だけが行われる時期の話です)。

逆にこういうチームだと自分で意識しなくても自然とトレーニングは出来ちゃうところはあるかもしれません。若いウチにこれが修正付いたらよそのチームに行こうが、下半身強化を意識なく取り入れることは出来るかもしれないですね。もちろん自分でキチンと出来る人ならどんなパターンでも大丈夫なんでしょうけど。

フレディは元々練習が大嫌い(投げるのは大好き)なのでこういう練習はやらなくていいならやらなりたくない人だったように思います←見ていて歴然。だから当時、率先して走り込みなどもやるわけもなく(苦笑)…でも上半身が強く、ある程度は結果が出せちゃうものだからきっと疑問も持たず…楽な方へ流れていったんじゃないかなぁーと想像しています。しかし、年齢を経ていくと、当然鍛えなければ自然と身体はできてくれるわけもなく、徐々に足腰の力は低下するわけで…。ただでさえ手投げピッチングが一層手投げになってしまい…ピッチングプレートも一塁側カツカツを踏んで身体をあまり回さないように楽な投げ方をしていたらスコンスコンホームランを打たれてしまい…最悪の事態になった…という感じがしています(この話は本人にもそう伝えたことがあります(笑))。今はさすがに走るようになっているところを見ると(今年のWBCの練習でもかなり走り込んでいました)さすがにヤバイというのがあるのかもしれません(だといいけどなぁ)←痛い目が必要だった?(笑)。

で、話は戻りますが、フレディと似ているとなると、ヘルナンデス投手も同じことが気になるわけです(あくまでも勝手にですが…)。といってももちろん一緒とは限らないんですけど勝手に気になったりして(笑)。

つまり、ヘルナンデス投手の今年の投球の不安定さには、どうも下半身の足腰の強さに影響しているんということはないのかなぁ…というのがあって、個人的にはそれが気になっているんです。コントロールも下半身がしっかりしていたらもう少し違っていそうな感じもするというか。そうなると、どうしても手先のコントロールに一層頼るようになるわけで、不安定度は増すでしょうし。そういうことからしても、城島選手だからとかリベラ選手だからとか…キャッチャーがどうとかそういう問題ではないような気が、私はしています。

ただ今回のことは、フレディの時と違って、いいときのピッチングフォームと見比べたりしていないので(誰か絶大なファンの方がいらっしゃったらぜひ)、あくまでもフレディのとき以上に想像上の推測(かつフレディとの重ね合わせ)になってます。しかもシロウト判断&勝手な想像ですのでそのあたりはご了承くださるとうれしいです m(_ _)m。

もし、これがなにかしら当てはまるところがあるとすれば、今シーズン一気に調子が出るということは難しいかもしれないので(明日起きたら下半身強化出来てるってものでもないですし)、毎日走ったりして下半身強化につとめ、身体を動かしていくことで身体のキレがよくなって調子が上がってくればいい…くらいに思ってあげればいいのではないかなぁ~とは思います(あまりにも不調だ!とか、どうしたんだ?とかそういうことでプレッシャーを与えるのではなく)。あれだけいろんな人が絶賛するほどのものをもっていてすばらしいわけですから、全てが揃えば必ず良いピッチングが出来てきそうな気がしています。安定した豪腕が見れるようになりますように。

そういえば、マリナーズは、彼がまだ19歳と若く、ベネズエラの治安がイマイチ…ということから、オフの間のヘルナンデス投手の交友関係(悪い友達をつくらないように!)などはものすごく気にされていたのは覚えていますが、どうせだったら、オフの走り込みに至るまでのプランも気にしてあげたらよかったのかもしれないなぁーとこれを書きながら勝手なこと思ったりして…(すみません~~)^^;;;。


いずれにしてもシロウトの勝手な思いだったり、考えだったり、想像だったり…なので恐縮なのですがm(_ _)m、何にしても良い形になるといいなぁーというのだけは変わらず…の思いです。やはりホントにすばらしいピッチャーとして魅せてほしいですものね。

頑張ってほしいです。
コメント
この記事へのコメント
この間の記事を見逃していたため
今季始めてヘルナンデスを見たのですが、前回の記事を見逃していたためフレディさんの背番号を引き継いでいた事を知らずびっくりしました。後ろから見ると体系も似ているし球種も似ていると思うので良いと思います。持っているボールは良いと思いますので精進して欲しいものです。

