スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC プエルトリコ&キューバのセレクト&いよいよ…
2006年02月28日 (火) 21:30 | 編集
明日の昼には出国なんて、なんだかウソみたいです(笑)。
バタバタしてきた準備も、あとは普段使用しているデスクトップPCからノートPCに必要な中身を移す作業と友人達に出す出発予告ハガキが出来たら準備は終わりそうです。夜中にこちらのことがすべて完了したら大阪に向けていよいよ出発です(大阪まで夜中にローングドライブです)。もっと早くいろんな準備していたらもっとゆっくりと過ごせるんでしょうけど、毎度このパターンになっているんですよね(汗)。うーん。

さて出発前日のニュースですが、WBC関連ではまずプエルトリコとキューバのセレクションがあったようなのでそちらから書いておきます。
まずプエルトリコ。
プエルトリコは30人をキッチリセレクションしてきたようですね(他のラテン系のように33人とか35人とかではなく(笑))。

パッジ、ベルトラン… プエルトリコ代表30人が決定

具体的にはこんな感じのようですね。

<投手>
Javier Vazquez, Joel Pineiro, Federico Baez, Fernando Cabrera, Enrique "Kiko" Calero, William Collazo, Pedro Feliciano, Dicky Gonzalez, Josue Matos, Juan Padilla, Chris Rojas, Orlando Roman, J.C. Romero, Jose Santiago

<捕手>
Ivan Rodriguez, Yadier Molina, Javier Valentin

<内野手>
Carlos Delgado, Javy Lopez, Alex Cintron, Ruben Gotay, Alex Cora, Eduardo Perez. Jose "Tony" Valentin

<外野手>
Carlos Beltran, Jose "Cheito" Cruz, Ricky Ledee, Luis Matos, Alexis Rios, Bernie Williams

投手14人の体制のようです。

以前、プエルトリコのカギはどれくらいのピッチャーのメジャーリーガー選手が出てくれるかということだということが書かれていましたが、この内容を見てなかなか♪良い感じでは?と思いました(一昨日あたりに出ていた記事では確実に出るという回答があったピッチャーがバスケス投手とピニェイロ投手の2人ということが書かれていました)。

また地元紙やラテン地域の記事によるとベテラン勢の辞退が比較的目立つとのこと←フアン・ゴンザレス選手、ルーベン・シエラ選手、カルロス・バイエイガ選手、ベンジー・モリーナ選手などが名前が挙がっていました。この中でシエラ選手やモリーナ選手は新しいチームで慣れることを優先したいという意向で辞退があったようです。プエルトリコはただでさえキャッチャー王国ですが、モリーナ3兄弟の末っ子のヤディア・モリーナ選手が出場になったようですね。

また、WBCのオフィシャルサイトのプエルトリコのロースターではハビー・ロペス選手がキャッチャーで入っていますが、ラテンの記事では内野手として登録されており、Oquendo監督もロペス選手の使い方については、今回捕手ではなく、まず第一にDHとして使っていきたい、その上で一塁手もあり…という形でという説明をされていました。このことがずっとネックで実はロペス選手の出場というのが怪しいという風に地元紙でもささやかれていたのですが、今回これをOKしたようですね。彼のプレーも見たかったのでよかったです。

ちなみにWBC出場国(アジアラウンド組以外)は3日から各国キャンプが始まり、プエルトリコはメッツのキャンプ地で行うのですが、3.4日は午前10時から練習するようです。そして5日にメッツとのエキシビジョンゲームを済ませてそのままその日の夜にはプエルトリコへ戻るのだそうです。一応各国キャンプはどの国も3-6日ということで公示してあるのですが、6日は自国に戻って調整をするみたいですね。忙しいー。他のプエルトリコ組もみんなそうなんでしょうか?

個人的には5日のプエルトリコ対メッツの親善試合に行く予定なので今から楽しみです♪ワクワクー。


そしてキューバですが、こちらは60人から35人をセレクション。

Quedaron los mas experimentados

先日major.jpでもニュースになっていたビシエド選手は出ない形になったようですが、国を挙げてやってくるキューバだけにかなり楽しみです(国のシーズン自体を一時中止してまで参戦しているわけですし)。

Completan la nomina los derechos Danny Betancourt, Jonder Martinez, Yulieski Maya, Yadel Marti, Deynis Suarez, Luis Borroto, Yadier Pedroso de 19 anos.

…という記述がありましたが、19歳の選手がこんなにたくさんいるというのはすごいことだなぁ~と思いました。


そして何より、アジアラウンド…プールAの30人ロースター締め切りは今日だったのですよね。いよいよこれで完全にセットされた状態になりましたね。

WBC1次リーグ・グループAの展望
Tokyo pool rosters announced←4チームのロースター

さぁホントにあと少し…ワクワクです。
プールAを見られる方、いろいろお話を聞けるのを楽しみにしています。そして私の分まで応援よろしくお願いしまーす。m(_ _)m
コメント
この記事へのコメント
リンクで㌧できました
【糟】キューバ野球を語るスレッド 5【瀞】
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/mlb/1132746743/l50

(手前味噌ですが)私が細々と書き込んでいる場所です。
もしご参考になれば、と思います。
2006/03/03(金) 00:47 | URL | (宮) #-[編集]
ありがとうございまーす。
(宮)さん

初めまして。コメントありがとうございます。全く持ってキューバの選手については無知ですし(他もミーハーな部分しかわかってないとは思いますが(汗))すごく勉強になります。l

私自身キューバの選手を見れるとしたら準決勝に出てきたとき似なると思いますが、参考にさせて頂ければと思います。ありがとうございました。m(_ _)m
2006/03/03(金) 15:56 | URL | ともとも #cIULLd6U[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。