スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトソックス:打線好調でフレディ3勝目!記録更新まで1
2006年04月23日 (日) 13:18 | 編集
ホワイトソックスはフレディの先発でした。

連日の野手のがんばりもあって(ホント大きいです~~)勝ちました!これでフレディは今シーズン3勝目。そして通算102勝目です。ウィルソン・アルベレス投手の持つベネズエラ人としての最高勝ち数にこれで並びました。あと1勝で記録更新!ぜひとも早く勝ってあっさり更新してくれるといいなーと思います(こういうのって意外とちょこっとプレッシャーかかってそうですし(笑)←予測)。とにもかくにも、よかったね!フレディ。手紙は103勝を達成して書く予定です。

しかし、試合の方はといえば、昨日の試合とは一転したテンポが遅い試合でした。これは、フレディもツインズの先発ラドキー選手も一度も三者凡退で抑えなかった…というのが要因ですよね、やっぱり。続くブルペン陣も同じくで、この試合なんと8回表以外で三者凡退が全くない試合でなんだかグッタリでした(苦笑)。ハッキリ言って野手は打ってくれていたからよかったものの、打ってなかったら守りのリズムは悪かったでしょうからしんどかっただろうなーというのが率直な感想です。

では、今日は久々にイニングごとに書いてみたいと思います。
1回表マウアー選手にツーベースヒット打たれるも回をしめると…その裏に打線がラドキー選手の立ち上がりを攻めてくれました!井口選手がヒット、トーミ選手は粘るも三振…しかしコネルコ選手がまたヒットでつなぎ…ダイ選手がスリーランホームラン!きゃ~~~~です。初回から3点のリードをもらったので2回はなんとしても押さえてほしい!と思ってました。

2回表、ハンター選手にイキナリ初球打ちでノーアウト1塁、その後モーノー選手、ホワイト選手と押さえるもレッドモンド選手にヒットを打たれツーアウトながら1.3塁に。うわ~というところでカストロ選手をライトライナーにしとめて何とかチェンジ。

そんなビシッとしているとは言えないフレディに(苦笑)、2回裏、打線が追加点をあげてくれました。先頭バッターのマコーウィアク選手がツーベースヒットで出塁し、その後シントロン選手のバントが失敗に終わり、ポドセドニック選手のゴロでツーアウト3塁になるも、井口選手がこの日2本目の当たり!ツーベースヒットで1点追加の4-0としてくれました(涙)。

今度は締めてねーなんて思いながら見ていたのですが、ワンアウトの後ロドリゲス選手に粘られ歩かせてしまうと、先ほども打たれているマウアー選手にヒットで続かれワンアウト1.2塁(汗)。毎回ランナーを出してるなぁ…。しかし、バティスタ選手を初球でレフトフライに打ち取り、ハンター選手を三振にしとめてチェンジ。まさにふ~~~です。

3回裏はツーアウトからピアジンスキー選手が初球打ちで(お得意の早打ちですー)ツーベースヒットを打ったのですがクリーディ選手三振でチェンジ。さすがに毎回…とはいかないのは仕方ないところです。しかし打線バットは良く振れてますねー。ありがたい限りです。

4回表、今度こそ3人で!…と思ったんですがダメ(汗)。
モーノー選手をライトライナーに打ち取った後、ホワイト選手…かなり制球が乱れてスリーボール先行になったのでヒヤリとしたのですがこれは何とかサードライナー。しかしレッドモンド選手にはまたまたレフト方向への強い当たりでツーアウト1塁。レッドモンド選手、当たってますね。これで打率も5割…すご~。続くカストロ選手にはファールで9球粘られどうなることかと思ったのですが(こういうときって打者有利になりがちですよね…)、なんとかセンターフライに打ち取ってチェンジ。ほっ。

4回裏、マコーウィアク選手セカンドライナー、シントロン選手がレフトフライとぽんぽんとツーアウトになったのでこのまま終わっちゃうかなと思ったのですが、ポドセドニック選手がセンター前ヒットで出塁。しかし盗塁を仕掛けるも失敗に終わりチェンジになりました。ポドセドニック選手、今年はCSが結構多いですが、私的には果敢に攻めて欲しい(失敗を恐れてチャレンジをやめて欲しくない)というのはあります。打率が最悪だったころは塁に出る機会自体が少なくて失敗がコワイこともあったかもしれないですが、今は打てる分気分的にも違うはずですし。ただもちろんその失敗は次回に生かしてほしいですけどね。でもチャレンジしてほしいと思います。ポドセドニック選手にはアグレッシブでいてほしいですし。

