スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更ながらイタリア代表をチェックしてみました。
2006年03月31日 (金) 23:59 | 編集
セリーグも開幕すると本当にすべてが始まった!という感じがしますね~。昼間は高校野球もやっていて(仕事しながらのながら見にはなりますが)まさに一日野球漬け状態(笑)。

しかしそんな中で、今日一番おお!と思ったのは今朝見たこのニュースでした(笑)。

WBC戦士・パスクチ 価千金弾

チームはWBC日本代表に8選手を送り込んだが、パスクチも9人目の“WBC戦士”。イタリア代表で1次リーグ敗退もオーストラリア戦では適時三塁打で勝利に貢献した。来日1年目の昨季は“第4の外国人野手”として2軍暮らしを余儀なくされ、わずか33試合の出場。それでも腐らず李が巨人に移籍してチャンスをつかんだ。

え~、イタリア代表?!
オーランドであったグループDはドミニカ、ベネズエラ、イタリア、オーストラリア。イタリアの選手は名前がおもしろいなぁ~と思っていたけど、日本でプロ野球に参加している選手がいたとは全く知りませんでした←単なる不勉強(汗)。

で、今更ながらWBCの公式サイトのロースターを見ていると確かにパスクチ選手の名前がありました。自分がこのプールDを見ていたこともあり、あまりにも気になったので写真をチェックしてみることにしました。

IMG_4997pasu.jpg IMG_5159pasu.jpg
↑イタリア代表のパスクチ選手(旦那撮影)。ちなみにこの写真は3/9のドミニカ戦の前の練習ときのものです。

とりあえず見てみた中にあったものを載せたので、じっくり見るともっとあると思うのですが、確かに!と今更ながら思ったのでした。日本でプレーしていると知っていたらもっとしっかり本人へ向けて応援できたのになぁと思うと残念←ミーハー。

ちなみに、彼は外野手で登録されていたようですが、この日は一塁手として登場していたようです。サッコマーロ選手の名前がサカモットーと聞こえる…なんて変なところで感心している場合じゃなかったです(汗)←これこそどうでもいい話。

彼にとってもWBCの経験が今シーズンのマリーンズでもプレーに生きてくるといいですね。なんだか今更ながら気になったりして。
コメント
この記事へのコメント
李承選手が
いなくなったから今年は出場機会が増えるんじゃないんですか?ファーストを守らせるのは危険かと思いますが…
2006/04/01(土) 03:49 | URL | urszene #-[編集]
 イタリアのプロ野球選手が日本にいたとは、私も驚きです。5年ほど前だったか、仕事でイタリアに行ってた時のこと。仕事先のお偉いさんとの会食の際、「メジャーに行っているイチローは知っているかい?」みたいな話をウチの上司が持ちかけると、相手は「?」という反応でした。

 「ナカタ」は田舎町の子供たちでも知られているほど認知度は高かったのですが(笑)、野球はイタリアではマイナースポーツのようですから「イチロー」を知らないのも仕方ないことだったのかも。休憩時間にキャッチボールをしていると、不思議な目でみられたものです。

 パスクチ選手って “イタリアのおしん” というニックネーム(?)がついているぐらいですから、相当苦労されているんでしょうね。母国(イタリア)では野球はマイナースポーツですし・・・。パスクチ選手の活躍がイタリアの野球発展につながるといいですね!

43 ヴァル・パスクチ Valentino Pascucci
http://www.so-net.ne.jp/marines/team/43.html

 あれれ?プロフィールを見ると、カリフォルニア州ベルフラワー出身なんですが・・・これは一体?!
2006/04/01(土) 19:02 | URL | コロラド #8gfOIHpU[編集]
おもしろいですー。
>urszeneさん
こんばんは~。なるほど。今年はチャンスがあるかもですねー。あはは、そうですか。urszeneさんが不安になるような守備なのですね(汗)。それでもイタリアとしてはこの日のみならず…ファースト起用していたことが写真で確認できたので…それくらいファーストの選手がいなかったということなのかな~と思っちゃいました。


>コロラドさん
こんばんはー。楽しいお話ありがとうございます。さすがにイタリア、中田選手のことはバッチリ浸透していたのですね。私も今回WBCでイタリアって出てきて、イタリアの野球というのがどうもピンとこなかったんですが、現地でもそういう感じなのですね。キャッチボールを見るのが本当にめずらしかったんだろうなーと思います。とてもおもしろいですー。

なるほど、プロフィールがそういう形になっているということは、今回のWBCの規定をふまえると、両親の出身地でもでれるので、少なくともご両親のどちらかがイタリア出身ってことなんでしょうね。それにしてもイタリアンネームって本当に長くてユニフォームの名前が結構ところ狭しと並んでいる選手が多いのが印象的でした(笑)。

こうなってくるとミーハーな私は思わず注目しちゃいそうです(どこまでもミーハー)(汗)。
2006/04/01(土) 22:58 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。