スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリナーズのセクソン選手獲得に向けて…
2004年12月14日 (火) 16:59 | 編集
久々にマリナーズのニュース。

マリナーズ、待望の大砲セクソン獲得に成功!

マリナーズに関しては元来、こういうオフの補強があまりうまくないイメージが強いですよね。今回のセクソン選手との契約…についても、正式契約はフィジカルテスト(身体検査)をパスしてからなのでまだなのですが、オフィシャルでも大々的に出ていてちょっとびっくり。大物獲得に成功したのがよほどうれしかったのかなという感じがします。(昨年フィジカルの段階でここまで大々的にギーエン選手とビスケール選手のトレードのときは話さなかったですし…まぁ結局フィジカルでおじゃんになっちゃったんですけど。)

マリナーズは今年フロリダ・マーリンズで18勝を挙げたパバーノ投手も狙ってかなり力をいれていたのですが、先日ヤンキースと合意という記事が出てマリナーズ入りはなりませんでした。ヤンキースは4年4000万ドル(約41億9000万円)で契約しましたが、マリナーズはそれ以上のオファーを出していたというからすごい額ですよね。それでもヤンキースにいっちゃうあたり、残念ですがピンストライプの魔力には勝てなかったと言うところなのかな。でもこれもちょっと高すぎな気がします。もう少しリーズナブルで地味に実力派をとったらいいのでは?と思うんですよ。まだまだ大型ばかりでなくとも、ピッチャーにも目を向けていて欲しいです…。
≫ "マリナーズのセクソン選手獲得に向けて…" の続きを読む...
スポンサーサイト
減額制限…うーん。
2004年12月14日 (火) 10:44 | 編集
こんなニュースを見つけました。

西武高木大、大幅ダウンの前例つくれん!

来季の試合出場数などで補う出来高契約で、数字を満たせば協約上の(年俸1億円以下で)減額制限25%ダウンの3300万円まで戻せる内容だが「ひとりの問題じゃなく、周りに迷惑を掛けるかもしれない」と話した。…本人が同意すれば25%以上のダウンも可能だが、のめばほかの選手にとって都合の悪い前例になる。

うーん、この25%ダウンまでしかできないというのがネックなような気がします。もらえるときは嶋選手のように550%だってあるのですから、できなかったらどどーんとダウンでも個人的には別にいいと思うのですが(そうすればもらえるべき人はもらえて…となるかなとも思いますし)、これを認めると選手にボコボコにされちゃうのかしら?(汗)←発想がヤバイかも。

黒岩代表の「異例の提案です。3000万円以上、もらっている選手なら、10試合以上は出てもらわないと困る。それは(今季1軍出場なしの)本人も分かっている。本人に決めてもらうだけです」。というコメント。確かに出てもらってナンボだと思います…ごもっとも。個人的には1軍に一度も出ずに1760万ももらうというのは一般社会で考えてもありえないので、十分すぎると思うんですけどね~(まぁ、先日の佐々木投手からすると金額はかわいいですけど)。

やっぱり一般生活では考えられない才能に対してのハイリターンな世界ですから、先日から書いているようにできないのであればハイリスクであっても当然良いと思うし、個人的には球界のためには前例作って欲しいなぁ…というか減額制限を撤廃したほうがいいんじゃないかなと思いますけど…ねぇ(キビシイ?)。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。