さぁ5回の表、フレディ今度こそ!…と思ったらイキナリ先頭バッターのフォード選手にレフト前ヒット。あのねぇ(泣)。しかもこちらは盗塁成功(きゃ~)でノーアウト2塁。さらに3盗…この当たりツインズのぬかりなし。しかしこうも簡単に…ということは、フォード選手にバレバレなんですね…モーション(汗)。こうなると、ノーアウト3塁ですから最悪1点は仕方ないにしても崩れないで…という感じになってくるのですが、ロドリゲス選手のセカンドゴロの間にランナーが戻って1点。しかしこれだけで済んで良かったです。当たってたマウアー選手に回るのでちょっと連打とか浴びるとイヤだなぁと思っていたんですがなんとかこの回しのいで4-1。やっぱり先日の試合を見るときの気楽度(バーリー投手 ≧ コントレラス投手>バスケス投手 ≧ ガーランド投手>フレディ)はそのままだなぁ…←力入りすぎ(汗)。

5回裏、ホワイトソックスの攻撃は井口選手から。その井口選手はライトフライでしたが、トーミ選手がファーボールを選んでワンアウト1塁。トーミ選手毎試合1回は塁に出てくれる感じで本当にすごく頼もしいですね。そしてキャプテン、コネルコ選手がレフト前ヒットで続き、ワンアウト1.2塁で初回ホームランを打っているダイ選手。そしてそのダイ選手がまたまたここでタイムリーツーベースヒットで1点追加!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー!5-1。取られてもすぐに取り返してくれる打線に感謝感謝です。ワンアウト2.3塁となったところでツインズバッテリーはピアジンスキーを敬遠してきました。塁を埋めて…クリーディ選手。確かに今日は当たってなかったのですが、ショートゴロで最低限のお仕事はしてくれてさらに1点追加で6-1。アウトにはなりましたが、ここで得点できたかどうかというのは後に響いてくることもあるので(流れ的に)大きいなぁと思います。そしてツーアウト2.3塁でマコーウィアク選手。しかしここはファーストゴロにしとめられてラドキー投手の勝ちでした。それにしても打線…かなりしぶとく当たってくれてます。

6回表、これにフレディが応えるのみなんですけど、ハンター選手に高めの球をホームランで6-2。あのねぇ…←かなり怒ってる(笑)。せっかく打線が失点の後つい加点してくれたのに、こっちがまた失点してどーすんの!です。ごめんなさい~~>打者の皆様…(って私が謝っても仕方ないんですけどね)。しかし、続くモーノー選手を初球レフトフライ、ホワイト選手をサードライナー、当たってたレッドモンド選手をライトフライにしとめてチェンジ。後が続かなかったのはホッとしましたが…でもねぇ(言いたいことありあり)。

6回裏、この回からピッチャーがEyre投手に交代。しかしこのかわりっぱなをシントロン選手が初球打ちでセンター前ヒット(ウマイ!)。そしてさらに盗塁まで仕掛けてくれてノーアウト2塁のチャンス。続くポドセドニック選手は粘りに粘っていたのですがファーストゴロ。ワンアウト3塁で井口選手…しかし初球打ちでピッチャーゴロ(汗)。もったいない~~なんて思っていたらトーミ選手へ荒れ球先行していたので敬遠で、コネルコ選手へ。コネルコ選手の当たりはホームラン?!と思ったのですが残念ながらセンターフライでチェンジでした。残念ー。

7回表、この時点でフレディは102球を投げていましたがマウンドへ。個人的には汗をかいてきた方が良いのでまだ行けるとは思っていました。…というか1回くらいは3人でキチンと締めて欲しかったんです…個人的に(ワガママ)。カストロ選手をショートゴロ、フォード選手には7球粘られたのですがこれを三振にしとめて…さてあと一人…というところでギーエン監督がマウンドへ…そして交代。113球を投げていましたので仕方ないのですが、この試合1回も3人で終われてなかったのでランナーを出さないのであれば締めさせてあげて欲しかったなーとちょこっと思っちゃいました(それまでに3人で終われてないのが悪いんですけどね)。まぁ打たれても連打で失点したこともなかったですし。結果、フレディは結果6回2/3を投げて被安打7、失点2、ファーボール1、三振3という内容でした。防御率は6.23…じわ~じわ~と普通へ戻ってきている感じです。…とはいえ3点台はまだ遠い…ですが、頑張れ~~フレディ。