Wソックスの試合で2試合続けて見事な火付け役(?)をしてくれたグアルダードですが、やむを得ないでしょうね。他のチーム相手で火をつけてもらっても困るし、プッツや(昨日は打たれましたが)ソリアーノなど抑え候補は他にいると思いますので早めに処置した方がよいでしょう。当面ウチと当たる事がないためしばらく見ることはありませんが、頑張ってください、と言っておきます。
2006/05/05(金) 19:22 | URL | kazz #-[編集]
こんばんは!
う~~~ん
クローザー、マリナーズの投手陣がホワイトソックスのように層が厚いかどうかによると思うんだけど…
というか、やっぱりチームをどういう方向に持って行きたいのか、FOが提示することが一番大事な気がするんですけどね。
ヘルナンデスは周りがかまわなくても成長できる選手だと思いました。
それに対してマリナーズの育て方はやっぱり過保護のような気も・・・
それに不振を城島のせいにするような首脳陣のムードもちょっとね。
2006/05/05(金) 23:15 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
いやはや…
>kazzさん
そうなんです、フレディの後の番号を付けてくれているんですよ。本人も臨んでいたので(昨年から)多分喜んでいると思いますが、なんだか不安定度が…フレディの若かりし頃と同じというのは…そんなところうつらなくていいよーって思ってます(笑)。

持っているモノはものすごく楽しみなんですよね。だからこそホントおっしゃるとおり、精進してほしいんです。大事に育てると言うよりもむしろしっかりと…という感じでしょうか(あーボキャブラリー少ないー)。

マリナーズ、ここで決めてきたという感じです。レンジャースがあの決断後大塚投手の頑張りで結果今のところ成功!となっているのですが、マリナーズがどういう形になるのか…はやはり気になるところです。

ガルダード投手も今時点のことは仕方ないと思うのですが、ここで奮起してほしいですけどねー。セットアップの間にずるずる…とならないことだけは願ってます。そうですね、今回変則で2試合だけのマリナーズ戦でしたが、当面当たりがないんですよね。ホワイトソックスの流れと変わってくるのかどうか…クローザーとして誰がそのころやっているのか…私も楽しみです。


>aoiさん
こんばんはー。マリナーズの投手陣、私自身は、正直そこまで最悪に悪いのかなぁというのはあります。もちろん、上手く作用しないときもあるんですが…それはウチも同じくですし(^^;)。

課題はあるにせよ、これから仮にホワイトソックスに移籍してきているソーントン投手(元マリナーズ)が変貌を遂げるようなことがあれば、接し方や使い方の違いもあるのかもしれないなぁというのはあって、彼の働きはかなり注目しているところです(笑)。これ、マリナーズにとっても指針になるかもしれないなぁと思ってたりして(勝手に)。

ヘルナンデス投手は私もaoiさんと同じ考えかな~。
荒削りでも基本的に持っているモノがすばらしいんだと思うから大事に育てるというよりもしっかり経験させていくことがおもしろいかなーというのがあって(その辺は経験に勝るものもなさそうですよね)。ただ、ひとつ、前回も今回も見ていて思ったのは、イニングごとにあまりにもバラバラなので、単なるメンタルなどというよりも、やっぱり下半身が気になるなぁというのがあってこれ書いてみました。

フレディは本当にマリナーズの練習でも本当に走ってなかったから(笑)仕方ないんだけど、ヘルナンデス投手…才能があるのに精進してないからダメだった…というのが一番もったいない!というのがあるというか(ベネズエラ愛(笑))、彼だったらちゃんと精進できていたらフツーにいけちゃいそうな気がするというか。ハッキリ言って、フレディよりも十分素質もあると思うし(コラコラ)←マジでベネズエラの地元期待は大きいよー>ヘルナンデス投手への。

とにかく今年は5番手という順番に伴った本人の精進期間にしてあげてくれたらいいんじゃないかなーというのが私的な思いかもしれないです。マリナーズとしたら即結果がほしいのかもしれないですしそれもわからないでもないのですけどね。

