スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国&飛行機関連のお話
2006年03月28日 (火) 14:42 | 編集
帰国の便はビジネスがあいてなかったのでアップグレードすることなくエコノミーで帰国でした。帰国後どうやったらこんなに割れるの?というくらいスーツケースの一つが割れまくっていたのはビックリしたのですが(ノースウェスト航空で補償→新品交換してもらうことになりました。ホッ)、今回今までになく、めずらしいくらい飛行機関連のトラブルがなかったのも助かりました。

飛行機のトラブルで一番考えられるのが荷物が遅れてやってくるトラブルなのですが、これをどうしても今回避けたかったというのがあって荷物の積み残しがなるべくないようなスケジュールを組んだのが良かったように思います(オーランド→ロスを直行便にしたり、最後のフェニックスからオーランドへ行くにあたっては時間が遅くてもトランジットの時間がたっぷりあるものをセレクトしたりしました)。

ただひとつだけフェニックスからの移動では初めてすごいセキュリティチェックを体験しました。話には聞いていたのですがこれがそうなのかーという感じです。
飛行機に乗る際にチケットカウンターで搭乗券を発券してもらうのですが、その際SSSSとチケットに印刷されていました。これを見てキタ~~!と思ったのですが、SSSSチケットってご存じでしょうか?

SSSSが印刷されているチケットはめっちゃ怪しい要注意ってことなのだそうですが(笑)、これいろんな条件で印刷されるようです。一応ランダムとのことですが、当たりやすい条件というのはあるそうで、一例をあげるとすれば、片道だけのチケットしか買わないとか、現金でチケットを購入しているなどはドンぴしゃになりやすいのだとか(アメリカで使用したクレジットカードデータはセキュリティ面から国レベルでの監視がされているらしいので、現金で購入する人はその監視から逃れようとしていると判断されるらしいです)。

今回私の場合、日本とオーランドの往復チケットにアメリカ国内移動でオーランド→ロス、フェニックス→オーランドの国内往復チケットを購入したのにプラスしてロス→フェニックスを別途片道現金で購入していました。だから当たっても何の不思議もないわけした。あらら~。

こうなると最初のセキュリティチェックから並ぶラインを分けられて、徹底的にボディチェックを受け、手荷物は通常通りX線を通しますが、その後もひとつひとつ空けられる場所は全部あけて調べるという作業も入ります。この日は早めに出ていて時間的にも余裕があったこと、そしてこのチケットの存在を知っていたので逆に興味を持ってその様子を見ていたこともあって(オイオイ)いらいらすることもなかったのですが、一般ツアーでもこのSSSSが印刷されたチケットが出ることもあるようなので、万が一出てきたときは宝くじに当たったようなものと思われることをおすすめします(ご存じの方はそういうものだと思われて終わると思いますが、ご存じない場合自分だけこんな扱いを受けたりされるとはっきり言ってぎょっとするというか気持ちは良くないと思いますので、多くのかたが知っておかれるといいと思って書いておくことにしました)。

余談ですが、このとき、このSSSS用のセキュリティの場所でもBaseball spoken hereを体験してきました。最初当然セキュリティのおじさんは怪しいことを前提に調べていたのですが、カバンに今回のWBCロゴマークのお手製ネームタグを付けていたことから『昨日(決勝)の野球をみてきたのかい?』と聞かれました。『ええ。見てきました。』と応えると『あれはいいゲームだった』と検査員のおじさん。そこで、私は『アナハイムも見に行きましたよ。で、この後はスプリングトレーニングを見にフェニックス行きです。』と話すと笑って『野球にはまってるね』といい、私のカバンにあるサインボールを見つけると『おお!収穫だねー』と見入ってました(仕事は?(笑))。そこからはあまあまのセキュリティ。ざっと見てもういいよと言って終わらせてくれました。いや~野球の力ってすごい(笑)。


すっかり話がずれちゃいましたが(すみません~)、あと、今回帰国するときに新たにやったのは、昨年から入国の際、指紋チェックと顔の撮影をされるようになったのですが、出国でも機械でその作業をする必要がありました。初めてやったのでへ~っという感じでした。

パスポートをスライドして、情報を読み込ませた後、左右の人差し指の指紋をとり、最後にウェブカメラのようなカメラで顔も撮影。これを済ませるとカードのようなものが出てきて、搭乗券を出すときにこれも見せるというもの。なんだかだんだん物々しくなっているのだなぁーと思いました(昨年3月に帰国したときはなかったので、この1年の間に出来たことなんでしょうね)。

以上、飛行機関連を最後にまとめてみました。
コメント
この記事へのコメント
当たり引いちゃいマシタネ(笑)
月並みですが、おつかれさまでございま
した。

当方もイミグレ越えは野球の話でだいたい
通してもらってます。(てかそれしかないのですが)

じっくり読ませていただきます。
またお立ち寄りくださいマセ。
2006/03/28(火) 17:40 | URL | jeter #ZBCaPVHo[編集]
いい係員さんですね。
ともともさん、当たっちゃったんですね!
Para-sukeもフィラデルフィアからシカゴに向かう国内線のゲートで当たりました。
2人の女性係員は ものすごく横柄な態度で、ホントに腹が立つほど。
しかも、キャリーケースのファスナーを1つ壊されて、
ムカつくやら悔しいやらで、チェック後に不覚にも涙をこぼしてしまったほどです。
ずいぶん前の事なのに、今思い出しても頭にくる~!!

それに引き換え、ともともさんの係員さん、フレンドリーでいいですね~。
野球の力って本当にスゴイ!すばらし~♪
またまた素敵な(?)思い出ができましたね!
2006/03/29(水) 05:29 | URL | Para-suke #-[編集]
宝くじには当たらないのになぁ~
>jeterさん
こんばんは~。jeterさんもお疲れ様でした。お会いできなかったのが残念ですが、いつか必ず(謎)。

あ!ホントですか?やっぱり野球って共通語ですよねー。ホント、私もいろんな場面で有効的に使わせてもらってます。そういうとき思わず弾んじゃうと楽しいですよね。

チケットは当たっちゃいましたよー。でも興味津々で(笑)。くぐっていくところもなんだか未来警察みたいな感じの(どんなんやねん!)すごいものものしいものでどういう検査なのかなぁ~ときょろきょろしていたので余計あやしかったかも(笑)。

支離滅裂なレポですがお時間のあるときに読んで頂けるとうれしいです。こちらこそjeterさんのところでしっかりすぽっと抜けまくっている3月を取り戻せたらと思ってます←他力。


>Para-sukeさん
おおおおお、Para-sukeさんもひきましたか、当たりを(笑)。なんだかいや~な感じの係員だったのですねぇ。女性の方がこういうとき、意外と変に几帳面だったりしますよね。しかも壊すなんて!セキュリティのためになんでもやっていいってことはないぞ~と言いたいです。Para-sukeさんいやなことを思い出させてしまってごめんなさいねー。

私は今回運良く係員とかに恵まれていたのだと思います。野球って本当にすばらしいと思ってしまいましたよ(笑)。途中から確実に手抜きチェックしてました←いかにも気の毒にSSSSに当たったんだなという感じでしたし。

SSSSじゃなくてもイヤ~な係員は今までにいましたけどね(汗)。そういうときは思いっきり荷物を台にガン!とのっけてきれいにここで入れ直させてくれ!と居座って荷物を入れ直してイヤミしてやりますが(笑)←いけず。だって荷物検査するときってがんがん出すくせに元に戻すとき粗雑なんですものー。それくらいのいけずいいですよね?ダメ?(笑)。←人間が小さい~~
2006/03/29(水) 17:46 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。