スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天のファンクラブ
2004年12月13日 (月) 22:53 | 編集
新規参入の楽天イーグルスがファンクラブの発表をしたみたいですね。

“楽天的”ファンクラブ新設

なんと4種類に分かれていて、10万円、1万円、3000円、500円(いずれも送料別)だそうです。10万円ってすごいですよね。でもどんなのだろう…思ったのでオフィシャルサイトにジャンプしてみました←完全やじうま。
≫ "楽天のファンクラブ" の続きを読む...
スポンサーサイト
今年は『災』
2004年12月13日 (月) 15:49 | 編集
先日私のブログでも毎年清水寺で書かれる今年の世相を表す今年の漢字の話を書きましたが、今年は『災』になったようです。やっぱりマイナスイメージの漢字でしたね。

「今年の漢字」は『災』…台風・地震など災害反映

ちなみに2位は『韓』、3位は『震』だったようです。1995年の阪神大震災のとき『震』は選ばれていますが、やはりイメージ的にこういう漢字になってくるのでしょうね。また、今回の災という漢字を書くにあたっては、『災い転じて福となる』という意味も込められているとか。ぜひ来年はいい年であってほしいなぁと思ったりします。
MLB関連の日本人選手のニュースを少し…
2004年12月13日 (月) 15:23 | 編集
ウィンターミーティングが始まって、さすがにメジャーに参戦中ないし参戦表明している日本人選手の噂などが出てきましたね。昨日までの噂としてのトップニュースは松井稼頭央選手のトレードでしょうか。

メッツが松井稼の放出を検討、マリナーズも候補に

上記のニュースを見て頂けると解ると思いますが、マリナーズやレッドソックスをはじめとする球団へのトレードが噂として出ているようです。ただし、メッツのミヤナGMはこの噂を完全に否定をしています。

新庄選手がメジャーにいるころ、メッツからジャイアンツに1年であっさりトレードされたときびっくりして『まさか自分がトレードされるとは思ってもみなかった』とコメントしていたのがなつかしいですが、メジャーでのトレードは結構日常茶飯事というか、大物でもあっさりトレードすることがありますしね。いらない選手を出すものではなく、欲しい選手をとるためにそれに見合う人を出すことも多々あるようですし、確かに今GMが否定していても絶対ないとはいえないかもしれませんよね。個人的には、日本向け?にはリトル松井選手のトレード話で話題の提供かな?と思ったりしちゃいましたが、このあたりは上手なのかもしれません。
阪神がアトランタ・ブレーブスとも?!
2004年12月13日 (月) 14:54 | 編集
先日、オリックス・バッファローズがドジャースと業務提携したニュースがありましたが、阪神もアトランタ・ブレーブスと業務提携に前進しているようですね。あれれ?前にはデトロイト・タイガースとの契約をしていたような…と思ったら、なんと!並行してブレーブスとの提携の調整に入るとか。2球団と提携するということですね。

阪神がブレーブスと提携へ

ブレーブスは投手王国で強いチームですし、いろんな勉強できるところがあると思います。実現したらすごいなぁ~と思っちゃいました。ニュースでも話されていますが、阪神に入団したムーア投手、バルデス投手、そして他球団ではホッジス投手もこのアトランタ・ブレーブスの3Aからの移籍ですし、投手王国であるが故、メジャーのチャンスが得れてない選手もたくさんいそうですから、提携して情報交換できるだけでもプラスになりそうな気がします。

でもブレーブスと提携できたら、ひそかに春キャンプに参加してみたい選手が増えたりして…と勝手な想像をしてしまいました。アトランタ・ブレーブスのキャンプ地はフロリダのディズニーワールド内の施設、スポーツコンプレックスです。ですから、ご家族共々で参加したらファミリーはディズニーワールドで遊べるし、本人はキャンプで吸収できるし結構オイシイ選択かも(笑)。ドジャースのキャンプ地の周辺はなんもない(汗)ので、そこからするとすごい環境だと思います。ちなみにデトロイト・タイガースのキャンプ地もフロリダですが、これも周囲にはあまりこれ!というものはなかったですね。まぁそんな理由を言ったら、間違いなく怒られると思いますけどね(笑)。
クレメンス投手の今後
2004年12月13日 (月) 14:24 | 編集
日米野球でも沸かせてくれたロジャー・クレメンス投手がFAの年俸調停を受け入れたというニュースを見つけました。

大リーグの場合、FAを宣言したとき、チームが引き続きオファーをかけたい選手については選手サイドに調停を申し入れますが、その年俸調停をうけるかどうかは選手サイドが最終的に判断するという流れになっています。もしチームから期間内にオファーがなかったらそのチームは来年の5月までその選手とは直接交渉ができないしくみになっています。

今回この調停申し入れをクレメンス投手は承諾しました。つまりアストロズか引退か…という選択肢に絞られたということになるのかな?どっちかというと現役続行かどうかを決める日程を延ばした…という感じかもしれませんが、99%引退といっていたあの発言がどうなるのか見守っていこうと思います。本人は1月中旬までは…とコメントされているのでまだまだになりそうですが…(キャンプ前ぎりぎりになりますね~)。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。