不振を城島選手のせい…ですか~。それは…一番言いやすいかもしれないですが(格好のターゲットになりやすいところはありますね)、私的には彼は荒くて正直キャッチャーのせい云々まで来てない状態だと思うよー。まだ思うように投げれてない(球は速いけどコントロールできてない)状態のような気がする。これまたフレディと比べるのも変な話だけど、彼もかつてはスピードへのこだわりがすごかったから(コントロール以上に)、ヘルナンデス投手も若さ故のそういうところはあるのかなーどうなのかなぁー。

バベシGMが一番踏ん張りどころかもしれないですね…というかここで踏ん張りをきかせてほしいですよ、エプスタインGMのようにフットワーク軽くなると違うんだろうね。ホントどういうチームにしていきたいかが一番彼の中で出来上がってないといけないんだろうなーとはなんとなーくシロウト目に見ても思うような気はするなぁ…。
2006/05/05(金) 23:55 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
高望み
NY戦の合間の井口の情報でしかフェリックスのフォーム見れませんでしたが、前回とは体の流れ方が全く違いましたね。
前回はものすごく一塁側へ上体から倒れ込んでましたけど、今回は前回ほどでもなかったみたいですね。(井口以外の打者にはどうだったのか知りませんが(^-^;)
もしかしたら球団としては『とにかく一年メジャーで通させる』つもりかも…
フォームやなんかも一回一回変えさせて試したりしてるのかなぁ?なんて…甘口?ただ、もしこの一回一回の違い、彼が考えてやってるとしたらすごいと思いますけどね♪
そうならいいなぁ…
2006/05/06(土) 02:34 | URL | MCT #-[編集]
私も『とにかく一年メジャーで通させる』が大事だと思います
MCTさん

こんにちは~。
うーんと…昨日は良いときもあったし、悪いときもあったし、各回が全く違ったのでこうでした~と言えないんですが、持ってるモノのすごさは十分出ていたような気がします。あれが安定したらホントにすごいですよー。

もしこれが毎度替えているのならすごいことですね。ただ私的には自分のあれこれやってわけわからなくなるよりも、かたちがしっかりできるようにしたほうがいいような…気もしないでもないですがどうなのかなぁ(あくまでもシロウト意見)。

>>もしかしたら球団としては『とにかく一年メジャーで通させる』つもりかも…

ええ、ホントにこれが大事だと思っています。球団サイドがそういう見方をしてほしい…と思っているんですよ。まだ1年も通じてやったことがない若手ですから、とにかく結果よりも経験、そして精進すること…かなーというのがあって。

シアトルのメディアを見ていると、昨年からすでに彼の今すぐの結果をものすごく気にしているような気がしますので(期待が大きすぎるというか)それが気になったというか。

メディアからすると昨年ガッカリさせられたというのもあるかもしれないですが、私の中の3本柱として理想はウォッシュバーン投手、ピニェイロ投手、メッシュ投手がこの間みたいな感じで引っ張れることかなぁーというのがあります。彼はまだまだ勉強中、とにかく二ケタ10勝してくれたら…という形でいいのではないかなぁー(ダメですか?)。もちろんフレディみたいに初年度行かせるだけ行かせて18勝とらせてしまうというのもいいと思うんですが、大事に大事にしている感じがあるのでそれだと10勝でいいくらいに思った方が良さそうな…。

マリナーズのキャンプを今年は見に行けてないので何とも言えないのですが(1998-2005は毎年行ってました)、このチーム、ピッチャーのランニングは本当に少ないんです。イチロー選手ほどとはいかなくとも、自分でしっかりメンテできるかどうかというのが大事だと思います。で、怪我をしたらいけないから…というあの大事にされかたを見ていると、これが昨年と今年で違いが出てきているとしたらいやだなぁーというのがあって(昨年はプロスペクトだったから大事にされる以上にアピールが必要だったでしょうし)勝手にどうだったのかなぁーと思いながら書いた記事でした(笑)。なので私感バリバリです(汗)すみません~。

とにかく若いのですから自分のことでめいっぱいでいいと思うんですよー私的には。将来ある選手ですが、今彼にチームを背負わせるのは酷というか。今は自分のピッチングが出来るように…頑張ってほしいなぁとつくづく思ったのでした。