しかし…なんとここでピンチが(汗)。
交代した新人ローガン投手が変わって2者連続ファーボール!(汗)ここでマッカーシー投手に交代。なんだかもったいない使い方になってしまいました…。ランナーがいない状態だったのですが、ローガン投手新人だけに気負っちゃったかな~。…しかしマッカーシー投手もバティスタ選手に打たれて満塁のピンチ&続くハンター選手に3ボール先行と絶体絶命の大ピンチだったのですが、ハンター選手をライトフライにしとめてスリーアウト!ほ~~~~~~~~っ。よかったです。4点差あるとはいえ、野球は流れのスポーツなので流れを持って行かれなかったことは大きかったと思います。

7回裏、好調ダイ選手が遠投バッターヒットで出塁すると、ここでツインズはピッチャー交代でリリアーノ投手。わ~~リリアーノ投手はWBCドミニカ代表選手で見たのでなんだか親近感です(笑)←ミーハー。若手のこれからのピッチャーなので一試合一試合が経験なんだろうな~…なんて思っていたら、ピアジンスキー選手がレフト前ヒットを放ちノーアウト1.3塁。攻撃の手はゆるめず…これも良い感じ♪さらにクリーディ選手もショートへの当たりが内野安打となりダイ選手もホームに戻り…1点追加で7-2。

なおもノーアウトで代打アンダーソン選手。ギーエン監督も気楽な場面で使っていくことで彼にも調子を上げて欲しいという思いだったのかなーなんて思いながら見ていると、粘ってファーボールを選んでました。ボールをしっかり見れているということは次につながるかなーと期待したいです。

試合の方はノーアウト満塁でシントロン選手。ノーアウト満塁となると期待もふくらんじゃいますが(笑)、なんとホームと一塁のダブルプレー(泣)でツーアウト2.3塁に変わってしまい、さらにポドセドニック選手もセカンドゴロでチェンジ。これはちょっともったいなかったですね~残念。

さて8回表、引き続きマッカーシー投手がマウンドへ。交代してすぐはちょっと落ち着かなかったですが、この回は見事でした。ワンアウトからホワイト選手にヒットを打たれるも、レッドモンド選手をダブルプレーにしとめてこの試合唯一の三者凡退に。簡単に回を終えてくれて気楽でした(ホントに~~)。

8回裏、ツインズは4番手のピッチャークライン投手を投入してきましたが、井口選手がファーボールで出塁後、出ました!トーミ選手のライト方向へのホームランで2点追加の9-2。やっぱり当たってますね~打線!ここでコネルコ選手も行ったかな?と思う当たりでツーベースヒットで続いたのですが、ダイ選手がレフトフライ、ピアジンスキー選手がセカンドゴロ、そして代打のグロード選手が三振でチェンジでした。

9回表、ホワイトソックスはジェンクス投手を投入。セーブがつく試合ではないのでどうかなぁ~と思っていたのですが、ツーアウトぽんぽんと取って良い感じでした。しかし、三者凡退とはいかずロドリゲス選手とマウアー選手に連続ヒット。それでも最後はバティスタ選手を三振にしとめて試合終了♪やった~~~~。

というわけで無事ホワイトソックスの連勝ものばし、フレディも勝ち投手に。本当に野手のがんばりに助けられながら…ですが、なんとか試合を踏ん張れてよかったです。…ただやっぱり三者凡退にとれなかったのは気になるので、次はもっとリズム良い試合をしてほしいなーと思います。

記録まであとひとつ。頑張れ!フレディ。


<おまけ>
WBCは先発ピッチャーに影響を与えている?という書き出しで書かれているこの記事。

Classic theory has pitchers in a funk

今年の様子からしても絡めて絶対こういう記事は出るだろうと思っていたので今更あまり驚くとかそういうわけではないのですが、主にツインズのサンタナ投手のことがメインとして書かれている感じです。24人出場した先発ピッチャーのうち16人が大会期間中は防御率3.50以下だったのに対して、シーズンが始まると、24人の平均は、全平均4.90を越える5.53という事実…まぁ初めて行った大会ですしつなげて考えられても仕方ないところです。

ただ、ここでフレディのコメントがありました。やはり球数、調整…それ以上に気持ちの問題がありそうです。

. "I don't know for sure if the World Baseball Classic (messed) me up. But it was different. You've got to turn it on like that and pitch, and then you go back to spring training and have to turn it off."

