スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/20 WBC 決勝 日本対キューバ(キューバの選手編)
2006年03月28日 (火) 14:42 | 編集
決勝のキューバの選手編です。キューバの選手は本当にマジメで練習もキッチリという印象を受けました。準決勝前にキューバのファンと話をしたときに、彼らが日本の野球と似たものがあると言っていましたが、確かにパワーはあるけれどもそれだけではないというものを感じました。

P3209476cubalineup.jpg
↑この日のキューバラインナップ
しかし試合展開は誰もが想像してなかったことではなかったかなぁ~という感じでしたね。私自身は投手戦になるかなぁと思っていたのでなおのことでした(笑)。

IMG_4536_19.jpg
↑先発のロメロ投手 まさか1/3イニングで交替とは…

P3209408moundmeeting.jpg
↑この試合ピッチャーがめまぐるしく替わることになりました。ラソ投手は使えないですが全員で打者の攻撃を待つという感じだったのかなー。

IMG_4753c.jpg IMG_4758_10.jpg IMG_4830_46.jpg
IMG_4841c.jpg IMG_4894_2.jpg P3209474_12.jpg
P3209499_31.jpg P3209599_21.jpg P3209657_53.jpg
↑キューバの打者(上段と中段左2つは旦那撮影)打順で上位だけではなく、下位打線でもこの大会通じての5割バッターがいるなど本当に抜け目ない打線(しかもそれがまた打ってたのですごいですが)でした。

キューバの選手フォームも基本的というか、大リーグでよく見る変わってるなぁ~というような打ち方をする選手がいなかったところもおもしろいなぁと思いました。旦那が王監督とお話させて頂いたとき、キューバは金属バットだった時代はやはり強打という感じだったが、木製バットになってからは本当に細かい野球をするようになったということを言われていたようですが、まさに当たれば飛ぶというか飛距離がありますし、当たり出すと止まらない感じがしてなんだか打のチームという感じですが、意外と作戦が細かかったりさすがに国際大会であれだけ勝ってきているチームなんだなぁとシロウトながら改めて思いました。

IMG_4709_32.jpg IMG_5005_62.jpg
P3209691_97.jpg P3209708_48.jpg
↑ピッチャーもいろんなパターンのピッチャーがいましたね。個人的には2番手か3番手に出てきたサイドとアンダースローを使い分けるピッチャーが印象に残りました。(上段は旦那撮影)

IMG_5148cuba.jpg
↑試合を見守るキューバメンバー(旦那撮影)

最初はワンサイドゲームになるのかなと見ている私も余裕だったのですが(笑)、あのホームランで6-5と追いついてきたときにはドキドキでした。

IMG_4747tokuten.jpg IMG_4749tokuten.jpg
P3209618tokuten.jpg P3209471tokuten.jpg
↑キューバの得点シーン(上段は旦那撮影)

簡単には勝たせてくれませんね。さすがです。でもそうであって、またジャパンも最後まで燃えたというのもあると思います。お互いに最後たたえ合っていたときには本当にうれしかったです。最後まで勝てる可能性を信じて戦ってきた同士だからこそなんだろうなーとさわやかな気持ちになりました。

キューバのメンバーをナマで見れる機会が出来たこと、本当によかったなぁと思いました。こんな機会でもない限り、オリンピック以外で見れることはなかったわけですものね。
コメント
この記事へのコメント
得点シーン、うれしそう^^
ロメロはどうしちゃったんでしょう。
こんなに投手を代えなくてもよかったのにね。
でもあんなに完全に負けそうな試合で1点差まで詰め寄れたのはさすがだと思いました。

キューバにも多くの勝たなきゃいけないドラマがあったんですよね~・・・
それ、日本人はわかってるのかな。
上の記事の優勝決定時、日本人選手と並ぶキューバの選手たちの笑顔が美しいです。

そういえばよく日本の実況では「奪い取られた勝利!」ってウマシカの一つ覚えみたいに叫んでましたが、9回裏でサヨナラヒット打たれてるんだからもし誤審がなくても「同点」ですよね?
流れが変わったか、追加点取れてたかは全てタラレバなんですから。
たくさんのブログ読んだけど、そんな普通のこと書いてたのは中日ファンの女性たった一人だけでした 笑

Tシャツとキャップは売らなきゃね~
オンラインショップどこも売り切れで、私も欲しいものが買えなくて困ってます><、
国際送料ってなんであんなに高いんでしょうね?泣
2006/03/31(金) 10:00 | URL | aoi #POQ5NLzM[編集]
キューバ、ブラボー
ホント、キューバと対戦できたお陰で、今大会の価値、さらには日本優勝の価値があがったと思います。

>「奪い取られた勝利!」
しかもアメリカはサヨナラだったから1点献上ですんだけど、満塁なので普通なら2点は入ってたわけで、そうすると例の失点率でアメリカに負けてたんじゃないか…。かなり日本はついてますよ、勝負は紙一重です。
2006/03/31(金) 11:34 | URL | やんけ #FuhfoCLo[編集]
やっぱり決勝に出てくるチームだなぁと
>aoiさん
レポ読んでくださってありがとうございます。ロメロ投手本当にあんなに早くおろされると思ってなくてビックリしました。確かにいい状態ではなかったですが思い切った采配でしたよね。

ホント簡単に勝たせてくれないところにすごさを感じちゃいましたよ~~。キューバってすごいです。キューバ…本当に彼らもこの優勝はのどから手が出るほど欲しかったのに、最後のあのたたえてくれ方…すごくすごくうれしかったですし、彼らの純粋なスポーツマンシップを感じました。

そうですか~、奪い取られた勝利…うーん。確かにその一面だけをみるとそうですが、やんけさんもおっしゃっているようにあそこで1点しか入らなかったのも日本としてはすごく運がよかったことともいえますものね。タラレバ言い出すときりがないですし、あれ以外でとるべきところで得点できなかったというのも事実。その側面ばかりではないような気がします。日本はもっと楽に勝っているゲームにできたのにできなかったということは…誤審がなくても勝っていたかどうかはまた別問題のような気も…。なんてこんな事書くと怒られちゃうかしら?(笑)総じて日本は本当にツキがあったんですよね。

でしょー。速攻優勝後に少しでもいいから販売して欲しかったんですけどね。すぐにすべて閉まっちゃって(苦笑)これだけはいただけなかったですー。ホント国際送料って高いですよね。結構売り切れている…のもわかるのですが欲しかったなぁー。


>やんけさん
キューバ、本当にすばらしいチームでしたね~。始まってからもつかめないチームだなぁと思いつつ、決勝まで来ていたのでさすがでした。そして今回この大会に出てくれて本当によかったです。見れてうれしかったですし。日本も本当にキューバと戦えたことはよかったですよね。

やんけさん、おっしゃるとおりだと思います。本当にあの場面、普通ならラクラク2点とられていますよね。でもあそこで1点しかはいらなかったこと(サヨナラで)、そしてその1点が後々すごく大きなものになったことを考えると…ついていたのは確かだと思います。そのツキを生かせたジャパン戦士もすごくよかったんですけどね。

またいろんなチームを見たいので2回大会もそういう意味でものすごく楽しみにしたいです。
2006/03/31(金) 22:23 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。