そして甘い…のではなく、MCTさんの愛(変な意味じゃないですよー)がコメントから感じちゃいましたよ♪彼に届くと良いなぁ、その思い。
2006/05/06(土) 10:03 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
フェリックス
本当に何かにつけて話題に上がるあたりが怪物ですね。
マリナーズ、結構防御率は上位(4月5位)なのに勝てないから、打線の大物2人のせいなんだろうけど、フェリックスももう少し頑張ってくれればなーと。
フレディで思い出したんですが、結構ピネラ監督って若手の起用に対して無頓着でしたよね。フレディに平気で150球近く投げさせたりとか。その意味ではどっちでも極端すぎれば文句言われるのかなーなんてしみじみと思い返したり。
レネ・リベラの評判は何故か凄くいいみたいですけど、そう言えば、言われていることがフレディそっくりですね。オーバーウェイトだとか(失礼?)
とりあえず、もう、頑張って欲しいです。あれだけ才能のある投手がもったいないです。パワーピッチャーって、花開くのに時間掛かったりしますけど、いいほうに成熟して欲しいですね。
2006/05/06(土) 10:43 | URL | 陳郡の袁惨 #vl7DLSYc[編集]
そういえば・・・
ともともさん、そういえば、フレディくん、マリナーズ時代の後半、登板するたびに打たれまくって、癖を読まれてるのでは?なんて騒ぎにちょっとなったことありましたよね・・。ホント、あのときのガルちゃんは汗はダラダラ、顔は真っ赤で、見てるほうも「がんばれ~ガル~耐えるんだ~」なんて必死に励ましましたっけ(笑)
フレディとヘルナンデスくん、マウンドで感情を出してしまうとことや、強気なピッチングとか似てるんですけど、うまく言えないけど、何かフレディのほうが、感情が開けっぴろげ(笑)すぎて、反対に腹立つやら(笑)応援してしまうやらで、私は彼のことは好意の目で応援していたのですが、ヘルナンデスくんはちょっとそこが微妙なんですよね。まだ若いゆえの無敵さみたいなものが静かにむき出しになっているのが、ちょっと怖いというか・・・可愛げがないというか。(そういうところが好き、という方も、もちろんいらっしゃるでしょうし、もちろん私個人の感じ方ですけど)その上、マリナーズ首脳陣の異常な守り方に違和感を持っているだけに、ヘルナンデスくん個人のプレーヤーとしての魅力を受け入れ難い気持ちになっているのが、実は私の今の正直な感想です。(周りが本人を甘やかせば甘やかすほど、本人に罪はないのに、嫌いになってしまうという・・・・私、大人気ないですね・泣)早くそんな私のモヤモヤを解消してくれるような、去年の終わりに見た素晴らしいピッチングを見せてほしいものです。プレーさえ良ければ、多少の悪あがきも、性格の悪さも許しますので(笑)
ホーント、ともともさんにこんなことを言うのは失礼かもしれませんが、フレディみたいな性格って、ちょっとのさじ加減で「ただの危ないヤツ」になるところを、不思議な魅力で許せてしまう貴重な選手だと思いますよ~!(すごい褒めてるつもりです・笑)
なんか、マリナーズの心配をしてくださっているのに、ミーハーな路線に流れてしまいました・・・スミマセン。
2006/05/06(土) 15:50 | URL | けろっぴー #I4CH2Zl6[編集]
良いものを持っているだけに…
>陳郡の袁惨さん
こんばんはー。おっしゃるとおり!ほんとここまで話題になること自体怪物なんでしょうねー。それくらいの注目度、これはぜひとも成熟してホンモノの怪物になってほしいです。素質があるだけにやっぱり…思いますよね。

あはは、懐かしいですね。
おっしゃるとおりです。フレディは初年度完投もしたし、タフなホースだ!若い!とばかりピネラ監督はタップリ投げてさせていたような(笑)。2000年にDL入りしていますが、そのときは一塁へカバーにいったときに足をやったので肩はやってないのでそれでも耐えうれる肩だったみたいで(爆)。ホント今の監督と両極端な感じがしますねー。