気持ちの切り替え、オンオフの問題…自分で話せるというのは心のどこかに思うところがあるのでしょう。やっぱりどちらかというと燃え尽き症候群に近いものがあったのかもしれませんね。日本はそういう意味ではかえってすぐに切り替えざるを得ない状況にありました。パリーグなどはすぐに開幕でしたし。あのときは、余韻にも浸れず気の毒な感じだなぁ…なんて思っていましたが、逆によかったのかもしれないなと思いました。メジャーの選手はいつもどおりのキャンプに戻り、まだまだ日程に余裕があったために、気持ちの切り替えが逆にしきれなかった(ある種余韻に浸る間があった)というのはひとつかもしれませんね。

ベネズエラは2次最後の試合で準決勝進出を賭けてドミニカと戦い1-2という僅差で破れました。フレディはこの試合の先発でしたが、日本に帰ってこの試合のVTRを見るとベネズエラのベンチでうなだれる選手達が映ってて本当にこれで終わった…という雰囲気がありありと出ていました。マジで戦うからこそ…でしょう。

ただ、その余韻もこうしてシーズン始まり、何試合かをこなしてくると当然目の前のことに必死にならざるを得ない状況になってくるわけで、切り替えが徐々に出来てくる野だと思います。実際徐々によくなりつつある選手が多いということはこの記事に書かれていましたが、気持ちの切り替えは本当に大変なのかもしれませんね。

ただこの記事、最後にWBCのMVPを受賞した松坂投手のことが紹介されていてこれがちょっとうれしかったです。今シーズン防御率1.13、2つの完投(大リーグの誰よりも多い)、そして24の奪三振(これも大リーグの誰よりも多い)…と彼のことを紹介。もちろんプロ野球はメジャーよりも早くスタートしたわけですが、それでもこうして影響なくあのときのままの状態を維持している選手もいる…、WBCが悪影響とは一概に言えるものではないと書いて締めくくってあるのは私の中では救いでした。

フレディは元々メンタルが強い選手ではない分、引きずりも大きかったかもしれませんが(自分でもコメントで認めてるのでそうなんでしょう)、ひとつずつ試合を重ねていくことでそれが経験として残り、前を向けていればチームを助けることが出来だろうと思いますから頑張ってほしいです。そしてその間、自分の中でスカッとしたゲームが出来てないとしても、勝てている(3勝目ですから)ということは大きいことだと思います。勝ちは自分一人ではとれないですから。そういうチームの環境に恵まれていること、野手ががんばってくれていること、後続のリリーフもがんばってくれていること…すべてに感謝!しながら先発の他の4人といい流れをつくっていってくれたらうれしいなーと思います。

がんばれ!フレディ。
コメント
この記事へのコメント
記録タイ、おめでとーーー!!!!
フレディ~~~よかった!!
連勝中のこのあたりで好きな投手がストッパーになるのが一番やだよね(^^;
フレディ、走者出しまくり、おかしい!!笑

でもそういうあまり良くないコンディションの時に先発が失点を抑えてくれると調子いい時よりも嬉しいというか感動するよ。
よかったよかったー今期3勝、通算102勝おめでとう!\(⌒○⌒)/
ここでタイだね?次に更新なんだね~~~
次の登板へのプレッシャー、なんとか乗り切ってほしいね~

このCWSの試合観たかったのにLADやTEX観てたせいで観れなかった。。
MLB.TVとGamedayとテレビ、全部つけたとしても3つしか観れないよね?
やっぱりMLBモザイク早く公開してもらわないと…
2006/04/23(日) 23:18 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
悪いながらも粘り強く
連勝が続いております。起きてスコアを見たら結構ヒット打たれてたみたいだけど勝ったのでひとまずほっとしてます。なかなかエンジンがかからぬフレディさんですが、こういう勝利を拾いながら調子を上げて言ってほしいです。以前はもっと三振を奪っているイメージがあったのですが、シカゴに来てからは打たせて取るようになった気がしますがそのあたりはどうなのでしょうか?だとしたら今のシカゴの守備は堅いから賢明でしょうね。

明日はコントレさんなので双子さんを気分良くスウィープしてスターバックス発祥の地に乗り込んで欲しいです。
2006/04/23(日) 23:32 | URL | kazz #-[編集]
行ってきました!
ともともさん、すっかりゴブサタしちゃってます。
昨日、セルに行って来ましたよ!
レフトブリーチャーでの観戦だったので、試合前、外野で投球練習中のフレディに2度声を掛けたら、何と!手を振ってくれました♪
相変わらずロン毛ですが(笑)、サワヤカでした!感激♪
投球カウント、球場の表示は111球だったのですが、113球でしたか?
とにかく マウンドを降りる時、みんなスタンディングオベーションでしたよ。
外野の守備がイマイチだったり、追い風に泣かされたりと(ちょうどハンターのHR時にはビュウビュウ吹いてました。ポーリーの2度の大飛球の時はピタリと止んでたのに!)、ちょっと不運もありましたが、味方の攻撃も良かったので、きっと次回も気分良く頑張って、あっさり記録更新してくれるはずですよ!
いやぁ、それにしてもやっぱりホームが一番ワクワクしますね。
昨日、改めてそう感じてしまったPara-sukeなのでした。
ではでは☆
2006/04/24(月) 01:49 | URL | Para-suke #-[編集]
ありがとうございまーす☆
>aoiさん
ホントそうなんですよ。結構連勝ストッパーなんです>フレディ。マリナーズの2001年の15連勝くらいしていたのも止めたのは彼ですから(苦笑)。マジでランナー出しまくりで本当にヒヤヒヤでした。勝たせて貰えたのは本当に大きかったです。

ありがとう~~~~ヨヨヨ。ホントにこれを越えるとそういうプレッシャーがなくなって一気に良くなりそうな予感がするなぁ…と思ってるんですけどね。結構そういうの、気にしてないようでかなり気になってるハズだから(笑)。コンディションあがってくるといいな。

aoiさんのおっしゃるとおり!ホントあちこち見たくて大変だよぉー。6つみれるというモザイク…早く実現してくれ~って願ってたよ(この日も)…。ミーハーには最大の武器だよねぇ…(崩壊への道でもあるかも(汗))←ファンが増える自信あり!


>kazzさん
こんばんはー。いやーほんとに打線のお陰で勝たせてもらえたというのは大きいです。スカッとした試合はまだ出来てないですが失点しまくりではなかったのは何よりでした(汗)。マリナーズ時代彼はものすごく三振をとりたかったようですし、スピードもものすごく気にしていたんですが、今はコントロールなどを気にしているようです。打たせて取る…というのはひょっとしたらバーリー投手と話をして変わってきたのかな?なんて想像したりしています。でもその方が正直野手のテンポも良くなるでしょうから、私は三振ショーじゃなくてもいいかなと思ってました。kazzさんのおっしゃるとおり、ホワイトソックスの守備力なら任せて安心!むしろ一人でがんばろうとする方が打たれまくりそうですから大いにこれはその作戦でいって欲しいです。今度は…ビシッと(って何度も言ってるんですがホントに今度こそ(汗))。

コントレラス投手いいですねぇ~~。ホントに安定感があって8回まで投げて100球そこそこなんてすばらしいです。マリナーズとの対戦も頑張ってきてほしいですねー。その後LAAですし←ギーエン監督、今日コメントでめちゃ意識してました~~ソーシア監督のこと(笑)。よほど去年戦いにくかったんでしょうね。そして一目置いているんだろうなーとコメントを読んでいて思いました。


>Para-sukeさん
きゃ~~~~~~~~見に行かれていたのですね!ステキすぎます。うわお!自分の先発の日なのに手を振ってくれたんですか?それはすごい!いつも彼ほとんど先発前はムシ状態が多いんです(ほとんどファンには応えないですよー)。Para-sukeさんを女神と見ていたのかもしれないですよ~~(ありがたや~~m(_ _)m>Para-sukeさんへ)。まだ切ってないみたいでしたねー、髪。とりあえず自分はAJほど長くはないということを言ってましたのでこの遠征後くらいに行くのかなぁ(笑)←気に入ってるからなかなか行きたくないのは解りますけどね(汗)。

この日みんなにスタンディングオベーションで迎えて貰えていたのは感激でした。危なっかしかったのに…なんとか押さえたことが自信につながっているといいなーと思います。

コネルコ選手の時は画面で見て打った瞬間行った!なんて思っていたのに~~って思ったらそうだったのかぁ…トホホ。風のいぢわる~~!!

Para-sukeさん次回はいつごろいらっしゃるのかしら?勝利の女神としてぜひ応援よろしくです。m(_ _)m
2006/04/24(月) 23:48 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
さてさて、先週の土曜日。 今季2試合目の観戦です。この日もサンダーストームの予報があったのですが、お構いナシにウィンドブレーカーを羽織って出かけました。・・・が、暑い!シカゴもすっかり初夏の陽気ですよ、バンザイ!Para吉はまたしても 「飲茶・飲茶」 と騒いで
2006/04/26(水) 07:55 | ぱら式。 ~Chicago風味~
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。