そうでしょう?オーバーウェイトまさにですよ!(失礼じゃないですよーホントのこと(略))。フレディの場合は1年目を終えて英雄になっちゃって(当時ベネズエラで初めて17勝したピッチャーだったのでちやほやされたんだろうなー)次の年のキャンプに来たらまんまるになってしまっていたというのがあったりしていたそうですが(コーチが大変だったみたいです~~(涙))ヘルナンデスくんにはそうあってほしくないです。試合でやっておかなければならない(身をもって知る)失敗もありますが、これはもうしなくてもいい失敗だと思いますし(笑)。フレディもあれからそういうのもないみたいなのでさすがに懲りたのかなーとは思いますけど、今年ホワイトソックスでジェンクスくんが同じことになってたみたいなので(汗)、やっぱり若いとついつい油断大敵ってあるのかもしれないですねー。

ですよねぇ!ホントここが踏ん張りどころだと思うので開花してほしいなぁー。安定感が出たらコワイピッチャーだと思いますものね。


>けろっぴーさん
こんばんはー。ありがとうございます。
そうなんですよー。フレディの場合は毎年なにかしら投げ方が…という話が出てきていたのですが(それだけ安定感がなかったりねらい打ちされたときがあったということでもありますけどね(汗))2003年のあの絶不調は彼は完璧練習不足だった!と今でも私は思ってます。当時キャンプをべったり1週間から10日ほどマリナーズを見に行ってましたが、まぁ~本当に走らなかったですから(全体練習のランニングもちょこっとさぼってたし)。だからツケ的な部分もあったんじゃないかと思っていますが(ランニングしてーと手紙も書いたし(笑))、あの痛みがあったから今があるというのもあるので、それも含めて今頑張ってくれていると思いたいなぁーという感じかもしれないです。ただヘルナンデスくんには同じことしてほしくないなぁーというのがあって思わず書いちゃいました。

フレディのマウンド…かつては今よりかなーりドキドキでしたからねー。ピンチの彼は焦りの顔丸出し、さっきまでの勢いはどうした?と思わずテレビ越しにでも声をかけたくなるほど(笑)。これがほっとけなかったという理由にもなって今に至るんですけどね。けろっぴーさんも手に汗握って応援してくれていたんですねー。ううう、ありがとうございます。

フレディの場合、ピネラ監督があの感情を出している姿をアグレッシブだと言ってくれたりして(若い頃だけですが)なかなかビシビシ上手につかってくれていたのかもしれないなーと思います(スペイン語話せるし)。でも当時は周囲も彼を初年度からナンバーワンにという動きがなかったので気楽だったところはあったのかもしれないですね。エースの期待は3年目からでしたし(応えられなかったけど(汗))。

そういう意味からするとヘルナンデス投手は背負っているモノがすでに大きいところはあるでしょうからプレッシャーもあるかもしれないですし、もちろん大事大事にされることでまだ何も達成してないのにもかかわらずちょっとナマイキになることもあるかもしれないですし…うーむ(って私が言うなって感じですが(汗))。いろんな意味でとにかく良い方向へいってほしいなーというのはあります。

そうですねー、いわゆる現代っ子のヘルナンデスくんって感じでしょうか。フレディとは似ても非なるものというか、彼はフレディよりもかなりクールというか…感情むき出しではないと思いますからね。なんとかしなくちゃという感じではないかなぁ~(母性本能をくすぐるタイプというわけではないのかもしれないです(笑))。フレディの場合、あんた5歳くらいから基本はかわってないやろーって思わず言いたくなるような性格してますからね(笑)。ははは、アブナイ奴になるところが…というのもものすごくわかります。なんだかホントしょーがないなーって思うんですよね(笑)←フレディにはめられてるような気が…(汗)。

いえいえ、私自身が相当ミーハーですから!全然気にせず遠慮なく書いてくださいね。これからもよろしくですー。けろっぴーさんが引きつけられるような魅力をヘルナンデス投手が早く出してきてくれるといいですね。
2006/05/06(土) 23:06 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ボストンて去年、「パペルボン+誰か」でエディ・グア
2006/05/05(金) 22:48 | 青いblog マリナーズ!
むむむ・・・今日も謎の采配。 スカパーの実況:
2006/05/06(土) 20:23 | 青いblog マリナーズ vs. インデアンズ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。